• mixi
  • Facebook
  • ツイッター
  • Google
  • TOKYO FM
  • TOYOTA
Home>Legend Story
Legend Story
19.06.29
朝乃山
null

元号が「令和」になって最初の本場所となった大相撲夏場所。
注目の優勝力士は、西前頭8枚目、平幕力士の朝乃山(あさのやま)となった。

14日目、大関・豪栄道(ごうえいどう)を破り12勝目を挙げると、星1つの差で追っていた横綱・鶴竜(かくりゅう)が敗れた為、朝乃山の初優勝が決定。
平幕の優勝は、去年初場所の栃ノ心(とちのしん)以来で、三役経験のない力士の優勝は、1961年夏場所の佐田の山(さだのやま)以来58年ぶりの快挙となった。

富山県出身の25歳。
小学4年で相撲を始め、近畿大学4年の時には、全日本選手権でベスト4入り。
卒業後は、大学の先輩でもある高砂(たかさご)親方の部屋に入門し、2016年の春場所で初土俵を踏んだ。

身長187センチ、体重177キロ。厚い胸板、どっしりとした下半身。
右を差しての四つ相撲を得意とし、恵まれた体格を活かした寄りと豪快な上手投げを武器に、入門から3年余りで優勝をつかんだ。

朝乃山の四つ相撲が磨かれたのは富山商業高校時代。
それは、相撲部の浦山英樹(うらやま・ひでき)監督の厳しい指導の賜物だった。

その浦山監督は、おととしの初場所、朝乃山が幕下優勝を飾った翌日、病気のため40歳で他界。
教え子の勇姿を病床で見届け、朝乃山に1通の手紙を書き残した。

「俺の誇りだ。富山のスーパースターになりなさい」

朝乃山のしこ名「朝乃山英樹」の「英樹」は、尊敬する浦山英樹監督の名前をそのまま受け継いだもの。
富山のスーパースターへ・・・。
浦山監督から託された夢を叶えるべく、朝乃山が新時代の角界に新たな風を吹かせる。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

6月29日(土)OA分の放送はこちら

Message

Circle of Friendsや藤木直人さん、伊藤友里さんへのメッセージはこちらから。あなたのスポーツ体験と気分を盛り上げるためには欠かせないリクエスト曲をお待ちしています。