ハナちゃん会社訪問

2017/10/19放送

司法書士法人オフィスワングループ

毎週木曜日はショクバのシティ!
東京駅八重洲口徒歩7分。コンクリート打ちっぱなしのビル4階にそのオフィスはあります。エレベーターのドアが開くと、そこには、あぁ、嬉しい。「ショクバのシティ」のウェルカムボードが!!ラジオが流れる社内で、コーヒーブレイクしてきました。


ラジオネーム ルカ
司法書士法人オフィスワングループの河野慎弥と申します。東京・大阪・福岡に展開する会社です! 社長は29歳。 ゆとり世代なのにゆとりがない日々を送る期待の若手です! 平均年齢32歳、40名弱のスタッフが元気よくお仕事しています。 主な仕事内容は、「家族信託」を専門にしており、不動産オーナー様や経営者様の、相続対策や遺言作成をお手伝いする会社です!お気軽にお越しください!お待ちしております。


■近づきやすく、頼れる空気。
「司法書士法人」と聞くとどうしても堅いイメージがあるのですが、オフィスワングループからその空気を一切感じません。それは「若さ」のせいだけではありません。社長の島田さんをはじめ、社員のみなさんが持っている雰囲気がなんだかとても「近い」んです。なんだか司法書士のイメージがくつがえる感じです。

■はじまりは23歳。
諸先輩方に「経験」は勝てないけれど、お孫さんの世代まで手伝いをできるのが強みと島田社長。今から、6年前、当時23歳の時に会社を立ち上げ、今では、福岡、大阪、東京と、三拠点をオープン。「20代で一旗あげたい!」という思いが形になり、今では40名以上の社員の方がいらっしゃいます。

■残高253円!
もちろん開業して1年目は苦労の嵐。残高253円!なんて日もあったとか!でもここまで続けて来れたのはお客さまのおかげだと社長。でもこれで、島田社長の野心は留まる事はありません。今描いているのは、「ズバリ、あと5年で上場したい!人の役に立つ企業になりたい!」ということ。その目はキラキラとしています。

-–—学生の頃の日記に書いていた事のほとんどを達成しているという社長。この、まっすぐな姿勢が今の会社を大きくしているんだと感じました。

【島田社長の書いた「家族信託の教科書を5名様にプレゼント!】
ご希望の方は(https://www.tfm.co.jp/city/message/)まで。
※10/31 0:00〆切、当選者は発送をもって代えさせていただきます。

司法書士法人オフィスワングループ

ショクバのシティ ハナコ

 

聴き逃した方はラジコのタイムフリー聴取でオンエアをチェック!
(2017/10/26まで聴取可能)

ショクバのシティ 応募フォームはこちら
シンクロのシティ
NESCAFEアンバサダー公式サイト
これまでの会社訪問