新潟県・長岡市の『別格』−長岡の大花火が別格な理由!−


今月、たずねるのは、新潟県。そして今週は、新潟県第2の都市、長岡市の全国的にも有名な花火をご紹介します。
長岡市の大花火は、長岡まつりのメインイベントです。まつりは、8月1日の前夜祭から始まり、2日、3日と信濃川沿いで三尺玉をはじめとする、大輪が打ち上げられます。長岡まつりの始まり、長岡花火の意味などを、長岡まつり協議会幹事長の藤井芳さんにおうかがいしました。

−戦後の長岡花火とこめられた想い−

藤井さん「戦後の時代で言えば、昭和20年8月1日夜10時30分に長岡空襲があって、B29が125機きました。1時間40分の空襲でした。その復興のために復興祭というのを、昭和21年の8月1日から3日間行いました。それが昭和26年から長岡まつりに変わります。花火は昭和22年から復活します。その時代時代に花火の意味あいが違っています。戦後はまず慰霊と長岡の復活。この慰霊という意味あいですが、実は江戸時代から慰霊ということで花火を上げているんです。だからこそ日本は菊型や牡丹型の花火があるんだと私は思います。享保18年、1733年、徳川吉宗の時代。享保の大飢饉というのが起きます。全国で数10万人の方が亡くなったとも言われているのですが、その魂を弔うために、江戸大川で花火を上げようということになりました。それが、隅田川の花火の始まりです。つまり日本人の気持ちっていうのは、夜空に華を手向ける、そういう想いがあったんだと思います。だからこそ日本の花火は世界一綺麗で、想いがこもっているということなんだろうと思います」

住吉さん「『夜空に華を手向ける』。もともと花火には慰霊という意味がこめられていたんですね。だからこそ、長岡まつりが行われるのは、毎年決まって、8月1日からで、花火大会は、2日、3日なんですね。藤井さんのお話にもありましたが、長岡の花火には、時代時代でいろんな想いがこめられているようなんですが、長岡花火の名物とも言える『フェニックス』は、どのように生まれたんでしょうか?」

−中越地震と名物フェニックスの誕生−

藤井さん「長岡市の市のマークが、不死鳥なんです。これは中越地震のずっと前に出来たんですが、戊辰戦争で1度、焼かれています。そして昭和20年の空襲。2度にわたる戦災にも関わらず長岡市民は不撓不屈の精神で、復興を遂げた。不死鳥は、そのシンボルです。それを私は知っていまして、ご存じのとおり、中越大震災が起きてしまいます。その直後、市の職員はとにかく復旧ということで奔走していました。その3ヵ月後くらい、1月に市長から『今年も長岡まつりやるぞ』と檄がとびました。復興のために花火を上げようと。そのとき、私が提案したんですが、復興の願いをこめた花火に『フェニックス』という名前をつけるのはどうだろうかと。市長は即、『いいね』と。それからの職員さんたちの動きはすごかったですね。平原綾香さんの『ジュピター』という曲は、当時、避難所にいるひとのリクエストがいちばん多かった歌なんです。それで職員さんたちが全く何のアポもなく平原さんの事務所にいきまして、こういうことで花火を上げたいので協力していただけないかと言ったそうです。その話に平原さんが耳を傾けてくださったんですね。花火に使うお金は復旧復興に使うべきなんじゃないかという意見もありました。でも、そのときはまだ全村被害の山古志村のひとたちが仮設住宅にいて、帰れるかという不安の中にいました。彼らに花火のチケットを配ったんです。泣いてましたね、花火を見て。生きる勇気をもらったって涙を流してました。これが花火の力なんですね」

住吉さん「藤井さん、普通に会社員もしながらの実行委員のお仕事。時間的にも精神的にもかなり大変だと思うんですが…。なぜあえて過酷な実行委員長のお仕事を引き受けられたんでしょうか?」

−藤井さんが実行委員長を受けた訳−

藤井さん「私が実行委員長を引き受けたのは、実は私が癌になったからなんです。49歳のときに癌がみつかりまして、ちょうどその半年前に、私の親友がやはり癌で亡くなりまして。頭が真っ白になりました。俺も半年かなって思ったときに、50年生きてきて、俺何やってきたんだろう、何かひとの役に立つようなことがやれたんだろうか、という想いがありました。虚しくなりました。たまたま手術をして70%は命の保証が出来ると言われたとき、拾った命を誰かの役に立つように使いたいと思いました。ちょうどそのとき実行委員長の話が市の方からきました。長岡の花火が進化したのは、全国の花火サミットができてからです。他の花火師さんからけっこう辛辣な意見をもらいました。では花火を改革しようということが決まったときに、中越大地震が起きたんです。そこにフェニックスの原点があります。今は長岡の子ども達に、『フェニックスってこんなふうに生まれたんだよ』、『こんな花火なんだよ』って教えることで、長岡を誇りに思ってほしいです。次の世代の子どもたちに伝えていくことが大事だと思っています」

住吉さん「藤井さんの熱い想い、必ず子どもたちに伝わると思います。さて、ここで長岡という場所、土地に注目してみたいんですが、ここまで花火が有名になったことと長岡の土地には、なんか関係があったんでしょうか?」

−長岡という土地が花火に適している理由−

藤井さん「長岡の場合は、もちろんすごい花火師さんもいました。嘉瀬煙火工業の嘉瀬さん。嘉瀬さんがよく『私の花火は、信濃川に育てられた』と言うんです。川幅が1キロもあって、いちばん大きな三尺玉をふんだんに打ち上げることが出来て、しかも両岸から観覧席で見ることが出来る。こんな場所は全国探してもそうはないです。三尺玉は、打ち上げた場所から半径600メートルは構築物がない、というのが条件なんです。だから長岡は大玉が上げられる。同じような話で、日本一の花火師さんと言われる茨城県水戸の野村工業の花火師さん。この野村さんが初めて長岡をご覧になったとき『日本にこんなに広くていい場所があるんですね。ここでは10号を上げないと見栄えしませんね』と言ってくれました。また、『あの場所で打ち上げさせていただくのは、花火師冥利につきる』と言われましたから、その場所の良さっていうのは他ではないですね」

住吉さん「なるほど〜花火も場所、土地が育むものなんですね。そんな長岡まつりの花火大会、今年の大花火の見どころをおうかがいしました」

−今年の長岡まつり大花火の見どころ−

藤井さん「今年は、8時半の三尺玉が3発上がります。慰霊、復興、そしてこれからの未来、という意味がこめられているんです。9時には、スターマインの中から三尺玉が1発上がります。もちろんフェニックスもありますが、2日のフェニックスは、復興への感謝をこめて、3分バージョンのジュピターにあわせて上がります。3日のフェニックスは未来のためにということで、フルバージョン、5分でお楽しみいただけます。その他にも、たくさんの趣向を凝らした見応え十分な花火になるだろうと思います」
|| TOP ||