ON AIR REPORT 今週のオンエアレポートをお届けします! ON AIR REPORT 今週のオンエアレポートをお届けします!

第54回「ミュージカル名曲特集」


null
4月に入ってちょうど1週間が経ちましたね。
新年度を迎えて最初の週末、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
この番組も、今月で1周年を迎えました。
ますますエナジー溢れる音楽とアスリート・ゲストで、
日曜の午後を盛り上げて行きたいと思います!
これからも、どうぞ宜しくお願いします!

先ずはリクエストから♪
「ラジオで初めて聴いて耳から離れなくなり、大好きな曲の一つになりました!」
というメッセージを頂きました!ありがとうございます。
1997年リリース、ドリカム9thアルバム『SING OR DIE』より、
DREAMS COME TRUEで「たんぽぽの堤防」。

そして今週のテーマは「ミュージカル」!!
中村さんも今年の2月にNYに研修旅行に行き、ブロードウェイで沢山観て来たんだそうですが、
皆さんはミュージカルというとどんな作品を思い浮かべるでしょうか?
日本では劇団四季やディズニー作品、海外でヒットした映画の舞台化、などなど。

NYの音楽や文化、演劇の中心地であるブロードウェイでは一年中、
数々のミュージカルが上映されていますが、まずはこの作品からご紹介。
フランスの作家、ガストン・ルルーの小説を基にしたミュージカル『オペラ座の怪人』です。

『オペラ座の怪人』は、86年にロンドンで、88年にブロードウェイで初演され、
今なお上演が続いている、ブロードウェイ史上最長のロングラン公演作品です!
サラ・ブライトマンは、86年のオリジナルキャストとしてクリスティーヌ・ダーエ役で出演し、
その名を一躍世界に知らしめることとなりました。
アンドルー・ロイド・ウェバーが音楽を、チャールズ・ハートが作詞を手がけています。

お送りした曲は、
ミュージカル『オペラ座の怪人〈ハイライト〉〜オリジナル・ロンドン・キャスト』から、
アンドリュー・ロイド・ウェバー&マイケル・クロフォード&サラ・ブライトマンで、
「The Phantom Of The Opera」。

続いては、『ライオン・キング』をご紹介。
94年にアメリカで公開されたディズニーの長編アニメ映画がオリジナルの、
アフリカのジャングルを舞台に繰り広げられる、愛と勇気の物語です。
97年にミュージカル化され、翌年のトニー賞ではミュージカル作品賞を受賞。
2012年には『オペラ座の怪人』を抜いて興行成績のトップを記録しました。
世界10ヶ国で上演され、日本では88年から劇団四季が上演しています。
作曲にはエルトン・ジョンが参加してますね。
『ライオン・キング ブロードウェイ・ミュージカル版』から、
「Circle Of Life」をお聴き頂きました。

お次は、中村さんも先日ブロードウェイで観た『キンキー・ブーツ』!
今回の研修旅行で一番良かった作品だそうです。
中村さん曰く、「ブロードウェイで観るのにふさわしいミュージカルらしいミュージカル!」
そんな『キンキー・ブーツ』は、2005年の同名映画が原作で、
ミュージカル版は2012年にシカゴで初演されました。
『ヘアスプレー』でも成功を収めたジェリー・ミッチェルが演出・振付を担当し、
音楽の作詞・作曲はすべて、シンディ・ローパーが手がけています。

2013年からはブロードウェイで上演され、トニー賞では13部門にノミネート。
ミュージカル作品賞、オリジナル楽曲賞を含む、この年最多の6部門を受賞!
イギリスの倒産しかかった靴工場を舞台に、立て直しのためドラァグクイーン専用のブーツ
“キンキーブーツ”を作り成功へと向かうという実話を元にしたストーリーで、
日本では2016年に小池徹平さんと三浦春馬さんの主演で上演され、
今年もまもなく渋谷の東急シアターオーブで再演されます。
お送りしたのは、ミュージカル『キンキー・ブーツ』から「Raise you up / Just be」。

続いては大人から子供まで全世界で親しまれている名作『オズの魔法使い』。
1900年発表の小説をベースに1902年に初のミュージカル化。
1939年にはミュージカル映画『オズの魔法使』が制作され
(註:ミュージカル映画は「魔法使」と送り仮名がない)、
1942年には再びミュージカルとしても舞台で上演されました。
その後、1987年にはロンドンで、
翌年にはアメリカでロイヤル・シェイクスピア・カンパニー版が上演され、
そこからさらに派生したヴァージョンも各国で上演されています。

ミュージカル映画『オズの魔法使』の中で「Over The Rainbow」を歌ったのは、
主役を務めたドロシー役のジュディ・ガーランド。
ちなみに2001年に全米レコード協会等主催の投票で選ばれた「20世紀の名曲」では、
この曲が第1位に選ばれました。ジュディ・ガーランドで「Over The Rainbow」。

特集の最後にご紹介した作品は、2005年ブロードウェイ初演の『ジャージー・ボーイズ』♪
60年代から70年代に活躍したヴォーカル・グループ、フォー・シーズンズの結成から、
大ヒット、確執、解散といった実際のエピソードを元に構成されたミュージカルです。

彼らのヒット曲が散りばめられたエンターテイメント性を保ちつつ、
人種差別や犯罪などアメリカが抱える問題を浮き彫りにした作品でもあり、
イギリス、オーストラリア、オランダ、南アフリカ、シンガポールなど、
世界各地で上演され、2006年、トニー賞でミュージカル作品賞を含む4部門を受賞!
2014年にはクリント・イーストウッドが映画化し、話題になりました。
2016年、2018年には日本人キャストでも上演されています。
『ミュージカル・ジャージー・ボーイズ〜オリジナル・キャスト・レコーディングス』から、
「Rag Doll」をお送りしました♪

そして今週もアスリートのエナジー・ミュージックをご紹介!
男子陸上短距離の、白石黄良々選手のエナジー・ミュージックは??
「黄金魂 / 湘南乃風」
この曲を聴くと“負けてたまるか”という気持ちが出てくるので、
試合に向かう時によく聴くようにしているそうです。
白石選手、これからの活躍も、期待しています!

つづいて、エナジー・ミュージック・リクエスト頂きました♪
「めまい / DREAMS COME TRUE」
桜の季節にぴったりのこの曲に沢山のリクエストありがとうございます!

来週は柔道家の野村忠宏さんをゲストにお迎えしてお送りします!!
それでは、また来週!

【OA曲】

たんぽぽの堤防 / DREAMS COME TRUE
The Phantom Of The Opera / アンドリュー・ロイド・ウェバー&マイケル・クロフォード&サラ・ブライトマン
Circle Of Life / ライオン・キング ブロードウェイ・ミュージカル版
Raise you up/Just be / ミュージカル『キンキー・ブーツ』
Over The Rainbow / Judy Garland
Rag Doll / ORIGINAL BROADWAY CAST RECORDING
黄金魂 / 湘南乃風
めまい / DREAMS COME TRUE

EDテーマ : その日は必ず来る - Instrumental Version - / DREAMS COME TRUE

〜・〜・〜・〜・〜

この番組ではリスナーの皆さんからのリクエストや感想もお待ちしています!
ENERGY for ALL番組ホームページからお送りください。
メッセージ・リクエストをいただいた方の中から抽選で毎月10名様に、
番組グッズとエネオスグッズをセットにしてプレゼントいたします!
どしどし送ってくださ〜い♪
EVERY SUNDAY 13:00〜13:55 TOKYO FM / JFN 38 Stations/山梨放送/和歌山放送 ※FMぐんま:22:00〜22:55、山梨放送:18:00〜18:55 、和歌山放送:20:00〜20:55
番組へのメッセージ、感想はこちらから 番組ステッカーなどENEOSグッズをプレゼント!
ENERGY MESSAGE
番組へのメッセージ、感想はこちらから 番組ステッカーなどENEOSグッズをプレゼント!