語り手:乳酸菌

トンネルを抜けるとそこはおなかの中だった…。 乳酸菌は今日も人と生きている。 ボクらは乳酸菌。古くからこの星に住み、 人間や動物の体に宿り、日々活動しています。 そんな乳酸菌たちが宿主と一緒に喜んだり、悲しんだり。 時には励ましたり…おなかの中から 語りかけるストーリィをお楽しみください。

メッセージ

番組ではメッセージを募集しています!
番組の感想や乳酸菌くん(語り手)へのメッセージをお寄せください。

2017年10月22日(日)

毛筆美人

ボクの宿ぬしは、22歳。
オトナの女性に憧れる、まどかさんです。

彼女実は今日、生まれてはじめて、結婚披露宴に出席するんだよね。

ドレスよし!ヘアメイクよし!
ネイルも、うん、完璧!
気合十分です!
ところが…。

受付係:「こちらにお名前をお願い致します」
受付でいきなり問題発生!
芳名帳へ記帳するためのペンが、も、毛筆!!
かろうじて筆ペンも用意されているけれど、
まどかさん、書道が大の苦手なんだよね〜。
あぁ〜あ、あたふたしちゃって、大丈夫かな〜。
すると…。

和服美人:「よかったら、こちらをどうぞ!」
そう言って、バッグからサインペンを取り出してくれたのは、
隣で記帳しようとしている、和服姿の女性。
和服美人:「毛筆って、緊張しちゃうわよね〜。私も昔は苦手だったのよ」
そう言いながら、毛筆で記帳する女性の字は…
わぁ、とってもキレイ!

あは! オトナの女性の魅力って、こんなところにも現れるんだね〜。
まどかさん、素敵な女性を目指すなら、まだまだ修行が必要だね。

ボクら乳酸菌は、おなかからキレイに!を目指しているよ!
オトナの女性は、内面も美しいんだ。

じゃあ、また、日曜のお昼に!
| Next»