ハナちゃん会社訪問

2016/6/30放送

株式会社isso ecco

毎週木曜日はショクバのシティ!今日の訪問先は、青山国連大学すぐ近く。青山通りからちょっと裏道に入った場所にある職場は、様々な柄の布に囲まれるカラフルすぎる場所。当日、社員のみなさんは、おそろいの自社エプロンで出迎えてくれました♪


ラジオネーム:エッコラブ
株式会社isso ecco(イッソエッコ)は、テキスタイルデザイン事務所のオリジナルブランドです。こだわりは何といっても“柄”。北欧やフランスの香りがする、ありそうでなかったお洒落な柄の雑貨にひとめぼれしてください!異国の香りがしながらも、デザインも生産もしっかり日本製というのもポイントです!職場は青山、1階はアンテナショップで自慢の可愛いエプロンやバッグ、雑貨がならび、2階の事務所では在庫の雑貨たちに埋もれながら、シンクロのシティを聞く社員たちが、ショクバのシティに出演できる日を心待ちにしています。来てくれるのか、来てくれないのか、ゼロか100か、、、必ず100%来てください~!!


<天井まで高く積まれた布、布、布!>
テキスタイルデザインの事務所をざっくりいうと、「布の柄をデザインする事務所」になります。天井まで高く積まれた雑貨やロール状の布は、北欧やフランスのアンティークの生地のようなデザインばかり。どこか遊び心のあるこれらのデザインは、全て日本のデザイナーさんによるものだとか。

<打ち合わせは仲良くケンカ?>
40年前、小さなアトリエからスタートしたというisso ecco。今では新宿タカシマヤ店、プランタン銀座店、そして青山店と、3店舗を展開するまでに拡大。Webショップも人気です。喧々諤々とした打ち合わせを経て、仲良くケンカしながらもこれまでにリリースされた商品は1500種類以上にもなるとか!

<「お前はまだ無地なのかっ!!」>
働いているうちにすっかり女性心が芽生えたというのは、メディア事業部の部長、古屋さん!女性向けの雑貨屋さんにもよく足を運ぶようになり、さらに入社してからは、すっかり柄物のシャツが増えたそう。(←そういえば今日も)。他の男性を見ると「なぜ、みんな着ないんだ!? 「まだ無地かっ!!」と、突っ込んじゃうこともあるとか(笑)

<isso eccoの夢>
社長がずっと言っている事は、「街中をisso eccoのデザインにしていくこと! ライフスタイルをプロデュースしたいブランドだから、isso eccoのデザインの車が走っていてもいいし、住宅そのものがisso eccoのデザインで出来てもいいい。そんな野望は社員の皆さんにも浸透しているようです。

株式会社isso ecco

ショクバのシティ ハナコ

ショクバのシティ 応募フォームはこちら
シンクロのシティ
NESCAFEアンバサダー公式サイト
これまでの会社訪問