yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ

yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ 第九十三話 今を生きる -【横浜篇】作詞家 安井かずみ-

yesとは?

  • 語り:長塚圭史
  • 脚本:北阪 昌人

『自分にyes!と言えるのは、自分だけです』
今週あなたは、自分を褒めてあげましたか?
古今東西の先人が「明日へのyes!」を勝ち取った 命の闘いを知る事で、週末のひとときを プレミアムな時間に変えてください。
あなたの「yes!」のために。

―放送時間―
TOKYO FM…SAT 18:00-18:30 / FM OH!…SAT 18:30-19:00
@FM(FM AICHI)…SAT 18:30-19:00 / FM長野…SAT 18:30-19:00
FM FUKUOKA…SAT 20:00-20:30 /FM軽井沢…SAT 18:00-18:29

閉じる

第九十三話今を生きる

横浜に生まれ、横浜に育ち、そのグローバル感や文化的な薫りを全身にまとった女性作詞家がいました。
安井かずみ。
アグネス・チャン『草原の輝き』、浅田美代子『赤い風船』というアイドルソングから、『雪が降る』、『ドナドナ』、『レモンのキッス』のような海外の歌の訳詞まで、ヒットを連発する売れっ子の作詞家。
およそ4000曲にも及ぶ創作のジャンルの広さ、歌詞の斬新さ、色濃いオリジナリティは、他の追随を許しません。
そんな彼女の華やかで、アーティスティックな人生は、横浜と無縁ではありませんでした。
生まれたのも横浜。病弱のため、療養したのも横浜の郊外。
中学、高校は、横浜にあるフェリス女学院に通いました。
常に流行の発信地だったその場所は、彼女に類まれな感性を授けました。
特にフェリス女学院での6年間は、彼女にとって終生、忘れられない思い出を育みました。
丘に登る石段、道の両側の緑の匂い、礼拝堂と図書館の神聖なたたずまい。
特にキリスト教との出会いは、彼女の心に大きな錨(いかり)を下ろしました。
「作詞をするのは、一枚の絵を画くのと同じだと思う。とても小さな日常の中のきっかけを頼りに、キャンバスに言葉を置く」。
彼女は、過去の歌も未来の歌も書けないと言いました。
「大切なのは、今、このとき。作詞とは、今、今日私がこの世に生きている証拠の産物であってほしい」。
そのために、彼女が自分に課したこと。
それは、正直に生きるということ。
ほんとうに生きていれば、同じ愛の歌でも、ルネッサンス時代の愛の表現と同じ何かに辿り着く。
ほんとうに生きていれば。
55年の生涯を全速力で走るように生き抜いた、作詞家でエッセイスト・安井かずみが人生でつかんだ明日へのyes!とは?

作詞家でエッセイストの安井かずみは、1939年横浜に生まれた。
家は旧家で大きな屋敷。
長男である父は両親と暮らすことを余儀なくされたが、そこには何不自由ない暮らしがあった。
安井家の念願の初孫として誕生したかずみ。
生まれつき、体が弱かった。
母は、父方の両親にかずみを奪われるように乳母を雇われ、我が娘から引き離された。
母のやることといえば、馬車を引き立てて、義理の母や義理の妹と歌舞伎などの観劇のお供をすること。
嫁と姑の確執があった。
かずみが病弱だったこともあり、父は一念発起する。
旧家のしきたりに逆らい、跡継ぎを弟にゆずり、家族3人で家を出た。
財産も捨て、サラリーマンとしての給料だけで生きていく覚悟を持った。
かずみは常に、明日の命があるかどうかもわからぬ状態。
医者は半ば、さじを投げていた。
一家は、母方の祖父母の家に身をおくことにした。
横浜の郊外には、まだ自然がたくさん残っていた。
父は思った。
「実の母の愛に包まれ、自然に抱かれれば、かずみもきっと元気になる」。
安井かずみの最初の記憶。
それは中庭に面した陽のあたる廊下で、ぬり絵をしたり絵を画いたりする自分の姿だった。
守られた幸せ。
しかしそこに、子ども特有のあふれる生命力は皆無だった。

数々のヒット曲を生みだした伝説の作詞家、安井かずみは、幼い頃、とにかく体が弱かった。
たまには我が子を抱いて、外に出かけたい。
母がそう願い、外出すれば途端に高熱を出し、生死をさまよう。
泣きじゃくる母の背中を見ながら、子ども心に思った。
「私が病弱に生まれてしまったから、みんなに迷惑をかけてしまう。この世に生まれてきて、よかったのかな、私」。
安井かずみに、おもちゃ屋の前でだだをこねた記憶はない。
親を困らせる発想もないし、だだをこねる体力もなかった。
ただひたすら家の中で絵を画いた。
その集中力は、祖父母も驚嘆した。
シローという秋田犬だけが友達だった。
かずみより体の大きなシローは、彼女が耳をひっぱっても尾っぽをつかんでも動じなかった。
父の願いどおり、徐々に体が強くなっていった。
祖母に連れられてのぼった裏山。
そのとき見た夕焼けが忘れられなかった。
安井かずみの感性は、外に出られなかったときに想像力で培われ、外の世界を知ったとき、乾いたスポンジに水が沁み込むように、あらゆる風景を吸収することで完成した。
それでも、彼女の根っこには「自分はいつ死ぬかわからない。自分はこの世に生きていいのかわからない」という思いが宿った。
ときおり熱にうなされると、母が誰かに話している低い声が聴こえた。
「この子は、丈夫です。かずみは健康です。大丈夫、この子はすぐよくなります…」
母の想いに、涙があふれた。

小学校に通うと、安井かずみはさらに自分が特別な存在であることに気づかされる。
通学時は、必ず祖母か叔母がついてくれる。
皮の子ども靴にソックスをはいている生徒は誰もいなかった。
「皮靴の子」と野次られる。
母の手作りの服も、かなりハイセンスだったに違いない。
友達はまったくできなかった。
教室では誰とも口をきかない。
引っ込み思案の性格もあり、集団の中でどう話していいかわからなかった。
安井かずみは大人になって、国内外、華やかな交友関係で有名になったが、彼女の『集団嫌い』は幼いときのままだった。
常に人間関係は一対一を望んだ。
大人への接し方はわかる。
でも同年代の子どもたちとのコミュニケーションのとりかたがわからない。
同級生の鮮やかな生命力に臆する。
不躾(ぶしつけ)な言動に傷つく。
何の疑いもなく明日を信じる感性に驚く。
自分は、他のひとと違う。それが全ての出発点だった。
絵を画く人生を望んだが、あるきっかけで歌詞を書くようになり、才能が開花した。
まだ海外旅行が珍しかった時代にも、積極的に世界中に出かけた。
出会うひとみんなに強烈な印象を残し、人気を博した。
生きることに貪欲、自分の気持ちに正直、ひとはそんなふうに言った。
でも、おそらく彼女の生き方は、諦めと不安に根差している。
「明日、死ぬかもしれない。自分は、生きていていいんだろうか?」
そんな安井かずみが、選んだ道。
それは、今を生きること。
今をほんとうに、生きること。

【ON AIR LIST】
危険なふたり / 沢田研二
Fine On The Outside / Priscilla Ahn
夢がかなうまで / Keri Noble
不思議なピーチパイ / 竹内まりや

音声を聴く

今週のRECIPE

閉じる

霜降りひらたけと筍、小松菜の煮びたし

作詞家 安井かずみが生まれ育った地、横浜にちなみ、横浜のブランド農産物にも認定されている、小松菜を使った料理をご紹介します。

霜降りひらたけと筍、小松菜の煮びたし
カロリー
151kcal (1人分)
調理時間
20分
使用したきのこ
霜降りひらたけ
材料
【2人分】
  • 霜降りひらたけ
  • 1パック
  • 小松菜
  • 1束
  • 筍(水煮)
  • 1/2
  • 油揚げ
  • 1枚
  • 鶏もも肉
  • 1/2枚
  • 【合わせ出汁】
  • 出汁
  • 400cc
  • みりん
  • 大さじ2
  • しょう油
  • 大さじ2
  • 大さじ2
作り方
  • 1.
  • 霜降りひらたけは小房にほぐし、小松菜は3~4cmに切り、鶏肉は一口大に切る。
  • 2.
  • 油揚げは油抜きをして1cm幅に切り、筍は薄切りにする。
  • 3.
  • 鍋に【合わせ出汁】と筍、油揚げ、鶏肉を入れ、中火にかけて5~10分煮る。
  • 4.
  • 最後に霜降りひらたけ、小松菜を入れ、さっと煮る。
  • recipe LIST

閉じる

ARCHIVE

閉じる

RECIPE LIST

閉じる

番組へのメッセージ

閉じる

PROFILE

  • 長塚 圭史

    語り:長塚 圭史

    1975年生まれ。東京都出身。96年、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を旗揚げ、作・演出・出演の三役を担う。08年、文化庁新進芸術家海外研修制度にて1年間ロンドンに留学。帰国後の11年、ソロプロジェクト「葛河思潮社」を始動、三好十郎作『浮標(ぶい)』を上演する。近年の舞台作品に、『鼬(いたち)』、『背信』、『マクベス』、『冒した者』、『あかいくらやみ~天狗党幻譚~』、『音のいない世界で』など。読売演劇大賞優秀演出家賞など受賞歴多数。
    また、俳優としても、NHK『植物男子ベランダー』、WOWOW『グーグーだって猫である』、WOWOW『ヒトリシズカ』、CMナレーション『SUBARUフォレスター』など積極的に活動。

  • 北阪 昌人

    脚本:北阪 昌人

    1963年、大阪生まれ。学習院大独文卒。
    TOKYO FMやNHK-FMなどでラジオドマ脚本多数。
    『NISSAN あ、安部礼司』(TOKYO FMなど全国FM37局ネット)、『ゆうちょ LETTER fo LINKS』(TOKYO FMなど全国FM38局ネット)、『世界にひとつだけの本』(JFN)、『AKB48の私たちの物語』(NHK-FM)、『FMシアター』(NHK-FM)、『青春アドベンチャー』(NHK-FM)などの脚本・構成を担当。『プラットフォーム』(東北放送)でギャラクシー賞選奨、文化庁芸術祭優秀賞受賞。『月刊ドラマ』にて、「ラジオドラマ脚本入門』連載中。
    主な著書に『世界にひとつだけの本』(PHP研究所)、『えいたとハラマキ』(小学館)がある。

閉じる

NEWS

OA 100回 記念特別企画 『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』
西田尚美さん長塚圭史さん
風も、雨も、自ら鳴っているのではありません。 何かに当たり、何かにはじかれ、音を奏でているのです。
誰かに出会い、誰かと別れ、私たちは日常という音を、共鳴させあっています。YESとNOの狭間で。 今週、あなたは、自分に言いましたか?YES!ささやかに、小文字で、yes。
明日(あした)への希望の風に吹かれながら、自分にyes!と言ったひとたちの物語をお贈りしている「yes!~明日への便り~」。
7月22日と7月29日の2週にわたり、番組100話記念スペシャルとして、軽井沢にゆかりのある、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの物語をお届けします。
二人のインタビューや数多くの著作物をもとにフィクションでお送りするドラマ『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』。

オノ・ヨーコ役は女優の西田尚美さん朗読は、長塚圭史さんでお送りします。

閉じる