バス旅スト presented by ウェルネット バスもり!教授とバス旅ストたちによるバス旅大好き番組です

TOKYO FM / JFN38 STATIONS EVERY SUNDAY 12:00-12:25 TS ONE (火)17:00-17:30 再放送(木)23:30-24:00 (金)19:30-20:00
TOKYO FM / JFN38 STATIONS EVERY SUNDAY 12:00-12:25 TS ONE (火)17:00-17:30 再放送(木)23:30-24:00 (金)19:30-20:00
  • Facebook
  • Twitter
東北

八戸・大須賀海岸名物“鳴き砂”で運試し!?

バス旅の魅力を“音”で感じる新番組「バス旅スト」。“バス旅スト”とは、普段住み慣れた街から遠く離れたあの場所へ、バスに揺られて自由気ままな旅をする人のことです。
10月22日のオンエアは、国際興業と十和田観光電鉄が共同運行している夜行高速バス「シリウス号」で青森県の八戸にやって来たバス旅の後編。
今回の旅のお供は、八戸市内のJRと市営バス・南部バスが1日乗り放題の“八戸えんじょいカード”。値段も700円とリーズナブル。JRのみどりの窓口で販売しています。
八戸駅からJR八戸線で鮫駅に着いたら、100メートルほど歩いてバス停へ。三陸復興国立公園種差海岸の玄関口・鮫(JR鮫駅)と種差海岸駅を結ぶ、種差海岸遊覧バス「うみねこ号」に乗って、目指すは大須賀海岸です。
聞けるかどうかは運次第! 大須賀海岸名物“鳴き砂”
大須賀海岸とは、約2.3キロにわたって広がる砂浜で、散歩できる砂浜として東北北部では最大規模と言われています。そして、特筆すべきは、“鳴き砂”です。海岸の砂の上を歩くと、砂がキュッキュッと音をたてます。これは、不純物の少ない綺麗な砂浜の証。ただし、必ず鳴くわけではありません。天候や湿度、砂の湿り具合など、様々な要素に左右されます。つまり、音が鳴るか鳴らないかは、神のみぞ知る!ということ。
大須賀海岸名物の“鳴き砂”を堪能したあとは、蕪島(かぶしま)にも足を伸ばしてみましょう。
商売繁盛、縁結びでも有名な蕪嶋神社
蕪島は、ウミネコの繁殖地として知られ、島全体が国の天然記念物に指定されています。
その頂に鎮座するのが蕪嶋神社。弁財天をまつり、商売繁盛、漁業安全の守り神として古くから信仰を集めてきた神社で、株価と人望の「かぶ」が上がるご利益があるといわれる「かぶあがりひょうたん御守」が人気です。

社殿の周りを3周してからお参りすると運が開けるといいますが、2015年に発生した火災で社殿が全焼し、残念ながら現在は社殿もその周りも立ち入り禁止に(2020年に完成予定)。でも下でもお参りできますからきちんとお参りしていきましょう。再建のための銅板奉納が一口3,000円から行われています。
【今回のバス旅で利用したのは?】
シリウス号(東京〜青森)
【今回のバス旅の乗り方&乗り換え方法】
JR八戸駅→JR鮫駅
◆乗車路線・・・JR八戸線 鮫・久慈方面(1・2番線)
 ※最新のダイヤや詳細はコチラをご参照ください。

∋駅→大須賀海岸
◆乗車バス・・・種差海岸遊覧バス ワンコインバス・うみねこ号 鮫 発〜種差海岸駅 行き
◆のりば・・・・「鮫」バスのりば(鮫駅を出て左に100メートルほど)
◆おりば・・・・「大須賀海岸」
 ※最新のダイヤや詳細はコチラをご参照ください。

B膺棆豎ご漓蕪嶋神社
◆乗車バス・・・種差海岸遊覧バス ワンコインバス・うみねこ号 種差海岸駅 発〜鮫 行き
◆のりば・・・・「大須賀海岸」バスのりば
◆おりば・・・・「蕪島海浜公園」
 ※最新のダイヤや詳細はコチラをご参照ください。

※上記情報は2017年10月現在のものです。また、曜日・日程等により異なる場合があります。
最新情報(ダイヤ、乗り場等)は各交通機関のWEBページをご確認ください。

●JR八戸駅〜JR鮫駅・・・JR東日本
●鮫〜種差海岸駅・・・八戸市交通部
【オンエア楽曲一覧】
「Wild Child」Enya
「It's a Beautiful Day」Sarah Brightman
「Hello」Lionel Richie
【高速バスはアプリで買える! スマホアプリ“バスもり!”とは】
http://www.busmori.jp/Concierge/lp/
ON AIR REPORT
東北
最新記事
ページトップへ