Orico presents FIELD OF DREAMSOricoFIELD OF DREAMS

この番組では、「夢に向かって頑張っている人を応援する」をコンセプトに、夢をかなえ活躍する方々をゲストに迎え、そこに向かうまでのプロセスや、努力、苦労、そしてかなえたときの喜びを深く掘り下げていきます。

パーソナリティ 川田裕美プロフィール


*
『Orico presents FIELD OF DREAMS』では、夢を叶えた方、今まさに夢に向かって突き進んでいる方をゲストに迎え、その人生のターニングポイントに迫っていきます!

今週のゲストは、先週に引き続き、ミュージシャンの高橋ジョージさんです。
先月までNHKで放送されていたドラマ『美女と男子』では、一発屋ベテラン歌手・たどころ晋也を演じました。

そして今月、たどころ晋也の役名で、劇中でも歌われる「ハローマイラブ!」と「ふたり〜One Day」をリリースされました。
今週は高橋ジョージさんの第2のターニングポイントについて伺っていきます。


●ニューヨーク 憧れの地で


川田「バンド・トラブルが解散して、絶望的な気持ちを持ってニューヨークへ行って、そこからはどういった生活だったんですか?」

高橋「ジョン・レノンのダコタアパートを見上げて、ガードマンにインスタントカメラで撮ってくれと言ったんですよ(笑)。人間って面白いもので、日本語でも、何を言おうとしているか伝わるんですよ。『ジョン・レノンは、どこに倒れてたの?』と聞いて、同じところに倒れて、写真撮ってって(笑)」

川田「同じ格好で、そこに倒れたんですか(笑)」

高橋「そこから空見上げた瞬間に、ぶわーっと涙が出てきて。急に、死ぬって一番絶対的なものだと思ったんですよ。”金持ちだろうが何だろうが、生まれた瞬間に死ぬのは決まってないか?”と思ったんですよ。自分で死ななくても、いつかは死ぬわと思ったんです」

川田「なるほど」

高橋「ということは、”いつまでも、あると思うな人生”と思ったの。死ぬ気でやってみようかと、明日死んでもいいんだから。
それで、ライブハウスに行きたかったから行って。外で喧嘩が始まったりするわけ、当時、俺みたいな顔して空手のポーズとると、みんな逃げるんですよ(笑)」

川田「ジャッキー・チェンのようにできるんじゃないかと思って(笑)」

高橋「すると、そこの用心棒みたいなのがいて、『空手を教えてくれ!』と言われて。本当は3級なんだけど、『3段だ!』と言って、ハッタリがきくから(笑)。それで仲良くなって、毎日ライブハウスがフリーパスになったの」

川田「すごいですね(笑)」

高橋「ライブを毎日観てると、全然レベルが違うんですよ。前座が、日本のバンドのメインより、はるかに上なんですよ。”俺、何ロックンロールって言ってたんだろう”と思って、恥ずかしくなっちゃったんですよね」

●ジョン・レノンに憧れて


高橋「ある日ライブハウス行くと、スターのオーラを出してる人がいて。その人に『お前、どっから来たの?』と言われて、『日本だよ』と言うと、『日本人は、7:3の髪型でトレンチコート着て、革のバッグ持ってる』と、言うんですよ。
何やってるのか聞かれて、『ロックシンガーだ』と言うと、歌ってみろと言うんですよ。その日は、300人くらいの満杯だったんですよ。そこのステージに出ていって、ロックンロールのスタンダード『Blue Suede Shoes』を歌って、すごい盛り上げたんですよね」

川田「すごいですね、盛り上がったんですね」

高橋「それで、アンコールきちゃって(笑)。それで、偉そうにしてたやつに『おまえ、すごい声がいいよ!』と言われて、”なんだ偉そうに?”と思って『おまえ、誰だ?』って言うと、周りのやつが『超有名なプロデューサーだ』って言うんですよ。
『明日、俺のオフィスに来い』って、それでで、サインもらったんですよ」

川田「誰だったんですか?」

高橋「帰って、ルームメイトにサインを見せると『ジョージ!シャンパン飲もう!』と言うんですよ、『彼はベリーフェイマスだよ!Mott the Hoopleのイアン・ハンターだ!』って言うんですよ。俺は”マルコポーロ”って聞こえていたんですけどね(笑)」

川田「マルコポーロに聞き間違えていたんですね(笑)」

高橋「ヒアリングが悪いから。スタジオに行って、その日にデモテープを録ったの。”やべー!俺、スターになっちゃう!”と思っていたら、『日本に帰れ』って言われたんですよ(笑)。おまえの発音、幼稚園並みって言われて。発音が悪すぎるから、売れないって。
でも、声はいいから、日本帰って勝負しろと言われたんですよね。そのままじゃ帰れないと言うと、『ブルーススプリングスティーンのチケットあげるから、見ておいで』と言われて、次の日観に行ったんですよ」

川田「すごいじゃないですか!」

高橋「そこで、ブルーススプリングスティーンの『The River』を聴いたときに、ぱっと『ロード』というタイトルが出てきちゃったの。『The River』はアメリカ人で言う、”人生”の比喩なんですよ。
俺たちで言うと『道、人生』じゃないですか。俺は”道”『ロード』というタイトルで、いつか曲を書こうと思ったんですよ。それが1985年です、それで帰ろうと思ったんですよね」



*
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 151 | 152 | 153 |...| 176 | 177 | 178 || Next»

感想・メッセージのご応募はこちら

Message

夢をバックアップする素敵なプレゼントも用意しています。ぜひ番組をチェックして、ご応募ください

ご応募はこちら

AIR TIME

AIR-G'(FM北海道)
(日)07:00〜07:25
エフエム青森
(土)12:30〜12:55
エフエム岩手
(土)12:00〜12:25
Date FM(エフエム仙台)
(土)12:30〜12:55
エフエム秋田
(土)12:00〜12:25
エフエム山形
(土)08:30〜08:55
ふくしまFM
(日)09:30〜09:55
FMぐんま
(日)07:00〜07:25
TOKYO FM
(土)12:30〜12:55
RADIO BERRY
(土)12:30〜12:55
FM-NIIGATA
(土)08:00〜08:25
FM長野
(土)12:30〜12:55
K-mix
(土)08:30〜08:55
FMとやま
(土)08:00〜08:25
エフエム石川
(土)09:00〜09:25
FM福井
(土)12:30〜12:55
@FM(FM AICHI)
(日)08:00〜08:25
FM GIFU
(土)12:30〜12:55
FM三重
(土)11:30〜11:55
FM滋賀
(土)09:30〜09:55
FM OH!
(日)07:30〜07:55
Kiss FM KOBE
(土)09:00〜09:25
エフエム山陰
(土)09:30〜09:55
FM岡山
(土)11:00〜11:25
広島FM
(土)09:30〜09:55
エフエム山口
(土)11:30〜11:55
FM香川
(土)12:00〜12:25
FM愛媛
(土)07:30〜07:55
FM−TOKUSHIMA
(土)12:30〜12:55
エフエム高知
(土)09:00〜09:25
FM FUKUOKA
(土)08:00〜08:25
エフエム佐賀
(土)09:00〜09:25
エフエム長崎
(土)09:30〜09:55
エフエム熊本
(日)08:30〜08:55
エフエム大分
(土)12:30〜12:55
エフエム宮崎
(土)12:30〜12:55
エフエム鹿児島
(土)09:00〜09:25
FM沖縄
(土)08:30〜08:55

page top