ハナちゃん会社訪問

2016/4/7放送

(株)成田花店

毎週木曜日はショクバのシティ!誰かの人生をお祝いしたり、お見送りしたり、冠婚葬祭用の祭壇やスタンド花を作る会社。そして、同時に町のお花屋さんでもある会社。お仕事の相棒は「お花」。カーネーション、ミニバラ、カトレア、胡蝶蘭、ユリ…。たくさんの花に囲まれたショクバの雰囲気とは??


ラジオネーム りゅう
東十条で、生の花を扱う仕事をしていますが、うちには、もう一ヶ所、倉庫みたいな作業場がありまして、結構ダイナミックな作品とかも、作ってます。あ、もちろん生花で。横幅6m、高さ2mとかの作品は、目の前で見ると圧巻ですよ!ぜひ、うちのショクバに遊びにきてください!


成田花店は東十条の商店街で本店と支店(リリー花店)、2つの店舗を持っていますが、いわゆる「街のお花屋さん!」という感じでとても和むんですよね〜。その和みの雰囲気とは別にあるのが、倉庫兼作業場としての成田花店。テニスコートにすると2面ほど?かなり広い場所に、たくさんのお花が並び、そこから冠婚葬祭用の祭壇だったり、お祝い用のスタンド花を制作したりしているのだそう。

総勢10名の社員のみなさん。この日はメールをくれたりゅうさんの他に、社員さん、社長さんもかけつけてくれました。社長とりゅうさん、なぜか顔がそっくり!よく言われるそうなのですが、血縁関係はないそう。20年以上ものつきあいがあると顔まで似てきちゃうんですね!なんだかすごい!

そんなりゅうさんの武勇伝。 何かのお祝い事の時、スタンド花を一気に60個作った事!同じ種類のお花で一気に60個はかなり大変らしく、さらにこの受注はかつてないことで、それができたことが、ちょっとした武勇伝なんだとか。

そんなりゅうさんのお話をニコニコして聞いているのが、成田花店の社長。成田花店のお花は、社長自ら、朝4時に花の卸売り場に出かけ、お花を仕入れにいくのだそう。「きれいだね〜」だけではなく「お花もったよ〜」なんて言われるのが嬉しいと社長。これからも街のお花屋さんとして、そして誰かの人生をお祝いしたりお見送りしたり、社員のみなさんの優しさが、お花に宿っているな〜とも感じました!

(株)成田花店

ショクバのシティ ハナコ

ショクバのシティ 応募フォームはこちら
シンクロのシティ
NESCAFEアンバサダー公式サイト
これまでの会社訪問