ハナちゃん会社訪問

2016/5/19放送

株式会社グリーンキャブ

毎週木曜日はショクバのシティ!今回の訪問先は、東京の町の景色のひとつといってもいい「タクシー」の会社。鮮やかなエメラルドグリーンに格子柄のシルバーのラインが目印「グリーンキャブ」の、運転手養成所に行ってきました!


ラジオネーム:おーちゃん
ハナちゃんこんにちは。私たちのショクバは、新宿区戸山にあるタクシー会社グリーンキャブの運転手養成所です。タクシードライバーを目指す人達の面接・採用・教育を日々行っております。ぜひ、私たちのショクバに遊びにきてください~!


わりとすぐにタクシーに乗っちゃう私。東京の町はいつでもどこでもタクシーが走っていて「便利だな〜!」と、窓の外を眺めながら246を走ったりしています。

そんなタクシー会社の中でも、しっかり面接をして、きっちり研修をし、一流のドライバーを養成しているのが「株式会社グリーンキャブの営業部 研修室。グリーンキャブが他のタクシー会社に負けない魅力は、プロフェッショナルなドライバーさんたちがたくさんいること。と、メールをくれたおーちゃんさんこと大野さん。

20代〜60代まで毎日、面接に訪れる方がいるそうですが「誰でもできるようで、できない」のがタクシードライバーの仕事。人柄がよく、接客はもちろん、ナビに頼るだけではない抜け道を見抜く力なども必要なんだとか。

グリーンキャブでプロのドライバーとして働くには3ヶ月の研修が必要。2種免許取得はもちろん、地理の試験なんかもあるそうです。それをクリアしてはじめて一流のドライバーさんになれるのです。

タクシー激戦区の東京、次にまたタクシーを使う時、またグリーンキャブに乗ろうと思ってもらうためには、まず運転手さんがいいことが大事と大野さん。はじめの一歩である面接と研修がいかに大事なのかが伝わってきます。

そんな「株式会社グリーンキャブ」の営業部 研修室は、ドラマの中のようなショクバ。グレーのスチールデスク。日の当たる部長の席。女性社員のネイビーの制服。・・・などなど、会社勤め経験のない私にとっては「職場萌え」感ハンパない場所でした。5時に仕事が終わるという“定時感”も魅力!

そんな中、入社25年。お局的存在のお姉さま、吉田さんがかなり素敵なキャラクター!これまでカリスマドライバーさんを何人も輩出し、見守ってきたという存在で、「ちょっと変な人の方が、いいドライバーさんなのよ!」など秘密の話もこっそり伺いました(笑)帰り際には、グリーンキャブのオリジナルバッグをプレゼントしてくれるという嬉しいサプライズも!(※女性社員のお2人でモデル風に記念撮影。)

人を大事にして人を育てる場所だからこそ、笑顔の多い、いい雰囲気のショクバが出来上がるのだなと感じた、グリーンキャブへの職場訪問でした。

株式会社 グリーンキャブ

ショクバのシティ ハナコ

ショクバのシティ 応募フォームはこちら
シンクロのシティ
NESCAFEアンバサダー公式サイト
これまでの会社訪問