ON AIR REPORT 今週のオンエアレポートをお届けします! ON AIR REPORT 今週のオンエアレポートをお届けします!

第24回「今こそ大注目!ボーイズ・グループ特集」


null
今週は「今こそ大注目!ボーイズ・グループ特集」をお送りしました♪

先ずは、アルバム『LOVE YOURSELF 轉 'Tear'』で
全米1位に輝いたBTS(防弾少年団)から。
BTS(防弾少年団)は、韓国2013年にデビューした
7人組ヒップホップ・グループ。

5枚目のミニ・アルバム『LOVE YOURSELF 承 “Her”』は、
全世界73か国のiTunesアルバム・チャートで1位を獲得!
さらに、韓国史上初のSpotify「Global Top50」を記録しました。

今年5月にはアルバム『LOVE YOURSELF 轉 'Tear'』が
ビルボード200チャートで初登場1位に!
これは韓国の、それ以前に“アジア圏のアーティスト”として
初の出来事でしたが、つい先日リリースされた
最新作『LOVE YOURSELF 結 'Answer'』もなんと、
ビルボード200チャートで初登場1位を獲得!
2作連続の快挙を果たしています。

快進撃を見せる現在のK-POPは、
サウンドの掴みもOK、韓国語がビートに乗りやすい感じもあり、
英語圏の人が聴いても違和感ないグルーヴ感を出しているのではないでしょうか。

お次は日本のボーイズ・グループをご紹介。
BTSと同じく、ダンス・グループとして人気を集める
THE RAMPAGE from EXILE TRIBE。

昨年メジャー・デビューした16人編成のダンス&ヴォーカル・グループで、
「RAMPAGE=暴れ回る」と名付けられたこのグループは、
その名のごとくステージを踊り暴れる
HIP-HOPテイストのパフォーマンスが最大の魅力です。

HIP HOP寄りなTHE RAMPAGEと、どちらかといえば王子様寄りなBTS、
という感じもしますが、ボーイズ・グループのルーツは、
アメリカならばドゥー・ワップなどの黒人ヴォーカル・グループ、
或いはモンキーズやオズモンズなど、
アイドル的人気を誇ったグループが挙げられるかもしれません。

また、60年代前半にイギリス、アメリカを中心に
一世を風靡したビートルズやキンクスなどのブリティッシュ・ビート・バンドも、
一種のアイドル的な人気で社会現象になりましたね。

ということで、続いては
80年代以降のアメリカで人気を誇ったボーイズ・グループをご紹介。
先ずは、フィラデルフィアで結成されたボーイズ競瓮鵝
88年のメンバー・チェンジを機に、ボビー・ブラウンが在籍したグループ、
ニュー・エディションの曲名「Boys To Men」から
グループ名を「BOYZ MEN」に。

モータウン・レコードと契約し、
91年にデビュー・アルバム『クーリーハイハーモニー』をリリース。
全米5位を記録、アメリカのみで900万枚以上を売り上げ、
[最優秀R&Bデュオ/グループ・ヴォーカル部門]で初のグラミー賞を受賞。
デビュー翌年には、ベイビーフェイスをプロデューサーに迎え、
エディ・マーフィの主演映画『ブーメラン』挿入歌「End Of The Road」も見事大ヒットしました。

お次は80年代〜90年代にヒットした、ボーイズ・グループのナンバーを2曲続けて♪
先ずは、アメリカのシーンを代表するグループ、
バックストリート・ボーイズ!
結成は93年、95年にシングル「ゴーイン・オン」でデビューします。
デビュー・アルバム『バックストリート・ボーイズ』(1996年)が
ヨーロッパで大ブレイクし、アルバムの全世界セールスが850万枚を突破!

98年に出した2ndアルバム『バックストリーツ・バック』は
全世界セールスで1300万枚を超え、遂に本国でもブレイクを果たし、
一躍世界的なモンスター・グループに!さらに3rd・アルバム『ミレニアム』は、
全世界で3500万枚を越えるスーパー・ヒットを記録しました。

今年で結成25周年を迎え、本格的に再始動した彼ら。
新曲「Don’t Go Breaking My Heart」はアメリカのiTunesで総合1位、
日本でも同ポップ・チャートで1位を獲得しています。

そんな、バックストリート・ボーイズに多大な影響を与えたのは、
ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック。

84年結成、86年デビューの5人組。
80年代初めにニュー・エディションを手掛けた
プロデューサーのモーリス・スターが、
白人ボーイズ・グループの結成を思いつき、メンバーを発掘。
88年の2ndアルバム『Hangin' Tough/NEW KIDS, ストリート・タフ宣言』で
全米1位を獲得し、続く3rdアルバム『ステップ・バイ・ステップ』と
同名シングル共にまたまた全米1位に!
名実ともにシーンの頂点に立ち、
1994年の解散までに計8500万枚以上のセールスを記録しました。

ちなみにニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックも、2008年に再結成を発表。
2011〜12年には、バックストリート・ボーイズとの
1年間に及ぶ大規模なジョイント・ワールドツアー『NKOTBSB』を開催しています。

次はイギリスのシーンから。
人気オーディション番組『Xファクター』で巡り会い、
2011年にデビューした5人組グループといえば、ワン・ダイレクション!

デビュー・アルバム『アップ・オール・ナイト』は、
UKグループとしては史上初のデビュー・アルバム全米チャート初登場1位を獲得。
世界17カ国でも1位を記録し、いきなり世界を席巻します。
デビュー翌年の2012年、ロンドンオリンピックの閉会式では、
クイーンやザ・フーなど大物たちに混じりパフォーマンスを披露。

3rdアルバム『ミッドナイト・メモリーズ』は世界31カ国でNo.1!
続く4thアルバム『フォー』で、
全米チャートでデビュー作から“4作連続して初登場1位”
を獲得した史上初のグループになりました。

その後メンバーの脱退なども経て、2016年からは活動を休止し、
メンバーはソロとして、また俳優やファッション分野でも活躍していますが、
世界中から活動再開を望まれています。

いかがですか?懐かしい曲、新鮮なサウンド…
気になるグループはあったでしょうか?
今週は駆け足で様々な有名ボーイズ・グループをご紹介してきましたが、
是非、あなたのお気に入りのグループを見つけて頂けたらと思います♪

この番組では、アスリートのエナジーミュージックもご紹介しています。
今日お届けするのは、女子卓球、平野美宇選手のエナジーミュージック♪

「君の名は希望 / 乃木坂46」

平野美宇選手、世界チャンピオンと金メダルを目指して頑張ってください!

そしてリスナーからのエナジー・ミュージック・リクエストもご紹介♪
沢山のリクエストとメッセージ、ありがとうございます!
「普通の今夜のことを — let tonight be forever remembered —」を、
7月7日ドリカムの日にリリースされたBlu-ray & DVD
「DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR2017/2018 -THE DREAM QUEST-」
より、ライヴバージョンでお送りしました。

来週は、長年にわたり日本サッカー界をリードしてこられた
中山雅史さんをゲストにお迎えします!
どうぞお楽しみに!!

【OA曲】
笑顔の行方 / D-LITE(from BIGBANG)
FAKE LOVE / BTS(防弾少年団)
Lightning / THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
End Of The Road / Boyz Men
I Want It That Way / Backstreet Boys
Step By Step / New Kids On The Block
Story of My Life / One Direction
君の名は希望 / 乃木坂46
普通の今夜のことを — let tonight be forever remembered — / DREAMS COME TRUE

〜・〜・〜・〜・〜

この番組ではリスナーの皆さんからのリクエストや感想をお待ちしています!!
ENERGY for ALL番組ホームページからお送りください。
また、今月から、メッセージ・リクエストをいただいた方の中から抽選で毎月10名様に、
番組グッズとエネオスグッズをセットにしてプレゼントいたします!
沢山のご応募、お待ちしております!
EVERY SUNDAY 13:00〜13:55 TOKYO FM / JFN 38 Stations/山梨放送/和歌山放送 ※FMぐんま:22:00〜22:55、山梨放送:18:00〜18:55 、和歌山放送:20:00〜20:55
番組へのメッセージ、感想はこちらから 番組ステッカーなどENEOSグッズをプレゼント!
ENERGY MESSAGE
番組へのメッセージ、感想はこちらから 番組ステッカーなどENEOSグッズをプレゼント!