ニッポンハム ムーンライト・ミーティング 桑田佳祐のやさしい夜遊び

全国38局ネット土曜 23:00-23:55

新曲感想掲示板

番組宛てのネタを投稿しよう!

現在感想募集中の新曲
新曲「ほととぎす [杜鵑草]」の感想はこちらまで!
  • ※ご投稿いただきました内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。
  • ※特定の利害に関する記述、誹謗中傷他、掲載にふさわしくない書き込みは、管理者により、通知なく削除させていただく 場合がございます。

泣けちゃう / 千葉県のこむらさき-(44) -女性

何故でしょう。
この曲は、涙腺を刺激します。
「じんわり温かな気持ちになる」感じ。佳ちゃんの優しさがつまっているのかな。
はやくライブで聴きたいよ〜。
胸の前で両手を握りしめ、直立不動のままウルウルしちゃうと思います。

2017-08-21 / 記事番号:5048

ニューアルバムの中で1番お気に入り。 / 埼玉県の明美ちゃんラブ-(43) -男性

桑田さんニューアルバム全曲聞かせて頂きどれも素晴らしいですが、私は杜鵑草が1番お気に入りです。
人生の大先輩に対して失礼かもしれませんが、大人の桑田さんが更に大人になられイヤラシイ意味ではなく大人の色気がますます感じられる曲です。他のアーティストの方は長年やられているとそのアーティストの癖というか、どこか前に聞いた感じだな?とかがあるのですが、桑田さんの曲は常に進化され時代背景を捉え常に新しい物として飽きさせない素晴らしい曲ばかりです、早くツアーでこの曲を聞けるのを楽しみにしております!

2017-08-20 / 記事番号:5042

杜鵑草 / 千葉県のサンタナ-(40) -男性

しびれました。
曲はもちろん桑田さんの声が、カッコ良すぎます。

2017-08-19 / 記事番号:5038

一言で / 兵庫県のじゅんじゅん-(20) -男性

心が落ち着く\(^_^)/

2017-08-19 / 記事番号:5034

杜鵑草 / 兵庫県のみむっち-(59) -女性

杜鵑草
ソロ曲No.3に入る名曲です。
詩も素晴らしいですが、
なんて優しい曲調何でしょう。
早く生で桑田さんが歌う姿をみて酔いしれたいです。

2017-08-19 / 記事番号:5033

感動しました / 福井県のさっちゃん-(23) -女性

あまりにも美しいメロディーに、一瞬にして心を奪われてしまいました。
なんだか切なくて、でもとても優しい愛情に包まれたかのような、温かい気持ちになりました。そして、亡くなった母のことを思い出しました。
こんなにも、聴いた後に余韻が残った曲は初めてです。
早く、歌詞カードを読みながらじっくり聴きたいです。

今宵も「ほととぎす」聴かせてください。

2017-08-19 / 記事番号:5030

たくさんの秘めた想いが^ ^ / 東京都のアリエス-(53) -女性

杜鵑草〜〜すごくすごく
大きな優しい気持ちが
込められている歌ですね〜
花言葉の秘めた想い
小さなささやかな想いが
たくさんたくさん
集まって桑田さんの言葉に
なったんですね〜
別れの悲しさ、辛さ
でも何故か
また、何処かで逢える様な
気持ちにもさせてくれる〜
不思議な歌ですね〜

2017-08-19 / 記事番号:5027

泣いてしまいました / 北海道のヒトヅマむっちゃん-(50) -女性

胸が痛くなりました。
そして、温かくなりました。
大切な大好きな人達を優しく包みたくなりました。

『お元気で』深い想いに涙が出ます。

桑田さん ありがとうございます。

年越し、40周年に向けて超、超、ご多忙の日々と思いますが、札幌で歌声を楽しみに待っています。

2017-08-19 / 記事番号:5025

珠玉のバラード / 茨城県の秋桜-(48) -女性

イントロから、涙が溢れるほど心を揺さぶられる美しい旋律は、衝撃でした。
曲を聴くまで、ムード歌謡?と想像していたら、良い意味で期待を裏切られました。
甲子園では高校野球真っ最中ですが、多様な球種で攻めてくる桑田投手という超技巧派に、「かくし玉」でしてヤラれました。

今回のツアーだけでなく、桑田さんソロの定番バラードとして、ずっと聴き続けたいと名曲を作ってくださって、ありがとうございました。

2017-08-19 / 記事番号:5023

ほととぎす杜鵑草 / 埼玉県のチョコっと-(33) -女性

ほととぎす、素敵過ぎます。
聞きながら涙が出てきました。

人を愛する素晴らしさ、命の尊さを感じ、心にじーんと染み込んできました。
早くライブで聞きたいです。

2017-08-18 / 記事番号:5022

杜鵑草探しの散歩に出ます / 福岡県の手のり文鳥-(48) -女性

刹那と永劫、二つの時の流れを感じさせてくれるような、あまりにも美しい曲に胸が締め付けられました。
今、そばにいてくれる人たちの手を取りながら、いつまでも桑田さんの歌声を聴いていたいと思いました。

2017-08-18 / 記事番号:5020

泣けて、泣けて・・ / 山口県のケロッピ-(49) -女性

先週の放送で、歌詞の朗読の時から、胸がいっぱいになり、曲がかかると、涙がとめどなく溢れました。
61歳になられた桑田さんだからこそ伝わる歌だと思います。
それにしても、こんなに心に響く歌を創られる桑田さんは、卑怯です。もちろん、褒め言葉です。
早く、何度もお聴きして、身体も心もこの曲に溺れたいと感じました。

2017-08-18 / 記事番号:5018

沁みてきます。 / 新潟県の野うさぎ-(55) -女性

桑田さんの綺麗なお声とメロディーと心にグッとくる詩が、涙を誘います。
とても心に沁みる素敵な歌です。ライブでお聞きできるのを楽しみにしています。

2017-08-18 / 記事番号:5017

沁みてきます。 / 新潟県の野うさぎ-(55) -女性

桑田さんの綺麗なお声とメロディーと心にグッとくる詩が、涙を誘います。
とても心に沁みる素敵な歌です。ライブでお聞きできるのを楽しみにしています。

2017-08-18 / 記事番号:5016

ぬける、もとい、なける / 神奈川県の電卓屋ケンちゃん-(51) -男性

桑田さん、スタッフの皆さん、いつもありがとうございます。「ほととぎす」やられました。私は残念ながらコンサートで聴くことは出来ませんが、来週のCDでじっくり1曲エンドレスリピートで聴かせてもらいます。桑田さんの美しい日本語、幻想的な音楽に「愛しい人のありふれた言葉、ありふれたぬくもり、ありふれた景色に、幸せを感じる」そんな気になりました。ありがとうございます。でも「花より団子」、いや「花よりハム」ですか、ニッポンハムのプレゼントも魅力的です(笑)

2017-08-16 / 記事番号:5007

シティーハンター / 愛知県の眠り猫-(45) -女性

ホトトギス(杜鵑草)
この単語を見た時、即座に漫画「シティーハンター」を思い出しました。

桑田さんは御存知でしょうか?30年程前にジャンプで連載されてアニメにもなったマンガです。「もっこり〜」と叫んで女性に飛びつく裏家業の男、冴羽獠。このマンガの最終回でホトトギスが使われていて、ファンにとってはとても印象的な花として周知されています。
花言葉は「永遠にあなたのもの」そんなタイトルを持つ歌がどんな歌なのかと、ずっと気になっていました。

先日ラジオで拝聴して、すごく素敵なバラードで、一度聞いただけなのに大好きになりました。まさに歌に一目惚れした感じです。
大好きな桑田さんと大好きなシティハンターが融合したようなこの曲、是非ライブで歌って下さい!

2017-08-16 / 記事番号:5004

杜鵑草 / 東京都のあみちゃん-(51) -女性

あたたかくてやさしいメロディーに自然と涙が出てきました。もっと聞いていたい・・と思い癒されました。改めて、桑田さんのファンでよかったと思いました。

2017-08-15 / 記事番号:5003

幸せの意味さえも / 福井県のサリー-(41) -女性

さよならの後で知る・・・。

年月をかけて育てた心のカサブタを、一気に剥がされた感覚でした。
涙がポロポロ出ます。
優しい優しい桑田さんの声が、一層、胸にしみます。

多分いつもは、私が背伸びをして、一生懸命手を伸ばして、全力で桑田さんに憧れているだけなんだけど、この曲は、寄り添ってもらっている気がして。
よく分からないけれど、なんか浸透圧で、体から水分出ちゃう、みたいな感じでした。

私が大好きな桑田さんとは、また違うんだけど、ドキッとしました。
これも、凄くいいですね。

2017-08-15 / 記事番号:5002

素敵です / 神奈川県のめいめい-(38) -女性

先週の夜遊びで一度聴いただけのに、聴きながら涙が出ました〜。

素敵な歌詞と素敵なメロディーと素敵な歌声。

早くCDを手にして歌詞カード見ながらじっくり聴きたいです。

桑田さん、ありがとうございます、これからも世界一大好きです!

2017-08-15 / 記事番号:5001

涙が・・・ / 神奈川県のこむぎ-(52) -女性

「ほととぎす【杜鵑草】」
先週の放送で初めて耳にしたこの曲に
涙が出ました。

美しすぎるメロディーに桑田さんの歌声が心に沁みてこぼれ落ちる涙を拭うのも忘れて聴き入ってしまいました。

桑田さんは杜鵑草という花をご覧になったことがあると思いますが、アルバム「がらくた」が発売されるこの季節に咲き始める可憐な花・・・紫の花色のものしか知りませんでしたが、何種類もあるのですね。

曲と杜鵑草の花が結びつくような、そんな素敵な一曲です。

2017-08-15 / 記事番号:5000