女性と男性はなぜすれ違うのか

長谷川京子(女優)×中野信子(脳科学者)

2019

12.27

null

もっと向き合って欲しい!



null

長谷川
私の写真集でも書かせてもらったんですけど、女性の立ち位置に関して未だにやっぱり思うところありません?特に中野さんは脳科学者という男の人がちょっと引いちゃうタイトルを持っているではないですか?
中野
そんなこといっぱいありますよ。
長谷川
やっぱり男の人は無意識かもしれないけど、自分の自尊心を傷つけないように、何かの方法で抑えてくるじゃないですか?
中野
すごいびっくりしたのが、TVとかラジオではないお仕事の男性なんですけども、お話をした時に「こんなにご活躍されてご主人、本当にかわいそうですね」って言われたことがあって(笑)。
長谷川
えー!意味がわからないですね、
中野
「あなたは、奥さんが活躍すると悲しい気持ちになるんですよね」って思いましたけど、もしかしたら結構な確率の男の人はそういう風に思ってるのかな。
長谷川
そうだと思います。特に20代はnew ageだと思っていて全く違う価値観を持ってるなと思うんですけど、私と同世代、40代とか50代とかももっとそれ以上とか、僕は女性にフェミニストだし、レディーファーストだしと言ってる人でもやっぱり根底には拭えない育った教育、
中野
あると思いますね。気になって調べてみると、家計に占める女性の収入の割合が40%を超えると男の人は不幸を感じるという論文があって、すごいなと思ったんですよね。これうちダメじゃんみたいな。

長谷川
中にはやっぱり結婚に対する条件のプライオリティが経済的に安定したいという女性もいる。仕事を辞めて家に入りたい。“その女性を俺が守る”男性とは、すごくの相性が合うのかしら?
中野
ただ女性側の生活で裁量権を持てなくなりますよね。
長谷川
そうですね。
中野
そうなると女性側にかなりフラストレーションが溜まっていくことも高確率で起こるので、その時にどうするんだろうというのは思います。

長谷川
一般的に、結婚して、働いてる女性は、男の人と同じ分量をやって、でも家では家事もして、子供のハンドリングも全部、お母さん。男性が女性の能力を認めてくれればいいと思うんですよ。
中野
そうですね。

長谷川
自分がここが弱いんだというのを向き合ってくれれば、
中野
向き合ってくれる男の人はモテると思います。
長谷川
そうですね。
中野
本当に男と女が分かり合えないとよく言われるけれども、男の方が、女性の生活を想像することがなかなか苦手なために、できる人はモテるんですよね。
長谷川
でも苦手とかなんとかって言ってないでとりあえずやらなきゃいけない。
中野
状況が差し迫ってね、本当にその通りだと思います。


null

女性と男性との溝を埋めるには?



長谷川
男性が俺が守ってやらないと、というのは何なんでしょうね。
中野
守られたいのは、本当は男の方なんじゃないかなっていつも思うんですよね。おそらく人類の長い歴史の中で、現代の都市生活者から女性が男性と対等に働くことができる。ないしはそれ以上の働きができる事が構造としてあるんですよね。かつては肉体労働が大きな割合があったので、どうしても男女の非対称性が経済力に反映されることがあります。特に戦乱が続く場合は、女性は男性に守ってもらわないといけないと考えられる。ただし、その構造が今の先進国における都市生活者でどうかって言うと、心を守ってもらうのは男性の方なんじゃないかな。
長谷川
実際にそう思います。男性の心を女性が守ってあげるべきだと思うし、ちょっと前に雑誌とかで「モテ服」とかこれをしたらモテるとか、私からしたらちょっと言葉を濁せないんで気持ち悪いなって思うところを本当に男性がいいと思ってるんだとしたら、ちょっとそれは自分はない、無理だな。
中野
わたしも無理です。
長谷川
清楚とか上品なものは分かります、やっぱり清潔感はあったほうがいいと思うし、それは日本特有なのかしら?海外に行ったら男性ってもうちょっと
中野
と思うでしょ。これ結構ユニバーサルなんですよ 
長谷川
そうなんですか!どこの国の人も自分を超えられたくないんですか。
中野
ヒラリー・クリントンに対する有権者の反応で、アメリカのある商業誌に脳を計った MRIの画像が載ったことがあって、ちゃんとした論文ではないので批判されたんですけども、でもある一定の傾向を示せると思って非常に興味深かったんですよ。女性は概ねヒラリー・クリントンのことを好意的に見てることが分かるような反応パターンだったんですけど、男性は、彼女の写真を見た時にイラつき、妬みという感情を司るところが活性化していて
長谷川
えー、ハリウッドでもありますもんね、俳優さん達が女性と男性で収入が全然違う。
中野
だいたい、どれくらい女性の方が収入が少ないかか言うと各国2割強くらいですね。日本では26%ですね。同じ職業をしていても女性のほうが賃金が低い。
長谷川
それって何なんですか?私が知り得る今の自分の世界でいうと、もちろん有能な男性ももちろんいらっしゃいますけども、女性の方が細くいろんなとこに目が行くし、先のことが考えられるし、もしかしたらそれぞれの用途が違うからかお互いが認めあったら、その用途かける2になるんじゃないかなと思うんです。
中野
何かお互いに得意な事をやったらいいじゃないって思いますよね。


長谷川さんの最新写真集『Just as a flower』は宝島社から発売中です。

null

そして、中野さんはロングセラー書籍「あなたの脳のしつけ方」が待望の文庫化され、青春出版社より発売になっています。

null

これまでの記事

その他の記事