今週のゲスト

  • 0630 Thu
  • さだまさし さん
  • 0629 Wed
  • 有華 さん
  • 0628 Tue
  • DEEN 池森秀一 さん
  • 0627 Mon
  • 古家正亨 さん

オンエアレポート

06
27
Mon

2022-06-27 古家正亨さん

ラジオDJで韓国大衆文化ジャーナリストの
古家正亨さんが初登場♪

古家さんは2000年頃から韓国の音楽文化を中心に
韓国の大衆文化を発信。
年間200本以上の韓流やK-POPイベントのMCとして
活躍されています!

古家さんと美雨さんは以前、BTS特番で初共演♪

今日はディアフレンズで世界的スーパースターへとなった
「BTS」の魅力について掘り下げました!


美雨さん
「BTSとのお付き合いは日本デビュー前から?」

古家正亨さん
「韓国デビューした直後に日本にプロモーションに
来たんですよね。
その頃からの付き合いなので10年以上です。」

美雨さん
「2013年のみんなは、どんな感じでしたか?」

古家正亨さん
「僕もいろんなK-POPアイドルを見て
大体ファーストコンタクトで売れるなとか
なんとなくわかるんですよ。
彼らに会った瞬間は、僕も含めて周りのスタッフも
皆、一様に“売れるね”って言ってました。」

美雨さん
「何が光っていたんでしょうか?」

古家正亨さん
「当時、彼らがやっていた音楽は本格的なヒップホップ。
彼らがデビューした頃に韓国で流行っていた音楽は
フックソングというジャンルの曲で
耳に引っかかるようなフレーズがあれば
どんなパターンでも、歌詞に深い意味がなくても
フックがあれば何でもいいような曲。
しかも楽曲の主流はEDM。
そんなときにヒップホップで、メッセージ性が
強い音楽は本国の韓国では、ちょっと
ダサく感じた部分があったんですよね。
だけど僕らからすれば、こんなにメッセージ性の強い楽曲を
デビューから放つなんて珍しい。
ある種、流行には逆らっている部分はあるんだけれど
化ける可能性はあるよねって、みんなで言っていたんです。」

(中略)

「(メンバーたちは)とにかく練習を重ねてきたと
本人たちも言っていたけれど、彼らは全員ソウル以外の出身。
エンターテイメントの中心はソウルで
裕福な家庭から育ってアーティストになる人が多い中で
自分達は地方でもしっかりとコツコツと頑張ってきて。
そういった人たちが集まって
“K-POPの頂点を目指してやる”
“俺たちこそバンタンなんだ”みたいな歌やラップをやっていて
デビュー当時は本当にイキイキしていました。
今でも思い出すと、あの反骨精神が今の人気に
つながっているんだろうなと思います。」



6月13日にアンソロジーアルバム『Proof』を
発売したBTS。
今後はメンバーのソロ活動に専念する予定と
発表されました。

第二章へと突入した「BTS」
まだまだ目が離せません!!



番組後半では古家さん&美雨さんの
BTS選曲をお届けしました!

♪古家正亨リクエスト♪

M1. Black Swan


M2. 八道江山 (Paldo Gangsan)


♪坂本美雨 リクエスト♪

M1. Mikrokosmos


M2. For Youth


全編はradikoタイムフリーでお楽しみください!


◇◇◇古家正亨さん オフィシャルサイト◇◇◇



«前へ || 1 | 2 | 3 |...| 2592 | 2593 | 2594 || 次へ»