「キツいいね!」ボタンを押してね!▼

File No.091 【街声】

■ナメコさん サービス業

女性が多いので、サービス業なんですけど、
トイレットペーパーの角を誰が折るだの折らないだの、
面倒くさがりなので折りたくないんですけど、
三角にしなきゃ先輩に怒られちゃうとか、無言の威圧感を感じたり。
ちっちゃな、ちっちゃなルールが多いですね。
それで、無言の圧力があるので、怖くて。
(女性ならではの目線が多い?)
細かいですね〜。女性ならでは。
例えば、タオルとかたたむんですけど、ぴっちりそろえていないと行けないとか、
柔軟剤はたくさん入れなきゃダメ、2杯じゃなきゃだめ、とか、
そういうどうでもいいルールが多いです。
ちょっと逆らえない感じです。
イラッとする事を言えないストレスみたいな感じです。
胃が時々いたくなって、胃薬飲んでます。

(その仕事の中でも、いいな〜と思うのは?)
結構お客さんと密接にというか、信頼関係のもとで成り立つ職業なんですけど、
プレゼントを頂いたり、バースデーケーキを3つも4つも頂いたりとか!
マッサージ、リラクゼーションですね。

(お客さんと近いっていうのも魅力?)
そうですね。近くのお店の情報を色々教えてもらったりとか。
話す時間も長くて、口がぱさぱさしてくるのもあって、
最後無言のときもあります。(笑)

File No.090 【街声】

■サイトウさん 教科書販売

忙しいときはとっても忙しいんですが、
暇なときはとっても暇なところです。
文部科学省の検定教科書を作っている会社に務めています。
システム上も、教科書っていうのは4年に1回しか変わらないんですね。
それに対して作るときは、いわゆる営業をしますので、
それが一年ツールだったりすると、アバウトですが、
2年間は忙しくて、それ以外の2年はとっても暇っていうことになります。
私は今総務課にいるんですけど、
例えば産休とか育休に入る女性が居ると、その仕事が全部引き受ける事になって、
戻ってくるとまた分担されるので、そういう意味でも、
すごく忙しいときと暇なときにわかれる。

(すごく忙しい日と、暇な日を簡単に説明すると?)
極端かもしれませんが、暇なときはやる事が無くて、
本を読んで…(笑)ただ、本を読むのも、「仕事に関係ある本を読みなさい」と言われてます。
それが条件で、本を読んでていい!って。
うらやましがられちゃうかもしれない。
忙しいときは、ずーーっと仕事をしていますね。
残業はなるべくしないように時間を減らすようにしますけど、
やっぱり1日2時間とかは(残業)することになります。

(教科書を作る仕事って、具体的に何を?)
編集ですね。
例えば、教科書で「ごんぎつね」とか、そういう作品がありますよね。
そういう文学作品はまず絵本を読んで。
そこから候補作を探したり、絵本になっている本っていうのは著作権が私たちに無いので、
他の会社も真似できる訳です。
だからそれでは差別化ができないので、著者の方に、書き下ろしと言って、書いてもらう。
書いてもらうためにはどういう作品で、どのように書いていただく勝手言うのを提案しなければならないんですね。
それの準備とかですね。
それから出来上がっていくまでずっと追いかけて。
また、教科書には挿絵っていうのがありますよね。
絵も、小さな小学生とか中学生には重要な要素になりますので、
文章を読んでいただいて、画家さんに適切な挿絵を描いてもらうって言うのも、
編集部の仕事のひとつですね。

(仕事のきつさは、どんな「いいな〜」に補われていくんですか?)
私は編集畑ではないんですけど、
編集の人の喜びは、教科書になったときに、学校の先生がお客様なので、
学校の先生から「良い作品ですね」って褒められるとき。
でも、それ以上に、それも嬉しいんですけど、
それ以上に嬉しいのは、子供から「楽しい作品」とか、「面白い作品」って言われるのが一番嬉しい。
私どもの教科書を使っていただく授業の研究授業なんかに参加させていただく事ができるので、
そこで生徒の反応を見る事ができます。

File No.089 【街声】

■ナスノさん 美容師

労働時間が12時間くらいで、休憩がお昼の30分のみ!
それが毎日。美容師なんですけど、大体そんなもんですよ。
(お昼は)30分で。立ちながら食べるってことは無いですけど(笑)
だいたい30分で、それを一回ですね。
今日は早いんですけど、大体朝9時前にいって、大体9時くらいまで、12時間。
立ちっぱなしです・・・なれました。なれます、なれます。
もう16年やってますから。(笑)
12時間はあっという間ですね。基本忙しいので。
暇な店だとちょっとあれかもですけど、基本忙しいし、時間がほぼ押すので、
やらないとどんどんずれていって・・・って感じですね。
ほかは、同業者だったらみんな思ってるかもしれないですけど、休みない。
休みは講習とかで。
有給的な物が無い。まあ、そんなもんじゃないですか?

(ここがいいんだよな〜っていうのは?)
いわゆる、自分がやった仕事に対するリアクションが目の前で見えるってことじゃないですか?
ベタなこと言うと!(笑)
やっぱり納得して、喜んで帰ってもらって、
またリピーターとしてきてくれたときに、「あ、間違ってなかったんだな」って。

その日々の繰り返しですよね。
そんなもんっすよ!

File No.088 【街声】

■ぷーさん 販売業

とりあえず。新しく立ち上がったセクションだったので孤立無援なのと、
まわりが協力してくれないってところですね。
キツイ・・・居心地はよくないよねって感じなのと、
仕事内容的に、クレームがくると、
「あぁ』って背負わなきゃ行けない仕事なのでそういう感じですね。

本当に限られた人しかわからない。
今のセクションは1年くらい、誰も関心がないので覚えないっていう。

基本的には接客販売だったりもするんですけど、
それを通してお客様から・・・ゼロではないので。
きつかったわ〜〜〜〜
うちの過失じゃないのに、それをごりごりで言ってきて
なだめる感じ?聞くしかないので、聞いて聞いて聞いて
譲歩できるところで折り合いつけるしかないから。

今ご飯食べたり聞いてもらって下らない話をして笑うってかんじですね。

(今の仕事は?)
4年とか5年で。今のところは1年ちょっとくらいで。
1秒でも早くやめてやろうって思ってますけどね!
人がいないのと、どうしてもかわりがいないので
辞めるに辞めれないので!

(魅力は?)
でもやっぱり喜んでいただくことですよね。
接客がメインなので、お客様に喜んでもらえるのが一番ですね。
いいことがなくても解消されるかも。

その一番自分のことをどんなときでも理解してくれるひとがいれば
なにはなくてもとりあえずがんばるかって感じですかね。

大変じゃない仕事はないと思うので、どんな仕事でも。はい。

File No.087 【街声】

■おしなりさん サービス業

1日基本的に座ってやっている仕事なので
腰が痛くなります。長いときは11時間とか?
一応体操とか?ちょっとエレベーターホールとかで。
目は丈夫なので大丈夫なんですけど。
マイ腰当てを買って、背中につけているので
それつけてからはそうでもないですね。

(仕事の魅力は?)
調べ物の仕事なので楽しく・・・
調査ですね。年がら年中調べているので、
仕事は苦ではない。

今日は5〜6時間しかすわってない。

File No.086 【街声】

■ライさん 配達業

お客様が優しいので、いろんな交流ができていいです。
お菓子好きな方が多いので、行くと喜んでもらえるので。
 
お菓子を会社とか契約してる方に届けるお仕事です。
台車で運んでます。
 
坂道はキツイです。夏の暑い時は、汗びっしょりかきながらで、暑くてキツイです。
私がいつも働いてるのは。一箇所とか二箇所なんですが、急な坂は結構キツイですね。
市ヶ谷、四谷付近で配達してます。
 
大変でしょうって言っていただけるんですけど、慣れれば、日に日に筋肉もついて、
身体も丈夫になってる気がします。
 
「来ていただけるのを楽しみにしてるんですよ。」
って言葉をかけていただけると、がんばろう!って思います。

File No.085 【街声】

■ばっしーさん マット取替え業

マットを交換する仕事なんですけど、
とにかく件数いっぱい回らないといけないので、大変。
マットが意外と重いので、枚数いっぱいある時は大変。
あと、今日みたいにこの後天気悪くなると、雨とか降るじゃないですか。
それでも関係ないので。雨でも雪が降っても毎日マットを交換しないといけないので
大変です。
でも、汚くなったマットを綺麗にしてお客様に喜んでもらえるので、その時がやっててよかったと思う時。
 
意外と大事なんです。
1日30〜40軒回るんですけど、結構散らばってるので。
車で回ってるので、駐車監視員の方達との闘いもありつつ。
都心全般まわってるので、いろんなとこ行きます。
駐車場も今も見つけるのが大変です。
1人で回ります。
 
それなりの枚数だと、台車で運ぶんですけど、結局現場ではかついだりしなきゃいけないので、枚数というよりも、大きさがすごく大きい、レッドカーペットみたいなものもあるので、
そういうものが重くて大変です。
必ずお店には敷いてあると思うので、それを交換してる人もいるんだなということで、
よろしくお願いします。
 
(最もキツかった時は?)
すごい大雨の時ですね。台風が来てもいかなきゃいけないので。
(イイね!な時は?)
お客さんが、たかがマットっですけど、綺麗になると喜んでもらえるので。
それがイイね。
こっちも気持ちよくなるので。交換すると。

地味ですけど、よろしくお願いします。

File No.084 【街声】

■35歳男性さん 会社員

 

営業職なのでお客さんの都合に合わせて 忙しいときが徹夜、早いときは夕方早めに帰れちゃう って言う中の体調管理ですかね〜 まあつらいときは。 忙しいときは、眠気をこらえながら 頭痛くなりながら仕事をしています。 スマイルは当然ですね!基本です。 まあ、大変って言っていただけるとありがたいなって思えます。 お客さんから感謝される部分もあるので、そこは素直にうれしいですね。

File No.083

■コーディーさん 報道番組のAD

私の仕事は週に一度放送の報道番組のADのお仕事に携わっています。去年の4月から働かせて頂いています。一つのニュースについて関係する所に電話をかけ、リサーチで情報を収集したり、取材をお願いしたりします。時々カメラを持って取材にも行かせて頂いています。
こちらのお仕事のきついいーところですが、労働時間が長いことと、取材先を仕込まないといけないプレッシャーや情報収集が難しい点にあります。特に取材先が仕込めない状態が続くとそのプレッシャーは膨らむ一方です。さらに他の人が取材先を仕込めているのに、私が仕込めていないとそれはまた焦りもします。ある種競争のようなものですよね。
また情報収集については、聞いたことを上司の方に報告した際に、聞き足りていないことが出てきて、何度も聞いてしまったりすることが多々あります。さらに取材先を仕込む時に、相手の方が取材を受けて下さる場合でも、そしたら何か撮影できるのかと、撮れる箇所を詳細に聞かれます。電話でそういうことも聞くものの、内容によっては実際に見てみないとイメージしにくく、説明するのが難しい時もあります。
労働時間的にも午前から深夜までと体力的なきつさもありますが、どちらかと言うと精神的な負担が大きいです。
正直これまで何度も心が折れそうになり、逃げ出したいと思ったことは何度もありました。でも元々放送局で記者のお仕事を志望していた私にとっては今のお仕事は大変ありがたいものになっています。上司や取材先の方々などから放送良かったよなどの言葉で報われた感じることができると共に、伝わっているんだなと実感できます。それが最高でたまりません!
両親は、本当は地元秋田にいて欲しい気持ちはあったと感じていますが、優しく背中を押してくれたこともあり、このきついいーお仕事を大切にして、今後も地道に頑張って行きます!今回このテーマを設けて下さった皆さん、お仕事について改めて色々考える機会となりました。感謝しています。本当にありがとうございました!

File No.082

■よこちゃんさん 製造業

製造業をしています。
多くの人は知らないと思いますが、
治具(じぐ)という物を作っている、治具職人です。

工業製品として作られた、
一つ一つの部品を、メッキしたり、塗装したりする時に、
その部品をささえおく道具を治具といいます。

身近な所だと、みなさんお使いの、携帯電話。
治具なしでは作れません!!

発注先から、この向きでささえて欲しいと指示をもらい、
試作、試作の繰り返し。
そのたび、プレス機のセット変更や、採寸チェック変更です。
業種は違いますが、服飾デザインのパタンナーさんに似ていると思います。

早朝から深夜、徹夜もざらです。
                
なぜそんな仕事をしているのか??

それしかできないといえば、それまでですが、
良く言えば、物つくりが好き!! ですかね?

格好を付ける気は、さらさらないんですけど、
家族を守るため!!

それだけです。


ちょっと一服。仕事に戻ります〜泣&汗&苦

File No.081

■忍耐さん クレーム処理

某有料放送関係のクレーム処理で働いています。
毎日たくさんのお客様の苦情を処理しています。
女子の露出が少ない。芸人のネタがつまらなすぎる。というソフトなものから過激な政治的な意見まで。
また芸人のネタがつまらない、エロさが足りないから視聴料を返せとか無理を毎日のように言われます。
「それは個人的な好みなので視聴料は制度上お返しできません。」といってもお客様の怒りは収まらず「番組を作った奴の面かせや。ボコったるから。な?」とか。
クレーム処理は私の名前を出さないといけない。そして最初にクレームを受けた人がその人の担当になるので、過激な人に出会うと大変です。
一か月くらい毎日私宛にクレーム電話をしてきたり最長5時間、怒鳴り続けられたことがあります。その間こちらはずっと謝り続けます。
そしてキツイのは怒ったお客さまが、私を訴えるとか私自身を標的にして「いつかオマエ見つけてボコったるからな。」とか言われることです。誠意をもった対応はきちんとしてるんですが。
毎日罵声を浴び続ける仕事なので、あまり長く続けられる人は少ないです。
ですが私は放送関係がもともと志望だったので、自分の上げた意見が番組作りに反映されてよりいい番組になるのかと思うとすごくやりがいがありますよ!

File No.080

■オパールさん 看護師

私は看護師、今年で20年目です。
よく「看護師さんって大変な仕事ね」と言われます。
いわゆる“人の命を預かる”仕事で実際大変。
元気だった患者さんが急変したときは、自分の対応の仕方が、
患者さんの障害の程度や生死に関わったりすることがあるので
責任重大で心身共にキツイです。
最近の出来事。
急性期で点滴などのチューブにつながれたために混乱して、
一時的に認知障害を生じてしまった患者さんとのやり取り。
私はその方の入院中の担当看護師で、関わる事が多かったのです。
私「オムツを交換しますね。」
患者さん「何するんだー助けてくれー殺されるー」
夜中にも関わらず大声で叫びます。
時にはありったけの力でたたいてきたりもします。
一晩のうちに何度も点滴を抜いて、その度に血液で汚れたシーツを
交換したり、点滴を射したり。
そして他のスタッフには私のことを
「あの女は性悪女だ。俺の物みんな持っていってしまうんだ。気をつけろ。」と。
面会に訪れたご家族の前でも「家族の前だからって良い顔しやがって」とも。ご家族は理解してくださっていました。
認知障害とはわかっていても、キツかったです。
担当看護師なので当たり前なのですが、
私はせっせと足を運び、状況に応じた看護計画を立て、
スタッフ全員で統一した看護を行いました。
そんな患者さんが我に返って、運良くそんなことがあったことを
笑って話せるまで回復し、そして「あなたが担当で良かった」と
言って退院していきました。
その一声で、私は救われました。

これからも「私が担当看護師で良かったでしょ」って胸を張って言える様、患者さんとそのご家族のために頑張ります。

File No.079

■夢宝島さん リサイクルショップ経営

6年前に家族の猛反対を押し切って脱サラしました。今は小さなリサイクルショップをやっています。脱サラした会社では(小さな会社でした)常務取締役という立場で年収も1,200万円ぐらいあったので、家族が反対するのも当然だと思います。でも、上京した20歳の時抱いた「独立して自分の会社を持つ」という夢を捨てきれず・・・脱サラしました。バカでしょうか?
実際に独立してみると、そんなに甘いものではなく、従業員を雇うほどの売上も無く、かといって、反対した家族に手伝ってもらうこともできず、今は一人でやっています。朝は7時に起きて、不用品の引き取りがある時は引き取りに行き、無い時は仕入れた商品の掃除、動作確認(電化製品がメインなので)、修理などでをやっています。引き取った物はほとんどが汚い状態なので、そのままでは店に出せません。特にガスコンロは最悪で汚い物だと1台掃除するのに、5〜6時間かかることもあります。また、壊れている物を売ると信用を無くすので、ちゃんと動作するかを確認しないといけません。最近の家電は機能が多彩で動作の確認も大変です。店は11時〜20時までですが、ネット販売もやっているので、来店客のない時間は、出品、連絡、梱包発送などで休む暇はありません。閉店後は商品の配達が有る場合は配達に、無い場合は、再び、掃除、動作確認、もしくは自作のチラシ配りをやります。
家に帰るのは22時〜23時ぐらいのなります。休みは正月の3日間だけです。
今は年収も脱サラ前の3分の1ですが、必ず成功して2店舗め、3店舗めを出して、年収もサラリーマン時代を上回るぞ!
そして家族を見返してやる
その思いだけで日々がんばっています。

脱サラしたことは、全く後悔していません。
もう、引き返すことはできないのです。

File No.078

■パンプキンさん 看護助手

私は、34歳のシングルマザーですが、看護助手として働き始めました。[子供は院内の保育ルームに預かってもらえるので、夜勤も入っています。〕
人の役に立てる仕事、母と同じ看護師になるのが私の夢でしたが、恥ずかしながら、十代の時に挫折してしまい、諦めて結婚しちゃいました。
年齢も34歳、子供もいますが、年齢や環境は厳しいですが、療養病棟でキツイイ仕事をしています。
食事のお世話、排泄のお手伝い、入浴介助など、キツイ仕事で、辞めていく人が多く、常に人員不足分です。
高齢化社会を目の当たりにし、自宅で介助が出来ないからとの理由で入院が長引いたり、ご家族の悩みや苦しみや葛藤する涙をたくさんみてきました。
来年からは、看護学校に通いながら働かせていただき、知識や経験を積ませていただきながら、看護師免許を取得できるように頑張ります。
100000円は、看護学校の入学金の足しにさせていただきたいです。

私は、子供に誉めてもらいたいです。去年の勤労感謝の日に、ママいつもがんばっているねとクレヨンで書かれたハガキをもらいました。ハナマルがも大きくかかれていて、すごくすごく嬉しかったからです。

File No.077

■そらおさん お花屋さん

スーパーのテナントを借りてお花屋さんをやっています。
キツイ所は営業時間をスーパーが決めている所です。

台風が来ようと大雪が降ろうと9:30〜19:00の間、何があろうとお店は開けておかねばなりません(涙)
定休日も許されず、お休みは「元旦」と、「スーパーの棚卸の店休日」の年に2日だけです。
仕入れや配達、友人知人の冠婚葬祭でどうしても自分がお店に出られない時があるのでパートさんを雇っています。

あんまり忙しい日を任せる訳にはいかないし、暇ひまな日を任せても赤字になってしまうので基本お休み取らない様にしています。

でも、1番キツイのはお悔やみのお花の依頼を受ける時に感情移入してしまう事です。
前はたいした感情も沸かずに作っていましたが、自分の祖父が亡くなり、大切な人を亡くす悲しみを知ってしまってからは、知り合いが亡くなった時は勿論、見ず知らずの人でも残された人と直接お話をすると直ぐに感情移入してしまいます。
特にまだまだこれからって、若くして亡くなられた方のご家族は無念な気持ちでいっぱいです。
この感情に慣れたくはないし、「死」に対しては「好き」とか「嫌い」じゃなくて本当に「キツイ」んです。
受け止めなくてはなりません。

でも悲しい気持ちを癒してくれるのはお花の力ですね。
嬉しい気持ち、感謝の気持ちのお手伝いもできるお花の魅力にどっぷり浸かってしまっています。
これからもお花屋さんがんばっていきます!!

File No.076

■寅年生まれの龍さん 運送業

キツい仕事…。

自分は建材を運ぶ仕事をしています。材木やベニヤ板、建具などを運んでいますが、たまにエレベーターがないビルやマンションに建築材料を運ぶ時があります。
エレベーターがあっても、3〜4メートルあるものはエレベーターに乗らないので階段であげる時があります。
2階や3階ならまだ良いのですが、10階以上を階段で運ぶ事も!!
コツもいりますし、体力的にかなりキツいです。

しかし、施主さんや大工さん、現場監督さんが喜んでくれたり、たまに冷たい飲み物をくれたりすると、『よし!次も頑張るか♪』と思えます。

身体も鍛えられるし、中々辞められません♪

File No.075

■カルロスさん 格闘家

仕事のキツイ自慢。。。

いっぱいあります。笑
もう書ききれないほど。できるだけ手短にまとめます。

私の職業、それは「格闘家」。
MMA、いわゆる総合格闘技をやっています。

この職業、本〜〜〜〜〜〜当に割に合わないです!笑

毎日の練習はもちろんキツイし、試合が決まったら追い込み練習が始まるので
もっともっとキツくなります。
一日2回、3回練習します。

それと減量。
自分の場合、約一ヵ月半くらいで約14キロくらい減量します。
毎日高タンパク低脂肪の食事をして、ジムでの練習以外に朝や練習後に有酸素運動。これがとても退屈だし面白くない。笑
摂取カロリーも抑えているのでただただしんどい。。。

そして地獄は計量前日〜計量日。
これまでにできるだけ脂肪を減らし、残り6キロくらいにしておきます。
そしてこの2日間で一気に汗で6キロ落とします。
もう地獄以外の何物でもないです(>_<)
老人だったら致死量の脱水です(^_^;)

そこまでしてやっと試合をする権利が得れます。
(※あくまで僕の場合です。人によっては全く減量しない人もいます)

そしてそこまでして練習で追い込んで、減量でキツイ思いしても、
試合でその努力が報われるとは限りません。

必ず勝てるとは限らないし、下手したら大怪我します。

そして何より、そんな思いしてるのに貰えるファイトマネーはほんの小遣い程度です。(具体的な金額は控えますが、ゲーム機本体買える程度かな。笑)

僕なんかよりもっと貰ってるトップ選手でもなかなかファイトマネーだけでは食べていけません。
だからみんな自分でジムを開いたり、指導したり、別の仕事を抱えながらやっています。

僕も全く格闘技とは関係のない仕事をして主な収入を得ながら、仕事以外の時間を練習に当てています。
そういう意味ではそっちが本業で格闘技が副業です。笑
はっきり言ってジム代やサプリメント代、練習着等々にかかるお金差し引いたら毎月赤字です。

ここまで聞くとなんでそんな事をやっているのかと思うと思います。
とゆうかよく聞かれます。


多分それは「夢」があるから。
そして「やっている人にしかわからない非現実の世界」があるからだと思います。

今日本では格闘技ブームが去り、こんな状態だけど、またブームが来て活躍するぜ!という夢や、今盛り上がってる海外で一花咲かせるぜ!ってゆう夢。
そんな夢を持って僕も2年半前さらなるチャンスを求めて関西から上京しました。

それと、そうゆう苦労を乗り越えて勝った時のあの瞬間。
リング上で自分だけにスポットライトが当たり注目されるあの瞬間が最高なんです!!


あの快感は誰にも味わえる物じゃないし、最高の物です。
正直試合前なんかは飲み会してるサラリーマンや、楽しそうに買い物してるカップルを見て、「なんでオレこんなことやってるんやろ・・・」って思うこともあります。

けど生きるか死ぬか(と言ったら大げさかもしれないですが)のしのぎあい、そして勝った瞬間のあの快感、その非現実を味わうとやめれないんですよね。
まあ結局苦しみの方が多いんですけどね。笑

けどこの経験はたとえ引退した後でも生きてくると思うし、ちょっとやそっとのことではへこたれないと思います!


長々と書いてきましたが、、、

つまるところ、全く割に合ってない!ってことです。笑
けどやめられない。それだけの魅力がここにはあります!!

File No.074 【街声】

■エヌさん 警備員

今日なんですけど、私は15連勤目なんです!
今から仕事に向かうところなんですけど、また。
連勤が続くのはなかなかないことなんですけど、今月と先月がちょっと重なって。
仕事は警備関係なんです。
外でずっと立っていたり、どこかの建物の中に常駐したり。
よくよくある事だと思いますよ、こういうことは。(笑)

(やりがいをかんじるのは?)
警備ですからね、皆さん警備する物があるんですけど、
会社の方とか、学校の警備もあるので、生徒さんに、
「おはよう!」って挨拶して、「おはよう!」って帰ってくると嬉しいですよね。

特に決まりとかじゃないですけど、挨拶って基本ですからね。
返ってきますけど、元気よくしたり、ちょぼちょぼっと、「おはよう」ってことも。
元気に返ってくると嬉しい物がありますよね。

File No.073 【街声】

■さすらいのAさん 自営業

しばらくお休みが無いことです。
一人でお店をやっているので、毎日朝まで。
もうすぐから朝までやってます。
それを言い出したら、毎日休みたい。3ヶ月くらい旅に出たいです。
 
お金も必要なので休めない。
ほとんど常連ばかり。開いてたら、誰かしら来てくれるので。
そういう人のために待つ仕事です。
顔見に来てくれる事が嬉しいですね。
 
(もっともキツかった時は?)
朝までで眠くなるので、
最後のお客さんが帰って看板しまって、ドアを閉めたところで、
玄関部分で床に寝て、起きたら昼だった。という・・・。
 
慌てて家に帰ったら。チェーンがかかって入れなかった。帰りが遅い!と。
その後銭湯行ってお店に出たら、いつものようにお客さんが集まってくれたので、
そういう会話とかで、あ〜よかったなという感じですね。

File No.072

■岩元さん 不動産業(住宅の売買仲介の営業)

営業マンは常に数字を追い続けなければいけない。週末に来店してもらう為の営業、ポスティング、業者まわり、飛び込み訪問、空き時間での契約書作成や残務処理。一日12時間以上勤務し、土、日、祝日は必ず出勤。離職率も高く入社してから何人も退社していきました。
でも、お客様から買付証明をいただいた時の快感で疲れは吹っ飛びます!お客様から高額の手数料をいただいたうえに食事をご馳走してもらえた時は手数料以上の仕事と評価していただいたあかし。自宅を売却できた人、購入できた人に手数料をもらって感謝してもらえるなんて最高です。

File No.071

■スパイダーウーマンさん 美容師

私のキツイけど、辞められない仕事は美容師です。
まず、基本的に休憩はありません。休憩時間は、自分の仕事の合間なので今、お昼ご飯を食べてるのか夜ご飯を食べてるのか分からなくなる時もあります。食べれても、だいたいひとくちだけとか…
仕事中以外にも、朝早くからと、夜の営業後の練習は当たり前で、テストもあって出来るまでお客様にもちろん入れず、毎日練習して。
悔しくて毎晩泣いたり。接客中も、怒られます。その時は、泣けないから、ぐっと我慢します。
そして、技術や薬剤もどんどん進化し続けるので、常に勉強!勉強!
時には、正解のないこともあるのでやり後耐えあります。

他にも、時短での掃除のやり方、会話術、集客力、教育、腰かわ痛くなりちょっと身体に負担がかかる事も。。。笑

技術、営業、接客、この三つが兼ね備えてる仕事って美容師しかないと思ってます。


しかーし、私が何故辞められないかと言うと。。。
今までの努力と時間を無駄にするもんか!っていう意地もありますが、それ以上に一番思うのは、お客様からの喜んでもらえた時の笑顔とありがとう!というコトバです。それ以上の事は、ありません。
それらが、今までの努力が報われた瞬間だし辛かった思いや、悔しかった思い、全てが泡となり消えるかのような感じです。

お客様からの笑顔と、ありがとう!と言われたらあー、やってて良かったーーーー。あの時、諦めないで、逃げないで良かった!よし!頑張ろう!って思うので、美容師は辞められません!!!!
なので、これを聴いてるみなさん、もし美容室に行って気に入ったら、美容師さんに笑顔とありがとう!を言って下さい!m(_ _)m

File No.070

■ぴくるす改めピラニアさん 飾り職人

飾り職人という仕事柄、
同じ姿勢で細かい仕事をしているため慢性的な眼精疲労・腰痛・肩凝り・肩凝りからくる頭痛に悩まされています。

指先の怪我も絶えないし、細かい仕事なので精神的にも疲れます。

休みが少ない、帰る時間が遅い、1人が抱える仕事が多すぎる、などなどキツい理由はありますが、
何より一番キツいのは、仕事中唯一の楽しみだったシンクロが最近聴けてない事!!
会社の引っ越ししたら電波の入りが悪くなってしまって。。
もぉこれはキツい!!

それでも辞められない理由は、自分の仕事の先にHAPPYと笑顔があるからですね!
宝飾品を買うとき、あげるとき貰うときは必ずHAPPYな時だと信じてます!

結婚や、誕生日・記念日のプレゼント、自分へのご褒美だったり!
身に着けたときにもHAPPYで笑顔になる事を想像しながらキツい仕事も頑張ってやってます!

直接お客様と関わることのない職人ですが、それをやりがいにしてやってますよー

File No.069

■卵パティシエさん パティシエ

私の仕事はケーキ屋さんでのケーキ製造。いわゆるパティシエです。

パティシエは『女の子のなりたい職業』で、今も上位の人気がある職業です。
かわいくてきれいな甘いお菓子に囲まれてる夢のようなお仕事・・・
そんな華やかなイメージとは裏腹に、体力、精神力、忍耐力、が必要な超過酷、超重労働。

朝は6時前に出勤し、一日中立ちっぱなしで作業しっぱなし。
その日一日の仕事が終わらないと帰れず、定時なんてものはありません。
14時間くらい働くのが当たり前です。
休みも少なく、体調が悪くとも簡単には休めません。
繁忙期には朝5時前に出勤して、終わるのは2時,3時・・・
睡眠時間は少なく、クリスマスが終わっても、年末年始、バレンタイン、ひなまつり、入園・入学、母の日などなど・・・イベント目白押しで半年ぐらいはてんやわんやです。息つく暇もありません。

正直、過酷すぎてしょっちゅう風邪ひいたり・体壊したり、重いものを持ち上げることが多くて腰を痛め、腕や肩は慢性的にこり、足は常にむくみっぱなし。疲労で体中ボロボロです・・・

それでも、続けていけるのはこの仕事で人を笑顔にすることができるから。
誰かのために自分ができる精いっぱいのことをしてあげたい。
自分の作ったお菓子で人を笑顔にできる、喜ばせてあげられる、励ましてあげられる。
人を幸せな気持ちにしてあげられることが何より嬉しくて、喜んでくれた人の笑顔で自分も幸せな気持ちになれるんです。


パティシエは『人に笑顔をプレゼントする仕事』。
きついけどやりがいのある仕事です!!

File No.068

■せきたんさん ルート営業マン

(キツイ自慢)
関東を中心にルート営業をしています。北は福島から神奈川まで車でかけぬけ、多い日には400キロ以上走っています。労働時間も長く、朝は7時30分前には出勤。8時には会社を出発。夜7時まで仕事してます。おまけに土曜の休みは月に一度だけ。


(辞めない理由)
けっこうしんどいこの会社を何故僕が辞めないのかを考えてみると、やっぱりお客さんがいい人ばっかりなんです。僕がしたミスに対しても嫌な顔をせず許してくれたり、地方のお客さんは来てくれるだけでありがたいとまで言ってくれる人もいました。
お客さんは日曜も出勤の人が多く、僕よりも辛い環境で仕事をしている人が少なくありません。そんな人を見ていると少しでもこの人たちが楽になる手伝いをしたいと思います。 たまにムカっとくることもあるけれど、僕は今の仕事をずっと続けていきたいと思います。

File No.067

■息子が可愛くて仕方ないさん 機械設備現場監督

仕事は建築現場の現場監督をしております。
一つの現場が終わると、また違う現場へ2〜3年周期で仕事場が変わるのですが、今の仕事場は自宅から約2時間掛かります。7時半には現場事務所へ着き作業着へ着替え、職人と朝礼前に軽く打ち合わせをしなければならない為、毎朝5時起きです。そして朝8時、サラリーマン・OL達が通勤してる横で、ヘルメット&安全帯をつけラジオ体操。そして、現場へ。職人に指示を出し、図面が納まってないと怒られ、部下の動きが悪くてイライラし…そこをグッと堪えて、指導して…。多い時には1日2万歩以上歩いてる事も多々。。。17時が過ぎ、職人が現場からあがってからは、事務所に戻り書類・図面の作成。日中は身体を酷使し、夜にかけては頭脳をフル回転(…させたいけど無理…)忙しい時は当然、事務所で泊まり込みもあるのですが、2歳の息子と7月に産まれた息子と妻に会いたいので、出来る限り終電で帰宅。夜中、妻が用意してくれた夕飯を一人チンして食事。寝顔ですが家族の顔を見て、癒されて1時過ぎに就寝。そして、5時に起床。基本的に月曜日〜土曜日までこの繰り返しとなります。
気になる給料の方ですが、残業代は1円も出ないので内勤の人と大して変わらないのが現状です。ここ数年、おそらく残業時間3桁切ってないと思います。
妻は転職したら?と言います。確かに、平日は育児・家事を全く手伝う事が出来ません。それどころか、会話すら寝てるので出来ません(涙)
息子達とも1週間周期で触れ合うので、見る度に成長してます。子供の成長をリアルタイムに見れない事、触れ合えない事が一番辛いです。
じゃあ何故、転職しない?と思うかも知れませんが、単純に自分はこの仕事が好きです。人と人との繋がり、信頼関係、そして会社・立場はそれぞれ違えど、目標である建築物完成の為に、協力し合って頑張る!!(…実際はもっとブラックなんですけど)一生懸命頑張った成果が、ハッキリと目に見えて結果として残る仕事はそうは無いと思います。そして沢山の思い出が詰まった、自分にとっては特別な建物となるのです。そして、たまたまドライブとかでその建物の前を通った時に子供に、「この建物お父さん達が建てたんだよー」とか言いたいです(笑)
…憧れてこの業界には入って欲しくないですが(笑)

いまはまだ30代、バリバリモリモリ働く時期だと思うので、妻には本当に申し訳なく思っているのですがこの苦労は必ず報われる、そして無駄な事など一つも無いとと信じております。働きたくても働けない方、被災されて苦しんでる方々はまだ沢山居ます。そんな中で働ける事、普通の生活が出来ている事、それだけで幸せな事だと思います。くじけそうな時もありますが、辛いのは自分だけじゃない!!頑張れ俺!!と奮い立たせ、これからも家族の為、そしてこれから息子達のステージとなる日本の為に、頑張っていきます!!みんな頑張ろう!!!

File No.066

■おたちょさん 調査員

私の仕事は新聞・雑誌のモニタリング調査です。
朝から晩までひたすら全国各地の新聞、雑誌を読んで、キーワードを探します。

「自分の会社が新聞に出てるか調べて欲しい」「昨日やったイベントがどんな雑誌に
出ているか調べてほしい」など情報がどのように世の中に出ているかを調べています。
珍しい仕事だけど楽しそう〜、情報通になれそうなんて言われますが、そこが落とし穴。

まず、調査するキーワードを全て記憶していないといけません。
その数2000キーワード。しかも1ヵ月単位でころころ入れ替わります。
年取ったら続けられるのかな?!
自分の興味の有無に関係なく、新聞や雑誌の隅から隅までどんな記事でも目を通していきます。
眼を酷使するので、眼薬も手放せません・・・。視力は下がる一方。。

でもお客様から「こんな記事よく見つけましたね」と言われたりすると、
頑張ってよかったなぁって気持ちになります。

本当に地味な作業なんですが、誰かの役に立ってるのを見ると悪くないと思えますね。

File No.065

■キャシィさん 建設業 現場代理人

★仕事のキツイ自慢に応募です。
・残業が多い。仕事の拘束時間が15〜18時間。
・外の仕事なので服が汚れる。雨、雪が降る中で仕事をする。
・若いときは親ほどに年の離れた職人さんに仕事を頼むことが辛かったww。
・施主の要望に添えないものを作ってしまった時に直すのにお金がかかり、会社に負担をかけてしまったこと。

★やめられない理由
この仕事以外ができないから。が一番かも…
・施主様のお金で大きな仕事ができること。
・自分の指示で、人が動いていただけること。

File No.064

■木村さん ガーデンデザイナー

「きつい仕事」と聞いて「あ〜私もかな」と思いメールしました。現在ガーデンデザインと植栽の仕事をしています。OLを経てこの仕事についてかれこれ7〜8年。自分がデザインしたものが現実化すると今までの苦労も忘れ数倍喜びを感じるのですがプレッシャーもあり・・・。ガーデンと言っても植物だけの扱いでなくエクステリ、いわゆるカーポートやブロック塀といった建築の域にはいるものもやっているので、何か不具合が生じた場合は毎回胃が痛くなります。
おまけに私この夏ひょんなことから独立してしまい、事務所の改修工事もしたためにかなり金額が掛かってしまいました!やはり会社勤めの頃と違い仕事もなかなかうまくいかないですね・・・う〜ん。まだ始めたばかりだし乗りかかった船なのでやれるところまで頑張ってみます!大変でもやめられないのは・・・、やっぱりこの仕事が好きなんですね。

File No.063

■半熟カステラさん 医薬品開発・プロモーション

キツイイ仕事。私は医薬品の臨床開発やプロモーションをしています。
まだ世に出ていないお薬を、発売するために毎日書類の山と戦っています。
医者ではないので患者さんに会ったり直接何かをすることはありません。
しかし、患者さんの状態が急変したり先生が異動したり、病院の委員会に書類を審査にかけたりと大変です。
かつて旅行当日に緊急連絡が入り、旅行をキャンセルしたことも、残業時間が120時間になったこともあります。
妊娠中も終電で帰れないくらい忙しい時期がありました。
でも!!!この薬が承認されたら、今まで治らなかった患者さんが治るかもしれません。
その希望を捨てずに頑張っています。

File No.062 【街声】

■フジモトさん 主婦(元金融関係)

時間の締め切りがありまして、お客様に送金などの依頼を受けた際に、
3時までに端末の入力をして、送金のシステムに入力するんですけど、
それを課長の決済が遅れたときに、2時半になって、
件数も多かったり、端末が他の業務との兼ね合いで混んでいたりすると、
もう、後1分って時に、最後の1件を打てるかってときに、ドキドキしながらやってました。
年度末、年末はきつかったです!
金融関係で。
過ぎる事もあって、本店にお願いをして、怒られながら処理をさせていただくっていうふうなことで、
なんとか事なきを得てっていう・・・

なんていうか、心臓が口からでるんじゃないかっていうのと、
間違えちゃいけないっていうのもあるので、冷静にっておもいつつ、手が震えてきたり。

(その仕事の魅力は?)
融資専門の会社だったんですけど、やっぱりお客様の希望通りに、日にちとかも間に合わせる事ができれば、
「ありがとう」と言われたときに「やれてよかった」と。

(話が過去形だったのは?)
結婚して、退社したので!
(旦那さんにもツラさをぶちまけたり?)
同じ会社だったので、分かっていたと思います!

File No.061 【街声】

■かものはしさん 飲食業

さばけなかった時とか、提供する時間が、遅かったり、間に合わなかった時は、
キツイですね。
(お客さんが)苦笑いとか、ちょっとピリピリしてる時があったり。
でも笑顔で渡してる時、ありがとう。という声をもらい時は嬉しいですね。
お昼の時間帯は一番キツイです。
提供ミスした時は、違うよ!みたいな。
 
(厨房も厳しそうですけど)
時間帯によりますけど、暇な時は笑顔ですけど、
ピークの時は怒ってますね。ピリピリした空気が気まずい感じで。
(そんな時はどうするんですか?)
ふざけちゃいますね。
みんなを明るくしようと思って。
(やっててよかった時は?)
売り上げが上がったとき、さばけた!という時。

File No.060

■オオツカコウイチさん 清掃業

私の目標は、清掃業界を変える事!!

私の仕事は清掃業。世間では3K(暗い・きつい・汚い)のお仕事の一つとされることが多い業界。実際に従事してみて、そう思う一面もあるのは事実です。
でもお客様の笑顔を見るたびに思うんです。清掃とはただお掃除をするだけでも上記のような3Kでもありません。清掃を通じて、お客様の心を明るく・楽しく・綺麗にする仕事なんだと。お客様と繋がり、自分で行った作業で、お客様に直接喜んで頂ける仕事。とてもやりがいのある、いい仕事だと。

でも、そんな私も数年前までは父が経営する清掃会社(業界)に入るのは嫌でした。暗い・きつい・汚いイメージが強く、父が自営で清掃業をしているのですが継ぐ気もありませんでした。

でも今は、違います!
この清掃業の楽しみを私のような若い人たちに伝え興味を持ってもらい、業界全体を明るく・楽しい業界にしていきたい。
これからもその信念をもって、進んで行きたいと思います!!

なんだか決意表明のようになってしまいましたが、この場をかりて何かをお伝えする事ができたなら幸いです。

File No.059

■ウール100%さん パティシエ

今回投稿するか非常に迷ったのですが、パティシエという仕事を皆さんに少しでも知っていただきたいと思いました。

世間では華やかで夢のような仕事だと思われているパティシエ。でもオシャレな響きの陰には、新人は一月で2割が辞め、半年で半分になり、一年たったら1割しか残らないと言われる過酷な職人の現場があります。
もちろん、働きかたや会社によっても内容は違いますが、早朝から深夜まで働いても生きるのがやっと、残業代やボーナスは大きい会社でなければ当然なく、社会保険がないというのも普通です。

もちろんお金のためにやっているわけではないので、お給料が安いのはそんなに苦ではないし、朝6時から0時まで仕事でも好きだから続けられます!(子供が女の子だったら絶対に継がせたくないですが…)

しんどいのはむしろ、働きすぎで体を壊して医者からストップをかけられたり、腰痛や生理痛で思い通りの動きができない時に自分の弱さを思い知らされることだったりします。さすがに少し休みたいと思ってしまうことがあります。

大会の前などは休みもすべて会社で準備に追われ、仕事がある日も2時3時までやることも多く、最後は3日徹夜になったりもしますが、ピカピカのメダルをもらえると、やっぱり頑張ってよかったと思います♪
普段の仕事でもおいしくてキレイなものを作れる喜び、お客様の幸せを一緒に作れる喜びもありますし、身近な人の誕生日や結婚式てケーキを作らせて頂いた時にみんなが笑顔になるあの瞬間は病みつきです!

私はもともと医者になりたいと思っていたのですが、命を救うのも、心を救うのも、同じように人を笑顔にできる素晴らしい仕事だと思ってパティシエを志しました。
自分がしんどい時もあるけど、親に泣かれることもあるけど、ケーキを作っているときに贈る人の想いや祝われる人の笑顔を想像すると幸せな気持ちになります。

世間の頑張ってらっしゃる働く皆さん、お疲れ様です。
たまには頑張る自分へのご褒美として甘いお菓子を一つ買ってみてください。
その味が、パティシエから皆さんへの小さなエールです♪

File No.058

■海さん 美容師

美容師をしてます。この仕事に就くまでは、毎日おしゃれな服を着ていつも可愛い髪型で、こんな華やかな仕事はない!と思ってました。が、実際は・・・手荒れがひどくて一応女子なのに指輪が似合わない手、常にトレンドを探さなきゃいけないので一生ゴールがない、そして刃物を持って人に接するという大きな大きなプレッシャー。
だけど、お姉さんに担当してもらって良かった!と言われた時のあの最高に嬉しい気持ち。やめられません。最後に鏡をお見せした時のお客様の笑顔を見るために、これからも腕を磨きます!!

File No.057

■はじめさん バイクの整備士

バイク整備士といいましても、特殊な部類に入ります。

都内を巡回し、
宅配業のピザ屋さんやお寿司屋さんやコピー機屋さん等に赴き、
定期点検や故障の緊急対応をしています。

最近ではあまり、遅い時間まで仕事しなくなりましたが、

辛い事といえば?

「手持ちの道具も限られている外で、
難しい状況の修理を行わなくてはならない」

そんなときです。
しかも、天候や時間は関係なく、
雨の中や雪が降る中でもその機会はやってきます。
正直悪天候の時の外仕事は辛いの一言に尽きます・・・

直る、直らないはその時々によりますが、
お客様の困りごとに最後まで真剣に付き合う事で、
「いや〜今回は本当に直しに来てくれてありがとう!」とか
「助かったよ!またよろしく!!」とか、
ねぎらいの言葉を言ってくれるのが一番のやりがいになります!
因みに、自分の力で直した時はそれだけで満足です^^

たまに街中で自分の直したバイクが元気よく走っていると、
それだけで笑顔になります。

File No.056

■つっぴんさん 児童養護施設職員

この仕事の辛いところは
心に傷を抱えている子ども達を育てなくてはいけないところ。

児童養護施設の子ども達は親から愛された経験が乏しいから
人の愛し方が分からず、自分を大事にしてくれる人に
罵声を浴びせたり、暴力を振るってしまったりする。
そして怒られる事や殴られる事でその人のベクトルが自分に向いていると実感する。

僕達はそんな子ども達から「死ね」と言われたり、殴られたりしながらも
その子達が人から愛してもらえるように「その方法は違うよ。」と言い続けます。

でもそれって結構心を擦り減らすんです。
仕事の定着率もすごく低いです。

でも・・・
子ども達が素直に「ありがとう」って言えたり、「ごめんね」って言えるようになったりするのを見ると涙が出るくらい嬉しいんです。辞められないんです。

File No.055

■いわし雲さん 看護助手

町田市内の精神科病院で看護助手をしています。<看護師に転職しようと思い見習いの看護助手から実務経験を積む為に>

自宅から職場までは片道1時間45分の道のりです。勤務は4週8休で早番・遅番・日勤・夜勤に分かれています。

病院は開放病棟と閉鎖病棟があります。僕は閉鎖病棟での看護助手をしています。閉鎖病棟のイメージは分かりにくいと思いますが、医療保護の入院の必要がある患者が収容されている病棟のことです。いろんな患者がいます。暴れたり大声で叫んでいたり壁にへばりついていたり・・・高齢で寝たきりの患者の世話をしたり、暴れている人を抑えたり、入浴や食事の介助をしたりしています。突然、殴られたり蹴られたりは日常茶飯事のことです。
何度も辞めてしまおうか悩んだ時期もあり、正直にとても辛くてきつい仕事ですが、将来の自分の為に必死で頑張っています。

File No.054

■むーさん レストラン店長

私は都内で中国料理店の店長をしています。

外食産業は就職したくない職種でいつも上位ですが、確かにキツイことがたくさんあります。

過去に何店舗か転職をしていますが、面接のたび『求人には休み6日とありますが、こういう職種なんで…ご存知ですよね』と、実際は月に6日も休みはとれないと遠回しに言われます。

しかもシフトの関係でオーナーに、前日の夜に突然『明日休みとっちゃってください』と言われたりすることもしょっちゅうで、家族との予定も立てられませんでした。

シフトは任せてもらえる今の店舗で店長として働くようになった今も、別の問題があります。
厨房に中国の人が多く、向こうのイベントなどでみんなまとめて休みを取り帰省してしまうので、シフト作成にかなりてこずります。

ホールにも中国から来ている学生さんが結構いるのですが、日本語があまりわからない人もいるので教えるのも大変です。

休憩時間も少ないのですが、その少ししかない時間も日本語講座を開いているので、休める時がないです。

またそういった人間関係や女性の従業員同士のトラブルなんかも多く、みんなが働きやすくまとまった環境を作るのはとても大変です。

都内配属になり通勤時間に往復3時間かかるのもキツイです。
毎朝8時半に出て、家に着くのは終電ギリか、お客様がなかなか帰ってくれない時は終電もなくなるのでそういう日は奥さんに店まで迎えに来てもらっています。

休みは月にだいたい4日。
それも半休という名の休みなので、3時間かけてディナーの時間に合わせて出勤して閉店まで働く。これが2回あって、1日休みとされます。

有給という制度があっても、店長という責任があるのでなかなか思うにとれないですし、夏休みもGWの休みもなく、1月1日が休みなだけです。店舗が休みなので。

そしてお給料は、残業手当も出ないですし。

しかし、常連のお客様に『あなたがいてくれないと困るよ』など嬉しい言葉をいただけると、お店に来てくださった方に良い時間を提供してあげられていたのだと実感でき、しっかりやってきた甲斐があったなと嬉しくなります。
一般には高級なレストランなので、テレビで観る有名人、著名人がよく来店されるのですが、そういった世界をのぞき見できるのも、なかなかない機会ですし。

それに、次はこの会社の幹部をめざし、キツイ・激務だと言われているこの外食産業の制度を見直す機会を作ることを目標に頑張りたいと思えるので、この仕事はいくらきつくても辞められないですね。

File No.053

■とーがらしさん 事務職

普段は 事務仕事をしています 
去年 高齢の義父母から引き継いだ 栗栽培

この季節 9月頭から10月10日位まで 栗を 出荷しています
テレビなどで栗のスイーツ紹介されていますが

実は出荷までが きついー(≧▽≦) 

9月中は暑い上蚊がすごいので 

いでたちは全身隠して 腰には 蚊取り線香 

100本位の栗の木は 早稲から晩生まで 24時間営業で落ちてきます

朝から夕方まで ひたすら 拾い 選別 出荷 

熱中症になりながら 頑張りました 下を向きすぎて方角がわからなくなるほどです

でも 買って頂いたお客様に 美味しかった(*^▽^*) っていわれたら

また来年頑張ろうって思います 

これから 収穫した栗を 渋皮煮などに 変身させて あちこちに配るのが楽しみです 

3週間冷蔵庫保存して 魔法をかけた うちの栗 甘さが違うんですよ ( ´艸`) 
ただ イガ栗踏み過ぎて まだ右足痛いんですけどね (*・ω・)ノ

File No.052

■パティシエさん ケーキ屋

僕の仕事はケーキ屋です。
夢を売る仕事だと思っています。最近ではテレビや雑誌など特集が組まれたりと、僕がこの業界に入った頃とは比べ物にならない位一般の方々への認知度は高まっていると思います。
しかし、表の華やかさとは裏腹に仕事内容はとても過酷です。
作っているものはとても小さい物なのに、その材料はどれもみんな大きくて重たい物ばかりです。
更には、夏は冷房が効いた所での作業、冬は暖房はなし。息が白くなるんじゃないかっていう位寒い所での作業。
特に女の子にはキツイ作業場だと思います。
しかも、朝は早くから夜遅くまでかるく16.17時間は立ちっぱなしの作業をし、クリスマスには睡眠時間も一週間で、5時間〜6時間位寝られれば十分な位の状況。衛生が大切なので、シャワーを浴びる為に帰るようなクリスマスの怒涛の一週間を過ごして、年末年始も休まず仕事。
若い頃は色々なお店、ホテルなどで働いてきました。その頃もオープン初日を迎えるに当たり、2ヶ月前から試作等をやりなが商品を決めていき、オープン初日前後1ヶ月は休みなく、睡眠時間も3時間位で頑張ってきました。
そして念願の自店を出店した今もこの2年間で休んだ日数は両手位。
相変わらず睡眠時間はとても少ない状況で仕事をしています。
体力的はかなりキツイです。
でも、辞められないのは、特にバースデーケーキや、ウェディングケーキを作ったときにお客さんが満面の笑みですごく喜んでくれる姿を見ると、全部吹き飛び、やってて良かったって心から思えます。
更には、ウェディングケーキなんていう、2人の新しい門出に初めての共同作業のお役にたてるし、何かのイベントには必ずといってもいいほど、自分が作った物が華を添える事ができている事がこの仕事を辞めらない理由です。
いい仕事を選んで良かったなと心から思えます。

File No.051

■さとぴんさん パート事務員

きつくても頑張って仕事している人達、応援します。今会社に一人なので、メールします。私もきついのかな?毎日自主的にサービス残業で、社員は定時よりも二〜三時間前に退社です。たまに定時まで残ってても、パソコンでゲームや喫煙場所から帰ってこなかったり。でもその代わり、私は社員の仕事を手伝うことは無く(建築現場の仕事です)、ひたすら自分の事務の仕事を せっせと片付けています。五人の小さな会社で、唯一貴重な事務員の為、一日でも休むと次の日の仕事が山盛りです。だから自分がやらなくちゃ会社が回らない!!と思って、目の下にクマ作りながらせっせと頑張っています。一人だから請求書とか書類のチェックをお願いする人がいず、何度も確認して、一人チェックで神経すり減らしてます。時々社長から、さとぴん社長と呼ばれます。そんな気もする毎日です。自分がいなくなったら、この会社は大変だ!と自覚しながら、今も残業に励んでます。みんないい人達だから、現場で大変な目にあっても、愚痴らないし、事務員に八つ当たりなんかしないし、だから頑張ってるのかも。ファイト〜!

File No.050

■のほほんさん メール便配達

メール便配達してます。

キツイなーと思うのは外回りのところです。
暑い日、本当に日差しが刺さってくるので、夏の太陽の光って殺人的って思うことあります。
台風の日も荷物を濡らさないように気を付けながら配達いきます。

冬は冬で雪が積もっていても配達いきます。

春は花粉症でマスクに帽子、たとえ花粉の量が多くても配達いきます。

いっそ雨なら現場がなくなるような建設関係の方が楽かな?と思うこともあります。

でも、やめられないのは、時間が自由なんです。委託業務なので、荷物をあるだけ、その日のうちに配達すればよいので、配達途中でちょっと買い物行ったり、ママ友とお茶しに行ったり。子供の習い事について行ったり。仕事をする時間を自分で決められるので、すごく都合がいいんですよねー。

やはり、子育て中の主婦としては仕事優先よりは今は、子供優先にしたいので都合が良くてやめられないんですよ。

子供たちが高校生くらいになったら、がっつり働きに出られるようになるかなー。小学生の今は、家にいて「おかえりなさい。」を言ってあげていたいな。

File No.049

■トランジスタさん CGデザイナー

僕は、都内でCGデザイナーをしている28歳の男です。
都内で一番きつい職業として、僕が従事しているCGデザイナーを推薦したいと思います。
何を隠そう、もう三週間も家に帰っていません。お風呂も、3日に一回しか入れず、昨日は同僚に「引くくらい口が臭い」と言われてしまいました。時折足元と脇下から臭ってくる強烈な臭いと相まって、燻製でも作っているのではないかと大家さんが訪ねてくる程です。
そんな僕が何故、こうまでしてCG業界にいるのか。

実は今、とあるPVを作っています。
僕のすごく尊敬する先輩の初監督作品で、今週の18日に締め切りなので、今まさに佳境を迎えています。
僕の向かいの席で、必死な形相で頑張っている先輩のために、少しでも力になりたく、そして、一緒に先輩とこの作品を完成させたい一心で今、マウスを動かしています。

堀内さん。

あとちょっとで完成するこの作品。先輩の背中を少しだけ押してあげてくれませんか??

よろしくお願い致します!!

 

トランジスタ先輩 CGディレクター

職場自慢させてください。
私はCGディレクターをしていますが、この職業にはとても辛い状況が多々あります。
納期に追われ、家にも帰れず、友だちとも遊べず、世間から隔離されたように感じる日も少なくありません。

そんななか、苦労して作り上げた映像作品が世の中に出ることは喜びの一つでもあります。
しかし、それ以上に嬉しいことは、この仕事を通して自分自身が、以前の自分に比べ、大きく成長していることです。

私たちは、CG映像を作っていく過程で幾度と無く自分自身と向き合います。その都度、昨日までは見ることの出来なかった壁の向こう側を、今日は少しだけ覗き見ることが出来たとき、私たちは出来上がった映像作品以上の何かを得ています。

そこで共に戦った戦友とも呼べる同僚・後輩とは、一生の付き合いになるでしょう。

職場自慢をさせてください。
良き後輩に恵まれたことを私は誇りに思います。

みんなありがとう。

File No.048

■グリフォンのママドンさん 専業主婦

私は3人の子供を持つ専業主婦です。
専業主婦なんて3食昼寝付きの楽な仕事じゃん!てか、仕事してないんじゃない?って思われるかもしれません。
まぁそうなのですが、私の場合は、幼稚園のクラス委員と小学校のPTA広報副委員長をしています。
なので、幼稚園行事や小学校行事の前は結構忙しいです。
一昨日も幼稚園の運動会がありましたし、その前の日は小学校のハイキングに同行取材をして、家に帰ってきてからは記事を書いていました。

さらに、少しは社会貢献をしなくてはと思い、いくつかボランティアを掛け持ちしています。
一つは小学校ボランティア。
朝、読み聞かせに行ったり、学校の掃除に行ったりしています。
もう一つは農業ボランティア。
週2〜3回ですが、畑を耕したり、草むしりをしたり、野菜を収穫したり、収穫した物を販売したりします。
なので、それらの合間をぬって家事・育児をしているので、専業主婦といえど、かなりハードです。
そしてすべての仕事がお金にならないというのが、専業主婦の辛いところです。

しかし、それでも専業主婦でいたいのは、やはり主人や子供達が帰ってきたときに、居心地のいい家で「お帰りなさい」と言ってあげたらからです。
そして子供達が病気や怪我をしたときに、いつでもかけつけて看病ができること、それが母親である以上しなくてはならないことだと思っています。

あまり感謝されない仕事ですが、家族のためだから頑張れます。

File No.047

■東京水曜日さん 運転手

自営業で、配送業をしています。軽トラで配送をし、自営なので、配車・経理・営業をすべてこなしています。辛かったのは、秋田県に配送に行き、帰宅して仮眠3時間で、愛知県に行き、帰宅して、武蔵村山市に仕事しに行った時です。寝れないのより、時間との戦いが精神的にきつかったです。仕事で、単発で、九州や青森に行くよりきつかったですが、時間があれば、地方の美味しい物や、特産物、道の駅、穴場なのがスーパーマーケットに寄って、買い物するのが楽しみです。

走って帰宅して、事務したり、売り上げ表とにらめっこしたりと、体力的にいっぱいいっぱいになる事もありますが、売り上げが良かったり、嫌いな人と仕事しなくて良かったり、現地で美味しい物食べたり、楽しみも多いので、やめられません!

File No.046

■ちっさんさん 営業

僕が一番ですかね!めっちゃ仕事やってます!

全社では唯一セクションを飛び越えて掛け持ちで仕事やってます。朝9時から夕方6時までは自動車関係のお客さん相手の営業して、夜は現場帰りの建材系のお客さん相手に営業やってます。月に数回は特命で他県に行って休止中の工場設備のメンテナンス指導をやってます!工場だから真夏も長袖にマスク、ヘルメット。
大変ですけどお客の心をガッチリ掴めたり、感謝されるだけで疲れも吹っ飛びます!!!!
もーやめらんないんですよー。やればやる程、沢山の仕事任されて、仕事のおかげで毎日充実してます。はっきり言って病み付きです。

File No.045

■わたっちゃんさん 看護師

救命救急センターで働いています。
毎日定刻で12時間以上勤務です。
忙しい日は休憩も30分くらいで、食事を取る時間もままならないくらいで馬車馬のように働いています。
目の前で何人もの人がなくなったりする中、自分が生きている心地がしない日があります。
過去に緊急入院された方や病状が良くない方が四人ほぼ同時に心停止してしまうことがありました。
私は一緒に働いているスタッフを動かしながらご本人やご家族が悔いのない医療を受けれるよう全力を尽くしました。
しかし、三名の方が天に召されました。
私は、お亡くなりになった後も綺麗に処置をし、ご家族からはありがとうございましたとのお言葉をいただきました。
迅速で的確な医療を提供する中、時々生きてるここちがしなくても人生の最期を私がいる日に選んでくれたんだ信じながら仕事をしています。

そして、休みの日は家の自営業を手伝い、一つ一つのご契約で人生の失敗をしないようにとお客様の生活をしっかりとみて、考え、商品を提供しています。
共に人の人生の大切さを感じ、物一つをご購入いただくにも全力で向き合わなければいけないなと思うことにやりがいを感じます。

File No.044

■セキリュウさん 長距離トラック運転手

宅急便運んでます、ドアtoドアで直接お客さんに荷物を届けるセールスドライバーではなく、夜中にセンターとセンターの荷物を移動してる運行ドライバーです。
関東で夕方までに出した荷物、翌日の朝一で関西や東北位までは配達出来るのを知ってる方もいると思いますが、夜中のうちに移動してます。
とはいえ夜10時位に関東を出発して、翌朝6時前までには関西に到着してないと朝一の配達には間に合わないのですが。
台風や大雪で、電車や飛行機が止まっても、宅急便の到着時間に遅れはありません、時間までにセンターに到着しないとお客様の指定時間に荷物を届けられなくなります。
宅急便は個人から個人へがやはり多いです、それぞれ思いの詰まった荷物を待ってる人が居るから遅れるわけにはいかないのです。

たまに何の仕事をしてるのか聞かれる事がありますが「宅急便運んでます」と言うと
「いつもお世話になってます」とか「ヤマトは正確だよね」と言われます。
ちょっとうれしいですね、でも娘が友達に「うちのお父さん宅急便運んでるの」って胸を張って言ってるのを聞くとなんか照れちゃいます。

子供達の世界でもクロネコヤマトはわかるみたい(笑)

File No.043 【街声】

■スバルさん SE

就業時間が割と不規則で、終電で帰れない事が出てくるんですよ。
そうするとタクシーで帰るしかなかったりするんですけど、
大体会社を出るのが遅くなると午前3時くらい。それから1時間くらいタクシー。
そうすると4時くらいについて、翌日仕事だったりする日もあるので、
体力的にもツラいしたまに経費で落ちなかったりするので、その分の金銭は大分痛手になることはありますよね。
システムエンジニアをやっていまして、いろんなお客さんにシステムを構築して納める仕事をやっているんですけど、週に、忙しいと終電で帰れない体制が2〜3回あるときもあります。

自分の会社でシステムを作ってお客さんに渡すじゃないですか。
実際にお客さんが使っているところを見る機会がたまにあったりするんですけど、
それをみると、「あ〜使ってくれてるんだな〜」って思って、やりがいが見えてきたりするんですよね。

File No.042 【街声】

■アサクラさん 日本食料理屋

朝6時から夜10時くらいまで、休憩1時間ないくらいで、
飲食の仕事をやっているのでずっと立ち仕事で、それが体力的にも。
休みも月に2〜3回しかないので。
将来的に自分の店をもつっていうのが夢なので、それを考えると、
今苦労しておくのが当たり前だろうと思ってるんですけど頑張っています。
専門料理店で、日本料理です。
(朝6時からやる業務は何がある?)
「追廻」っていって、準備から仕込み、先輩たちがくるまである程度。
鍋を磨くのもありますし、自分は年数4年はやっているんですけど、
後輩が入ってもすぐやめちゃって、後輩ができないっていうのもあるので。
下の仕事も、下いないんでやってますし、そのかわり上の仕事もやっていて、
要は全部やっているようなもんなので。
(一番ツラいな〜って思うのは?)
あ〜、貝類の砂を抜くために、冬でも冷水で1時間とか洗っているのがあるので。
洗って放っておいて、洗って放っておいて、
量が10〜20キロって単位なので。手の感覚はなくなりますし、ひび割れて血が出るってこともあります。
やっていてよかった瞬間は今はそういうのは思えるときが無いですけど、
将来的に自分の力になると思ってやっています

File No.041 【街声】

■みっちゃんさん 飲食店勤務

うちの居酒屋、お客様とのコミュニケーションを大事にしているんですけど、
たまにモノマネやってって言われて、披露するんですけど、その時が恥ずかしかったりするんですけど、キツイですけど、楽しかったりしますね。
秋葉原なので、アニメのモノマネとかやったりします。
ホールで他のお客様もいて、恥ずかしいんですけど、思い切ってやってます。
ドラゴンボールのミスターサタンです。

これから冬になってくると、気温がキツくなってきますね。
寒いっていうか、痛い!

ご案内したお客様が帰られる時に、「美味しかったよ、また来ます。」
って言われるのが嬉しいです。やっててよかったって思います。

File No.040

■ぴいさん 医療関係

僕の仕事は人の命と向き合う仕事。そんな仕事ゆえ、夜も昼もありません。食事中でもお風呂中でも緊急要請があれば、雪の中、当直明けでも自宅を飛び出し、現場に急行します。鉛のずっしり重いプロテクターを着て2時間を超える検査、それに加えて止血のために圧迫し続ける数時間。それを一日に数件。当直明けでもそんなことは日常業務。疲労困憊な日々です。

大学卒業してまだ駆け出しのころ、チームで昼夜なく治療にあたっていた患者さんが息を引き取られました。精一杯でしたが、自宅に戻ってからも涙が止まらず一睡もできなかった夜のことは今でも鮮明に覚えています。

本当に厳しくきつい仕事ですが、患者さんが元気になって社会に戻り、自分らしく命を輝かせている姿を目にすると、この仕事でよかったと思えます。僕の顔を見ると安心するとお盆や正月前には必ず来てくれる患者さんもいて、自分が人様の役立っていると感じる瞬間です。きついけれど、そんなことを支えに頑張っています。

File No.039

■インコのめざめさん ボウリング場勤務・プロボウラー

当時付き合っていた600キロ離れた場所に住む彼女に「一緒に住む?」とプロポーズしてOKを貰ったものの、子どもの頃からずっと続けていたボウリングに関係する仕事に就きたくて、結婚を諦める覚悟で「転職したいんだけど」と言ってみました。

彼女は驚いていましたが「私のせいで夢を諦めた、って一生恨まれるの嫌だから、やれるだけやってみたら?」と背中を押してくれました。

プロのライセンスは持っていたものの、ボウリング場の仕事はそれだけで出来るはずもなく、バイトから始めて多少格好がつくまで数年かかり、その間地方から出てきた彼女は同棲して自分を支えてくれました。

朝は機械とスコア画面の立ち上げ、清掃、お客様の受付、リーグの準備。
スクールで生徒さんに指導していても、近くのレーンでマシントラブルがあれば走ります。
メカニックにお客様がお買い上げのボールのドリル、ショップの売り上げ管理、商品在庫管理と仕事は幾らでも出てきます。

ボウリングに関する仕事には就けたけれど、自身の競技者としての成長はどうなの?と思うと複雑なのですが、カミさんが「小学生から70代の人に先生とかプロと呼ばれて慕われている姿を見るのは悪くないよ」と言ってくれるのでもうちょっと頑張ってみるつもりです

File No.038

■ショ〜ジさん 農民

脱サラして農業しています。

野菜を出荷するまでには、まず土作りから始まり芽が出て来ると雑草と虫との戦いが始まります。

育つにつれて支柱を立てたり芽かきや追肥をしたり。

雨が降らず毎晩の水やりで蚊に刺されまくりだったり、夏場の猛暑には日よけを張らないと葉っぱや実が焼けてしまいます。

周りの畑には建て売りの住宅が出来てしまい、雨が降れば局地的豪雨で畑は池になります。排水が大変。

台風で木が倒れたりハウスが飛ばされたりもします。

やっと出来た野菜も形が悪ければ出荷できません。

近所へ配ったり食べきれなければ捨ててしまいます。

そんな余った野菜でもウチで消費すれば税の対象ですからね〜。

やっと出荷した野菜も、地方から来た安い値段の物に押されて安くしないと売れないのが現状。

農薬も消毒も使っていないのにな〜、


でも、自分の作った野菜を食べている人はいるんですよね、

自分が誰かの命を繋いでいると思えばいいのかな〜!



以前、誰かが言ってました。

使えないヤツは農業しろ!とか、

農家なんて種蒔いておけば成るから楽でいいよね〜って。

いやいや、成らせるんですよ〜。

File No.037

■ひゃんひゃんさん 会社員

製造業の経営者の娘です。普段は経理その他雑務全般をやってます。小さい会社で社長(父)がワンマン。
私は特に役職にはついておらず、完璧に平社員なのですが、突然、父(社長)が入院したときなど、有無を言わさず全ての重責にさらされます。
そんなときに限ってトラブルというのは発生するもので、必死になって対応に追われつつ社員の前では平静を装う。そんなときが一番つらいですね。子供もいるので、仕事とは別に家での責務も待っています。

でもトラブルが片付き、問題なく納品でき、それなりの数字があがったときの満足感はなんともいえません。お客様に仕上がりを喜んでもらえたならなおのことです。
私は職人ではないので、現場の仕事はできません。本当に力を尽くしているのは現場なのです。彼らに感謝しつつ、今後会社を続けていければなによりと思っています。

File No.036

■江戸っ子野郎Aチームさん 和裁士

和裁という仕事でキツイ事。。。
たくさんあります。
その中でも1番キツイのは、存在が忘れられているという所ですかね。
どうしても、「えっ?東京?京都で作ってるんじゃないの?」とか「えっ、今時、日本で?中国とかじゃないの?」といわれ、存在が薄くなりがちです。
仕事の話をしても、なかなか相手に伝わりにくく、その結果、孤独になったり、悔しい思いをした事があります。

でも、最近、若い人達が浴衣や着物を着てくれてるんです!
洋服とは違った楽しみを感じてくれる人達が増えてきたんです!
その結果、和裁という存在が、少しではあるんですが、思い出されてきたんです。
僕が仕立てた物ではないんですが、普通に街ゆく人達が、着物を楽しそうに着ているのを見て、すっごく嬉しくって、自分自身にも仕事への存在意義を実感できるようになりました

まずは、これからの若い人たち、今まで着物を愛してくれた人たちにも受け入れてもらえる和裁士を目指します。
そして、こういう気持ちを大事にして、人、時間を積み重ねて、自分にとっても、周りの人にとっても、新しくて、おもしろい着物を伝えてきたいです。

File No.035

■ぴょん吉さん 天使

いつも職業欄を天使にしています。
本業は製造業なんですが、
それとは別にボランティアの電話相談をしています。

電話相談を受けるときに、自分なりに心がけてることが、
どんな人にも天使のような立場になって話をきく、ということです。

電話を受けててつらいのは、
怒っている人の電話。
はじめは他の人や物事に対する怒りが、
次第に自分にも向けられてきて…

自分では強いと思っていても、
途中でガチャンと電話を切られたり、
「そんなんで、よく相談員やってるねえ」
なんて言われると、
やっぱりへこみますねえ…
天使になるための修行だと思ってますが。

でも、ほんの一瞬でも細い電話線の向こうにいる、
見ず知らずの相手と、確かに心と心が触れ合って共鳴する、
そんな歓びが何度もあるから
、これからも続けていきたいです。

File No.034

■ゆんゆんさん 看護師

老人介護施設で看護師として働いています。
認知症の方も多く入居されています。
業務の中で排泄の介助に入る業務があります。その時に排泄物を利用者様に投げられたことがあります。。。白衣は一瞬で排泄物の色へ染まってしまいました… お仕事なので仕方ありません。誰も悪くないのです。
急変はあるし感染の危険もあるけれどそれでもやめられないんですよ。
おじいちゃんおばあちゃんがかわいくって。私のことを孫のように可愛がってくれたり。
戦争に行った方も多く、戦時中のいろんな話を聞けたり貴重な話を聞け勉強になります。たまに一緒に泣いたりしています。
敬意の意を抱き、日々勤務しています!

File No.033

■中央リンカーンさん 輸入関係

 私がしているのは輸入の仕事、扱っているのは映画です。海外の映画を探しだし、日本に持ち込み、いろいろな形で皆さんにお届けする仕事です。
 一見華やかに見えるかもしれませんが、その実態は営業や宣伝活動で非常に泥臭いです。海外相手の部分も多いので時差の関係で寝る時間も不規則で体力的にもきついです。

 でも何よりキツイのは、自分がいいと思った映画がビジネスにならないという冷酷な、しかし最も重要なビジネスの原則により皆さんに届けられないことです。

 実は世界中で見ると、誰の目にも触れずに消えて行く作品が年間何万とあります。もともと映画が好きで始めた仕事です。そんな作品を横目で通り過ぎるたび辛く、良いと思った作品を届けることができない度に絶望的な無力感にさいなまれます。仕事だけでなく、映画自体嫌いになりかけたことも何度もあります。

 でもやめられません。やめたくありません。それでもやっぱり映画が好きだし、自分が本当に面白いと思った作品を絶対に届けたいから。
 自分がその作品からもらった感動を、少しでも多くの人々に共有してもらえる瞬間。そのたった一瞬のために、魂を注げる自分は最高に幸せだと思っています。
 これからも世に出るべき作品が一本でも多く、より多くの人に見てもらえるよう、全力を注いでいきます!

File No.032

■かきこさん 会社員

来週末出ます。

『千葉アクアラインマラソン』

でも…

いつになく、珍しく、不安です。

練習不足もあり、完走出来るかどうか…(ーー;)

ま、今更ジタバタしても仕方ないので

走れるところまで走ってきます☆

海ほたるまでちょっくら走ってきます!!

キツそうだな〜

でも、達成感と、お疲れビールがあるからやめられない(^_^;)

File No.031

■もつ煮さん 電気屋(店舗の照明を設計、施工)

辛い事は
『家になかなか帰れない事』
子供が産まれて今が1番一緒にいたい時期なのにヒドい時は1週間帰れず。
休みもヒドい時は月1。
仕事柄、店舗が閉店してから作業を始めるので早くても21時過ぎから作業開始。
終了は、朝の開店まで‥
それ以外の時間は他の店舗の照明設計。

だけど、辞められないのは
おもしろい!
何も無かった空間に床が作られ壁ができ‥
裏方作業は世の中の人が入る前に入る事ができる。

ソラマチの店舗をやっていた時も開業する前からスカイツリーの出入りをして、ちょっと優越感。

今は、なかなか帰れない生活をしていますが
そのうち、息子を連れてお父さんが取り付けたんだぞ!ってライト巡りがしたい!

File No.030

■ちびめぐさん 大学生

私は大学生ですが、オープンキャンパススタッフ運営チームをやっています。約200人以上の登録しているスタッフの中から1回約50人を選抜してシフトを組みます。1人1人どんな人なのかを見極めなければいけないです。

シフトを組み始めるのはオープンキャンパス当日の10日前から始めるのですが…
8月はオープンキャンパスがたくさんあり、3連勤、2連勤が普通で、月に9回もありました。
そのため、8月からの夏休みはなく、夏らしいこともせずに夏が終わってしまいました><。


プライベートな時間がほぼなく、色々なスタッフと話をしなければならないのでものすごく精神的にもきついのですが、
多くの人と関わることができるので視野が広がって、友達・先輩・後輩が増えて、みんなととても楽しく過ごせているので、やめられないんです!

File No.028

■ともこもこさん 不動産賃貸仲介営業

 
ズバリ休みがないことです。

不動産の営業という仕事柄、水曜定休の週いちの休みのみです。
要するに月4日のみです。

祝日?カレンダーを見るまで気づきません。
連休?関係ありません。

入社当時こそ疑問に思っていましたが、慣れとはこわいもので、入社4年目の今
はこなせてしまっています。
仕事人間のレッテルを貼られ、だんだんと週末の行事にも誘われなくなりました。
このままではおそらく婚期も逃します。

でも、家を探す仕事ってやっぱり素敵だなって思っちゃうんです。
家=人生です。
カップルの新居を契約し、お二人の結婚式の二次会に呼んで頂いたときは、本当
に嬉しく、「あぁ、この仕事でよかった」と心から思ってしまいました。


私も結婚したい!笑

File No.027

■ゆきちゃんさん 犬のお姉さん

 
普通の家のワンちゃんを預かったり、しつけしたり
お世話する仕事をしています。
勤めている時は朝の6時から夜の12時まで週6働いてました。
やっぱり生き物ですし、大事な愛娘、愛息子をお預りするので
責任もあります。
同僚が頼りないと言うか、その人にまかせると何かトラブルが起きるので
結局何人分も動くはめに。
時間や仕事の内容は全然辛くありませんでしたが、
同僚、上司との目指すものが違いすぎる事がキツかったです。
下を育てようと思っても、時間もなければ
仕事に対する意識も低すぎて我慢できませんでした。

今は独立して、更なる責任は増えましたし、
24時間仕事になりましたが
やりたいように出来て、その部分の気は楽です。
一番嬉しいのは、問題があった家庭のワンちゃんが
家族の中で幸せに暮らせるように
変わっていくことです

あの裏表のない笑顔をみるとやめられません。

File No.026

■わかめさん アニメーション制作

 
アニメーション制作をしています。かれこれ10年になりますが、
この仕事は休みがない、給料が少ない、睡眠時間がないのがお決まりで、
土日に休めないのはもちろん、残業代なしで毎日4、5時間残業するのは当たり前です。もっと忙しい日は家には帰れません。一週間家に帰らなかったことも何度かあります。
こんな仕事をしている人はたくさんいると思うのですが、
精神的にきついなと思うのは、医療や介護の仕事とは違って、これだけ自分を犠牲にしても明確に誰かのためになっているわけではないこと。いっそボランティアをしたほうが世の中のためではないかと何度か思ったこともあります。あるとき、過度の睡眠不足で大事故を起こしたときには本当に仕事をやめようかと思いましたが、どうしてかやめられずにこの仕事をしています。
自己満足かもしれませんが、成功したと思えたときの喜びは大きく
劇場の仕事ではお客さんの反応がよかったときにはすべての苦労がふきとびます

File No.025

■りんごのりんさん ペットショップ店員

 
従業員が私以外男性しか
いないので、女子専用の更衣室や休憩室もなく
トイレも共用なのが、精神的にキツイです!

ペットショップといっても大きな店なので
犬や猫だけでなく、ヘビやトカゲ、熱帯魚やその
餌も扱っているので、それらをさわらなくては
ならないのもキツイです!
冷凍のねずみや生きているコオロギやミルワーム
という蛾の幼虫など…300匹ずつくださいとか
言われると、未だに心臓がズキーン( ̄▽ ̄)
とします…

2年働いていても慣れないです…



でもやめられない魅力というのは
やっぱりかわいい生き物の赤ちゃんを
見たりすると癒されるんですよね〜!


かわいがって、なついたりすると
この仕事の特権かなーって
嬉しくなるんですよね〜。

File No.024

■スティフナーさん 靴職人(製造&修理)

 

こんにちは、いつも聞かせてもらってます。
靴屋をやってる靴職人スティフナーです。
今は機械で作る靴が主流ですが、僕はハンドメイドで一足一足作る靴職人です。
大変な面は休みが無いのはもちろん、よりキツいのは金銭面ですね。
下積み時代はもちろん無給でアルバイト漬け。
職人で雇われてた時代は月3〜4万で交通費・飯代なし、腕が落ちるのでアルバイトもできず実家暮らし。
我慢できず元手30万で後輩と2人でシャッター商店街で独立しても赤字続きで後輩は辞めてしまう結末。

一人ぼっちで心が折れかけても今も続けているのは「お客さんとの繋がり」ですね。
オーダー靴や修理靴を渡したお客さんの喜ぶ顔を見ると
僕はスーパーマンになれるのです(笑

File No.023

■ぞうさん 会社員

 
14時間は長いし 仕事は販売とクレーム処理の同時進行だし、体力的にも 精神的にも 楽ではないですねー

一番つらいのは オーナー一家の尻拭いかなぁ…

これは仕事なのかと 毎回 自問自答

ツライです

正直 今の仕事じたいに魅力はないです
でも 帰った時に 母が入れてくれるお茶や 恋人からの ねぎらいの言葉が 頑張りのもとです

いまの仕事がとうこうではなく 仕事があることが 幸せで 頑張れるってことかも…

File No.022

■はやて・こまちさん 鉄道員

 
僕は駅員をやっています。鉄道員になるのは子供のころからの夢だったのですが、実際はけっこう辛いものがあります。例えば急病人の対応や酔っぱらったお客様の対応が一番大変です。最近は理不尽なクレームもけっこうぶつけられます。例えば「車内のエアコンが効きすぎてたから風邪ひいちゃった!どうしてくれるんだ!!」みたいな自分が直接悪くないのに怒鳴られたりすることもしばしばあります。
でもこの仕事がやめられないのは、将来、電車の運転士になりたいからです。それと時々、小さい子が電車の窓から手を振ってくれたりすることがあり、それが励みになります

File No.021

■nappoさん ベーグル職人

 
仕事仕事で毎日あっというまですが夢が叶ってうれしいです。
5年間、毎日ベーグルやさんで修行し、いったいこれは何の役に立つんだろうと疑問をもちながら仕事をしていたこともありましたが、今自分でお店を持ちすべてが役にたっています。なるほど全部が勉強なんだなあと改めて思う日々です。地味な仕事、やな仕事ほど修行というのは身になっているものなんですね。感謝です。
今も仕込みをしながら聴いています♪
お客さまのおいしかったよー今まで食べたベーグルの中で一番おいしいよ
そんな声に私はめきめき元気になります。

がんばります!

File No.020

■シュシュさん 専業主婦

 
わたしは以前10年くらい高校で国語の教師をしていました。そして今も国語の添削業務をやっています。つらいのは記述の採点で、「このくらい書いてあるから部分点の線引きをどうするか」と悩むところです。ひどいときはその一枚に30分以上かかってしまうことも。。。当然締切がありますから、そのせめぎあいです。でも「できるようになった」「わかるようになった」という声を支えにやれています

File No.019

■新米店長さん 100円ショップの店長

 
仕事の時間が長いのも休みが取れないのもいい。
よくある話だし、知ってて始めた仕事だ。

しかし1人で仕事をしているのが辛い……
仕事のノウハウは学んだし、それでもわからない処理があればメールや電話で相談できる。
だけど仕事のちょっとした愚痴を漏らす相手がいない。
ちょっと話せばすっきりできる程度の不満もどんどんたまっていく。。。

それでも続けているのは、やっぱり親の存在が大きいかなぁ。
今まで迷惑かけ続けた分、少しでも孝行したいし、

やっと就職したのにすぐにやめて、落胆させたくもないしね。

File No.018

■かやさん 技術職(歯科技工士)

 
私の仕事、一昔前に言われた3K(キツい・汚い・危険)みたいです。
拘束時間もやたら長いです。
今日も、明日になっても帰れないでしょう。
何がキツいって、この業種はそれが当たり前って風潮です。
そのキツさからか?男性率が高い業種でもあります。

とはいいつつ、
私自身はさほど不愉快に感じてないです。
上司も面倒見がよく優しいし、労いはなくても職場の同僚達もみんな優しい。
厳しい仕事だからか、同業の諸先輩方も皆、優しい。

教えを乞えば、皆さん忙しいのに損得勘定抜きでとことん時間を割いて教えてくれます。

ですので、社会人になり、私が初めてわかった事は
仕事の内容はどんなにキツくても人に恵まれれば何でも出来るなー
って事でした(*^o^*)

File No.017

■シュガーバインさん 主婦

 
20年間主婦やってます。ずっと休みなしです。朝は4時からお弁当作り、夜は12時前まで動きっぱなしで最後のお仕事はお弁当のお米を洗いセットして終わり。休み欲しいです。

でも、ご飯がおいしいねと言ってもらった時や卒業の時子供から、ユニホームの洗濯ありがとう、朝早くからお弁当ありがとうなんて言われた日にゃ、心の中でガッツポーズ!母でよかった主婦でよかっつたと思います。
これからもおいしいといわれる食事を作り洗濯ガンガンやっちゃいます!
日本の母頑張ります(ありがとうの一言のおかげです)

File No.016

■ぜろたまさん 飲食店自営

 
自分は高校卒業後すぐに和食料理の道に進み
今では小さいながら独立することができました。

キツイ話…

料理はワンマンの一人仕事なので

「代わりがいない」

ということです。

命の右手や味覚を失ったら営業できない
病気で休んだら収入ゼロ
夏休みとったらとっただけ収入ゼロ
個人なんで保証もなし
有給休暇?ほしい。でもそんなのなし。
「明日友達の結婚式だからよろしくね」
いやいや代わりがいない。予約あるから行けない。

解決法はあると思うんですが
好きでやってるんでしょうがないですけどね。

ワンマン個人店の魅力は

人のせいにしなくていい

お客様来なくても自分のせい
売上悪くても自分のせい
病気にかかるのも自分のせい

あとは飲食店の魅力はやっぱり食べたその瞬間の

「美味しい」

ですね。

File No.015

■ウラクさん 塾講師

 
塾講師をしています。
きちんと話を聞いてくれて取り組んでくれる生徒ならいざ知らず、やはり現実はそんなに甘くありません。宿題をやってこない、そもそも乗り気じゃない等々。
やはり成績を上げるのが一番大切なのですがなかなかそうはいかず、親御さんからはクレームをもらい、上司からもいびられの孤立無援状態です。

それでもやはり生徒の成績が上がったとき、というより解けなかった問題が解けたと喜んでくれたことなど、生徒の成長を間近に感じられるときは本当に嬉しいです
こんな自分でも若い子の礎になれれば、という気持ちで頑張っています。
でもこれやっぱり単なる自己満足なのでしょうかね。

File No.014

■フライさん 介護士

私は東京で介護士として老人ホームに勤めています。

仕事内容は介護士として様々な疾病を抱えている方、自宅で介護が出来なかったりし暮らすことが出来ず来てる方がメインで食事や入浴、排泄などの介助。
その対象者の今後、自宅に復帰する方は理学療法士と介護支援専門員と連携をとり計画をたてたりします。最近では終末期の看取りを行うことになり、最後を看取ることもあります。
キツイと感じるのは食事などでも咽せ込んだりし、そのまま、誤嚥性肺炎で入院することもあったり、食事量が低下しているため、食事や水分強化を目的に介助をしていますが、その人が飲みたくないのに無理して進めるのも些か疑問をもちつつ行っています。
摂取量が少なく経管栄養(胃に穴をあけ栄養剤を流し込む療法)を行い、
排泄も失禁して衣類を便などで汚してしまう方も多く時間を決め誘導していますが本人が拒否されたりすることもあり、対応してる人を変えたり話題を変えつつ誘導したりしています。ご老人の家族よりも職員によって対応の仕方に苛立ちを感じること
もあると思うんですが、中には職員を信用できない方もいるようで、職員個人を訴えるぞという言葉が聞かれたり様々です。
こちらとしては十分、やってるつもりだが評価されにくいのが実情
個人の要望は多く、なかなか全部、答えられないのが実情です。

唯一、楽しいと感じるのは入居者(40代〜100歳まで)の方と話すことで様々な経験をしてる方も多く、その話を聞くのが楽しく、話すことで疲れが吹っ飛ぶことです。病気に至るまでの話を聞いたり、前職や恋愛観、旅行など(甘い物が好きで食べ過ぎて糖尿病になっちゃったのよと笑いながら話したり)

人の死と向き合ううちに自分の価値観も変わりつつ、自分は自分。政治や経済が
どう動いても自分は自分。明日、死んでも後悔しない生き方をしようと思っています。

File No.013

■まふもふさん 自営業

仕事って基本キツイからやりがいあるんですよねー。何が一番キツイかと言えば僕の場合、自営なので自分で仕事を取りにいかないと仕事が無い事です。それに必ず投資期間も必要なので、利益が全く無い時期が続くこともあるのがキツイですね。

でも、悪い時もあれば良い時もあり、それを繰り返しながら少しずつ成長していける気がします。また、社会に対して自分は何が出来るのかの挑戦でもある気がします。そんな感じが好きでやっております。

File No.012

■まおさん 花屋

なんせ うちは花屋のクセに全部1人でやってるからな… 

仕入れ 経理 製作 販売 営業 配達 … 全部1人だ。12年にソロソロなる。(笑) 
朝3時に家を出て夜10時過ぎに帰宅は当たり前だのクラッカー♪

しかも 毎年 収支は最悪! やっとこさ先月4回目の店舗賃貸の更新料を払えたと言う始末。 

家賃 今月末は払えないかもな!

もちろん家族の支えあってのことだが、かなりの負担をかけているのも事実!

本来ならもう辞めなければならないんだが、今日も悪あがき中〜♪ 

なぜならば 少ないけど 【待っていてくれるお客様がいるから】に他ならない。

私にしか、今ここでしか出来ない仕事だからだ。

File No.011

■ベーグルあんこ♪さん 主婦

仕事今してないから(落ち着く来年度〜探す予定)
独身の頃を思い返してみると

PC導入前だったので手作業の一般事務作業が膨大で

毎日残業、〆日は23時なんて時もあり
挫けそうでしたが

10人程の部署の部員と頑張ってました♪

たまに上司が近所の美味しいラーメン屋さんの出前をおごってくれて
みんなで食べるのが楽しくて
活力源になってましたね〜♪


あと誕生日にはお金出し合ってホールのケーキでお祝いというのもホンワカ(*^o^*)

File No.010

■アッキーさん 産業廃棄物運搬 一般廃棄物運搬

今の仕事について約2年になります。
ゴミの収集です。
3K…きつい、くさい、汚い、おまけに安月給(T-T)
毎日ゴミ拾いをしながら運転して、またゴミ拾いの連続をほぼ休憩なしの時も。

でも初めての社員ということもあり任される喜び、ひとりで全てやらなきゃいけない使命感!
トラックの中ではラジオもきけるし飲食OK。
念願のトラック運転も慣れてきて充実してると思います。
ゴミ業界女性が少ない中自分の位置を確立していけた嬉しさ(^^)
男の人の体力気力全ての凄さがわかったこと!
日々修業です。小さな愚痴は多々あるけど、この会社に入れてよかった!

File No.009

■ハナバッカーさん 整備士

こんにちは
メールを送ろうか やめようか 
何度も書いては消し 消しては書きを繰り返しております。
なぜなら私以前も書いたのですが倍苦屋をやっておりますが
儲からないこと甚だしく もう今年持たないのでは・・・と言う状況です。

バイク特に足代わりのスクーターなどは 皆さん安く速く直って当たりまえ
見積段階で「高い」と怒り出す方もいらっしゃいます。

スクーターだろうが自転車だろうが 機械ですから 
きちんと作業させていただいて その対価を頂戴するのですが
バイク屋自体によいイメージを持ってないお客様が多いようですね。
騙されないぞ!!と言う意気込みをもってご来店される方もいるようです。

結構真面目にやっているんですが(泣)

それでもバイクをお客様にお渡しするときの笑顔や
「これ食べて」などと差し入れをいただいたときのありがたさがあるから
何とか頑張れるんでしょう

File No.008

■たっくんラブ子さん DPTデザイナー

私達の会社は実はたったの5名。極小の会社です。オペレーターは二人。仕事はデータ作りです。ここだけの話、近々大きな展示会が来月ありそれの冊子を作っています。とんでもなく、1000ページの分厚い本です。ほとんど、先輩が作っていますので私は先輩のマネージャーみたいなものなんです。それでも文句一つ言わずに頑張る先輩はかっこいいです。
でもたった二人のオペレーター。休日なしの毎日終電を1ヶ月半。残りあと一ヶ月。納期は絶対。穴をあける訳にはいかないので頑張っています。
終わったら先輩と一緒に飲みに行きたいですので、ご褒美あたらないかな。

File No.007

■ひうなさん 会社員

私の勤めている会社、と言うより、私が所属している部署が、キツイです。
基本土日お休みのはずなんですが、うちの部署だけ土曜日も日曜日も休みじゃないことが多いです。
相談に来る人が土日休みだからです。自分たちが休みの日は働けと理不尽に言われます。
2月から3月にかけては完全に土日休み取れません。
その期間は警備員さんが早く帰れと言いに来る、22時まで帰れません。
確定申告のお手伝いをしなければいけないからです。
お客さんの為にと、なるべく揉めないような遺産分割をしてみても、理解されずに別のところに相談に行くからと言われてしまったり、兄弟姉妹の喧嘩を仲裁したりしても、結局は文句言われたり。
数字と言う目に見える実績がない部署なので、会社内の評価も低く、給料も階級も上がりません。
17時ぴったりに退社して行く人たちが、私よりはるかに高いお給料もらってるのよねーと横目に見ながら日々過ごしています。
残業代も休日出勤代も、当然出ませんしね。
この部署に配属された人は、毎年誰かが精神を病んで退職して行ってます。
次は私の番かなって思うこともあります。

ですが、辞めたいなーキツイなーと思いながらも辞めずにいるのは、おそらく、リアルワイドショーが楽しいからでしょう。
ドラマのような展開が、現実に、目の前で繰り広げられてるんですよ。
醜い骨肉のお金の争いやら、人生を舐めた大人の転落物語などなど。
ドロッドロの人間ドラマが毎日毎日。
私、これを将来小説にするんです。そしてひと山当てるんです。
そう夢を見ながら働いてます(笑)

File No.006

■aririnさん 主婦(求職中)

10年間英語の辞書の編集の仕事をしていましたが、きつかったのは、A〜Zまで、一字一句間違え探しをしながら、記号も含め、文字と文字の空き具合も、ひたすら読んでいたこと。

続いていたのは、その言葉の中に、日々、新しい発見があることでした。
そんなときは、今日もひとつ発見した!なんて楽しいんだろうって思ったものです。
そして、完成したものを見たときに、報われた思いがして、なかなかやめられなかったのでした。

File No.005

■トランシーバーさん ケーキ屋二代目

ケーキ屋さん、とにかく休みがとれません。そして、拘束時間が長いです。ハッピーマンデーがはいると二週間以上休みが無いのは当たり前。労働時間も早朝7時前から13時間以上立ちっぱなし、動きっぱなし。12月の繁忙期は1日のラジオが一周することもあります。 それと、いつも頭の中は新作ケーキと定期的に入るオリジナルの特注ケーキでグルグルしてます。

それでも、こんなに大変なのに続けられのは、自分の作ったケーキで皆さんがとても喜んでくれるからです。そして、自分の仕事が皆さんに夢を与えられるからです。これからも誰かの思い出の1ページに力になれたらなって思ってます。

File No.004

■ウサラビッチョさん 会社員・事務

わたしは事務なのですが、ツライ自慢1つしていいですか…?

毎朝必ず、業務の提携上の理由でとある女性に電話しなければいけないのですが、彼女が界隈で有名な更年期障害持ち…。

元気な時は本当に気持ちよく対応してくれるそうなのですが、機嫌が悪いときはもう最悪なんです。

電話越しでしか話したことがないし、お互い顔さえ知らないのに、毎回早口で用件を伝える前に電話を切られてしまうし、ひどい時は電話に出た瞬間切られることもしばしば。

しかも女性にはとにかくつらく当たるらしく、わたしも毎回当たられます。

でも、その電話だけ我慢してしまえば上司も皆優しいし、居心地のいい自慢の職場です。

そこだけはつらいけど、やめられないな〜。

File No.003

■ココナッツ先輩とヤシさん 居酒屋

居酒屋の仕事はとにかく労働時間が長い!
オープンじたいは夕方ですが、料理も全て手作りだと
仕込みから買い物まで、とにかく時間がかかります!
片付けなど全部含めると一日で13〜14時間くらいですかね。

でも、自分の作った料理を目の前でお客さんが美味しいそうに食べてる姿を見ると辞められないです!

ちなみに、今週末に後輩と独立して新しくお店オープンします!
自分のお店をもつという夢がやっと叶いました!
仕事続けてよかったです!

File No.002

■たこ焼き座布団さん アニメーター

毎日締め切りとの戦いです!給料も出来高制なので、アルバイトしてたときの半分以下です!時給換算すると泣きたくなります・・・。

でも締め切りに間に合った時の達成感が何にも代え難く、もうつらい!止めよう!→こんな大変なcutもなんとかなったし、次も頑張ろう!→辛い止めようの繰り返しになってます笑
あと、どこの誰とも知らない方が、アニメみて笑ってくれてると考えると、地味だけど凄いやりがいのある仕事だと思います。

File No.001

■マルチ・カスタムさん 飲食関係調理担当

以前、式場の和食をやっていました。
一番下っ端は誰よりも早く来て、追い回しといって、とにかく先輩の先を読んで必要だと思われるものを準備します。
つかえないと思われたら、仕事をさせてもらえません。
でもそれは当たり前で、料理教室ではないので、まかないでも僕がやるよりも先輩が作った方が断然早くて美味しいものができます。
だから仕事は「やらされる」んじゃなくて、「やらせてもらえる」ものなんです。

でもそのおかげで、仕事に対して「やらせてもらえる喜び」という姿勢が身に付きました。
今思えば辛かったけど、とても貴重な経験ができたと思います。
あと、調理は奥がとても深く、一度ハマったらやめられません。

Voice No.044

■ハイジさん 事務

座り仕事で、事務なんですけど、基本あまり動かなくて、
むくんだり、体重がすごい増えちゃう!
特に、忙しくてストレスが溜まると、食べ物に走っちゃって、
すごい体重が増えちゃうのが嫌です!
長いと2〜3時間くらい全く動かないで、
汚い話、お手洗いとかも半日行かないっていうのはあります。
靴下のカタ、びっしり残りますね。
かえって脱ぐと、「結構きつかったな!」って思いますね。
昔立ち仕事をしていたときは、それはそれしんどいなって思っていたんですけど、
逆に、ずっと座っていると腰にきたりとか、肩が凝ったりとか、ほぐすのもしんどくて。
一番ツラいのは体重が増えちゃう事ですね(笑)
つい、甘いの食べちゃって止まらなくなります。
やっぱりイライラすると甘いの食べちゃいますね。
特にはかったりしてないんですけど、ここ2〜3年で増えた体重が戻らない。

座り仕事はじめてからなので、それは絶対だと思います。
ちょっと気が向いたら運動しようとか歩いてみようとか思うんですけど、
忙しくなっちゃうと集中して動けなくなっちゃって。
ずっとすわっていると凝り固まって、動かないとやってられない!みたいな。
とにかく、もう、マッサージにいきたい!!みたいな。

やりがいは、転職して、やりたい事をやっている事。
環境がガラッとかわったけど、自分らしくやれている気がします。

Voice No.003 【街声】

■カメちゃんさん 営業

上司が帰ってくるまで帰れないので、
毎日大体12時くらいまで会社にいますね。
上司が帰ってきてから打ち合わせなり会議が始まるので、
そうすると9時とか9時半から打ち合わせが始まるので。
(ただ待っているだけの時間もあるんですか?)
そうですね、うちは「みなし残業制」なので、
基本的にみんな遅くまでいるんですけど、9〜10時までいて当たり前って感じで。
仕事が早く片付いても、それまでは何らかの仕事をしているのがうちの会社では普通になっちゃってますね。
帰りたいなって思っても帰れない事が多いですね〜。
最近、チームとしての営業成績が芳しくなくて、そうするとますます帰りづらいというか。
だから定時は一応6時なんですけど、8時前に帰ろうとすると、
それこそ、「何だ?早退か?」みたいな感じになってしまうので
それがキツイですね〜。
あとは、上司も立場上仕方なく言っているのかもしれないですけど、
きついことを言われるんですけど、全く同じ事をその上司が、
もっと偉い上司から言われているのを目にしたときに、
「この会社はキツイな」と思いましたね。
何か良い変化があってほしいんですけど・・・
たくさん残業をしているから営業成績が上がるっていうわけではないので、
その辺を考えて欲しいですけど、自分が良くてもチームが悪いとそれでズルズル…
「遅くまでいようね」っていう雰囲気になるのがキツイですね。

仕事していてのやりがいは、

契約が取れたお客さんがにこやかに仲良くしてくれると、
「君はいつも笑顔で楽しそうに仕事をしていていいね」って言われると、嬉しいですね〜!

Voice No.002 【街声】

■タカバヤシさん 商社

3連休のうち、2日合わせて24時間働きました!
12時間、12時間で24時間働きました。
三連休のうち、1日目は朝まで遊んで、そのままの流れで仕事 × 仕事!しかも
長い!
(次の日も仕事ってわかっていて遊んじゃったんですか?)
やっぱり三連休の流れに流されました。1日目は完全に。
(お休み関係なくいつも働かなきゃいけないんですか?)
今週はね!ちょっと特別。
今週は特別、期末とかがあって。
新入社員なんで!ラジオじゃちょっとわからないと思いますけど、新入社員なので、
この1年目の重圧に負けました(笑)
ちょうど9月で締めて、10月から下期なので。
9月のまとめが今回にある。
今日の会議で発表する、と。
今日の発表のために、上司を説得するために!
「上期は、この日頑張りましたよ!」って言うために、3連休のうち2日働きました。
(勤務時間以外には?)
上司の声がデカい事!
ウチの上司の声がデカい。
普通の事言ってるだけなのに、声のデカさのプレッシャーに負けそうになる。(笑)
重圧かかりますね〜。
(声かけられるだけで、ひゅっとなりますか?)
なりますね!「おい〜!!」って言われて、「は、は、はい・・・」って。
態度に出さないようにやってます。
新入社員だからこその悩みっす(笑)
新入社員なんで、とにかく頑張りたいです。

Voice No.001 【街声】

■たかい さゆさん 声優

女子らしい格好をしてるんですけど、やる役が青年だったり、厳ついオバサンの役だったりを求められたり。
台詞で今までで一番嫌だったのが、「クソ野郎!」って何回も何十分も叫ぶ役で、
一発OKだったんですけど、仕事的に嬉しいけど、女子として嫌でした。
どっちかっていうと、声優になる夢も、女の子の役がやりたかったけど、
やる役全部おばあさんだったり、男の子が多いので。
叫ぶ役も多くて、自分の好きな役者さんの前で「死ね!」とか言わなきゃいけなかったりするので、精神的に・・・。心折れます。

デビューしてから3年しか経ってないんですが、勉強始めてからは6年目です。
折れそうになるのは何回もあるんですけど、
きっかけになった声優さんのことを思い出したら、がんばれます。
もともと、大阪でお笑い芸人を目指してたんですけど、たまたま友人に連れていってもらったイベントで、全然知らない声優さんと鳥のモノマネをしたんですよ。
そしたら、お前面白いから、お笑い芸人とかやめて、声優になれって言われて。それがきっかけでやり始めたんです。
(鳥のモノマネは?)
引き分けだったんですよ。

もう1人いた声優さんに、引き分けって言われたのがすごく悔しくて、勝ちたいって思ってたら、きっかけになった声優さんに、「お前、声優業界に入って俺ともう一度勝負しろ」って言われて。「がんばります!」みたいな。

それが人生こんなに大きく変わると思わなかった。がんばってます!
人間だけじゃなく、動物とかナレーションもやらせてもらってるので、たくさんいろんな経験をさせてもらってます。
(声優やっててよかった時は?)
テレビから流れてくる時。自分だなって思って嬉しい時ですかね。

まだ序章。夢はでっかくなので、
主役はれるような作品がひとつでも増えればなと思います。