yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ

yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ 第九十五話 世の中を見る力 -【横浜篇】評論家 草柳大蔵-

yesとは?

  • 語り:長塚圭史
  • 脚本:北阪 昌人

『自分にyes!と言えるのは、自分だけです』
今週あなたは、自分を褒めてあげましたか?
古今東西の先人が「明日へのyes!」を勝ち取った 命の闘いを知る事で、週末のひとときを プレミアムな時間に変えてください。
あなたの「yes!」のために。

―放送時間―
TOKYO FM…SAT 18:00-18:30 / FM OH!…SAT 18:30-19:00
@FM(FM AICHI)…SAT 18:30-19:00 / FM長野…SAT 18:30-19:00
FM FUKUOKA…SAT 20:00-20:30 /FM軽井沢…SAT 18:00-18:29

閉じる

第九十五話世の中を見る力

評論家、ジャーナリスト、ノンフィクション作家の草柳大蔵(くさやなぎ・だいぞう)は、神奈川県横浜市に生まれました。
彼の座右の銘と言われているのは、『遍界かつて蔵さず』。禅の言葉です。
遍界とは、宇宙、私たちが生きている世の中のこと。
つまり、もし私たちに何か見えていないことがあるとすれば、それは隠されているからではない。
自分がちゃんと見ていない、あるいは、見方がわからないだけだ、という意味です。
この世の出来事には、全てそうなってしまった理由がある。
自分がしてしまったミスや過ちも、あるいは誰かの行動も、ちゃんと見れば、必ず原因や発端がある。
草柳が、その生涯を通じてやろうとしたことは、もしかしたら、我々がきちんと見ていないものを明らかにすること、あるいは、見方を教えることだったのかもしれません。
野球解説者、野村克也は、言葉の大切さを草柳に教わったと言います。
「指導者が部下に思いを伝えるときには、言葉が重要になる。言葉の持っている力を最大限に使わなくてはいけない」。
野村はそう教えられました。
彼が南海ホークスの監督を解任されたとき、現役を退こうと草柳に相談したところ、こう言われました。
「君はまだ若い。人間は、『生涯一書生』だから、ずっと勉強を続けるべきだよ」。
野村克也はその言葉を聞き、『生涯一捕手』一生を野球のポジションのキャッチャーに捧げる覚悟を持ったのです。
言葉をおろそかにしてはいけない。
もっともっと勉強して、自分の言葉を磨くこと。
そうして野村は名監督としてチームを優勝に導いてきました。
週刊誌の草創期に言葉を武器に闘ったジャーナリスト、草柳大蔵が、その人生でつかんだ明日へのyes!とは?

評論家、ジャーナリストの草柳大蔵は、1924年、横浜市に生まれた。
成績は優秀。神奈川県立横浜第二中学校、現在の横浜翠嵐高校を経て、東京帝国大学に入学、在学中に学徒出陣した。
特攻隊に自ら志願。戦争が終わると、大学に戻った。
政治、経済、法律を学んだが、いつも心に言葉の存在の大きさがあった。
「全ての基本は、言葉で伝えるということだ」。
彼の人生の転機になったのが、ジャーナリストの草分け的な存在、大宅壮一(おおやそういち)との出会いだった。
25歳、勤めていた出版社を解雇されたばかりのときだった。
『大宅壮一マスコミ塾』に学び、やがて彼の助手になった。
世は、週刊誌の創刊ラッシュ。
『週刊新潮』『女性自身』などの創刊にたずさわった。
今、起こっている出来事を丁寧に取材して、深く入り込むということ。
「見えないんじゃない、ちゃんと見ていないんだ」。
そんな焦りにも似た戒めが、常に心にあった。
現実を薄切りにしてペロリと口に入れ、食べた気になっていないか。
おまえは、薄味の人生でいいのか。
こんなに情報が多い世の中だからこそ、ひとつのことに執着すべきではないか。
草柳の自問は、生涯続いた。

草柳大蔵は、ジャーナリズムについて勉強をしているとき、文藝春秋出身のあるひとに、菊池寛(きくちかん)が社員に伝えた「新雑誌の編集方針三か条」というのを教えてもらった。
菊池寛が言った三つのこと。
それは、第一に時機に適していること、第二に簡潔であること。第三にわかりやすいこと、だった。
時機に適する、すなわち、チャンスをつかみ、時代に合ったものであること、というのはわかる。
しかし、第二と第三が、簡潔で、わかりやすいこと?
これからジャーナリズムをもっと深く学ぼうと思っていた気分が、削がれる思いになった。
でも、よく考えてみれば、そこに真理があった。
深く学ぶということは、情報をたくさん身につけ、言葉を飾ることではない。
ものごとが的確に見えていないから、装飾にはしる。
心の目でしっかり対象が見えてさえいれば、至極簡単な言葉で表現できるはずだ。
ジャーナリズムの世界に、どんどんひかれていった。
言葉で、世界をひもとく。言葉で、今を切り取る。
草柳は、やがて評論の道にも足を踏み入れた。
彼の関心は、いまある日本がいかにして形づくられたかに移った。

草柳大蔵は、とにかく本を読んだ。
静岡県熱海市の自宅の書斎は、本で埋め尽くされていた。
78歳で亡くなったあと、その一部、7千冊あまりを、妻は静岡県立中央図書館に寄贈。
図書館に「草柳コーナー」ができた。
常日頃、若者たちに「1日に本を27ページ、読みなさい。専門書、教育書、頭が疲れたときに読む本、3つのジャンルをそれぞれ9ページずつ。そうすれば1年間で、1万ページ近く読める計算になる」と言っていた。
教育論について書きたいテーマがあり、亡くなる直前まで書斎で推敲を重ねた。
スクラップブックに、資料の山。
明日の日本を憂いていた。
「ひとづかい」という言葉がある。
あのひとは、ひとづかいが荒い、などという。
「金づかい」という言葉もある。
お父さんは金づかいが下手だねなどという。
草柳は、もうひとつ、「時づかい」と言った。
みんなもっと時間の使い方を考えてもいいはずだ。
人生は限られているのだから。
同じ日に生まれ、同じ日に亡くなったひとがいたとして、彼らの過ごした時間の蓄積量は同じでも、時間の蓄積値は違うはずだ。

習慣というのは恐ろしい。
1日の中にもうこれ以上、何も入らないと思ってしまう。
そのうちに世の中が見えなくなっていく。
たくさんの情報の中に、真実を見つける目が濁ってしまう。
たった1時間、いつもと違うことをしてみる。
それだけで、見える風景が変わり、時づかいがうまくなる。
草柳大蔵は、自らのたくさんの著作を通して、我々に問う。
「君には、世界がちゃんと見えているか?」

【ON AIR LIST】
この世の限り / 椎名林檎×斎藤ネコ+椎名純平
Loser / Beck
I'm So Lonesome I Could Cry / 畠山美由紀
(Just Like) Starting Over / John Lennon

音声を聴く

今週のRECIPE

閉じる

霜降りひらたけとキャベツのバター炒め

今回は、評論家 草柳大蔵の生まれ故郷、神奈川県横浜市で多く生産されている、キャベツを使った料理をご紹介します。

霜降りひらたけとキャベツのバター炒め
カロリー
103kcal (1人分)
調理時間
10分
使用したきのこ
霜降りひらたけ
材料
【4人分】
  • 霜降りひらたけ
  • 1パック
  • キャベツ
  • 4枚
  • スナップエンドウ
  • 6個
  • ベーコン
  • 2枚
  • バター
  • 小さじ2
  • 小さじ1/4
  • 黒こしょう
  • 少々
作り方
  • 1.
  • 霜降りひらたけは食べやすくほぐす。スナップエンドウは筋を取る。
  • 2.
  • キャベツは大き目のざく切りに、ベーコンは2cm幅に切る。
  • 3.
  • フライパンにバターを熱して、霜降りひらたけ、キャベツを炒める。少ししんなりしたらベーコン、スナップエンドウを入れてさっと炒め、塩、黒こしょうで味を整える。
  • recipe LIST

閉じる

ARCHIVE

閉じる

RECIPE LIST

閉じる

番組へのメッセージ

閉じる

PROFILE

  • 長塚 圭史

    語り:長塚 圭史

    1975年生まれ。東京都出身。96年、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を旗揚げ、作・演出・出演の三役を担う。08年、文化庁新進芸術家海外研修制度にて1年間ロンドンに留学。帰国後の11年、ソロプロジェクト「葛河思潮社」を始動、三好十郎作『浮標(ぶい)』を上演する。近年の舞台作品に、『鼬(いたち)』、『背信』、『マクベス』、『冒した者』、『あかいくらやみ~天狗党幻譚~』、『音のいない世界で』など。読売演劇大賞優秀演出家賞など受賞歴多数。
    また、俳優としても、NHK『植物男子ベランダー』、WOWOW『グーグーだって猫である』、WOWOW『ヒトリシズカ』、CMナレーション『SUBARUフォレスター』など積極的に活動。

  • 北阪 昌人

    脚本:北阪 昌人

    1963年、大阪生まれ。学習院大独文卒。
    TOKYO FMやNHK-FMなどでラジオドマ脚本多数。
    『NISSAN あ、安部礼司』(TOKYO FMなど全国FM37局ネット)、『ゆうちょ LETTER fo LINKS』(TOKYO FMなど全国FM38局ネット)、『世界にひとつだけの本』(JFN)、『AKB48の私たちの物語』(NHK-FM)、『FMシアター』(NHK-FM)、『青春アドベンチャー』(NHK-FM)などの脚本・構成を担当。『プラットフォーム』(東北放送)でギャラクシー賞選奨、文化庁芸術祭優秀賞受賞。『月刊ドラマ』にて、「ラジオドラマ脚本入門』連載中。
    主な著書に『世界にひとつだけの本』(PHP研究所)、『えいたとハラマキ』(小学館)がある。

閉じる

NEWS

OA 100回 記念特別企画 『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』
西田尚美さん長塚圭史さん
風も、雨も、自ら鳴っているのではありません。 何かに当たり、何かにはじかれ、音を奏でているのです。
誰かに出会い、誰かと別れ、私たちは日常という音を、共鳴させあっています。YESとNOの狭間で。 今週、あなたは、自分に言いましたか?YES!ささやかに、小文字で、yes。
明日(あした)への希望の風に吹かれながら、自分にyes!と言ったひとたちの物語をお贈りしている「yes!~明日への便り~」。
7月22日と7月29日の2週にわたり、番組100話記念スペシャルとして、軽井沢にゆかりのある、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの物語をお届けします。
二人のインタビューや数多くの著作物をもとにフィクションでお送りするドラマ『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』。

オノ・ヨーコ役は女優の西田尚美さん朗読は、長塚圭史さんでお送りします。

閉じる