2018.8.30

岡本真夜、ピアニストmayoとして「デビューした年はパニックに…」

プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「五洋ホールディングス presents SUNDAY BACK NINE」。8月26日(日)の放送は、前回に引き続き、歌手でピアニストの岡本真夜さんが登場。ゴルフのことや自身の活動について伺いました。

歌手でピアニストの岡本真夜さん(左)と、パーソナリティの丸山茂樹



◆岡本真夜、ゴルフの経験は?

丸山:岡本さんのブログを見させていただいたんですが、ゴルフの打ちっ放しに行かれたことがあるそうで。

岡本:たぶん4~5年以上前だと思いますが……そんなに昔のブログをチェックしていただいたんですね(笑)。最近は全然なんですけど。

丸山:コンサート前はゴルフクラブを握らないというミュージシャンは多いですね。例えば、B'zの松本(孝弘)さんは「手が痛くなるから」って。アメリカにずっと住んでいたんですけど、近くに住まれていた氷室京介さんもライブ前は一切ゴルフをやらないと。皆さん本業になるとストイックだと感じました。

岡本:私は、アーティストの友達夫婦がよく打ちっ放しに行っていて。私はゴルフを一切やったことなかったんですが、あるとき誘われたんです。クラブがボールに当たったときの手応えがすごく気持ち良くて。当時はよく連れて行ってもらっていました。

丸山:またきっかけがあれば、やっていただきたいです。ゴルフについてはどんなイメージですか?

岡本:“スパン!”と打てたときに気持ち良いんだろうなって。

丸山:タイガー・ウッズ選手のショットの音を初めて聞いたとき、他の選手とはまったく違うんです。僕は30歳のときにアメリカに渡って9年間いたんですけど、彼の全盛期のときにちょうど一緒だったので、彼の練習をよく後ろから見ていました。今だったらスマートフォンでいっぱい動画を撮っていたのに……って思うくらいすごい音がするんです。「このピアニストの出す音はすごい!」と感じることは岡本さんもありますか?

岡本:ピアノで面白いのが、1台のピアノを10人のピアニストが弾くと一人ひとり全部音色が違うんです。だから自分が「こういう音を出したい」とイメージする音を奏でるには、先生から「ピアノは耳で弾くんだよ」とよく言われました。

◆ピアニストとして「自分の音色を築いていきたい」

丸山:ピアノの音の魅力や楽しさは?

岡本:ピアニストって各会場にあるピアノを弾くので、バイオリニストやギタリストのように自分の楽器を持ち運べないんです。コンサートで全国を回るとき、会場にあるピアノとリハーサルの時間にどれだけ自分が仲良くなれるかが勝負で。ピアノのコンディションやその日の湿度だけでなく、ピアノとの相性もあるので。

丸山:奥が深い!

岡本:コンサート当日は調律師が入るので調整はしていただけるんですが、ピアノとの相性が一番大事で。鍵盤の重い軽いや、この音は響きが良くないなとかがあるので、自分が本番で演奏するときにバランスを取らなくてはならないんです。ここの高音は、もっと強く弾かないとこのピアノは音が出ないからいつもより強く弾いたり……そういう調整がすごく大変で。3年目になってようやく慣れてきましたが、デビューした年はパニックになることもありました。

丸山:プロだからこそ自分の思う音を出すことが大事なんですね。

岡本:自分の音色を築いていきたいので、理想に近づけるためにも。

丸山:ミュージシャンの友達からも「この会場は歌いづらい」という話を聞くことがあります。

岡本:もちろん会場の作りも影響します。音の聴こえ方も会場によって違うので。

◆憧れのピアニストは「美しい旋律を作る人」

丸山:岡本さんが崇拝しているような現役ピアニストはいますか?

岡本:高校生のとき、西村由紀江さんにすごく憧れていました。ジョージ・ウィンストンやアンドレ・ギャニオンとか、美しい旋律を作る方が好きですね。

丸山:自分のなかでルーティンはありますか?

岡本:そこはマイペースなので(笑)。現場に入ってから対応するタイプです。

丸山:その瞬間、瞬間で対応できるタイプは、一番良いと思います。

岡本:ピアノのときはそうですけど、歌のときは声を出すので、体の調整とかは大変です。同じコンサートのように見えてピアノと歌では使う神経も筋肉も違うんです。ピアノのほうが、小さい頃から長くやってきているぶん安心感はあるかもしれない。歌は喉もそうですが、体自体が楽器のようなものなので。

丸山:岡本さんにとって初の弾き語りツアー「岡本真夜★Premium“一人旅”弾き語りLive Tour 2018~2019」が、9月16日(日)の鎌ケ谷市での公演を皮切りに開催されるそうですね。

岡本:初めてピアノの弾き語りで全国を回らせていただきます。

丸山:僕は市原市の出身なので、鎌ケ谷市は地元の隣町ですよ。

岡本:じゃあ、お席をご用意しておきます。一番前の席を(笑)。

丸山:一番前の席は本当にダメです。恥ずかしいから無理なんで、一番後ろにして(笑)。

岡本:今回は今まで回ったことのない場所や、お客さんとの距離がすごく近い会場が多いのですごくプレミアムなライブになると思います。

次回、9月2日(日)の放送は、クロスフィットトレーナーのAYAさんをゲストに迎え、お届けします。お楽しみに!


----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2018年9月3日(月) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------


【番組概要】
番組名:五洋ホールディングス presents SUNDAY BACK NINE
放送日時:毎週日曜 7:30~7:55
パーソナリティ:丸山茂樹
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/backnine/
番組Instagram:@sundaybacknine_tfm/

Message & Present

プレゼント

番組の感想、メッセージをお待ちしています。送っていただいた方には、月替わりでプレゼントをご用意しています。

今月は、キャロウェイのゴルフボール「CHROME SOFT X」1ダースです。
こちらを5名の方にプレゼントします。
※応募締切:2018年12月31日

Recent Entries