木村拓哉のFlow - TOKYO FM 80.0MHz - 木村拓哉

木村拓哉のFlow - TOKYO FM 80.0MHz - 木村拓哉

2019年06月30日Flow 第四十八回目

今週は、皆さんから届いたメッセージを紹介!

早速、こんなメッセージから!

東京都 サンダル3号 36歳 女性
キャプテン、こんにちは!
年をとるにつれ、仕事が増えてきました。
疲れを翌日に残さないことを心がけていますが、どうしても残ってしまいます。
キャプテンは、疲れた時にどうやって疲れを取りますか?


36歳だったら、まだまだいけると思うんだけどな〜。でも、口にすればするほど疲れますよね。
僕は「あぁ、疲れた」っていうワードは、よほどのことがない限り口にしないようにしていますね。
逆にすごい充実できたなっていう、満足度が高かった時のポジティブワードにしています。

疲れを翌日に残さないっていうことで言うならば、シャワーで済ませないで、ちゃんとお風呂に浸かる。
しっかり汗をかいて、充実したバスタイムを過ごして、上がった後に水分の補給をして“次の日あれやらなきゃ、これやらなきゃ”っていう、コンティニューで生活するのではなく、その日一日で終わらせる。
ノルマがもしあったのであれば、出来なかった分は、出来なかったということで終わらせて、ずっと引きずってしまうのではなくて、“今日ここまでしかできなかった! はい、寝ます!”っていうことで、その一日で区切りをつけて過ごす事をお勧めします。

続いてのメッセージはコチラ!

愛知県 がっぴちゃん 34歳 女性
拓哉キャプテンこんにちは!
10代・20代の頃たくさんカラオケに行って、何を歌おうなんて悩まず選曲してきましたが、
30代になってカラオケに行く機会がなくなり、久しぶりにカラオケに行くとなると
何を歌えばいいか行く何日も前からずっと考えてしまいます。笑
とくに悩むのは1曲目。最新曲がいいのか、盛り上がる曲がいいのか、
みんな知ってる曲がいいのか、1番自信のある曲がいいのか・・
キャプテンはカラオケの1曲目はどう考えて選曲してますか?


ドラマを一本撮影し終わって、それの打ち上げで、とか。そういうタイミングがない限りカラオケはお邪魔しないかな。
行った場合、自分は何を一曲目に入れるか? 最近流行っている曲、米津玄師さんの「Lemon」とか、一曲目に“バン”って入れたら相当かっこいいと思うんですけど。
それでピッチ外すよりかは、ここはやっぱり一曲目で自分がマイクを持って歌うということでしょう? そこで、「はぁ?」って言われるのは、やっぱり厳しいですよね(笑)。

そうならないためには、盛り上がり系で、なおかつ“あ、これ歌うんだ!”っていうところで言ったら……相当、卑怯なところでいくと「あ! 本物だ!」っていう感じの(笑)それが一番卑怯ですよね(笑)。
その1曲目が一番間違いなくて、しかもずるいっていう部分ではいいんじゃないですか(笑)。そのへんでいくと「SHAKE」かな(笑)。
イントロが流れた時点で「え! え! 嘘でしょ!?」ってなって、歌よりも何よりも、一番最初の掛け声、それをかますのが一番ありなんじゃないかと思いますけどね。
1曲目に「SHAKE」入れて、2曲目に「兄弟船」ですかね(笑)。

そしてトーク・セッションの感想もたくさん届いています!

神奈川県 しずくさん 50歳 女性
拓哉キャプテン、こんにちばん!
岡本健一さんとのトーク、楽しく聴かせていただきました!
キャプテンが、憧れの大先輩なのが、言葉の言い回しで伝わってきた感じがあり、
何だかいい関係性だなぁと、意外な一面も知れて、Flowならではのトーク、これが、木村拓哉さんが新しく拓いた扉なんだと、実感できる回でした!
色々な方たちの人となりを上手に引き出して、楽しいお喋りで場を盛り上げてくれるキャプテン。
番組が始まってから、どんな風になっていくのか少し不安でしたが、毎回、ゲストの方々が楽しそうに話していらして、
聞き役のキャプテンが、いかに人を大事になさってきたのか、へー! ほー! と感心してきいてしまいました。
これからも楽しみにしています!


ありがとうございます! 去年の8月からFlowが始まって、いろんな方をゲストにお迎えして、ゲストと一緒にこのラジオのマイクを通じて会話をするっていうのが、わりと初体験に近かったので。
本当にこの番組があったからこそ、こういうコミュニケーションを全国38局ネットっていう、あまりにも広いネットワークで、僕らの喋りを聞いてもらうっていう、ちょっと照れくささもありながら、こういう場があったからこそ話せた事っていうのも多々あったし、そういうのはすごく感謝ですよね。

そしてこんな嬉しいメッセージも!

大阪府 ゴボウ 17歳 男性
キャプテンこんにちは!桐谷さんとのトーク最高におもろかったっす!
自分もテレビに出てる方や、高校野球に出場されている方に嫉妬し始めた頃です!!
高校卒業したら東京での生活がしてみたくて、東京の大学に行ってみたいと
強く思ってた所での今回のお2人のセッションは鳥肌が立ちました!
これからもキャプテンについていきます!!!!!!!!!!!!!!


「ついていきます」って言ってくれてるのは嬉しいけど、<ゴボウ>あれだよ? ノープランで東京に来て「俺、ついて行きます!」ってなっても、ついて行き方があるからね、そこをちゃんと持たないとね。
健太はグーニーズを見て「なんやねん! 悔しいわ!」って思ったらしいです、それで“テレビに出たい!”っていう気持ちが強くなったらしくて、東京の大学に行ったんですけど、“もうこれダメかもな”と腐りかけた時に、健太のお母ちゃんが「向いてるか向いていないかは、人が決めるんじゃなくてあんたが決めるんやろ」って言ってくれたらしいですよ。

この言葉は、きっとラジオを聴いてくれてた人たちの中に“あ!”っていう、何かスイッチを押してくれるような言葉になったんじゃないかなっていう風に、僕も健太と話してて思ってましたね。
まさか、ここでゲストを迎えて喋ってる内容をラジオを通じて聴いて、鳥肌を立てている17歳がいるっていうね。
この事実に僕はちょっと鳥肌ですよね、ありがとうございます。


M1. SHAKE/SMAP

2019年06月23日Flow 第四十七回目「拓哉キャプテン × 森山直太朗」Part4

今週のゲストは……森山直太朗さんです!

今週は、直太朗さんにとって“ラジオとは?”に、ついて伺いました。
さらに、リスナーからのメッセージにも答えていただきましたよ!


大阪府 ラジオネーム<スターファルコン> 27歳 男性
木村さん、今晩は。突然ですが、僕には悩みがあります。それはモテない事です。
身長も180cm以上あり、顔も自分でも言うのも何ですが、中ぐらいのレベルだと思っています。
マイナス要素を考えると、飲み会等で積極的に女子に話かけないのですが、
ガツガツしても嫌われるかなと思い踏みとどまってしまいます。
もっと肉食的にいった方が良いのでしょうか?ナルシストな質問になってしまいすみません。
是非アドバイスを下さい!よろしくお願いします。


森山:「中ぐらい」っていうのは、どれくらいのレベルなんでしょうね?(笑)

木村:そうね、誰なんだろうね(笑)。

森山:木村さんのラジオのリスナーっていうことは、そのへんの優劣はハッキリしてるんでしょうね。
だから客観性はあるんじゃないですか? だから、木村さんがトップになってると思うよ?

木村:いやいやいや。

森山:そこからの逆算で「中ぐらいだな」っていう……けっこう、レベル高いな!

木村:飲み会でガツガツ話しかけても“嫌われるかな〜”とか、なんでいろんな計算をするんだろう?
もっと本能と言うか“あの子、すっごい綺麗!”とか…。

森山:肉食とか草食とか、そういうのじゃなくね。

木村:分けることが俺は分からないんだよな。

森山:オスとメスっていう風に考えると、自分に無いものを持っていたりとか、人に無いものを持っているような人に、たぶん俺はいっちゃうと思うんだよな。
かっこいいとか、イケメンとかっていうことよりも、“あいつやべーな!”っていう、“見付けた!”っていう感じ?

木村:うんうん(笑)。

森山:俺はこの感じ嫌いじゃないんですよ、積極的に女子に話しかけてない感じとか、すごい好感が持てるんだけど。
例えば6人・6人で集まって、カラオケボックスとかに行くんだけども。自分をアピールする時に歌ったりとか、変な選曲して自分を見せようっていう風にはしないですね。

木村:どうするの?

森山:人が歌っている時に誰か見てくれてればいいの、一人でもいいの、端の方で変なマラカスの振り方してる(笑)。
自分だけでただ楽しんでいる、それは別にアピールじゃなくて、自分が楽しいことをただやってて、それでカラオケ終わった後とかに「ねえねえ、さっきの良かったよ! 変なマラカス!」っていう子が、「あ、見てた? それに反応できた!?」みたいな(笑)。そうすると友達感が強くなってくるじゃないですか。

木村:目的の人には?

森山:目的の人にモテたい場合は、ターゲット絞るってことですもんね。

木村:その人を知る必要があるでしょ?

森山:難しい! 俺、引き出しの中に全く答えがない!

木村:でも、自分が“この人いいな”って思ってる人が着ている服だったりとか、してる髪型だったりとか、爪だったりとか…。

森山:難しい、そんなの出来ないですよ! そんなことできる人いるの? 木村さんとかできるのか〜。

木村:何が?

森山:ピンポイントで、3人いたら、“この1人に”っていうアピールは。

木村:それはないな〜。

森山:俺はそれがバレたくないもん。例えばその人のお酒がなくなってて、でもコミュニケーションのチャンスじゃないですか?
「何かお酒飲みます?」っていうのは、自分がその人を気にしているっていうのを思われたくないから、他の人にも振っちゃうの。
その人だけに言ったら、“こいつ狙ってんだな”ってなるじゃないですか。

木村:他の人にも普通に聞けばいいんじゃないの?

森山:そうすると意中の人には、“この人、みんなにやってるんだな”って、特別視されないじゃないですか?

木村:それがいいんじゃない? 実際に飲み物が来たら、サーブはするんだけど、その意中の人に対しては「どうぞ、はい」って。

森山:え、みんな見た!?(笑)

木村:いや、ラジオだから(笑)。

森山:そっか、“君だけはスペシャルだぞ”みたいな。

木村:だって、自分の中の意中っていうのが一番のスペシャルでしょ?

森山:そうですよね……あぁ〜、好きになっちゃうわ〜。

木村:なんだよ、“あぁ〜”って(笑)。
最後に、森山直太朗にとっての「人生の1曲」を教えてください。

森山:こういう仕事をしてるのでよく聞かれるんですけど、なかなか難しくて。
いろんな随所で出会ってるのでね……でも、玉置さんかな〜。

木村:おお!

森山:玉置浩二さんの「SACRED LOVE」という曲がありまして、この曲を生で聴いた時に“こんな風に何かを表現できたら楽しいだろうな”という、自分が創作とか表現をする一つの憧れの、きっかけを作ってくれた曲ですね。

M1. SACRED LOVE/玉置 浩二

2019年06月16日Flow 第四十六回目「拓哉キャプテン × 森山直太朗」Part3

今週のゲストは……森山直太朗さんです!

今週は、直太朗さんにとって“ラジオとは?”に、ついて伺いました。
さらに、リスナーからのメッセージにも答えていただきましたよ!


森山:自分もパーソナリティをやったことがあるんですけど、やっぱりテンパっちゃって。
呼んでいただいたりとかして、こうやってお茶する感覚でやれるって楽しいですね。

木村:ここは非常にそういう場所です。ドラマの前室とそんな変わらないです(笑)。

森山:確かにそれはあるかもしれないですね。

木村:放課後ダベってる感じね(笑)。

森山:やっぱりキャプテンというだけあって、木村さんはこういうのに向いているんですよ。

木村:じゃあ、リスナーからのメッセージにちょっと付き合ってもらっていいですか?

森山:いいじゃないですか〜。

東京都 ラジオネーム<ねね> 25歳 女性
拓哉キャプテンこんにちわん!
私はいつも頭の中で音楽が流れてます。
同じ曲が何度もリピートされることもあれば、色んなジャンルの音楽が流れてることもあります。
時々ノッて口ずさんだり、リズムを刻んだり、軽く踊ってることもあるそうなんです。
仕事中だけでも、どうにか抑えようと思うのですがなかなかうまくいきません。
何か良い方法があればいいなと思い、キャプテンに相談させてもらいました。
アドバイスお願いします!

森山:最近こういう人多いですよね。完全に曲の中に入って。

木村:でも、それって聴いているからでしょ? この<ねね>ちゃんは、頭の中に残っているんですよね。

森山:僕は答えあるんですけど、でも、キャプテンに相談きてるから。

木村:いやいやいや、直太朗流の答えを教えてよ。

森山:これは抑えない、ずっと歌い続けて欲しい。

木村:むしろ、出せと?

森山:“こういう人なんだ”って、周りの人に思わせるくらい堂々といってほしいですね。

木村:周りを気にするのではなく、流れてるものを体現しちゃっていいと「You! やっちゃいなよ!」っていうことですよね(笑)。

森山:そうすると、仲間が寄ってくるから(笑)。

木村:同じ種類の人が(笑)。

森山:そこでグループができるんですよ(笑)。我慢しないでいいと思うんだけどな〜。
むしろじゃん! 電車の中とかも車両から車両へ歩きながらPVみたいに。そうすると、車両に1人くらいノってくる人がいるから(笑)。

木村:あまり良いアドバイスにならなかった気がしますけど(笑)、でも、抑えようと思っちゃってるのが僕もあまり良くないと思う。

森山:これ、歌だから分かりやすいけど。各所で、“ここはちょっと控えないといけないのかな”とか、“ここちょっと空気読んで…”ってなっちゃうと、個性がなくなっちゃいますよね。でも、人を傷つけようとしたりとか、自分だけ上がりとろうみたいな、そういうのでやってるんだったら問題ですけど、そういうことじゃないと思うので。

木村:そういうことではないよね。

森山:これ、創作とかにも移行できる匂いがするんだよな〜。詳しく<ねね>さんのことを知らないけど、クリエイトの方にいける可能性も感じるんですよね。

木村:確かにね、俺も直太朗と一緒で悪くないと思うよ。

森山:良かった、キャプテンと同じということで。


M1. 生きてることが辛いなら / 森山直太朗

2019年06月09日Flow 第四十五回目「拓哉キャプテン × 森山直太朗」Part2

今週のゲストは……森山直太朗さんです!

今週は、音楽の道に進んだきっかけについて伺いました!


木村:音楽を始める前は、指針はサッカーでしょ?

森山:サッカーに携わる仕事をしたいなと思っていましたね。

木村:何年やってたの?

森山:11〜2年やってたんじゃないですかね。小、中、高、大って付属の同じ学校だったので、同じ連中とやっていたんですね。
自分のレベルも高くないって分かってたし、あと、急に冷めちゃったというか…技術的にもピークで、もうすごく楽しいと思って。

木村:うんうん。

森山:“これ、知ってる楽しさだ”っていうのと、“この楽しさに浸かってたら良くないな”と思って。
僕、けっこう熱血だったので、それまでは辞めるやつとかいると「おまえ、ここでやめたら、この先やること全部途中で投げ出すことになるぞ」とか言いながら、いつも説得したりとかしてる側だったんですけど、急に(笑)。
昨日までそんなことしてたのに、ある日の練習後のミーティングで、「辞めます」って(笑)。

木村:嘘でしょ!? それはみんな受け入れたの?

森山:みんな「は?」でしたね。そのあと、それぞれ相談して納得してくれて。
でも、そこを断ち切らなかったら、違うパラレルワードがあったと思うんですけど、音楽やってなかったかもしれないですね。
とにかくサッカーに費やしている時間を、何か違うものに特化したかったんですよ。

木村:で、音楽始めて最初は?

森山:最初は路上ですね。一緒に曲作ってる御徒町が足立区の綾瀬に住んでいたので、綾瀬とか北綾瀬、吉祥寺の井の頭公園の橋の上とか、自分の実家の代々木上原の駅前とか……。
当時路上は、渋谷とか新宿とかが流行っていたので、行ってやってみたんですけど。僕はあまりジャカジャカやらないし、周りにスピーカーとか立ててやっている人もいて、“これは敵わないな〜”と思って、人も多いからやりがいはあるんだけど、ちょっと人が少ないところに行こうと思って(笑)。

木村:路上ライブをやる人が“人が少ないところに行こう”って(笑)。
それはどれくらいやったの?

森山:2〜3年くらいやっていたんじゃないですかね、自分の原風景みたいなのはそこですね。

木村:インディーズという時間を過ごして、そのあとデビューですよね。
でも、一番最初は「さくら」じゃないよね。

森山:2002年にミニアルバムでデビューしたんです。
その中に「さくら」という曲が入っていて、シングルカットをして知ってもらうようになりました。

木村:あれは相当な浸透度だったよね。
歌だけじゃなくて、一発撮りのMVっていう、その本気度があれに全部収められたっていうのは印象的でしたね。

森山:見返しても、魂こもってるなって思いますもん。

M1. One Chance!/木村拓哉

2019年06月02日Flow 第四十四回目「拓哉キャプテン × 森山直太朗」Part1

今週のゲストは……森山直太朗さんです!

ふたりの出会いの話から、一体、どんなトークになるのか!? お楽しみに!


木村:直太朗としての認識はMステでしょ?

森山:Mステで、僕が「さくら」という曲で……同じレーベルの人でドタキャンが出て、“誰か生演奏でパッと歌えるやついないか”っていうことで。

木村:あれ、生放送だからね。

森山:で、白羽の矢が立って。僕なんて、海のものとも、山のものとも……っていう状態でソワソワしながら行ったら、錚々たる面々の中で“もう、やべえ!”と思って。

木村:うんうん。

森山:番組本番が始まる前にランスルーっていうのがあるんですよ。その時に皆さんが歌ったりするリハーサルがあって、その時に僕が緊張しながら“これ、リハだけどぶちかましていかないとやべえ!”と思って、120%の力でやったんですよ。
ランスルー終わったらみんな帰っちゃったんですけど、木村さんだけ残って「君、いいよ!」って。

木村:俺、何様だよ(笑)。

森山:ジャニーさんのことはよく知らないですけど「You!いいね!」みたいな(笑)。

木村:たぶん、「You」とは言ってない(笑)。

森山:そういう風に救われてる新人とか、いっぱいいると思いますよ。
あの時すごい救われましたもん。

木村:だって、本気で“うわ!”って思ったんだよね。
ピアノだけで、マイクがあって、その前でガーンと歌って“こいつ、やべえ!”って。

森山:褒められて、いい気になっちゃったから紅白で怒られたり(笑)。
逆を言うとハメ外さなかったら怒られてもいないし、やっぱり大人になると怒られなくなってくるじゃないですか。

木村:怒ってくれる人はいるの?

森山:僕、一緒に曲を作ってる御徒町、あいつとかは怒ってくれるというか、注意してくれたり。
自分のコンサートの演出もしたりとかしてるし、5歳上に姉貴がいたりとか、まぁ厳しいんですよね。
あとは綾小路"セロニアス"翔、あれもずっとインディーズから友達なのでいつも怒られているんですよ。

木村:怒られタイミングは何?

森山:既読スルーしたりとか(笑)。

木村:既読スルーするんだ(笑)。

森山:あとは、馬鹿なのにそれをちょっと馬鹿じゃない振りしたりすると怒られるっていうか(笑)。
あとは思ってもいないことを言ったりすると(笑)。そういうのって年齢重ねると、言ってくれる人って少なくなるじゃないですか。

木村:確かにね。

森山:私なんかも客観性がないので、ありがたいっちゃありがたいですけど、ムカつきますけどね(笑)。

木村:なんだよ!(笑)
言ったわりには、怒られたらムカつくんだ(笑)。

森山:そうですね、やっぱり腹立ちますよね(笑)。

M1.さくら(独唱) / 森山直太朗


top_back