Orico presents FIELD OF DREAMSOricoFIELD OF DREAMS

この番組では、「夢に向かって頑張っている人を応援する」をコンセプトに、夢をかなえ活躍する方々をゲストに迎え、そこに向かうまでのプロセスや、努力、苦労、そしてかなえたときの喜びを深く掘り下げていきます。

パーソナリティ 川田裕美プロフィール


*

2018.09.30

「やってみたいと思ったことには全力で悔いのないぐらい挑戦する」:フリーアナウンサー・川田裕美
『Orico presents FIELD OF DREAMS』では、夢を叶えた方、今まさに夢に向かって突き進んでいる方をゲストに迎え、その人生のターニングポイントに迫っていきます!

2015年4月からスタートした『Orico presents FIELD OF DREAMS』は、今回で最終回を迎えました。

意外にも「一人で喋りるのは初めて」という川田さん
最終回ということで、川田裕美さんご自身の人生のターニングポイントを伺いました。

●川田裕美、人生のターニングポイント


川田「私は小さい頃から、今につながるようなことが多かったような気がするんですよね。
本を読んだりするのが好きだったし、人と話すのも大好きだった、人見知りもしないような、大人ともどんどん話せる子供時代でしたね。

おじいちゃんがどんどん本を買ってきてくれて、それを読んでいるのを隣で聞いてくれていたんですよ。カセットテープの録音ボタンをおじいちゃんが押して、『はい、どうぞ』と言ってくれたら、私が読み出す。
その録音したテープを、仕事から帰ってきた父や母に聞いてもらって、『上手に読めたね』って言ってもらえたのが嬉しかったんですよね。
小学校に入ってからも国語の授業が一番好きで、音読の時間が好きで、先生に当ててほしくて張り切って手を挙げていたのを覚えていますね。

そんな私に起こった人生のターニングポイントが
2004年、大学3年生のときですね、『アナウンサーの試験を受けると決めた時』です。

和歌山大学に通っていたんですけど、私の住んでいた大阪の泉大津という実家から、車でも電車でも1時間くらいかけて和歌山に行くんですね。
ケツメイシの『夏の思い出』を聴きながら、海と山と両方を見ながら学校に行くんですね。
だから、毎日小旅行気分ですっごく楽しくて、学校に用事がなくても行っていたくらいなんです。

アナウンサー試験を受けると決めたのも、“私は小さい頃から何が好きだったか”、“何が得意なのかな?”と考えた時に
本を読むこと、人に何かを聞いてもらうこと、伝えることが好きだったなと気が付きまして。それを仕事にできるっていう風になると、アナウンサーという職業があるなと思ったんですね。

ま〜、アナウンサー試験に向けて没頭しましたね。
慌ててアナウンス学校に入ったり、新聞も毎日読むようにしたり、アナウンサー試験って特殊なんですよ。面接も含めて8回くらいの関門を突破しないとならなくて。
その中でもカメラテストという試験があるんですけど、広いスタジオにぽつんと一人残されて、カメラが5台くらい色んな場所から自分を映しているんですね。

そこに音声だけが流れてくるんですよ。
その音声が『それでは川田さん、今から1分PRをしてください』とか、『これから言うお題について30秒で喋ってください』とか、泣いてください、怒ってください、笑ってくださいと言われたり(笑)。
今考えると生放送だと瞬発力が大事なので、何を言われても堂々と対応できるか、ひるまずにできるかということを見られていたかもしれないなと思いますね。

このターニングポイントで私が学んだことっていうのは、まずは自分がやってみたいと思ったことには全力で悔いのないぐらい挑戦する。もう一回、自分のことを改めて考え直す時間になったんですよね。
そのおかげでひとつのことに没頭できましたし、どうしても猪突猛進なタイプなので、少なく、深く。アナウンサー試験の数っていうのはすごく少ないんですけど、とにかく絞ろうと。
その少ない一回一回をとにかく大切にしようと思えたので、新しいチャレンジを毎回ひとつずつ入れていったり。

エントリーシートを書く場合、自分が書きたいことを詰め込んで書いてしまいがちだったんですけど、面接官の方に会って話をする時にエントリーシートに全部書いてしまっていたら話すことがなくなっちゃうので、全部書かずに“これ、どういうことだろう? 話を聞いてみたいな”と思ってもらえるような書き方をして、余白を残しておくような書き方に変えたんですね。
やっぱり直接会って話す方が自分の熱意が伝わりますし、そういう工夫を一回一回時間をかけて、考えながらできたっていうのはすごくいい時間だったなと思いますね。

読売テレビを退社したのが2015年の3月の末なんですけど、その後すぐにこの番組をスタートすることができて
ラジオをやってみたいと思って退社をしたので、縁のあるタイミングでこの番組に出会えたこと、すごく嬉しく感謝しています。
この番組に出会ったというのも、私の人生のターニングポイントでもあるなと思っています。

3年半という期間でしたが、皆さんにこの番組を愛していただいたこと嬉しく思います。
また、どこかでお会いできることを楽しみにしています。」


null

川田裕美さん初のエッセイ本「あんことわたし 日日大あん吉日」を、9月26日にリリースされました!
10月8日(月・祝)には東京の「紀伊国屋書店 新宿本店」で、
10月14日(日)には大阪の「紀伊国屋書店 梅田本店」で、発売記念イベントも開催します!
ぜひ、チェックしてみてください!

>>3年半の間、皆様ありがとうございました!

*

感想・メッセージのご応募はこちら

Message

夢をバックアップする素敵なプレゼントも用意しています。ぜひ番組をチェックして、ご応募ください

ご応募はこちら

AIR TIME

AIR-G'(FM北海道)
(日)07:00〜07:25
エフエム青森
(土)12:30〜12:55
エフエム岩手
(土)12:00〜12:25
Date FM(エフエム仙台)
(土)12:30〜12:55
エフエム秋田
(土)12:00〜12:25
エフエム山形
(土)08:30〜08:55
ふくしまFM
(日)09:30〜09:55
FMぐんま
(日)07:00〜07:25
TOKYO FM
(土)12:30〜12:55
RADIO BERRY
(土)12:30〜12:55
FM-NIIGATA
(土)08:00〜08:25
FM長野
(土)12:30〜12:55
K-mix
(土)08:30〜08:55
FMとやま
(土)08:00〜08:25
エフエム石川
(土)09:00〜09:25
FM福井
(土)12:30〜12:55
@FM(FM AICHI)
(日)08:00〜08:25
FM GIFU
(土)12:30〜12:55
FM三重
(土)11:30〜11:55
FM滋賀
(土)09:30〜09:55
FM OH!
(日)07:30〜07:55
Kiss FM KOBE
(土)09:00〜09:25
エフエム山陰
(土)09:30〜09:55
FM岡山
(土)11:00〜11:25
広島FM
(土)09:30〜09:55
エフエム山口
(土)11:30〜11:55
FM香川
(土)12:00〜12:25
FM愛媛
(土)07:30〜07:55
FM−TOKUSHIMA
(土)12:30〜12:55
エフエム高知
(土)09:00〜09:25
FM FUKUOKA
(土)08:00〜08:25
エフエム佐賀
(土)09:00〜09:25
エフエム長崎
(土)09:30〜09:55
エフエム熊本
(日)08:30〜08:55
エフエム大分
(土)12:30〜12:55
エフエム宮崎
(土)12:30〜12:55
エフエム鹿児島
(土)09:00〜09:25
FM沖縄
(土)08:30〜08:55

page top