木村拓哉のFlow - TOKYO FM 80.0MHz - 木村拓哉

木村拓哉のFlow - TOKYO FM 80.0MHz - 木村拓哉

2019年07月28日Flow 第五十二回目「拓哉キャプテン × 糸井重里」Part4

今月は、糸井重里さんをゲストにお迎えしています!

1ヶ月にわたってお送りしてきた、糸井重里さんとのトークも今回で最終回!

今週は、リスナーさんからのメールをもとにトークしました!

岐阜県 みったさん 16歳 女性
拓哉キャプテンこんにちばん!
突然ですが、どうやら私は有難いことに、クラスの男の子から好意を寄せられているらしいんです。
しかし私はその子と初めて話してまだ2ヶ月弱しか経っていない上に、あまり得意ではありません。
好きと言いつつもわかりやすく避けてきたり、私の友達に私のプライベートな情報を聞き出そうとしたり…
男の子の恋心が分からず悩んでいます。 男の子ってそういうものなんですか?
また、近いうちに告白するという噂もよく耳にするのですが、
お断りのいい言葉が見当たりません。
相手を傷つけず、自分もスッキリできるお断りの言葉って何かありますか?
キャプテン教えてください??


糸井:また翌日も会う関係だからね、一生別れるわけじゃないからね。
こういうの木村くんもあるんじゃないの? ドラマの中であったような台詞ない?

木村:ドラマの中には、そういう台詞はないと思いますよ(笑)。相手を傷付けず、自分もさっぱりできるような、そういうシチュエーションってそもそもドラマになりませんから(笑)。

糸井:そうか〜。そしたらこれから答える木村君の答えは、木村君のオリジナルです! どうぞ!!!

木村:なんだその司会ぶり(笑)。

糸井:でも、難しいよね。

木村:難しいですね。これ、実体験から言っていいですか?
僕、告白したら、こう返されて何も言えなくなったし、傷付かなかったんですよ。
傷付かなかったんだけど、“言った本人はどういう感じだったんだろうな?”っていう思いだったんですよ。
<みった>ちゃんに伝えようと思います。

糸井:いいね。

木村:僕がその時、“好きだ”っていう気持ちを伝えて、相手に言われたのが「付き合うのには、私は足りてないと思う」って言われたんですよ。

糸井:それ、何歳?

木村:17歳くらいかな? <みった>ちゃんと同じくらいですね。

糸井:ドラマチックに役を振ったとすると、「恋愛するのに足りてないんです」っていうことを含んでいたとしたら、ものすごくかっこいい台詞だね。
つまり、男の人と付き合ったりするような、そういうところに私はまだ足りてないんですっていう風に奥に秘めていたとしたら、その子の、ある種の真面目さと可憐さがまた良いですね。

木村:今思い返すと、じ〜んとしますね。

糸井:男って、12歳でも13歳でも「俺は好きだ!」とかさ、バカだからさ(笑)。

木村:そうですね(笑)。今、冷静に考えるとその当時付き合うって、一緒に帰るだけで付き合ってるじゃないですか? あれ、なんすかね(笑)。
学校終わりで、一緒に帰るだけで付き合うって思ってたじゃないですか?

糸井:それは、その帰り道の向こう側は隣町にも繋がってるっていうのがあるから、帰るだけでも価値があるんだよ。
永遠にその村から出なかったら、帰り道っていうのは、だいぶ価値が下がるんだよ。

木村:うんうん。

糸井:そうじゃないと、みんながおずおずして「一緒に帰ろう」とさえ言わないもの。
だから、ここはもう動かせないようなバカさなんだっていうのを男は後に知るようになって。
で、その若さと、自分がこう行きたいっていうのを掛け算して、我慢をしてみたり、全然違うところに力を向けたり、すごく捻れて、複雑にして男の面白い人生ができるんだからさ。だから、良いんだよ。
木村君っていうのは、かっこいい収集家だと思うんだよ。

木村:収集家?(笑)

糸井:かっこいいコレクションをものすごく持ってる奴だと思うんだよ。
だから、永ちゃんとかって無意識でやってることを“矢沢がやっていることだったら、人はかっこいいと思うようになるんだから”っていう、信念があるんだよ。
“どれがかっこいいかな?”って考えたんじゃなくて、ナチュラルでやれてきた世代なんだよ。それこそ、昭和だと思うの。
木村君なんかだと、“それもかっこいいな”っていうのを知ってるわけで、かっこ良いをものすごく見つけて、“俺もそっちがいいな”っていうことをいっぱい足し算して、キムタクが出来てきたと思うんだよ、今っぽいんだよ。

木村:そうですか。

糸井:尚且つ「やめた」っていうのも言えるし、着脱可能なんだよ。
かっこ良いじゃないところを、“俺がやったら、ひと捻りでもう一個かっこ良くなるな”っていうことの、編集も含めて収集してきてる人だから。
“ああなりたいな”っていう憧れが「かっこいい業」を作ってると思うんだよね。
案外、木村君の謙虚な、偉そうにしないでいるのは憧れが原点だからだと思うんだよ。それをね、若い時に木村君に言ったような気もするんだよね、でも、その時にまだ分かんないよね。かっこ悪いかっこ良さとかが混じって来ないとね。

木村:そうですね。でも、今すごい分かります(笑)。
で、その断り方ですよね。

糸井:自分の人生なので、相手を傷付けたり、自分が嫌われたりしても、それは大したことじゃないっていう考え方もあるんですよね。

木村:わりと、それはSな感じですね。

糸井:長く見たら、その子と結婚してるはずないんですよね。

木村:わりと今、理想を“バコーーーーン!!!”って、粉々にしましたね(笑)。

糸井:俺は、大人の上のおじいさんの役だからさ「フラれて来い」って言えるわけだよ。
俺はたぶん、「フラれて良かったじゃないか」って言うんだよ(笑)。どんなにきつい小説読むよりさ、“なんでダメなんだよ!?”って思うじゃない?
その中に人から見たら一発でわかる弱点とか、欠点に触れざるを得ないじゃない? それはすごく大切なことだから。
<みった>さんの話を聞いているけど、男の子は負けないですよと、「私、そういう気持ちになれないの」って言われても、男の子は負けちゃダメですよ、っていう風に
ひっくり返して言ってあげるのも(笑)。

木村:相当、Sですけどね(笑)。

糸井:俺は大体平気だったよ、泣いたけど。

木村:いや、泣いているじゃないですか!(笑)

糸井:やっぱり、のちに後悔してないのよ。

木村:きっと泣くのが嫌な人が多いんじゃないですか?

糸井:それはダメだよ、泣かなきゃ!
それをどう納めるかっていう時に、自分が出来てくるじゃない。

木村:うんうん。

糸井:それこそ、恋愛の話ばっかりじゃなくて、仕事の話だってあるしさ。
“どうして俺は無力なんだろう?”とかさ、そこから始まることだらけだからさ。
涙が出たか、出ないかだけのことだからさ。
そこで上手くいかなかったおかげで、のちに、もっといい事があるかもしれない。

木村:けっこう、良い時間になってますよ(笑)。

糸井:深夜の番組みたいになってるね(笑)。

M1.You've Got A Friend / Carole king

top_back