• mixi
  • Facebook
  • ツイッター
  • Google
  • TOKYO FM
  • TOYOTA
Home>Legend Story
Legend Story
21.04.03
原田海
null

楢智亜、野口啓代、野中生萌ら、いまや世界トップクラスの実力を誇る日本のスポーツクライマー。
その3人と共に東京オリンピック代表に選ばれたのが、22歳の若きクライマー・原田海。

2018年、オーストリアで開催された世界選手権。
ボルダリングは、日本の楢や海外の有力選手が、決勝を前に姿を消すというハイレベルな戦いとなった。
複数の課題に挑み、完登した数を競うボルダリングは、原田が最も得意とする種目。
原田は、第3課題まで全てを完登し、最終の第4課題を暫定1位で迎えた。
プレッシャーがかかる場面だったが、1トライ目で完登し、見事優勝。
壁から降りるとうずくまり、嬉しさのあまり涙を流した。
決勝で4つの課題全てを完投したのは原田ただ一人。
世界選手権初出場にして、表彰台の真ん中に立った。

その強みは、ホールドをつかんで体勢を維持する「キープ力」にある。
原田は、大阪・岸和田市で、自宅近くのボルダリングのジムに、小学5年の時から高校卒業まで毎日通い、その腕を磨いた。

ジムは老朽化しており、ホールドの表面が滑りやすくなっていたため、そこで練習しているうちに、重心移動で登る技術と体を支えるキープ力が自然と身についたという。

2019年の世界選手権は、オリンピック種目である複合で、日本人2番手となる4位入賞を果たし、東京オリンピック内定を勝ち取った。
また、去年のボルダリングジャパンカップでは、国内初優勝と勢いに乗る。

伸び盛りのクライマー・原田海、持ち前のキープ力を武器に、この夏の大舞台で、表彰台を目指す。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

4月3日(土)OA分の放送はこちら

Message

Circle of Friendsや藤木直人さん、高見侑里さんへのメッセージはこちらから。あなたのスポーツ体験と気分を盛り上げるためには欠かせないリクエスト曲をお待ちしています。