ニッポンハム ムーンライト・ミーティング 桑田佳祐のやさしい夜遊び

全国38局ネット土曜 23:00-23:55

新曲感想掲示板

番組宛てのネタを投稿しよう!

現在感想募集中の新曲
新曲「過ぎ去りし日々 (ゴーイング・ダウン)」の感想はこちらまで!
  • ※ご投稿いただきました内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。
  • ※特定の利害に関する記述、誹謗中傷他、掲載にふさわしくない書き込みは、管理者により、通知なく削除させていただく 場合がございます。

1曲目のもつオーラ☆☆☆ / 神奈川県の沙良ジェーン-(52) -女性

桑田さんのソロアルバムの1曲目に入る曲って、ヒットナンバーになる曲とはまた違う風格というか存在感があって好きなんです。

「哀しみのプリズナー」「漫画ドリーム」"Hold On" 「現代人諸君」そしてこの「過ぎ去りし日々(ゴーイング・ダウン)」
ちょっと渋めで男らしさがあふれていて♪

確かに「若い広場」1曲目だと、まったく雰囲気違っちゃいますよね(笑)

一瞬ノスタルジックに昔を思い出しつつも「鏡の向こうの友よ」って「頑張れよ、自分!」って喝入れるとこが大好きです♪

ライブで聴きたい!!!(^O^)/

2017-09-16 / 記事番号:5194

ロック! / 神奈川県のくみ-(51) -女性

う〜ん、どっかで聴いたようなロック!けど桑田さんスタイルのロックなんですよね〜。桑田さんの唸り声がたまりません!モーモーモーって(笑)。って初めは歌詞カードを見ないで聴くスタイルの私は笑いました。more more more なんだろうなぁって直ぐに解るんですけど、耳だけで聴くのも楽しいです!

2017-09-13 / 記事番号:5189

色褪せないロックンロール / 静岡県のロコモコ-(50) -女性

若き日々を懐かしむような歌詞と、色褪せないロックンロール感が、すごくかっこいいです。
歌詞の日本語と英語の絡み合いも絶妙ですね。
佳ちゃんをはじめ、バンドメンバーのみなさんの楽しそうな雰囲気も伝わってきます。
イントロからエンディングの「More,more,more...」まで、気持ち良くロックンロールを楽しんでいます。

「がらくた」のA面1曲目、大好きな曲です。

2017-09-10 / 記事番号:5182

ろっく! / 神奈川県のひよりん-(19) -男性

”過ぎ去りし日々“そう聞いた時、「桑田さんらしい曲名だなあ」そう思いました。切ない感じのバラードだと思って聴き始めたのですが、イントロが流れた途端驚きました。この独特なロックの雰囲気が、どことなくROCK AND ROLL HEROに入っていそうな曲だと思いました。過ぎた日々を悔やむことなく楽観的にとらえる事は、とても大事だと思いました。ぶっちゃけ、今回のアルバムの中で1番好きかも、です!

2017-09-09 / 記事番号:5178

人生楽しもうじゃないの! / 神奈川県のクルミッ子-(38) -女性


一曲目からアクセル全開で「 がらくた 」は私達を迎えてくれました!

聴いていると、桑田さんの私心全開でもあり、
自信を鼓舞する曲でもあるのかなと思いました。

聴いている私も人生楽しもうじゃないの!って乗せられちゃう
ツアーの光景が目に浮かぶ一曲目でした♪

ポールのコンサートで元気もらったって話してた桑田さん、
私はきっと桑田さんから歳を重ねる事の楽しみ方をこれから教わる気がします。

2017-09-06 / 記事番号:5161

ビートルズイズム / 長野県のみこすけ-(34) -男性

桑田さんこんばんは!今年は名古屋ドーム行きまーす!
がらくた、毎日運転しながら聴いてます!
一曲目の過ぎ去りし日々をなにげなく聴いていたんですけど、なんかビートルズのI Saw Her Standing Thereを思い出しました。なんとなく雰囲気が似てる気がするのですが気のせいでしょうか?

2017-09-04 / 記事番号:5150

君への手紙 / 東京都のきゅんきゅん-(54) -女性

温かい気持ちと懐かしい感じがたまらないです。プロモーションビデオも素敵で、なんかいも、泣いちゃいます。擦り切れちゃいます。大好きです。

2017-09-02 / 記事番号:5139

君への手紙 / 東京都のちゅらら-(54) -女性

あったかい気持ちに切ない懐かしさを感じて、もう、大好きです!
プロモーションビデオも素敵で、磨り減ってしまいそう〜!

2017-09-02 / 記事番号:5138

宇宙の彼方までSingin' Pop Pop Pop Pop♪ / 東京都のパンダ茶-(52) -女性

何度も聴いているうちに、この歌詞が頭の中で繰り返しています。(*^o^*)

先ず、夜遊びで朗読を聞いて、歌詞が長く感じました。きっと「勝手にシンドバッド」のように字余りで、快活のようなものを想像しました。でも、曲を聴いてびっくり!!しました。
ヘアースタイルはポニーテールにリーゼント、コーラ片手に、そしてツイスト♪でノリノリな曲ですね。

エラいダークな世の中で たまにゃ冗談も言わしてえな Why…so tight?♪
この歌詞に桑田さんの気持ちが込められていると思います。

「がらくた」ツアーでツイスト踊っちゃってもいいですか!?
オバちゃんですが(笑)

2017-09-02 / 記事番号:5133

ロックンロール / 神奈川県のまなつのかりん-(61) -女性

桑田さんこんばんは、

イントロの出だしから、すっかり心を掴まれました
茅ヶ崎物語のラストで桑田さんが歌うブルースウェード聴いて、あー、やっぱりいいね!桑田さんのロック聴きたい!と思っていたら、この曲。
ロックンロール、桑田さんの声、喉の強さ、やっぱり凄いです、かっこいいです!

ワクワクしながら「がらくた」の世界に引き込まれました。

2017-09-01 / 記事番号:5120

過ぎ去りし日々(ゴーイング・ダウン) / 栃木県の愛しのミーナ-(42) -女性

"これぞ一曲目"!!
ワクワク感が一気に高まります。
新曲なのに変ですが、時代を越えて昔?にワープしていく感じ。
大好きです。
ツアーますます楽しみです!

2017-08-26 / 記事番号:5088

茅ヶ崎物語 / 山口県の波乗りランナー-(54) -男性

桑田さんのソロアルバムはいつも1曲めがかっこいいロックンロールですね。
今回はまたジョンレノンを彷彿させるロックンロール。初めて聞いた時からこの曲の虜です。
茅ヶ崎物語のラストで、えぼし岩でブルースエードシューズやマネーを歌う桑田さんを思い出しました。
ライブが楽しみです!

2017-08-26 / 記事番号:5084

ロックンロール〜♪ / 山梨県のさざなみ-(54) -女性

うらぶれだなんて、桑田さん!カッコイイですよ〜!
ロックンロール♪大好き☆
聴きながら、ゴーゴーダンス(古!)ツイスト!
踊りたくなりました!
チャックベリーみたいにステージに出てきて欲しいな
なんて。。
コンサート楽しみです☆

2017-08-26 / 記事番号:5080

アルバム届きました / 東京都のロコシャラC-(57) -女性

帰宅するとアスマートからの小包!
いい年してドキドキして
アルバム取り出し、曲が始まる前の

あー至福の瞬間♪

そして、小粋なロックンロール
Singin’ Pop Pop Pop

わくわく感を乗せて
アルバムの世界に持ってってもらえる
最高の一曲目です

2017-08-22 / 記事番号:5055

ロック / 岐阜県のkomi-(27) -男性

この曲を聞いてロックアンドロックハローをおもいだしました。
桑田さんの若いころにつくったアルバムです。
その魂がいまも違う曲になって、まだ顕在していることが伝わりました。
しみじみと感じれる曲をまた作ってくださいね。

2017-08-21 / 記事番号:5047

君への手紙 / 東京都のりんりん-(53) -女性

やさしい気持ちになれます!
言葉を綴る大切さを感じます。
ありがとうございます!

2017-08-19 / 記事番号:5036

やだーっ? / 東京都のSNB48-(48) -女性

一曲目 なかなかイイぢゃーん(ニヤリ)
今日penを片手に銀座ホコ天闊歩したぜー!

2017-08-19 / 記事番号:5035

みんなで踊りたーい^ ^ / 東京都のアリエス-(53) -女性

うらぶれロックンロール^ ^
テンポの良いリズム!
懐かしい昔の自分の姿を
思い出しながらも
かっこつけずにストレートに
ぶっつけてくるのが
気持ちいいですね〜^ ^
ライブでみんなで
踊りながら楽しみたいですね。

2017-08-19 / 記事番号:5029

「ウ〜 ラララ ウ〜 ラララ♪」 / 山口県のケロッピ-(49) -女性

アルバム1曲目にぴったりのノリのいい、かっこいい曲ですね。
桑田さんご自身の歌ではないのかもしれませんが、本当に桑田さんって正直な方だなぁって、嬉しくなってしまいます。
先週の放送から1週間、気付けば、「ウ〜 ラララ ウ〜ラララ」と歌っています。

2017-08-19 / 記事番号:5026

歌詩を朗読してくださったのに、ごめんなさい! / 京都府のやっ太郎-(50) -女性


聴き始めからぐんぐんメロディーに引き込まれ、
同時に歌詩を味わう余裕が持てませんでした。

懐かしい…強烈に届いた印象です。
今現在の桑田さんの血肉になっている数々の洋楽のテイストに、
桑田さんオリジナルの感性が相まって、
懐かしくも新しい、誰にも真似出来ない一曲。
『あ〜こんな曲、待ってたんだ、私』と、
自分の心の奥底がむき出しになって、
少し驚きもしました。

『がらくた』ツアー、
大阪と年越しに参加出来ることになりました。
生で聴かせていただけるのが、とても楽しみです。
まずは今宵、改めてじっくり歌詞も味わわせてください。

2017-08-19 / 記事番号:5024