ハナちゃん会社訪問
ハナちゃん会社訪問

2018/7/5放送

絵と言葉のライブラリー ミッカ

毎週木曜日はショクバのシティ!
今日は、「子どもになりたい!!」「子どもに戻りたいー!」と大人気ない嫉妬を向けてしまうほどの、魅力的な場所、株式会社トレックが運営する、子供のための図書館。亀有駅前の商業施設リリオ7階にある、「ミッカ」におじゃましてきました。


ラジオネーム:みずみず
4月にオープンしたばかりの絵と言葉のライブラリー「ミッカ」を運営しています。こども向けのライブラリースペースです。絵本や図鑑、漫画など3000冊くらいがあり、ソファーで寛ぎながら楽しんで頂けます。また、シアターというスペースでは毎月落語家さんやお笑い芸人さんをお招きして、こども落語や読み聞かせを行なっています。アトリエでは、絵の具を使ったワークショップなどを開催しています。もし、ご紹介頂けるようでしたら、ご都合の良い日時をお伝えください。館長が出勤できる日時を確認して、再度ご連絡差し上げます。ぜひ、お越し頂ければ嬉しいです!


■まるでそれはエリック・カールの世界!
青や緑、オレンジにピンクのカーペットの上を走り回る子どもたち!それを大人に注意されてゲラゲラ笑っている(笑)なんて楽しい空間なんでしょう!ここは学校でも児童館でもなく、子どもの王国のよう。3000冊の本に囲まれながら、思い思いの楽しむ、子ども達の姿がまず目に入ってきます。

■オリジナルの遊びが見つかる場所。
館長の山本曜子さんは、この場所は「教育をする場所ではないんです」と話します。ルールを決めて楽しむのではなく、面白い本を用意して、シアターで落語を見たりしながら、子供達がオリジナルの楽しみ方を見つけること。だから、この日は、山本さんに「恋愛相談室を開きたいです」という女子達からの嘆願書が(笑)そんなショクバって他で見たことがありますか!ありません!うらやましー!

■パワー!!
葛飾区と民間3社で作っているというこの「ミッカ」。元・劇団員の方や元・図書館員の方、造形教室を行っていた方など、その空間を支える大人達のキャリアも様々。子どもたちと一緒のショクバ 、他では得られない「元気」や圧倒的なパワーがみなぎる空間だと感じました!

絵と言葉のライブラリー ミッカ

ショクバのシティ ハナコ

 

聴き逃した方はラジコのタイムフリー聴取でオンエアをチェック!
(2018/7/12まで聴取可能)

ショクバのシティ 応募フォームはこちら
シンクロのシティ
NESCAFEアンバサダー公式サイト
これまでの会社訪問