| 五洋ホールディングス Presents SUNDAY BACK NINE - TOKYO FM 80.0MHz - 丸山 茂樹
2018.7.24

ラグビー元日本代表の伊藤剛臣、46歳まで現役にこだわった理由

プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「五洋ホールディングス presents SUNDAY BACK NINE」。7月22日(日)の放送は、ラグビー元日本代表の伊藤剛臣さんが登場。長きに渡る選手生活やラグビーの魅力について伺いました。



◆46歳まで現役にこだわった理由

丸山:今年1月まで現役選手でしたが、何故ここまで、長きにわたりやろうと思ったんでしょう?

伊藤:高校1年生のときにラグビーと出会って、ラグビーに人生の夢とロマンと目標をもらったんです。40歳まで神戸製鋼にお世話になって、僕自身引退すると思っていたんですけど、妻や両親からまだプレーする姿を見たいと言われて。たまたま、そのときに日本代表の後輩だった吉田尚史が「東日本大震災で甚大な被害に遭ったけど、ラグビーで釜石を盛り上げよう!」と僕のことを釜石シーウェイブスRFCに誘ってくれたんです。1部リーグに上がるための力になりたいと思って、トライアウトを受けました。

丸山:僕は40歳のときなんて(伊藤さんのような)夢や希望がなかったもん。現役だけどケガで(第一線を)退いちゃっているからね。(年齢的に)自分のケガとの闘いが苦しくなる。ラグビーは体当たりしたりするからもっと大きなケガもするだろうけど、そういう意味ではちょっと痛いところがあると逃げ腰になってしまう自分が出てくるんじゃない?

伊藤:そうですね。

丸山:それでも、痛み止めを打ちながらぶつかっていく姿はすごいなと思う。そのファイティングスピリッツは、どこから出てくるものなの?

伊藤:太鼓じゃないですけど、打たれたら響きたいですよね。

丸山:カッコイイ!

伊藤:逆に自分が打ったときも響いてほしい。ラグビーってそういうものだと思うんです。

丸山:ラグビーと言えば「One for all, All for one」という精神が知られていますけど、これは誰が作った言葉なの?

伊藤:誰だかわからないけど、ラグビーを見た日本人がこの言葉を発したらしいです。

丸山:ラグビーは、まさにチームプレーの見本とも言えるスポーツですけど、どんな団結力を必要とする競技なんですか?

伊藤:個々のスキル、自分のパフォーマンスももちろん大事なんですけど、それよりもチームメイトのことが大事なんです。その精神ですね。やはり、自分のためだけよりも、みんなのためにというほうが力が湧くと思うんですよ。それぞれの役割があってチームが成り立っているので。

丸山:選手同士認め合わないといけないと。一緒に目標を勝ち取る精神というのは、団体競技をしている人たちの凄さだなと、個人競技をしている僕からすればとても尊敬しています。

◆ラグビーの魅力とは?

丸山:ラグビーボールはトリッキーなバウンドをしますけど、地面に落ちた瞬間にどっちに跳ねるとか計算しているもの?

伊藤:全然計算していないです。ラグビーボールはどっちに転がるかわからないから「人生と一緒だ」とよくコーチに言われていましたよ。「ただ、前に向かって進め!」みたいな(笑)。

丸山:若い頃の松尾雄治さんと喋っているみたい(笑)。

伊藤:松尾さんの後輩ですから。

丸山:ラグビーの最大の魅力は?

伊藤:ボールゲームなんですけど、いわば肉弾戦ですよ。タックルとか決まったら快感なんです。ぶつかり合うのは気持ちいい。ラグビーには、パス、キック、ランとかいろんなスキルがあるんですけど、それらを駆使して15人一体となってトライを取った瞬間はすごく感動するし、快感なんです。

◆歴史的勝利の裏側

丸山:2015年のラグビーワールドカップで、日本が南アフリカに勝ったじゃないですか。あの試合は凄かったですね。

伊藤:僕は、その試合を生では観られなかったんですが、次の日に家のテレビで観て、日本が勝った瞬間に号泣しました。

丸山:いろんな勝因があったと思いますが、あの強いチームに勝つには、コーチ、キャプテン、チーム力……どこに比重があるんでしょう?

伊藤:あの南アフリカ戦で言えるのは、最後にペナルティを取って3点を狙えば同点だった。(その場面で)ヘッドコーチのエディー・ジョーンズさんは、「(3点を)狙え! 引き分けでも奇跡なんだから」と選手たちに言ったそうです。でも、選手たちは「俺たちは勝たなきゃダメなんだ」と。それで選手たちはスクラムを選択して、トライを取って逆転勝ちしたんです。そのとき、選手たちはあの世界の名将のエディー・ジョーンズさんを超えたんだと思ったけど、よく考えてみたら、そんな選手たちをエディー・ジョーンズさんが作ったんだと僕は納得したんですよ。実際にグラウンドに立ったら、キャプテンを中心に戦うわけですから。

次回、7月29日(日)の放送も、引き続き伊藤剛臣さんをゲストに迎え、お届けします。お楽しみに!

また、番組では、伊藤剛臣さんのサインが入ったラグビーボールを抽選で1名にプレゼントします。
応募方法は、番組Instagramから! 「@sundaybacknine_tfm」をフォローして、伊藤剛臣さんの写真の投稿に、「ラグビーボール希望」とコメントしてください。締め切りは、7月29日(日)23:59まで。たくさんのフォローお待ちしています!


----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2018年7月30日(月) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------


【番組概要】
番組名:五洋ホールディングス presents SUNDAY BACK NINE
放送日時:毎週日曜 7:30~7:55
パーソナリティ:丸山茂樹
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/backnine/
番組Instagram:@sundaybacknine_tfm/

Message & Present

プレゼント

番組の感想、メッセージをお待ちしています。送っていただいた方には、月替わりでプレゼントをご用意しています。

今月は、Bushnell GOLFのゴルフ用レーザー距離計「PINSEEKER PRO X2 JOLT」です。こちらを1名の方にプレゼントします。

※応募締切:2018年8月31日

Recent Entries