• mixi
  • Facebook
  • ツイッター
  • Google
  • TOKYO FM
  • TOYOTA
Home>Legend Story
Legend Story
19.07.06
高倉麻子
null

日本にプロサッカーリーグ、Jリーグが誕生する20年近く前、
まだ、男子サッカーの人気が定着していなかった1970年代、
女子がサッカーをやることが、どれほど珍しかったかは、想像に難くない。
1968年、福島県に生まれた高倉麻子(たかくら・あさこ)は、
10歳の頃から男子に交じってサッカーを始めた。
地元には、女子がサッカーに打ち込める環境が無かった為、
中学生になると、週末は1人で東京へ出てきて、
女子のチームに加わり、練習や試合に参加させてもらった。
当時は、東北新幹線が全線開通しておらず、特急電車で上野まで3時間。
長期の休みには、東京の友達の家に泊めてもらいながら
サッカーに打ち込んだ。

高校は、授業が終わると自転車で30分かけて男子校へ行き練習。
女子のクラブチーム「読売ベレーザ」では、
巧みにパスを操る攻撃的ミッドフィルダーとして活躍した。

1989年から始まったなでしこリーグの前身、日本女子サッカーリーグで、
記念すべき第1号のメモリアルゴールを挙げ、
92年、93年には、2年連続でMVP。
96年には、女子サッカーが初めて正式種目に採用された
アトランタオリンピックに出場するなど、
順風満帆なサッカー人生を歩んでいた。

しかし、31歳で移籍した松下電器は、不景気の影響から2か月で廃部。
活躍の場を求めてアメリカへ渡ったが、
練習中に右膝を怪我して半年で帰国した。

2004年、36歳で現役を引退し、その後は、指導者の道へ。
アンダー世代の監督としてワールドカップを制覇するなど実績を積み、
2016年から、なでしこジャパンの監督に就任。
日本のサッカーA代表で女性が監督を務めるのは高倉が初めて。

日本女子サッカーのパイオニア、高倉麻子。
ベスト16で終わったワールドカップ・フランス大会の悔しさを糧に
来年の東京オリンピックでの雪辱を誓った。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

7月6日(土)OA分の放送はこちら

Message

Circle of Friendsや藤木直人さん、伊藤友里さんへのメッセージはこちらから。あなたのスポーツ体験と気分を盛り上げるためには欠かせないリクエスト曲をお待ちしています。