TOKYO FMがお送りするイベント情報満載のポータルサイト
イベント情報はこちら

「ザ・カブキ」

公演日
12/15(土)、12/16(日)
公演時刻
14:00
会場
東京文化会館
入場料
S:¥10,000 A:¥8,000 B:¥6,000  C:¥4,000  D:¥3,000  E:¥2,000 ※未就学児のご入場はお断りいたします。 
発売日
9月1日
出演者
詳しくはオフィシャルサイトをご覧ください 
お問い合わせ
NBSチケットセンター 電話:03-3791-8888
リンクその他
https://www.nbs.or.jp/stages/2018/kabuki/index.html
備考
出演:
12/15(土)
由良之助:柄本 弾、顔世御前:上野水香、 直義:永田雄大、
塩冶判官:秋元康臣、 高師直:森川茉央、 伴内:岡崎隼也、
おかる:川島麻実子、 勘平:宮川新大

12/16(日)
由良之助:秋元康臣 顔世御前:奈良春夏、 直義:森川茉央 、
塩冶判官:樋口祐輝 、 高師直:柄本 弾 、 伴内:井福俊太郎、
おかる: 沖香菜子 、 勘平:池本祥真

===================================

現代バレエの巨匠振付家、モーリス・ベジャールが、国際的な作曲家の黛敏郎と、東京バレエ団とのコラボレーションによって生み出した傑作バレエ、それが「ザ・カブキ」です。

歌舞伎の「仮名手本忠臣蔵」をもとにした物語は、現代の青年が“忠臣蔵”の時代にタイムスリップし、サムライ“由良之助”となって主君の仇討ちを果たすまでを描きます。歌舞伎と武士道──日本が世界に誇る伝統芸能と精神文化が、バレエという西欧の様式で絶妙に表現される舞台は、斬新にしてダイナミック。1986年、東京での衝撃的な初演以来、世界中の名門歌劇場で喝采を浴びつづけ、現在まで日本を含む世界16か国で197回上演されてきました。

そして2019年7月、世界を制覇してきた「ザ・カブキ」が久々に、名門中の名門であるウィーン国立歌劇場とミラノ・スカラ座に登場することが決定! 今回はその壮行会ともいえる公演です。

由良之助を演じるのは、20歳で抜擢されて以来、数々の歌劇場で“討ち入り”を率いて“由良之助”の風格が身についた柄本弾。そして、群を抜くテクニックと海外での経験を生かし、2年前の初役を見事に成功させた秋元康臣。顔世役の上野水香、奈良春夏ほか、充実のソリスト陣と圧倒的な群舞が不朽の名作をドラマティックに演じ踊ります。

季節はあたかも、赤穂浪士たちが討ち入りを果たした12月。四十七士の凛とした生き様と活躍をバレエでご堪能ください!
チケット
チケット販売状況
チケット発売中!

pagetop

  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
  • R
  • R
  • R
  • R
  • ア
  • カ
  • サ
  • タ
  • ナ
  • ハ
  • マ
  • ヤ
  • ラ
  • ワ