バス旅スト presented by ウェルネット バスもり!教授とバス旅ストたちによるバス旅大好き番組です

TOKYO FM / JFN38 STATIONS EVERY SUNDAY 12:00-12:25 TS ONE (火)17:00-17:30 再放送(木)23:30-24:00 (金)19:30-20:00
TOKYO FM / JFN38 STATIONS EVERY SUNDAY 12:00-12:25 TS ONE (火)17:00-17:30 再放送(木)23:30-24:00 (金)19:30-20:00
  • Facebook
  • Twitter
東北

シリウス号で目指すは、青森の八戸!

バス旅の魅力を“音”で感じる新番組「バス旅スト」。“バス旅スト”とは、普段住み慣れた街から遠く離れたあの場所へ、バスに揺られて自由気ままな旅をする人のことです。
10月15日のオンエアは、国際興業と十和田観光電鉄が共同運行している「シリウス号」という夜行高速バスで、東京駅の八重洲南口から、青森県の八戸を目指すバス旅を紹介しました。
バス旅ストのテクニックのひとつ“降りたら温泉”!
夜の東京駅八重洲南口高速バスターミナルには、今日も多くのバス旅ストたちが集まってきます。
今夜乗車するシリウス号のチケットがこれ。
スマホアプリ「バスもり!」で購入すれば、スマホに電子チケットが入るので、画面を乗務員さんに見せるだけで乗車できます。
21:30。東京駅八重洲南口高速バスターミナルを出発したシリウス号は、池袋駅を経由して東北道へ。翌朝6:45に青森県の八戸駅東口に到着です。車内は3列独立シートのため、長時間の移動も快適ですが、とはいえ、バス旅の疲れは多少なりとも残ってしまうもの。これから始まる観光を前に、まずはゆっくり温泉に浸かってみてはいかがでしょうか。
向かう先は、八戸駅前から徒歩10分ほどのところにある「はちのへ温泉」。源泉かけ流しの天然温泉と2種類のサウナがあり、地元の人にも愛されている温泉です。

何よりバス旅ストに嬉しいのは、朝5時から入れる上、入湯料金も450円ととてもリーズナブル! バス旅ストのテクニックでもある“降りたら温泉”をクリアした後は、腹ごしらえの時間です!
「八食センター」で八戸の海の幸をトコトン堪能
朝風呂に入ってさっぱりしたら、はちのへ温泉のすぐそばにある「合同庁舎前」のバス停から八食100円バスに乗車しましょう。およそ10分で「八食センター」に到着です。
「八食センター」とは、全長およそ170mの建物の中に、様々な食材を扱うお店が約60店舗も入った巨大市場。地元で水揚げされた新鮮な魚介類はもちろん、肉も野菜も乾物もお酒もおみやげも、なんでも揃う“食のテーマパーク”です。鮮魚店の前には八戸名物のイカを始め様々な魚や貝が並び、とても美味しそうです。
そんな八食センターの中でも、館内で購入した食材をその場で炭火で焼いて食べられる「七厘村」は、連日多くのお客さんで大人気です。システムはいたって簡単。まずは受付で席を予約し、その後、館内で食材を購入。その際、「七厘村で食べます」と伝えれば、すぐ焼いて食べられるように処理してくれます。
お店に戻ると、店員さんが火をおこした状態の七厘を席まで持って来てくれます。つまり自分たちで火を起こす必要がないのがポイント!
炭火で焼くことによって、素材の旨みが存分に引き出され、食欲もすすみます! 利用時間内(2時間)であれば、買い足しにも行けるシステム。家族や友達、カップルと七厘を囲めば、会話も盛り上がること間違いなし!
【今回のバス旅で利用したのは?】
シリウス号(東京〜青森)
【バス旅の乗り方&乗り換え方法】
.轡螢Ε更罅陛豕・池袋〜八戸・十和田・七戸)
●東京駅八重洲南口 21:30発 ※乗り場はJRハイウェイバスのりば
●池袋駅東口 22:00発 ※乗り場は9番のりば

八戸→八食センター(100円バス 八戸駅 発〜八食センター 行き
●八戸駅 バスのりば 東口4番のりば
 ※最新のダイヤや詳細はコチラをご参照ください。

H食センター→八戸(100円バス 八食センター 発〜八戸駅 行き)
●八食センター バスのりば 厨スタジアム東口
 ※最新のダイヤや詳細はコチラをご参照ください。

★このバス旅の続きは次週をお待ちください★

※上記情報は2017年10月現在のものです。また、曜日・日程等により異なる場合があります。最新情報(ダイヤ、乗り場等)は各バス会社のWEBページをご確認ください。

●シリウス号・・・国際興業十和田観光電鉄
●八戸駅〜八食センター・・・八食センター
【オンエア楽曲一覧】
「Sukiyaki」A Taste Of Honey
「Hungry Like The Wolf」Duran Duran
「Runner」爆風スランプ
【高速バスはアプリで買える! スマホアプリ“バスもり!”とは】
http://www.busmori.jp/Concierge/lp/
ON AIR REPORT
東北
最新記事
ページトップへ