木村拓哉 Flow - TOKYO FM 80.0MHz - 木村拓哉

木村拓哉 Flow - TOKYO FM 80.0MHz - 木村拓哉

2021年09月26日Flow 第百六十四回目

今週は、みなさんからいただいたメッセージを紹介します。最後までよろしく!

木村: まずは、映画『マスカレード・ナイト』を観てくれた方からのメッセージが、たくさん届いています。本当にみなさんありがとうございます! 代表してこちらのメッセージを紹介します。

【埼玉県 フミロック 43歳 男性】
キャプテン、はじめまして!
いつもテレビ、ラジオなど楽しみにしております!
映画『マスカレード・ナイト』公開、おめでとうございます!
話題のタンゴシーン、大スクリーンで観ました! まるでジェームズボンドのようでした!
クセの強いたくさんの役者さんの演技も半端なかったですが、このコロナ禍の中でこんな豪華な映画を作ったスタッフさんの熱量をビンビンに感じました!
ぜひ、続編を熱望します!
新田がホテル以外でも走り回る姿が見たいです!
そして、これからも素敵な作品を送り届けてください!!


木村: ありがとうございます。前作映画『マスカレード・ホテル』の続編になっております映画、『マスカレード・ナイト』。公開されたばかりなのに、フミロックは「続編」っておっしゃってますけど(笑)。確かに、東野圭吾さんのマスカレード・シリーズは、他にも原作はあるんですけども。そして、東野圭吾さんの中で、マスカレード・シリーズが終わってないんですよね(笑)。それが、自分の中では非常に「うん?」っていう形になっているんですが。

先週までゲストに来てくれていました中村アンちゃんとの、アルゼンチンタンゴのシーン。このFlowでもたっぷりお話させていただいたので、映画を観て、すごく盛り上がってくれた方の感想、メッセージも多いですね。このフミロックが“まるでジェームズ・ボンドのようでした!”って言ってくれてるんですけど、ジェームズ・ボンドって、たしか踊ってないよね?(笑) 僕が勝手にアルゼンチンタンゴを踊る際に「よし! 降りてこい! 降りてこい! 降りてこい!」って言って、自分の中に降ろしてたのは、ジェームズ・ボンドではなくてアントニオ・バンデラスさん系を降ろした状態で演ってはいたんです。

公開後、僕の知人も「いや〜、観て来たよ。最前列までいっぱいだったよ!」とか「希望してた時間に行こうと思ったら、もうチケットがなくて。で、結局日にちを変えて、午前中の回に行って来たよ」とか、そういう(連絡をくれて)。映画館自体も、いまは100%で稼働するってできないと思うんです。みなさん間隔を開けて座って下さいっていう状況で上映してくださって、(そんな中で)本当に、たくさんの方がスクリーンで(映画『マスカレード・ナイト』を)体感してくれてるらしいので、すごく嬉しいですね。他にも、細か〜く映画『マスカレード・ナイト』の感想を書いてくれてる方もいるんですけども、そのメールを読んでしまうと、かなりネタばれになってしまうメールが80%ぐらい占めてますので(笑)、もう少し時間が経ってからメールを紹介させていただこうと思います(笑)。本当にみなさんありがとうございます!

【大阪府 りく 25歳 男性】
拓哉キャプテンこんにちは!
毎日Instagramでキャプテンのかっこいい自撮りや飼われているペットで楽しませてもらってます!
堂本剛さんの独演会のイベントで、Instagramを始めたきっかけは木村兄さんの誘いで、眉毛の自撮りを毎日あげていたら、3日後ぐらいにキャプテンから「眉毛もういいよ亅と連絡が来て、申し訳ないけど笑ってしまったと言ってました。
そして、木村兄さんも3ヶ月後にはまって眉毛に自撮りをあげ始めると言っていました。
そこで質問ですが、ジャニーズの後輩の方のInstagramを見て、刺激を受けたり、参考にされていることとかありますか?
ぜひ、キャプテンの眉毛シリーズも見てみたいです!
PS:コロナが落ち着いたら、またキャプテンのライブに行けるように感染対策をしっかりして、コロナ禍を乗り切ります!


木村: ありがとうございます。剛がインスタを始めたきっかけって、俺なの? えー、そうなの(笑)。いや誘ったつもりはないけど、どうなんだろうね。自分がやり始めたのを剛が知って“あーやってみようかなぁ”ってなったのかなぁ。でも、しばらく徐々に太くなっていく眉毛っていうのをあげていて、“何やってんだろう?”って思って。また次の日見たら、またちょっと太くなってる眉毛で。“これいつまでやんだろう?”って思って、また見たらまだやってたから、「(眉毛は)もういいや」ってメッセージ送ったんですよ。そうしたら一応「いや、こういうくだらないことで、ちょっとでも笑っていただけたらと思い…」って(堂本剛から)ちゃんと返ってきた感じですね。俺もはまって眉毛自撮りを(Instagramに)あげ始めると(堂本剛が)言ってたらしいですけど。多分やんないっすね(笑)。でもね、たまに見ると、気さくに今聴いてる音楽に合わせてステップを踏んでるんだろうなぁっていう動画があがっていたりするので、もっともっといろんな堂本剛を見てみたいなとは思いますけど、彼のセルフプロデュースのやり方もあると思うので、それは本当に各々でいいんじゃないですか。

【神奈川県 サイドネット 13歳 男性】
拓哉キャプテンこんにちばーん!
僕は芸人が来るFlowが好きです!
EXITの「最高顧問」、ミキの「師匠」の拓哉キャプテンに相談です。
僕は学級委員をしていますが、なかなかクラスをまとめるのが大変です。
どうすればクラスのみんなをまとめることができますか?
そして最高顧問や師匠をしている拓哉キャプテン、どんなところが大変ですか?
あと拓哉キャプテンにも師匠はいますか? 頑張ってください!


木村: いや〜、勇気出るねぇ。13歳からの「頑張って下さい!」っていう(笑)。「Yeah! 頑張るぜ!」ってなりますよ。ありがとうございます。サイドネット以外にも、“芸人さんをゲストに迎えてのFlow、好きっす”って感想多いんです。13歳で学級委員ができるのはすごいよね。学級委員って、やっぱりなるべくしてなるよね。中学生になって学級委員長やるってなったら、みんなからの指名というか「この人で良いと思いまーす!」みたいな(笑)。“どうすればクラスをまとめることができると思いますか?”って来ましたけど、サイドネットの中で、”まとまったクラス”というのが、どういうクラスの状態をイメージしているのかだろうね。そこじゃない? 人によっては「みんな注目ー!」ってなった時に、みんながスーッと意識的に発言者に対して気持ちが向くっていうのが”まとまってる”っていう言い方もできるし、そうじゃなくても“やるときはやりますよ!”みたいなクラスもあるじゃないですか。それこそ今の中学校1年生くらいの教室の中っていうのは、僕が中学校1年生の頃の教室の中と、多分、流れている空気とか違うと思うんだよね。

それこそ先生が「静かにしろ〜!」って言っても「でさ」「でさ」「でさ」「マジでー!」とかってやってたら、僕が中学校1年生の時は「オイ! 木村! ちょっと来い!」って言われてその場でひっぱたかれたてたんで(笑)。今は多分違うっしょ? だから、僕が中学校1年生の時と、サイドネットが過ごしているクラスの流れている時間だったり空気が、若干違うと思うんだよな。だからサイドネットの中で思う“まとまったクラス”というのが、どういうクラスなのか、これは俺も行ってみないとわかんないんだよなぁ。だから、(クラスを)まとめるというよりかは1人1人のことをサイドネット本人が感じ取った方がいいかもね。うん。“みんなをまとめる”っていうんじゃなくて、1人1人をちゃんと感じていく。じゃないと多分ね、いっしょくたにクラスメイトをまとめるって厳しいと思うんですよね。なんか、1人1人のことを、頑張ってサイドネットが感じ取ることがすごく大事なことかなぁと思います。

あと、“「最高顧問」、そして「師匠」の大変なところ”って書いてありますけど、そうっすね…。EXITからすると(木村が)「最高顧問」で、ミキの2人からすると「師匠」って、彼らが言ってるだけなんで、僕が大変なことは何もないです(笑)。EXITにしてもミキにしてもすごい存在っぽく言ってくれるのはありがたいんですけども、僕が実際、リアルに大変なことは全くないので。はい。“学級委員をやってるサイドネット“と“俺”を比べてもサイドネットの方が大変です。俺は全然大変じゃないです(笑)。

あと“キャプテンに師匠はいますか?”って聞いてくれてますけど、師匠っていう存在は…そうですね、師匠と言うよりも、“この人スゲーな!”とか“カッコいいな!”って人はたくさんいるので、そういう方とお仕事させていただいたりとかすると、“俺もそうしようかな”っていう風に思えたりします。だから、(そういう人たちを)サイドネット的に「師匠」っていう風に表現していいならば、たくさんいます。

それこそ、(明石家)さんまさんもそうですけどね。このラジオのゲストにも来てくれた、ダウンタウンの浜ちゃん(浜田雅功)もそうです。ホント楽屋に帰んないんですよ。ずーっと現場の側にいるっていう。これも“すげーなぁ”って思ったし、この間、お亡くなりになった田村正和さんも、もちろんそうです。“ほんとに、全部(頭の中に)セリフ入っているんだ!”っていう風に思わせてくれたし…うん。“いや、すごいなぁ”“自分でもそうしてみようかなぁ”って思わせてくれる人はいっぱいいるので、師匠はいっぱいいますね。

M1. Alfie/Vanessa Williams

NEW

ARCHIVE

LINK

    TOKYO FM

top_back