yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ

yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ 第九十四話 今、自分がここにいるということ -【横浜篇】俳優 松田優作-

yesとは?

  • 語り:長塚圭史
  • 脚本:北阪 昌人

『自分にyes!と言えるのは、自分だけです』
今週あなたは、自分を褒めてあげましたか?
古今東西の先人が「明日へのyes!」を勝ち取った 命の闘いを知る事で、週末のひとときを プレミアムな時間に変えてください。
あなたの「yes!」のために。

―放送時間―
TOKYO FM…SAT 18:00-18:30 / FM OH!…SAT 18:30-19:00
@FM(FM AICHI)…SAT 18:30-19:00 / FM長野…SAT 18:30-19:00
FM FUKUOKA…SAT 20:00-20:30 /FM軽井沢…SAT 18:00-18:29

閉じる

第九十四話今、自分がここにいるということ

今から28年前に、40歳でこの世を去った俳優、松田優作。
彼には、横浜という街が似合っていました。
横浜が舞台の連続ドラマ『俺たちの勲章』。
黒い皮ジャン、黒い皮パンに身を包み、サングラスをかけて埠頭を歩く姿は、今も鮮烈に印象に残っています。
セリフがなくとも、そこに立っているだけで圧倒的な存在感を醸し出していました。
主演した映画、その名も『ヨコハマBJブルース』。
松田優作扮するBJは、横浜の場末のバーで歌うブルースシンガー、そして私立探偵でした。
黒のロングコートにグレーのマフラーを巻いたファッションも、多くのファンに真似されました。
この映画の原案は、松田優作本人。
横浜に思い入れがあったのでしょうか。
彼が生まれ育った街もまた、港町でした。
山口県下関市。
しかし、18歳で街を出てから、松田優作は二度と下関に暮らすことはありませんでした。
彼にとって、あまりいい思い出がなかった街でしたが、一軒だけ、日活の映画館がありました。
時は、日活アクション映画の全盛期。
石原裕次郎、小林旭、宍戸錠。
幼い優作にとって、スクリーンの世界に我が身をゆだねる時間だけが、生き生きと輝くひとときだったのかもしれません。
彼が幼少期を過ごしたころは、下関にまだ遊郭がありました。
下関の港にやってくる漁船の漁師を相手に、街に娼婦が立っていました。
彼は幼心にいつも、こう思っていたと言います。
「ここは、俺のいる場所ではない」。
父親の顔を知らないということ、国籍が日本ではないということ、そうした環境も、彼を孤独に追い詰めていきました。
自分の居場所を探す旅は、終生、続いたのでしょう。
でも彼は、ただ探すだけではなく、自分の存在を強く光らせることに、文字通り、命を賭けました。
壮絶な人生を歩んだ俳優、松田優作が、格闘の末につかんだ明日へのyes!とは?

俳優、松田優作は、1949年9月21日、山口県下関市に生まれた。
父は、他に妻子があった。
優作の母が妊娠を告げると、姿を消した。
話によれば、身長180cmほどの背の高い男だったらしい。
母は、周囲の反対を押し切って、優作を生んだ。
優作には兄がいたが、その兄たちと父親が違うこと、そして自分の国籍が日本でないことを、彼は10歳になるまで知らなかった。
母は自宅を娼婦に貸して生計の足しにしていた。
そのせいで、優作は幼くして、大人の世界をいやおうなしに知る事になった。
ただ女性たちには可愛がられ、芝居小屋に連れていってもらったこともあった。
女性どうしの客の奪い合い、喧嘩、自殺騒ぎ。
そうして目に焼き付いた出来事全てが、彼の人格を築いていった。
学校では、孤独だった。いじめもあった。
でも、母は優作に学校を休ませなかった。
「学校にはちゃんと行きなさい。勉強をしっかりしなさい。ウチは貧乏だけど、必ずおまえを大学までやってみせる」。
大雪の日。
学校も休みになるのではないかと思ったが、母は自分の長靴をはかせて、優作を送り出した。
「こんな日に行けば、きっと先生、褒めてくれるよ」。
母の長靴は指先に穴が開いていた。足は冷え、しもやけができた。
母は言った。
「いつも、胸を張って堂々としていなさい」。
優作は、思った。
「強くなりたい。僕は誰より、強くなりたい」。

松田優作は、幼い時から思っていた。
「俺は、長生きできないかもな」。
小学1年生のとき、兄の自転車の後部座席に乗っていて、坂道で横転した。胸と腹を強打する。
でも医者は、顔や腕の擦り傷ばかりを治療。
結局、腎臓を損傷していることに気づかなかった。
翌日から血尿が出たが、薬を飲んで治ったのでそのまま放置。
やがて結核を機に、腎臓を片方失った。
中耳炎を患ったが、これも放っておいた。
やがて右耳が聴こえないほど悪化した。
痛みに耐える癖がついていた。
自分を律する心。
それこそが魂を強くする、自分の存在感を増してくれる。
そう思ったのかもしれない。

高校に入ると、空手を習った。
大好きだった映画や芝居の影響で、役者になりたいと思うようになる。
見る側ではなく、見せる側に行きたい。
その思いは日増しに強くなっていった。
東京に出たい。
彼は、下関を出る覚悟をする。
母は賛成した。
東京に出た松田優作は、劇団に入った。芝居の稽古にあけくれる。
そんな中、母から仕送りがきた。少ないながらも、欠かさず届く。
彼は、母からの手紙を決して友人に見せなかった。
そのわけが、ある日わかる。
同居していた友人が優作の母から手紙をもらったのだ。
全文、カタカナだった。
韓国籍の母は、うまく日本語が書けなかった。
そこには、こうカタカナで綴られていた。
「ドウカ、ユウサクノコト ヨロシクオネガイシマス」。

松田優作は文学座に入り、やがてチャンスをつかむ。
『太陽にほえろ!』の新米刑事、ジーパン。
長い手足、走る姿の美しさ。ときどき見せる哀しい横顔。
そして茶目っ気のある笑顔。ファンがついた。人気が出た。
でも、彼はその波にのまれることはなかった。
「違う、俺がやりたいことはまだまだ先にある」。
浮かれるどころか、ますますストイックになっていった。
31歳のときに主演した、映画『野獣死すべし』。
主人公の伊達邦彦になりきるために、彼はわずか1か月で10kg以上減量し、奥歯を4本抜いた。
伊達の想定の身長に合わせたくて、「できるなら、両足を5cm切断したい」とまで言い放った。
その鬼気迫る演技は、映画史に残る傑作をつくった。
松田優作は、自分にも厳しかったが、まわりにも妥協を許さなかった。
ある撮影現場での打ち合わせのとき、撮影監督があくびをした。
無理もない。徹夜続きだった。
でも、優作はこう言った。
「あくびするなら、俺はやらない。あんたがカメラをのぞいているから、信頼して俺は演技ができる。その信頼を裏切るようなことがあったら、俺は帰る」。
実際、優作は現場から出ていってしまった。

集中するということ。
自分を極限まで追い詰めて、最高のパフォーマンスをするということ。
仕事とは、本来そういうものだ。
だからこそ、ひとに感動を与えられる。
誰かの魂を揺さぶることができる。
そう、松田優作は、信じていた。
遺作になったハリウッド映画『ブラック・レイン』。
優作は行きつけの下北沢のバーのマスターにこう訊いた。
「俺、体がやばいんだけど、手術したほうがいいかな、それより映画に出たほうがいいかな」。
マスターは答えた。
「優作さん、あんた自分で結論出ちゃってるんじゃないの」。
優作は、ふわっと笑った。
彼に立ち止まるという選択はなかった。
常に自分を追い込み、妥協しない姿勢を保つ。
そのことのみによって、彼は彼であり続け、自分の存在を証明した。

【ON AIR LIST】
ブラザーズ・ソング / 松田優作
Everything Must Change / Nina Simone
手紙 / Ann Sally
YOKOHAMA HONKY TONK BLUES / 松田優作

音声を聴く

今週のRECIPE

閉じる

霜降りひらたけのごちそうブリ大根

今回は、俳優 松田優作が生まれ育った、山口県下関市の特産である、ブリを使った料理をご紹介します。

霜降りひらたけのごちそうブリ大根
カロリー
250kcal (1人分)
調理時間
25分
使用したきのこ
霜降りひらたけ
材料
【4人分】
  • 霜降りひらたけ
  • 1と1/2パック
  • ブリ
  • 4切
  • 大根
  • 300g
  • だし
  • 2カップ
  • 大さじ2
  • みりん
  • 大さじ3弱
  • しょうゆ
  • 大さじ3
  • 砂糖
  • 大さじ2
  • ゆずの皮
  • 適量
作り方
  • 1.
  • 霜降りひらたけは食べやすくほぐす。大根は皮をむき、乱切りにする。
  • 2.
  • ブリは一口大に切り、熱湯にくぐらせ、水に取って洗い、水気を切る。
  • 3.
  • 鍋に水と調味料をすべて入れて火にかけ、煮立ったら大根、霜降りひらたけを入れて10分程煮る。
  • 4.
  • ブリを入れて、落し蓋をし、更に10分程煮こむ。
  • 5.
  • 皿に盛り、千切りにしたゆず皮を飾る。
  • recipe LIST

閉じる

ARCHIVE

閉じる

RECIPE LIST

閉じる

番組へのメッセージ

閉じる

PROFILE

  • 長塚 圭史

    語り:長塚 圭史

    1975年生まれ。東京都出身。96年、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を旗揚げ、作・演出・出演の三役を担う。08年、文化庁新進芸術家海外研修制度にて1年間ロンドンに留学。帰国後の11年、ソロプロジェクト「葛河思潮社」を始動、三好十郎作『浮標(ぶい)』を上演する。近年の舞台作品に、『鼬(いたち)』、『背信』、『マクベス』、『冒した者』、『あかいくらやみ~天狗党幻譚~』、『音のいない世界で』など。読売演劇大賞優秀演出家賞など受賞歴多数。
    また、俳優としても、NHK『植物男子ベランダー』、WOWOW『グーグーだって猫である』、WOWOW『ヒトリシズカ』、CMナレーション『SUBARUフォレスター』など積極的に活動。

  • 北阪 昌人

    脚本:北阪 昌人

    1963年、大阪生まれ。学習院大独文卒。
    TOKYO FMやNHK-FMなどでラジオドマ脚本多数。
    『NISSAN あ、安部礼司』(TOKYO FMなど全国FM37局ネット)、『ゆうちょ LETTER fo LINKS』(TOKYO FMなど全国FM38局ネット)、『世界にひとつだけの本』(JFN)、『AKB48の私たちの物語』(NHK-FM)、『FMシアター』(NHK-FM)、『青春アドベンチャー』(NHK-FM)などの脚本・構成を担当。『プラットフォーム』(東北放送)でギャラクシー賞選奨、文化庁芸術祭優秀賞受賞。『月刊ドラマ』にて、「ラジオドラマ脚本入門』連載中。
    主な著書に『世界にひとつだけの本』(PHP研究所)、『えいたとハラマキ』(小学館)がある。

閉じる

NEWS

OA 100回 記念特別企画 『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』
西田尚美さん長塚圭史さん
風も、雨も、自ら鳴っているのではありません。 何かに当たり、何かにはじかれ、音を奏でているのです。
誰かに出会い、誰かと別れ、私たちは日常という音を、共鳴させあっています。YESとNOの狭間で。 今週、あなたは、自分に言いましたか?YES!ささやかに、小文字で、yes。
明日(あした)への希望の風に吹かれながら、自分にyes!と言ったひとたちの物語をお贈りしている「yes!~明日への便り~」。
7月22日と7月29日の2週にわたり、番組100話記念スペシャルとして、軽井沢にゆかりのある、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの物語をお届けします。
二人のインタビューや数多くの著作物をもとにフィクションでお送りするドラマ『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』。

オノ・ヨーコ役は女優の西田尚美さん朗読は、長塚圭史さんでお送りします。

閉じる