• mixi
  • Facebook
  • ツイッター
  • Google
  • TOKYO FM
  • TOYOTA
Home>Legend Story
Legend Story
19.11.30
石川祐希
null

4年に一度、バレーボールの世界一を決める国際大会、
ワールドカップバレー2019。
来年の東京オリンピックに向けて重要なこの大会で、
男子日本代表は、28年ぶりの4位に入った。

躍進の立役者となったのが、エース・石川祐希。
身長192僂離Εングスパイカーで、
現在は、世界最高峰のバレーボールリーグ、
イタリア・セリエAでプレーしている。
1995年、愛知県生まれ。
父親は元陸上選手で、母親は元バスケットボール選手、
両親とも実業団に所属するほどの実力者だった。
幼い頃からスポーツ万能、
姉の影響で小学4年からバレーボールを始め、
愛知県のバレーボールの名門、星城高校時代には、
2、3年の時に高校総体・国体・春の高校バレーの高校3冠を達成。
2年連続での高校3冠は、史上初の快挙だった。

中央大学に進学した2014年には、日本代表に初選出され、
アジア競技大会では、主力の1人として準優勝に貢献。
さらに、この年の12月から3か月間は、
セリエAの強豪チーム、モデナでもプレー。
しかし、言葉の壁もあって、
出場した15試合でスタメンをはったのは、わずか2試合だった。
初の海外は、石川にとって苦い経験になったのかと思いきや、
「自分が伸びれば十分やれる」と、手応えを感じたという。
その後も大学に籍を置きながらイタリアのリーグに参戦し、
去年、大学を卒業するとプロ宣言、セリエAのシエナに入団した。

昨シーズンは、スタメンで全試合に出場するなど、着実に成長。
その力を日本代表に還元し、ワールドカップでは、
世界を相手に次々とスパイクを決めた。

来年の東京オリンピックは、開催国枠で、
北京オリンピック以来3大会ぶりの出場となる男子日本代表。
その活躍は、若きエース・石川祐希の肩に掛かっている。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

11月30日(土)OA分の放送はこちら

Message

Circle of Friendsや藤木直人さん、高見侑里さんへのメッセージはこちらから。あなたのスポーツ体験と気分を盛り上げるためには欠かせないリクエスト曲をお待ちしています。