ハナちゃん会社訪問

2017/8/24放送

ウォームハート

毎週木曜日はショクバのシティ!
とげとげしさゼロ。でも、柔らかさだけじゃない、情熱と仕事へ対するプロフェッショナルな思いが集まったショクバ。それが今回の訪問先、株式会社クールヘッドの介護事業・ウォームハートです!


ラジオネーム:おんしん君
こんにちは!杉並区の訪問介護事業所、ウォームハートです!わたしたちは「生きる喜びと安心感」をお届けする為の集団です。 その人生によりそい、幸せに暮らして頂く為のお手伝いをさせて頂いています。 目の前のお客さまをこえて、そのご家族、ご近所、地域の方々すべてに安心を広げるお仕事です。弊社の理念「介護をこえて」この想いを胸に看護サービスもスタートいたします! 創業から14年が経ちましたが、ウォームハートのチャレンジはまだまだこれからです。これからも理想を忘れることなく、西荻窪から日本中に発信していきます!だれよりもスタッフ思いの社長をはじめ、本当に温かいスタッフが集まった事業所です!きっと日本一!  ハナちゃんさん、堀内さん、スタッフの皆さん、是非遊びにきてくださ~い!


■いってきます、いってらっしゃい。
全員おそろいの水色のポロシャツとチノパン。訪問先に行くときは「行ってきます!」と声をだし、「いってらっしゃい!」と、自転車で訪問先に向かう仲間に声をかける。そんなショクバ。もうそこだけで、じんわりときてしまうほどの優しい空間がありました。

■名前に込められた思い。
ウォームハートは、代表の戸島さんが2003年、ワンルームからスタートさせた会社。今では40人以上の方が働いていらっしゃいます。会社名と事業所の名前に込められたのは2つの気持ち。介護の仕事は温かい気持ちは欠かせないけれど、仕事として、プロとしてやるには冷静な判断も欠かせない。だからこそ、クールとウォームに忘れてはいけない思いをこめたそう。

■介護のお仕事は大変ですか?
そんな質問に即座に「大変と思った事はないんです。」とみなさん。それは、チームの力だとお話していらっしゃいました。事業所に戻ってきたらみんなが力をくれて、また頑張れる。現場はひとりで行くので、悲しい事、辛い事もあるけれど、ショクバに戻ってくるとホッとできる環境をみんなが作っているのだそう。

「仕事柄人のいいところを見る、できるところを見て行くのが特徴。」そんな言葉が心に残っています。この意識に、良い会社の訳があるように思いました!

ウォームハート

ウォームハート インスタグラム

ショクバのシティ ハナコ

 

聴き逃した方はラジコのタイムフリー聴取でオンエアをチェック!
(2017/8/31まで聴取可能)

ショクバのシティ 応募フォームはこちら
シンクロのシティ
NESCAFEアンバサダー公式サイト
これまでの会社訪問