16:10

東京地元めし
あなたの地元の美味しいお店を教えて下さい。

友達が遊びに来た時に連れて行きたいお店は?彼女や彼氏を呼んだ時に自慢したいお店は?
そのお店とおススメの一品(一皿)をぜひ教えて下さい!
和食、中華、洋食、ラーメン、お寿司、そば、うどん、イタリアン、フレンチ、インド料理から、タイ料理まで。ジャンルは全く問いません。
みなさんのオススメの「地元メシ」を番組メールフォームから「お店などの名前/その場所の駅や地名」を忘れずに書いて送って下さい。

地元めし情報を送る

お店を探す

または

キーワードから探す
(地名や駅名、お店の名前など)

浅草 / あさひ

2019.9.2
nullnullnullnull

【ラジオネーム:マンマ】

浅草は観光客向けのお店が多いのですが、ここはそんな雰囲気もない近所によくある中華料理屋です。ですが、とても美味しく週一で利用してます。普通の中華料理屋にはないメニューもあります。駅からも遠く、通称「観音裏」にあるので地元のお客さんがほとんどです。僕はいつも餃子とねぎそばを食べてます。それにしょうがをトッピングしています。やみつきになる味です♪こういう街の中華料理屋って年々減ってますよね。僕はこういう安心して気軽に入れる小さな中華料理屋が大好きです。ぜひ長く頑張ってほしいです!

ラジオネーム:マンマさんが投稿してくれた地元めし。浅草にある中華料理屋「あさひ」への取材レポート!
浅草觀音裏エリアで戦後から続く「あさひ」。歴史ある「あさひ」を4代目店主の植木隆一さんが継いだのは27歳の時。一度島根に料理人としての修行に出て帰ってきてから、改めて地元浅草の良さや血を再確認したのだそう。その後は町会役員をはじめ、三社祭にも積極的に参加。まさに浅草の文化を支えてきました。
そしてなんといっても「味」も!スープの取り方は代々引き継がれ、守る部分は守る、ただ、飽きないように常に少し新しいものを取り入れてゆくのが「あさひ」のスタイル。リスナーのマンマさんがオススメしてくれた「ねきそば」も隆一さんが考えたメニュー。澄んだ醤油ベースのスープに細麺、上にはごま油と胡椒で味付けしたネギの千切りが盛りだくさん!途中で生姜を入れることでスープに甘みが増し、後味すっきり!あさひの今後について伺ってみると、息子さんが今後継いでくれるための準備中なのだとか。冗談で照れを隠しつつ、本音まじりで軽快に答えてくれた隆一さん。あさひの存在と姿勢に今の浅草がありました。ありがとうございました!

【うらら】

あさひ

東京都台東区浅草3-33-6
03-3874-4511