2018.8.21

岡本真夜、ヒットメイカーがピアニストを志した理由

プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「五洋ホールディングス presents SUNDAY BACK NINE」。8月19日(日)の放送は、歌手でピアニストの岡本真夜さんが登場。彼女のルーツや音楽活動について伺いました。

歌手でピアニストの岡本真夜さん(右)と、パーソナリティの丸山茂樹



◆シンガーソングライターになったきっかけ

丸山:岡本さんは小さい頃から音楽に携わっていたんですか?

岡本:私は、小学3年生からピアノを始めて、高校1年のときまで習っていました。最初は音大に進学してピアニストになりたいという思いがあったんですけど、高校のときに歌のほうが好きになって、シンガーソングライターとしてデビューしました。

丸山:ピアノと聞くと、僕なんかはすぐにクラシックをイメージしてしまうんですけど。

岡本:最初はクラシックを弾いていましたけど、歌が好きになってからは自分が好きな曲を弾くようになって、西村由紀江さんや中村由利子さんなどポップス寄りでメロディーが綺麗な方の曲を弾いていました。

丸山:その頃から自分で曲が作れるなとか感じるものですか?

岡本:自分が曲を作る、とか作れるという感覚はまったくなくて。最初に歌手になりたいと思って、高校を卒業後に所属事務所が決まって上京して、歌手デビューするまでの2年半の間に、当時のスタッフから「曲を作ってみたら」と言われたのがきっかけで。チャレンジしてみたら作れたので、だったら“自分でやっちゃおう!”って。

丸山:じゃあ、それまでは1度も考えたことがなくて、2年半の間にいろんな曲が生まれたんですか?

岡本:そうですね。

◆岡本真夜の憧れの存在

丸山:岡本さんは、好きな曲ってありますか?

岡本:歌を始めたのは、ドリカム(DREAMS COME TRUE)がきっかけだったんですけど、当時はほとんどの曲を毎日歌っていましたね。そのあと、今井美樹さんや竹内まりやさんとか、王道な感じで。

丸山:イメージ的には竹内まりやさん寄りな気がします。音楽のルーツというのは自分の好きな音楽があって……というのがあるんですね。

岡本:曲を書き始めた頃は、ドリカムのこういう風な曲が書きたいな、今井美樹さんのようなバラードがいいなとか憧れはもちろんありました。自分のなかでそういうニュアンスもたぶん体に入っているんですけど、出てくるものってそれがいろんな意味で浄化されて、岡本真夜のオリジナルとして出てくるのかなと感じています。

◆ピアニストmayo誕生のきっかけ

丸山:今年3月には、ピアニスト・mayoとしてセカンドアルバム『Good Time』を発売されています。やはりピアニストの夢のほうが大きかったんですか?

岡本:小さかった頃はそうでしたね。歌手デビューしてからは歌のステージで弾き語りでピアノに触れたらいいかな……くらいの気持ちに落ち着いていたんですけど、2011年の東日本大震災のあと、東北に「TOMORROW」を歌いに行った際に現地の方の声として歌を聴きたいという方と、「がんばれ」とか前向きな言葉さえも受け入れられないという方と分かれているという話を聞いたのがきっかけで。東京に帰ったあと浮かんだメロディーが歌ではなくインストのメロディーだったんです。そのとき、歌を受け入れられない人たちに向けて何か歌とはまた違う形で力になれたら……と、そこからまたピアニストへの思いが強くなって、「いつかデビューするぞ!」と目標を立てて。そのときから曲作りとピアノの先生を探して。

丸山:先生にもう一度付いてもらうんですか!?

岡本:高1までしか習っていませんでしたし、音大にも進んでいないので技術的なことってそんなに習えていなかったので。

丸山:ある意味年齢を重ねると、体って思うように動かないじゃないですか。

岡本:先生から技術的なことを習うまでは知らないことだらけで、レッスンがどんどん楽しくなって。

丸山:作曲のときはピアノでされるんですか?

岡本:それが自分でも不思議で、歌の曲に関してはピアノは一切使わず鼻歌で頭のなかで作っちゃうんです。ピアノの前で構えると本当に出てこなくて。でも、インストの曲はピアノを弾きながらじゃないとメロディーが出てこない。その違いがまだ自分でもわからないんですけどね。

丸山:奥が深いな~。さて、8月26日(日)には、“mayo” Piano Concert Tour 2018 「Good Time」 東京公演がeplus LIVING ROOM CAFE&DININGであるそうで。

岡本:食事をしながら聴ける、すごく雰囲気のいい大人な空間で。今回のツアーはチェロと一緒に演奏しています。歌のライブとピアニストのライブはちゃんと分けてやっています。

丸山:ぜひ機会があったらお誘いください。

岡本:ぜひぜひ、一番前の席を取っておきますので(笑)。

丸山:それはすごく恥ずかしい(笑)。後ろのほうでお願いします。

次回、8月26日(日)の放送も、引き続き岡本真夜さんをゲストに迎え、お届けします。お楽しみに!


----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2018年8月27日(月) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------


【番組概要】
番組名:五洋ホールディングス presents SUNDAY BACK NINE
放送日時:毎週日曜 7:30~7:55
パーソナリティ:丸山茂樹
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/backnine/
番組Instagram:@sundaybacknine_tfm/

Message & Present

プレゼント

番組の感想、メッセージをお待ちしています。送っていただいた方には、月替わりでプレゼントをご用意しています。

今月は、「キャロウェイ スポーツ トート」です。シューズやウェア等、セパレート収納を可能にする2層式を採用したトートバック。 こちらを1名の方にプレゼントします。
※応募締切:2018年10月31日

Recent Entries