クロノス

Mon.-Thu.中西哲生のクロノス 出演:中西哲生 / 綿谷エリナ Fri.速水健朗のクロノス・フライデー 出演:速水健朗 / 綿谷エリナ

Chronos Vote

CORNERS PROGRAM

Today's Chronos Topics

【東京】宅建協会 イベントレポート


2018年9月23日(日・祝)、クロノス秋の恒例イベント「宅建協会presents クロノス住宅セミナー vol.7 今こそマイホームは、借りるべきか、買うべきか?」が行われました。


null


会場は東京駅、JPタワーホール。
今年も会場は幅広い世代の方で満席!イベント中は熱心にメモを取る方もいて関心の高さも伺わせました。
東京会場のMCはクロノス金曜パーソナリティ・速水健朗&綿矢エリナ。
綿谷さんはこれがリスナーと直接コミュニケーションをとるはじめての機会となりました。

今回のトークセッション、ゲストはフリーアナウンサーの内田恭子さん、不動産コンサルタントでオラガ総研代表・牧野知弘さん。
内田さんはお仕事をしながらマイホームで2人のお子さんの子育てに奮闘するママでもあります。
一方の牧野さんは不動産全般のアドバイザーとしてご活躍。今日のテーマにぴったりな著書もいろいろ書かれています。
さらにセミナーの主催者である公益社団法人 全国宅地建物取引業協会 連合会の千振和雄さんも登壇。
連合会は全国の街の不動産店が会員となっている集まりということで、千振さんには不動産のプロフェッショナルの視点で、データを元に詳しいお話を伺いました。


このメンバーでトークを展開した今回のイベント。『借りるべきか、買うべきか?』という、究極の二択について、様々な視点からの意見が飛び交いました。




「あなたは借りる派? それとも 買う派?」



まず来場者への事前アンケート『マイホームは「買う派」「借りる派」どちらですか?』に対する、買う派54%、借りる派45%という結果を綿谷さんが紹介。
全宅連・千振さんは、東京ならではの結果ですねと前置きしつつ、不動産の日アンケート2017の結果を紹介。
「アンケートでは持家派84.9% 賃貸派15.1%。持家派の主な理由は“家賃を払い続けることが無駄に思える”が63.1%。賃貸派は“住宅ローンに縛られたくない”が59%というのが主な理由でした。
現場でいろんなお客さんの話を聞くと、やはり70%の方が買いたいと考えているようです」とのこと。
来場者の事前アンケートでは、内田恭子さんは「うちは買っちゃってるんです。20代後半で結婚しないかもと漠然と思って、当時は会社員だったのでマンションを買って。
そこにしばらく暮らして結婚後は賃貸に住んでマンションを貸していたんです。そして子どもが生まれる時にマンションを売って今のお家を買い直しました」と、これまでの住まい遍歴を語りました。
内田さんは知らず知らずのうちに、賃貸→マンション購入→マンションを貸す→売却→買い替えというフルコース?を経験していたそうです。

null

(▲全宅連 千振和雄さん)



「3分の1が空き家になる時代がやってくる?」

そして話題は“中古住宅”へ。牧野さんは「2013年の調査では全国の空き家は820万戸。空き家率が13.5%でしたが、2018年は16.1%、30年後には空き家率が約27%、つまり3分の1になると予測され、しかも空き家は常に右肩上がりで増えています。
実はその820万戸のうち1割が東京都で空き家数はダントツの1位なんです」と衝撃の数字を発表。
東京郊外などで戦中・団塊世代が買った家が2030年頃には相続の対象となりますが、その子世代・孫世代はすでに都心部に暮らし相続をしないため空き家が増えていると説明。
「相続したとしても税金、管理など費用がかかる。そうなると賃貸にしたり売ったりするニーズも出てくるんじゃないかと思っています」。

全宅連・千振さんも空き家の増加を実感しているとしつつ、「国土交通省の資料によれば、空き家が多いにもかかわらず中古住宅の流通割合は約15%。のこり85%は新築という矛盾した状況です。
日本人は新築に住みたいという希望が強いからだと思います。世帯数が減り続け、空き家は加速度的に増えていく。いまから借りるか買おうか考えていらっしゃる方は、中古物件もターゲットにしていただけると思っています。
昨今は中古マンションのリノベーション、賃貸でもリフォームした既存物件を選ぶ方が増えているのも現実です」と説明。
また、京都では古くからの町家をリフォームして住むケースが増えているという、京都ならではの事例も紹介してくれました。新築を買えないから中古を買うのではなく、増え続ける空き家を積極的に活用して、自分でカスタマイズして住むという流れがあるということなんですね。





「投資としてのマイホーム、賃貸という選択肢」

さらに牧野さんはマイホームには“効用”と“投資”の2つの側面があると説明。
「マイホームには住みごこちや町で暮らす楽しさという“効用”があります。一方“投資”としてのマイホームには2つの稼ぎ方があります。一つは売却する。もう一つは一部を人に貸す、民泊にする。つまり運用です。
売却と運用を頭にいれて家選びを考えると良いと思います」としながらも、「私の知人は買った家が値上がりするたびに売却して、10年で12回も引っ越してかなりの財産をお持ちになりましたが、1年に1度以上引っ越すのは家族の支持を得られないと思うんです。
でもそれくらい本気でやらないと投資は儲からない。黙ってずっと住んで家が値上がりするというのは、今の時代はちょっと甘い考えかも知れません」と、“投資”に主眼をおいたマイホームの難しさについて説明。
一方、全宅連の千振さんは「欧米では築100年の家でも値上がりするのが一般的です。買った家を売る前提でせっせと投資して住んでいるときより高く売り、良いところへ移るんです。
でも日本では木造住宅は20年で価値がゼロになってしまう。お金をかけてリフォームしても資産価値に反映しないんです。だから買った家に投資しないのが今までの考え方でした。
しかしこういう状況を変えようと国も力を入れていて、中古住宅の良さを見直していこうと〈安心R住宅〉という中古住宅を選択できる基準を作りました。中古住宅の目安にしていただきたいと思います」と、最新の制度を紹介してくれました。

では、賃貸住宅はどうか。実はいま賃貸住宅の数が膨れ上がり、その理由は高齢化だと牧野さん。
「高齢者の方々が相続に備え賃貸アパートを作るのがここ数年増えているんです。ニーズのないアパートも増えており、買わずに借りたい人の選択肢が増えています」。
終身雇用が崩壊した今の時代、人生のリスクに対応するため賃貸の借り換えを続けるのも賢い選択だと教えてくれました。「借りるべきか、買うべきか」、実はどちらにも良い点があり、ライフプランによって選ぶほうが良い…ということなんですね。



「町の新陳代謝が大切」

では、これからの住まい選びは何を目安にすればよいのでしょうか。
「例えば、東京郊外のニュータウンは町の新陳代謝が行われず、みんな一斉に高齢化して若い人が入りにくくなっています。一方で新陳代謝が行われている町は住みたいと思う人が常にいる。
若い人が入ってくるし出ていく。老若男女いろんな世代が交じる。そういう町は商店街なども切磋琢磨が生まれて経済が発展し消費が伸びるという良い循環を繰り返すんですね。当然こういう町は不動産の価格も上がります。町選びのポイントですね」と牧野さん。

全宅連・千振さんは「インターネットで調べていただくと、買ったほうが得か・借りたほうが得かというキーワードでたくさん記事が出てきますが、ほとんどが金銭的にはあまり変わらないという答えになっていると思います。
どちらもメリット・デメリットがあります。一生賃貸・一生持家という二者択一の問題ではないんですね。必要に応じて知恵を絞って考えるのが一番の正解。
ただ正解を出したつもりでも、20年、30年先は予測できません。予測つかないという前提で家族と十分相談して将来設計を立てていただきたいと思います。」とまとめました。
そして「東京だけで1万5000社以上ある地域に根ざしたハトマークの不動産店は、地域に寄り添って生活サポートのパートナーになるというビジョンを掲げて地域密着だからできるきめ細かな情報でマイホーム探しをお手伝いさせていただいております」と話しました。


ということで、東京で住まい探しをする方が、いま知っておくべき情報がたくさん出てきたイベントとなりました。
最後は、クロノスオリジナルの保冷バッグを全員にプレゼントして終演となりました。
「宅建協会presents クロノス住宅セミナー」、次回はぜひあなたもご参加ください!


null

写真左から、千振和雄さん(全宅連 業務執行理事)、坂本久さん(全宅連・全宅保証 会長)、
牧野知弘さん(不動産コンサルタント)、内田恭子さん、速水健朗さん、綿谷エリナさん。

Today's Chronos Topics

あなたは百貨店をどのくらい利用しますか?

★    ★    ★


東京・半蔵門から生放送でお届けする
「速水健朗のクロノス・フライデー」!!



大谷選手の日本ハムプレゼント!
当選されたのは、ラジオネーム【キャノンボール熊五郎】さん、【まみ】さんです!!
おめでとうございます。(※発送まで、少々お時間頂きます。)

★    ★    ★

プロ野球・広島カープのリーグ優勝3連覇にわく広島が、
地元の百貨店「福屋」などで昨日、カープ優勝セールが始まり盛り上がっています。
一方、三越伊勢丹ホールディングスは、26日、
伊勢丹3店舗を閉鎖すると発表しました。
いま百貨店に注目が集まっています。



ということで、今朝はこんなテーマでVotingを実施中!

『あなたは百貨店をどのくらい利用しますか?』

選択肢は3択です!
,茲利用する
△燭泙僕用する
ほとんど利用しない

ウェブサイトのChronos Voteからご参加ください!
利用頻度、何を購入するのか、
百貨店以外にどこで買うのか
是非メッセージも送ってください。
たくさんの投票、お待ちしています!

★    ★    ★

【Facebook】クロノス公式Facebookページ
 http://www.facebook.com/chronosfm
【Twitter】
 http://twitter.com/chronos2010
【Instagram】クロノス公式Instagram
 http://www.instagram.com/chronos_tfm_jfn_official

◆クロノスはパソコン・スマートフォンでも聴けます!→ radiko ←クリック!
☆radikoのスマホアプリでは番組開始5分前になると
 番組スタートをお知らせしてくれます。ぜひお試しください!

2018 / 09 / 28 クロノス 本日のメニュー

“スポーツクロノス”

今朝までに入ってきているスポーツニュースからピックアップ!

“LOVE&HOPE 〜ヒューマンケア・プロジェクト〜”

震災から7年。浪江町で営んでいたメガネ店をようやく再開した原田功二さん。
今年の春に茨城県つくば市で生活再建を始めました。
メディアの取材に対して、ある不安を感じていたそうです。

LOVE & HOPEのサイトはこちら

“TODAY’S AGRI NEWS”

ニッポンの農業ニュースをチェック!
今朝の日本農業新聞から記事をピックアップします。

“コスモアースコンシャスアクト 未来へのタカラモノ”

毎週、世界中ひとつの地域にフォーカス。
“未来へ残したい、タカラモノ”を紹介しながら、
「地球にも自分にもやさしい暮らしのヒント」を探していきます!
今週は、エーゲ海の中央に浮かぶギリシャの島、「パロス島」!

公式Facebookページも、毎日、更新しています!
https://www.facebook.com/earth.act/

“WAKE UP NEWS”

アメリカ軍・普天間飛行場の、名護市・辺野古への移設の是非が争点となっている
沖縄県知事選の投開票まで、あと2日に迫りました。
現在の情勢などを、沖縄タイムス 政治経済部で県政を担当しているキャップ、
福元大輔さんに伺います。



“リポビタンD TREND EYES”

金曜日は「急上昇ワード」
今朝は、ここ最近、また街中でやっているサラリーマンたちを見かけることが多くなってきた「ポケモンGO」


“追跡”

今朝は、秋の恒例イベントとなった、
宅建協会presentsクロノス住宅セミナー vol,7の模様をお伝えします。
今回のテーマは『今こそマイホームは買うべきか・借りるべきか』


“NOEVIR Song of Life”

毎朝、世代を越えて伝えたい名曲をお届けしています。
今週は、お月見シーズンに、月にまつわる名曲を特集!

NOEVIR Song of Life公式サイト

“SUZUKI BREAKFAST NEWS”

63人の死者・行方不明者を出した御嶽山の噴火から、きのうでちょうど4年。
ようやく、山頂へ登る規制が解かれました。
安全な登山には、どのような備えが必要なのでしょうか?
公益社団法人日本山岳ガイド協会・認定ガイドで、マウンテンガイド協会会長の、
平川陽一郎さんに伺います。

“ルートインホテルズ 今日のスポーツ”

出発前に今日押さえておきたいスポーツキーワードを最終チェック。

“クロノスPLUS”

毎週金曜日は、ノエビア「BOTANICAL LIFE」
あなたのキレイと元気をみがく“ボタニカルライフ”をご紹介します♪

  • クロノス フロンターレ・リクエスト

日付別で見る

< 2018年09月 >
MonTueWedThuFriSatSun
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

WIDE PROGRAM WIDE PROGRAM

  • 今までのクロノスはこちらから
  • データ提供 ついっぷるトレンド
  • Facebook
  • twitter
  • Instagram
先頭へ