yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ

yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ 第九十一話 立ち続ける覚悟 -【日光篇】 美空ひばり-

yesとは?

  • 語り:長塚圭史
  • 脚本:北阪 昌人

『自分にyes!と言えるのは、自分だけです』
今週あなたは、自分を褒めてあげましたか?
古今東西の先人が「明日へのyes!」を勝ち取った 命の闘いを知る事で、週末のひとときを プレミアムな時間に変えてください。
あなたの「yes!」のために。

―放送時間―
TOKYO FM…SAT 18:00-18:30 / FM OH!…SAT 18:30-19:00
@FM(FM AICHI)…SAT 18:30-19:00 / FM長野…SAT 18:30-19:00
FM FUKUOKA…SAT 20:00-20:30 /FM軽井沢…SAT 18:00-18:29

閉じる

第九十一話立ち続ける覚悟

稀代の歌手にして女優、昭和を代表する大スター、美空ひばり。
5月29日は、彼女の誕生日です。そして、今年が生誕80年。
52年間の生涯は、壮絶な戦いの連続でした。
美空ひばりには、二つの関わりで、栃木県日光市に縁があります。
まず、父親が日光市出身であること。
そしてもうひとつが、彼女が奇跡の復活を遂げた曲『みだれ髪』の作曲者、船村徹(ふなむら・とおる)の記念館が栃木県日光市の今市にあるということ。
船村が『みだれ髪』を書いた頃の美空ひばりは、とても歌を歌えるような状態ではありませんでした。
度重なる身内の死。鶴田浩二、石原裕次郎という親友もひばりの闘病中にこの世を去りました。
50歳になるひばりの体は病魔におかされ、ボロボロでした。
肝硬変。そして大腿骨は壊死を起こし、立ち上がるだけで腰や足に激痛が走ります。
それでも、歌が歌いたい、もう一度ステージに立ちたい、という強い思いは、彼女に奇跡を起こします。
『みだれ髪』という曲で、船村は今まで以上の高い音をひばりに求めました。
真の不死鳥であってほしいという祈りにも似た願いからでした。
プロデューサーでもある母親は、反対しました。
「ひばりには、つらすぎる」
レコーディング前日まで立つこともできません。
でも、その日がやってきたとき、彼女はすっと笑顔で立ち上がり、一発録りを成し遂げました。
そのときの美空ひばりの歌に、船村は鳥肌が立ったと言います。
どれほどの激痛が彼女を苛んでいたでしょう。
それでも、最高の歌声だったのです。
『みだれ髪』の歌詞にある灯台のように、孤独に耐えながら常に灯りを灯し続けた歌姫、美空ひばりが、その生涯でつかんだ明日へのyes!とは?

美空ひばりは、1937年5月29日、神奈川県横浜市に生まれた。
ときは日中戦争が勃発、翌年には国家総動員法が定められ、国内は日増しに不穏な空気に包まれていった。
そんな中、ひばりの家には、エンターテインメントの環境がそろっていた。
ひばりの父は、現在の栃木県日光市に生まれ、横浜の鮮魚店に奉公に出て、やがて独立。
自らもギターを弾く音楽好きだった。
母もまた、小遣いは全てレコードに使うほど歌が好きで、ひばりの家にはいつも音楽があふれていた。
ひばりの記憶力は、3歳の頃には周りの知るところとなった。
絵本をそらんじる。一度聴いた曲は、完璧に歌うことができた。
4歳のときには、歌手のステージの真似事をして、家族を驚かす。
ゆっくり開く襖(ふすま)の向こうに、深々とおじぎする幼いひばりがいた。
6歳のとき、父が出征することになった。
駅での見送り。ひばりは、歌った。みんな涙する。
そのときのことを、彼女はこう振り返っている。
「父が戦争に行くという哀しみより、大ぜいの人の前で歌うこと、そしてその人たちがハラハラと涙を流すこと、大きな拍手をもらうことに、私は感動を覚えていた」。
ひばりの才能を知った母は、楽団を結成。
8歳のときには、磯子にある小さな劇場に立っていた。
しかし、さまざまなオーディションを受けても、ことごとく落選。
母がプロデューサーにくってかかる。
「こんなにうまいウチの子が、どうして落とされるんですか?!」
プロデューサーは答えた。
「うますぎるんですよ。子どもらしくないんだよね。」
ひとは、見たことがないものを排除する。
自分を不安にするものを好まない。
美空ひばりは、ゲテモノとまで言われたという。
でも、彼女はくじけなかった。歌をやめなかった。
小さな批判は、大きな志で吹き飛ばすしかない。

美空ひばりは、10歳のとき、生死をさまよう事故に遭う。
巡業先の四国、高知県。
彼女を乗せたバスは、国道32号線で、前方からやってきたトラックをよけようと崖に転落。
一説によれば、バンパーが一本の桜の樹にひっかかったことにより、崖下に落ちずにすんだ。
ひばりは、心肺停止。瞳孔は開いていた。
たまたま近くに医師がいて、ひばりは一命をとりとめた。
懸命の治療。治ったひばりは、医師に手をひかれ、村にある大きな杉の樹を参った。
そこで、ひばりは手を合わせる。
「どうか私を日本一の歌手にしてください」。
5年後、順調にスター街道を登りつめていた彼女が、再びこの杉の樹の前で手を合わせたとき、偶然にも、かつて自分を救ってくれた医師が隣り合わせたという。
彼はひばりを見て、両目に涙を浮かべ、手を握った。
彼女の薬指と小指の間が少し離れているのを見て、「すまなかったねえ、十分な設備がなかったので、満足な手術ができなかった」。
彼はただただ、自分の仕事を成し遂げられなかった悔いを口にした。
プロとは、こういうひとのことを言う。
すでにスターである美空ひばりを仰ぎ見るのではなく、自分の仕事の矜持(きょうじ)と闘っている。
「ありがとうございました」
ひばりも涙を流して、頭を下げた。

美空ひばりの伝説のステージ。
復帰公演の東京ドーム「不死鳥コンサート」は、壮絶なものだった。
会場のすぐ近くに楽屋を設置。
医師、看護師を配備。万が一に備え、救急車も待機していた。
公演前、楽屋を訪れた浅丘ルリ子が、簡易ベッドに横たわるひばりに「大丈夫?」と声をかけると、「大丈夫じゃないけど、がんばるわ」と笑顔で答えた。
常人なら立っていても激痛が走る状態で、彼女は39曲を歌い切った。
フィナーレでは、およそ100mの花道を歩いた。
生涯最後のシングル『川の流れのように』について、彼女はこんなふうに語った。
「これからの私は、大海にスーッと流れる川であるか、どこかへそれちゃう川であるか、誰にもわからないのよね」。
彼女は常にプロであろうと努めた。
それはおそらく、父の出征を見送った幼い日から。
暗闇を照らす灯台のように、彼女はステージに立ち続けた。
ひとは、もともとプロなのではない。
プロになっていくのだ。
ひとは、もともとスターなのではない。
スターになるために死ぬ覚悟でのぞむとき、初めてスターが生まれる。

【ON AIR LIST】
みだれ髪 / 美空ひばり
Shake It Out / Florence And The Machine
Million Reasons / Lady Gaga
川の流れのように / 美空ひばり

音声を聴く

今週のRECIPE

閉じる

霜降りひらたけとキャベツのブレゼ

今回は、美空ひばりの故郷、神奈川県横浜市で多く生産されているという、キャベツを使った料理をご紹介します。

霜降りひらたけとキャベツのブレゼ
カロリー
175kcal (1人分)
調理時間
10分
使用したきのこ
霜降りひらたけ
材料
【4人分】
  • 霜降りひらたけ
  • 1パック
  • キャベツ
  • 400g
  • ベーコン
  • 1枚
  • 4g
  • 1/2カップ
  • 黒こしょう
  • 適宜
作り方
  • 1.
  • 霜降りひらたけは、小房に分ける。キャベツは一口大にちぎる。ベーコンは細切りにする。
  • 2.
  • フライパンにキャベツ・霜降りひらたけ・ベーコン・塩の順に入れ、塩を溶かすように水を入れて、蓋をし中火で蒸す。
  • 3.
  • 4分程度火にかけたら、ざっくり混ぜ、更に3分程中火で蒸し煮する。
  • 4.
  • 器に盛り黒こしょうをふる。
  • recipe LIST

閉じる

ARCHIVE

閉じる

RECIPE LIST

閉じる

番組へのメッセージ

閉じる

PROFILE

  • 長塚 圭史

    語り:長塚 圭史

    1975年生まれ。東京都出身。96年、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を旗揚げ、作・演出・出演の三役を担う。08年、文化庁新進芸術家海外研修制度にて1年間ロンドンに留学。帰国後の11年、ソロプロジェクト「葛河思潮社」を始動、三好十郎作『浮標(ぶい)』を上演する。近年の舞台作品に、『鼬(いたち)』、『背信』、『マクベス』、『冒した者』、『あかいくらやみ~天狗党幻譚~』、『音のいない世界で』など。読売演劇大賞優秀演出家賞など受賞歴多数。
    また、俳優としても、NHK『植物男子ベランダー』、WOWOW『グーグーだって猫である』、WOWOW『ヒトリシズカ』、CMナレーション『SUBARUフォレスター』など積極的に活動。

  • 北阪 昌人

    脚本:北阪 昌人

    1963年、大阪生まれ。学習院大独文卒。
    TOKYO FMやNHK-FMなどでラジオドマ脚本多数。
    『NISSAN あ、安部礼司』(TOKYO FMなど全国FM37局ネット)、『ゆうちょ LETTER fo LINKS』(TOKYO FMなど全国FM38局ネット)、『世界にひとつだけの本』(JFN)、『AKB48の私たちの物語』(NHK-FM)、『FMシアター』(NHK-FM)、『青春アドベンチャー』(NHK-FM)などの脚本・構成を担当。『プラットフォーム』(東北放送)でギャラクシー賞選奨、文化庁芸術祭優秀賞受賞。『月刊ドラマ』にて、「ラジオドラマ脚本入門』連載中。
    主な著書に『世界にひとつだけの本』(PHP研究所)、『えいたとハラマキ』(小学館)がある。

閉じる

NEWS

OA 100回 記念特別企画 『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』
西田尚美さん長塚圭史さん
風も、雨も、自ら鳴っているのではありません。 何かに当たり、何かにはじかれ、音を奏でているのです。
誰かに出会い、誰かと別れ、私たちは日常という音を、共鳴させあっています。YESとNOの狭間で。 今週、あなたは、自分に言いましたか?YES!ささやかに、小文字で、yes。
明日(あした)への希望の風に吹かれながら、自分にyes!と言ったひとたちの物語をお贈りしている「yes!~明日への便り~」。
7月22日と7月29日の2週にわたり、番組100話記念スペシャルとして、軽井沢にゆかりのある、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの物語をお届けします。
二人のインタビューや数多くの著作物をもとにフィクションでお送りするドラマ『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』。

オノ・ヨーコ役は女優の西田尚美さん朗読は、長塚圭史さんでお送りします。

閉じる