| 五洋ホールディングス Presents SUNDAY BACK NINE - TOKYO FM 80.0MHz - 丸山 茂樹
2018.8.2

ラグビー元日本代表の伊藤剛臣が語る、チームプレーの醍醐味

プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「五洋ホールディングス presents SUNDAY BACK NINE」。7月29日(日)の放送は、前回に引き続き、ラグビー元日本代表の伊藤剛臣さんが登場。ラグビーの魅力や醍醐味について伺いました。



◆ラグビーの大切なポイント

丸山:伊藤さんの思うラグビーの大切なポイントは?

伊藤:(現役時代は)ずっと脳みそが筋肉のような感じでしたから、(考えるのは)苦手な分野ですね(笑)。戦略や戦術はコーチが考え、選手は試合で使ってもらうために何をすべきか考え、自分に足りない部分を補ったり。

丸山:どのスポーツでも監督と仲違いする人がいるじゃないですか。やっぱり監督に嫌われると(試合に)使ってもらえないとかあったりするの?

伊藤:選手も嫌われないようにしないといけないですよ。やはり(試合で使う)選手を決めるのは、監督・コーチですから。グラウンドに立てば、(そこに)監督はいないので、選手一人ひとりが大将のようなものですけど。

丸山:強いチームを渡り歩いてきた伊藤さんですけど、神戸製鋼(コベルコスティーラーズ)の強さの秘密は?

伊藤:フィールですね。ブルース・リーの「Don't think Feel」(映画「燃えよドラゴン」で言ったセリフ)じゃないですけど、“考えるな、感じろ”と。その感じる力がみんなすごかったですね。

丸山:伊藤さん、脳みそは筋肉じゃなく、ちゃんと使えているじゃないですか(笑)。

伊藤:チームスポーツなので、相手もいますし、個人のひらめきをすごく大事にしていて。そのひらめきに、みんな反応してあげるんです。(神戸製鋼の選手たちは)それを感じる力がみんな強い。

◆チームプレーの醍醐味

丸山:現在は釜石シーウェイブスRFCのアンバサダーを兼任されています。ラグビー界の底辺を拡大していくためにも、子どもたちをサポートしていくことも大切だと思うんですけど、どう考えていますか?

伊藤:そうですね。子どもたちがラグビーを好きになって、憧れを持ってくれないとやらないですからね。

丸山:子どもたちに、ぶつかり合うような激しいスポーツの魅力を伝えるのは、どういう風にしているんですか?

伊藤:もちろんスキルも大事ですけど、やっぱり一番教えるのはラグビー精神。自分よりも大切なものがあるんだと。自分だけのためよりも、みんなのためのほうが力が湧く。そのときの感動や爽快感を味わってほしい。それがチームプレーの醍醐味だと思いますよ。

丸山:サッカーや野球と違って、ラグビーは小さな子どもたちは、いまいちピンと来なそうだけど、そこをうまく引率するのはすごく難しいでしょ?

伊藤:少年たちのコーチがものすごく頑張ってくれています。日本人の精神として、小よく大を制すじゃないですが、鍛えれば強くなりますから。僕も高校時代はベンチプレス70kgが上がらなかったですけど、46歳で160kgを上げましたから。

丸山:え~っ、倍(以上)!?

伊藤:やれば絶対にみんな強くなりますから。

丸山:そういうことも子どもたちにはちゃんと伝えて。

伊藤:ポジションは1番~15番まであって、体が大きい人もいれば小さい人もいる。それぞれの体格や性格に合うポジションがありますから。ラグビーって、ルールがわからないという人が結構多いんですけど、もっとシンプルに見てほしい。ラグビーは陣取りゲーム。常にボールの争奪がおこなわれていると。実は僕、46歳まで現役でしたが、ラグビーのルールの全部はわかりません。ルールはレフリー(審判)が一番知っていますから、レフリーに任せましょう(苦笑)。

丸山:マジですか(笑)!? プロ野球やテニスなどに「チャレンジ制度」があるけど、ラグビーは?

伊藤:ないですよ。レフリーが神様ですから(笑)。レフリーも人間ですから味方にしないといけない。世界一のオールブラックス(ラグビーニュージーランド代表)なんて絶対レフリーに文句を言わないですよ。僕もたまにチームの選手たちに「おい、お前らレフリーに文句を言うな!」って言った3分後に思い切り(レフリーに)文句を言ったことがありますけど。「お前言っていることとやっていることが違うじゃね~か」っていう(笑)。

◆ラグビーで「一番かっこいいプレーはタックル」

伊藤:ラグビーもゴルフと一緒でメンタルな部分が大きいスポーツなので、そこでミスをしてしまうと、いいパフォーマンスができない。目の前の1プレー、1プレーを集中して戦うことが勝利につながってくると思うので。ラグビーで一番かっこいいプレーは、トライじゃなくてタックルなんです!

丸山:タックルなんだ!?

伊藤:ラグビーは試合時間が80分ありますけど、ボールを持っている時間なんて僅かですから。

丸山:先日、リーチ マイケル選手がポール際で(トライが)入ったかなと思ったら “ガン!”って横からタックルを決められて。タックルを決めた選手はめちゃめちゃ気持ち良かったでしょうね。

伊藤:そうなんです。そして、そのタックルに仲間が感動して勇気をもらうんですよ。「次は俺もいくぞっ!」ってね。

次回、8月5日(日)の放送は、TUBEの前田亘輝さんをゲストに迎え、お届けします。お楽しみに!


----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2018年8月6日(月) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------


【番組概要】
番組名:五洋ホールディングス presents SUNDAY BACK NINE
放送日時:毎週日曜 7:30~7:55
パーソナリティ:丸山茂樹
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/backnine/
番組Instagram:@sundaybacknine_tfm/

Message & Present

プレゼント

番組の感想、メッセージをお待ちしています。送っていただいた方には、月替わりでプレゼントをご用意しています。

今月は、Bushnell GOLFのゴルフ用レーザー距離計「PINSEEKER PRO X2 JOLT」です。こちらを1名の方にプレゼントします。

※応募締切:2018年8月31日

Recent Entries