語り手:乳酸菌

トンネルを抜けるとそこはおなかの中だった…。 乳酸菌は今日も人と生きている。 ボクらは乳酸菌。古くからこの星に住み、 人間や動物の体に宿り、日々活動しています。 そんな乳酸菌たちが宿主と一緒に喜んだり、悲しんだり。 時には励ましたり…おなかの中から 語りかけるストーリィをお楽しみください。

メッセージ

番組ではメッセージを募集しています!番組の感想や乳酸菌くん(語り手)へのメッセージをお寄せください。

2018年01月14日(日)

夢のお告げ

ボクの宿主は54歳。
単身赴任中で、独身気分を謳歌している浩二さんです。

ほら、今日だって…。
宿主:「ふぅ〜、なんにもしない休日って、最高だな〜」
こたつに入って、一日中ゴロゴロ。
あ〜ぁ。こんな生活を奥さんが見たら…。
すると・・・

ピンポーン

奥さん:「パパ〜、元気〜」
わぁ、いきなり奥さん襲来!
浩二さん、大変!

奥さん:「ちょっと、なによコレ! こんなに散らかし放題で!」
宿主:「い、いや、これには深い事情が…」
奥さん:「深い事情?2乗も3乗もないでしょ!こんな生活していたら、あっという間にメタボだからね!そうなったらもう絶対、離婚するからね! り・こ・ん!」
宿主:「えーーー! メタボで離婚!? 」


宿主:「うわッ! なんだ、夢かぁ〜」

あは! 浩二さん、こたつの中で知らないうちに寝ちゃったんだね。
でもホントに、こんな生活、カラダには良くないよ〜。

宿主:「ふぅ〜、離婚はこわいし、メタボもイヤだし、ちょっと散歩でもしてくるかなぁ〜」
そうそう、浩二さん、その通り!
寒くたって、適度な運動!
それが、健康を維持する秘訣だよ。

ボクら乳酸菌は、寒い冬の間も元気に活動して、みんなの健康を見守っているよ。

じゃあ、また、日曜のお昼に!
| Next»