木村拓哉のFlow - TOKYO FM 80.0MHz - 木村拓哉

木村拓哉のFlow - TOKYO FM 80.0MHz - 木村拓哉

2020年08月09日Flow 第百六回目「拓哉キャプテン × 河合郁人」Part2

今週のゲストは先週に引き続き、A.B.C-Zの河合郁人さんです。
今回も、ここでしか聴けないトーク、お楽しみに!!


木村:いつ(ジャニーズに)入った?

河合:小学校6年生ですね。

木村:早いんだな〜、みんな。

河合:12歳になる年ですね。

木村:みんな、それぐらいだもんね。

河合:そうですね。今、もっと小っちゃい子もいますよ。小学校4年生とか、たぶん、入る子で。

木村:それは今、誰が見てるの?

河合:タッキーです。

木村:そうなんだ!!

河合:そうなんです。1回、滝沢君とオーディションがあるって言われて。ジャニーさんが亡くなった後に。A.B.C-Zの舞台に子供を使いたいからって滝沢君に相談したら、「オーディション観に来ちゃいなよ」って言われて。“あ、口調似てきたな” と思って。

木村:えっ、待って! タッキーも、その口調になってきたの?

河合:(笑)。「観に来ちゃいなよ」って言われて、急遽行って、滝沢君と僕の二人でオーディション観て選びました。「この子、この子」みたいな。

木村:えっ、待って! それ、人の人生変えてるってことだよ。

河合:(笑)。いやまぁ、そうですよね。

木村:ジャニーズ大好きジャニーズが、人の人生をちょっとハンドリングしたってことだよ。

河合:そうですね。A.B.C-Z 5人の子供時代を演じて欲しかったので。学校とかあるから、ダブルキャストで自由に選んだんですけど。“こうやってジャニーさん、選んでたんだ〜” って思いました。

木村:いや! たぶん、あの人の選び方、全然。よく分かんないもん。

河合:よく分かんないんですか(笑)。

木村:「YOU 踊っちゃいなよ! 来ちゃいなよ! 来週も YOU!!」

河合:たしかに。「ちゃいなよ!」だけで。

木村:「ちゃいなよ!」

河合:「ちゃいなよ!」だけで進めてますもんね。

木村:「踊っちゃいなよ! 来ちゃいなよ!」それだけだかんね。

河合:(笑)。たしかに!

木村:「YOU お腹へってない? 食べちゃいなよ!」って、それだけ。

河合:「ちゃいなよ!」だ。

木村:牛丼か〜。

河合:マック。

木村:マック。うん。

河合:そうですね。たしかに。

木村:「スケボー滑っちゃいなよ!」って言われたから、“スケボー滑んねーとなー” っていうので、テレビ局に俺らは行ってたっていう。

河合:不思議な、魔法の言葉ですね!

木村:うん。

河合:ジャニーさんじゃないと許されないですもんね。

木村:いやー、そろそろタッキーも言い出すんじゃない。

河合:(笑)。「ちゃいなよ!」言います?

木村:(笑)。「ちゃいなよ!」言ってかないと。だって、ダメでしょ!

話題は、A.B.C-Zの名前の由来へ…。

木村:そもそも、A.B.C-Zって付けたのジャニーさんでしょ?

河合:そうです。

木村:どういう、あれなの?

河合:元々、『Acrobat Boys Club』って意味で『A.B.C』ってグループだったんですよ。

木村:Acrobat Boys ClubでA.B.C。

河合:そうなんです。

木村:で、『Z』は?

河合:Zは、10年ちょっと前にセンターの橋本が入ってきてZが付いたんですけど。その時に言われたのは、「YOU達はABCから始めよう。何でも一番最初に始めようって意味があるじゃん。」って言われて。“いや、聞いてたのと違うな” って思ったんですよ。

2人:Acrobat Boys Clubじゃないの(笑)!?

河合:それもあるんだけど、「ABCからアルファベットって意味もあるから、橋本が入ってきてアルファベットが完成したからZを付けた。でも、完成しただけじゃなくて、ZはZEROにもなるから、いつでも出発してるって意味が込められてるんだよ!」って、すごい長々説明されて。

木村:うわー、すごいね!

河合:そうなんです。「ゼットじゃないよ、ズィーだよ!」って、すごい言われました。

木村:すごいね! すごいわ! いや〜、深いね!

河合:そうなんです。でも、説明が長くなるんで、あんまりテレビとかで言わないですね。

木村:いやそれ、むしろ言ってった方がいいんじゃない。

河合:言ってった方がいいですかね?

木村:うん。

河合:確かに知らない人が多い。

木村: “A.B.C-ZのZは、終わりのZじゃないんです” っていうのは、言ってった方がいいよ。

河合:あっ、今ぐらいコンパクトにすればいいんですね。

木村:えっ!?

河合:A.B.C-ZのZは、終わりのZじゃないんだよ。

木村:うん。ZEROっていう、“いつでも初心なんだよ” っていう、きっとメッセージなんじゃないの?


そして、河合さんの今までの活動についてのお話に。

木村:郁人的には、事務所に入って結成までの活動は? 同期は誰なの?

河合:がっつり同期はいなくって、近いのだとメンバーの戸塚か、NEWSの加藤シゲアキですね。

木村:A.B.C-Zの前は主にどんな感じだったんですか?

河合:A.B.Cっていうグループが、先輩方のバックにつきまくってるグループだったので、ずーっとバックダンサーでしたね。

木村:へー。誰のバックやったの?

河合:KinKi Kids、V6、あと少年隊。PLAYZONEとかも出てましたよ。

木村:え〜っ!? PLAYZONE出てるの? すっげー! PLAYZONE出てるってねー、ほんとに踊れないと無理なんですよ。

河合:その時に、あと光一君のSHOCKとか出てるときに、バックのメインの方々がいて、その後ろで子供たちの僕がバックだったんですよ。で、ジャニーさんに「YOU達、バックのバックでいいの?」って言われて、「バックのバックじゃ嫌だ!」って言ったら、メインのバックにしていただいたりとか。“あ、でもバックなんだ” と思いながら(笑)。

木村:「バックのバックでいいの?」「それは嫌だ」「じゃ、バックのメインにしなよ」って。

河合:それで、その後も「YOU達、バック専門でいいの?」ってなって。自分達もアピールして、グループとしてちゃんと活動していきたいってなった時に、誰か入れようって入ったのが橋本なんですよ。ボーカル要員として橋本を入れて。それでA.B.C-Zになりました。

木村:そうなんだ。じゃ、結構長い間ずっとバックで。

河合:多かったですね。下積み結構長いです。

木村:でさー、Acrobat Boys Clubっていうぐらいだからアクロバット半端ないじゃん。怪我多いよね?

河合:そうなんすよね。怪我多すぎて…。

木村:骨折もしてんじゃん。2011年、ミュージカル出演中に左足を骨折って書いてありますね。

河合:はい。複雑骨折しましたね。一か月入院しました。中学生の時も左手骨折してるんですよ。

木村:それは?

河合:台からバック宙する練習してる時に、着地失敗して手を着いちゃって折れちゃったんですけど。こんだけ怪我が多いので、Acrobat Boys Clubなのに、今はバク転するのもちょっと怖いです(笑)。

木村:(笑)。みんなできるんでしょ?

河合:全員できます。木村さんもやってましたもんね。

木村:やってた。

河合:あの頃の方が皆さんできてましたよね、デビューされてる方。今、出来ない人のが多いと思います。

木村:そうかなー?

河合:最近やってます?

木村:最近、全然やってない。ロンダートから入っていいんだったら、多分できる。

河合:えー、逆にすごいっすね。

木村:なんで?その場の方が怖くない?

河合:あーっ、そうか。でも、怖くないですか? 連続っぽくなる方が。

木村:ううん。ロンダートから入った方が、俺はやりやすい。

河合:えー。見たいですね。今度コラボしません?

木村:見たいっていうなよ!

河合:A.B.C-Zと一緒にやりません?

木村:いや、つかっちゃんとかもう、次元がヤバそうだから。

M1.Za ABC〜5stars〜/A.B.C-Z

2020年08月02日Flow 第百五回目「拓哉キャプテン × 河合郁人」Part1

今月、8月のゲストはA.B.C-Zの河合郁人さんです。
一体どんなトークになるのか、お楽しみに!!


木村:今月のゲストはこの方、A.B.C-Zの河合郁人〜。
よろしくお願いします。

河合:お願いしま〜す! 来ました!

木村:俺ら、どれぶり? ライブぶりか?

河合:ライブ、そうですね。大阪公演。

木村:東京にも来てくれて、大阪にも来てくれたんだよね。

河合:そうです。2ステしましたね。

木村:なんで東京にも大阪にも来るんだろうって、すごい不思議に思ってたんだけど。

河合:それはまぁ、ファンだからですよね。

木村:不思議なんですよね。

河合:DVDも買いましたからね、全種類。

2人: (笑)。

木村:そのライブの時にMCで言ってくれてたけど、ライブ会場で物販で販売させていただいたTシャツだったりとか、いろんなものを「全部持ってますよ!」っていう。

河合:全部買いました、しっかり。

木村:それは、今後、俺は用意した方がいいの? (笑)

河合:えっ? どういうことですか? グッズをですか?

木村:いや、「俺、買いましたよ!」って、すごい僕に報告してくれるから。その報告を受けると、“俺、用意した方がいいのかな〜” っていう。

河合:大丈夫です。僕、後輩じゃなくてファンなんで。

番組にこんなメッセージが届いてるので、紹介します。

【茨城県 しっち 21歳 女性】
キャプテン、こんばんは。初めてメールを送らせていただきます。
キャプテンはジャニーズ大好きジャニーズに興味はありますか?
A.B.C-Zの河合くんです。
そこで是非河合くんにゲストにきてもらって、ガッツリジャニーズトークをして欲しいです。
河合くんのジャニーズ大好きならではのトークはとても面白いですよ!


木村:しっちさんから、こういうパスが来たところにドンピシャでゲストに来てくれたんですね。

河合:ありがとうございます。ジャニーズ大好きなジャニーズなんですよ。

木村:ジャニーズ大好きジャニーズ? 不思議なアレだよね。

河合:子供の時から、もうず〜っと家の中でジャニーズが流れてたんですよ。母親が東山さんのファンで。少年隊からずっとジャニーズを聴いて育ったんで。

木村:お母さんが少年隊の東山さんのファンで、郁人が生活している、大きくなってくる生活スペースにはずっと、その。

河合:ジャニーズが。

木村:が、存在してたの? 共存してたんだ。

河合:初めて覚えた曲が、忍者の「お祭り忍者」です。

木村:へー。それ、いくつの時?

河合:たぶん、幼稚園とかですね。まだカセットテープでしたよ。

木村:それが流れてて。♪テッテッテレッテ…。

河合:「わっちょい」って言ってましたよ(笑)。「わっしょい」がちゃんと言えなくて(笑)。

木村:それが「わっちょい」 だったんだ(笑)。

河合:「わっちょい」でしたね〜。

木村:へー。

河合:木村さんはジャニーズに入る前は、正直ジャニーズとか全然興味なかったですか?

木村:え〜、ちょいちょいこういう形式になってくると思うんですけど。なぜかね、インタビュアーになるんですよ。分かんないんだけど。

河合: (笑)。いや〜、聞きたいですもんね〜。

木村:僕はジャニーズ入る前は全く、全くでした。

河合:全くもう、芸能界も興味ない感じでした?

木村:はい。みんなが好きなアイドルのシャーペンとか下敷きとか持ってた時に、一人、恥ずかしいんだけど使ってたのが、 “なめ猫” でした。

河合:ジャニーズ入ってから “ハマった瞬間” ってどこなんですか? “あっ、これ楽しい” みたいな。

木村:ハマった瞬間!?

河合:結構言うじゃないですか。僕は自分で応募したんですけど。お姉ちゃんだったり、お母さんに送ってもらって、入ってから踊ってみたら踊りが楽しいと思ったっていう、うちの五関とかもそうなんですけど。
ハマった瞬間ってあるんですか? 楽しいなと思った瞬間。

木村:え〜っとね、まず、もうほらインタビュー形式でしょ。まず、僕は一切自分からなりたいとか、履歴書も送ってないし。送ったの、おばさんだし。しかも勝手に送ってたし。

河合:なんにも言わずに?

木村:なんにも言わず。連絡がやたら来たんですよ。ジャニーズから。で、3回バックレましたからね。

河合:がっつり、“これでやっていこう!” っていうの、結構時間かかったんですか?

木村:全然かかってますよ。

河合:えー、そうなんですね。

木村:「YOU踊っちゃいなよ!」って15歳で言われて。“これ、すっげー世界だな” って思ったの、やっと17歳。蜷川さんの舞台を踏ませていただいて初めて。“わ、こっれやばい” っていう。

河合:なるほど。

木村:あの舞台経験してなかったら、たぶんやってないですよ。

河合:すっげーな、それ! じゃーもう、出会いですね。いろんな出会いと経験で。

木村:だと思う。それがなかったら、今こうやって過ごしてないと思います。

河合:うわ、すっげー!

木村:いや、ゲストお前だよ!

河合:あ、そっか。僕が聞かれる…。

木村:来てくれたゲストが、どう人生をFlowしてきたのかっていう、これ番組なんだけど。ゲストが来て、俺に質問して俺が答えてるだけで。一切、郁人が今日来て、「へー、普段そういう感じなんだー」っていう話は今、してないからね。今のところ。

河合:そうですね。逆でしたよね。

木村:『グランメゾン東京』の再現シーンで原付乗ってやったの?

河合:はい。くりぃむしちゅーの有田さんの番組で、自分がやりたいことをVTRにする『有田プレビュールーム』っていう番組があるんですけど。僕は、「TBSの木村さんのドラマを再現したい」って言って、『ビューティフルライフ』と『グランメゾン』を再現したんですよ。その聖地に行って。その時に、グランメゾンの平古祥平(玉森裕太)をバイクで誘いに来るところあるじゃないですか。「グランメゾンに来い」っていう。

木村:「一回しか言わねーぞ」ってやつね。

河合:あそこやりたかったんで、「ここやりたいです。でも、バイクの免許無いんで原付で」って言って、原付でやりました。

木村: (笑)。

河合:服装とか、ほぼまんま。緑のヘルメットかぶって。バンダナをマスクにして。ほぼまんまなんですけど、原付だけがちょっと。ぱっと見はあんまり分かんないんですけどね。

木村:いや、分かるでしょ。あれ、乗ってたのハーレーだからね。

河合: (笑)。僕の中では、ハーレーに乗ってるつもりで。あの場所で撮りました。あのマンションの前で。

木村:マジ?

河合:上の階の奥様方が撮影を見に来て、“あれ? またグランメゾンやるのかな” って思ったと思います。

木村:いや、たぶん思ってないと思いますよ。相当痛いヤツが来たなっていう風に見てたんじゃない?

河合: (笑)。再現しました。料理シーンとか、あとビューティフルライフは公園で待ち合わせして、20分って言ってたのに杏子(の車椅子が)がハマっちゃって中々来れなくて。「おせーよ!」ってシーンあるじゃないですか。あそこ再現しました。

木村:うん。いや、再現されてもさ。

河合:めっちゃ楽しかったです。

木村:いやぁ、すごいな。

M1.今夜月の見える丘に/B'z


top_back