──今週、第88回アカデミー賞の発表がありました。

受賞結果はコチラ!


作品賞:「スポットライト 世紀のスクープ」
監督賞:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ「レヴェナント:蘇えりし者」
主演男優賞:レオナルド・ディカプリオ「レヴェナント:蘇えりし者」
主演女優賞:ブリー・ラーソン「ルーム」
助演男優賞:マーク・ライランス「ブリッジ・オブ・スパイ」
助演女優賞:アリシア・ヴィキャンデル「リリーのすべて」
長編アニメーション賞「インサイド・ヘッド」・外国語映画賞「サウルの息子」
最多6部門を制した「マッドマックス 怒りのデス・ロード」は、美術賞、衣装デザイン賞、メイキャップ&ヘアスタイリング賞、編集賞、音響編集賞、録音賞を獲得

映画評論家・松崎健夫さんによると、「独占したものがあまりなくて、それぞれの作品の良いところがちゃんと評価された印象」とのこと、
307本の候補作の中から選ばれた8本、どの映画を観に行っても楽しめるそうですよ。
中でも、松崎さん納得の作品は、「レヴェナント:蘇えりし者」だそうです。

○公開情報

「詳しい情報は映画『レヴェナント:蘇えりし者』公式ホームページへアクセス!」

「詳しい情報は「松崎健夫」公式ツイッターへアクセス!」