福田彩乃さんは、今年デビュー5周年。
最近、ある企画でライセンスを取得したとか?


鈴木:今年で、デビュー5周年ですけど、その前は何をやっていたんですか?

福田:高校を卒業してから自動車メーカーでOLをしてました。最初卒業して一年間はアルバイトしてまして、精肉店で鳥を捌いてましたね(笑)。

鈴木:僕は今、「日産ソーシャルメディアプロジェクト」の「にっちゃん」で編集長をしていて、福田彩乃さんに1年間、ある事に間挑戦してもらっているんですけど、A級ライセンスをとったんですよね。「福田彩乃 ドリフト」で検索すると、すぐ映像出て来るんだけど、ドリフトが半端ないんですよね(笑)。

福田:本当に車が大好きで、自動車メーカーに務めていた時も、周りが車好きな方がお多くて、ちょっとドライブに行くと技を教えてくれるみたいな(笑)。シートに座ったら、車と一体化して、周りが何も見えなくなりますね。

鈴木:A級ライセンスをとって、今度チームで走るんだよね。

福田:専属ドライバーとして、レースに出るんですよ。初レースですよ(笑)。

鈴木:ほぼ男性の中に、女生として入るんですよ。ドキドキするでしょ?

福田:ドキドキどころじゃないです(笑)、どうなるか分からないですよね。

鈴木:向こうは、タレントが調子こくなよみたいな、負けたくない気持ちがあるよね。

福田:私も、負けたくない気持ちがありますけどね(笑)。

福田彩乃さんのものまねのルーツは?

鈴木:今、ものまねのネタはどれくらい?

福田:今、動物と人、合わせて40くらいですね。急激に増えたり減ったりはしないです。

鈴木:最初にやったものまねは?

福田:小学校4年生の時にやった、田村正和さんの古畑任三郎ですね(笑)。

鈴木:やっぱり世代だよね、僕らの頃だと田村正和と言うと「ニューヨーク恋物語」だもんね。古畑から始まって、女性のものまねを始めたのは?

福田:私は、今の事務所にオーディションで入ったんですよ。オーディションを受けながらネタを作っていったんです。第一次審査は、自分の務めていた会社の上司とか犬とか、身内しか分からないネタばかりで、これじゃ伝わらないなと思って、長澤まさみさんとか、柳原さんがやるショップ店員の真似とか、真似の真似をしてました(笑)。

鈴木:吉高さんは何回くらいお会いしてますか?

福田:2〜3回お会いさせていただいてて、以前、たまたまプライペートで飲み屋さんでお会いして、おそるおそる声をかけたら『一緒に飲みましょう』となったんですよね。その時も『ハイボールを二つください!』って(笑)。私のモノマネに対しても、『私、あんな風にやってる?』と言ってて、マネージャーさんに映像を見せられると、『やってたね!あたしね』と言ってましたね(笑)

○ライブ情報
「福田彩乃5周年 初単独ライブ−はじめまして−」を名古屋・東京で開催します!
○タイトルは「はじめまして」
○演出がマッコイ斎藤さん 構成がオークラさん (※コントもやるの??)
○東京公演は、7月24日(金曜)〜7月26日(日曜)までの全4公演
○会場は、恵比寿・ザ・ガーデンルーム

「詳しい情報は「福田 彩乃 - アミューズ オフィシャル ウェブサイト」へアクセス!」