木村拓哉 Flow - TOKYO FM 80.0MHz - 木村拓哉

木村拓哉 Flow - TOKYO FM 80.0MHz - 木村拓哉

2021年12月26日Flow 第百七十七回目

今週は、2021年最後の放送。今回はみなさんからいただいたメッセージを紹介したいと思います。最後までよろしく!

木村:いつもたくさんのメッセージありがとうございます。早速紹介していきましょう! まずは、僕が先日いただいた賞についてのメッセージ。

【三重県 タケちゃん 26歳 男性】
キャプテンこんにちは!
この度は第46回報知映画賞 主演男優賞の受賞おめでとうございます!
今年も引き続きコロナ禍での撮影になったと思います。
色々と難しい環境だったり大変な事も多かったと思いますが、その中で生まれた作品でキャプテンがこの様に受賞された事は本当に嬉しい限りです。
これから更に寒くなる日が続くと思いますが、どうかお身体にお気をつけ下さい!


木村:タケちゃん、ありがとうございます。主演男優賞っていうものをいただいたんですけども、なんかこう、あまりピンと来なかったっていうところが正直なところで。でも実際に、ブロンズ像…けっこう重いんですけど、あれをいただいた時に、実感が初めて湧いてきて。
映画賞だったりアメリカのアカデミー賞もそうですけど、そういう授賞式を拝見してると、受賞した方が「あの人にもありがとうを伝えたい」ってすごい長いスピーチをよくされていますけど、その気持ちがすごくわかりました。「この人にもありがとう言いたい」っていう。もちろん監督もそうですし、それこそ新田浩介っていうキャラクターをイメージして書いてくださった東野圭吾さんもそうですし、なんて言うんだろう…太い道筋だけではなくて、一番細い、本当に葉脈の行き届いた、現場のスタッフもそうだし、現場にはいなくても編集室でずっと編集に携わってくれたスタッフだったりとか、「映画が完成しました、上映されます」って時に(宣伝に携わってくれた)宣伝部の方たちだったりとか、そういう方たちにも全部に、この“受賞した”っていうことをきっかけにというか、その場をお借りして「ありがとう」を言いたいなっていう。“ああ、こういうことだからみんなに「ありがとう」って言いたくなるんだな”っていうのがすごくわかりましたね。うん。
続いては、動画「木村さ〜〜ん!」を観てくれた方からのメッセージですね。

【埼玉県 そらまめ 55歳 女性】
「木村さ〜〜ん!」の三十三間堂の回、観ました!
興味深いお話と画面からでも伝わる荘厳な仏像の佇まいに感動してしまいました。
何百年もそこで、世の中や私たち人間をただ黙って見ていたと考えると、時の流れの重さを感じます。
お堂や仏像が色彩豊かだった事、初めて知りました。眼に水晶がはめられている事も…。
ろうそくの光が反射するよう考えられていたなんて。
きっと揺らぐろうそくの炎は仏像の視線をよりリアルに感じられるのだろうな。
瞬きしているように見えたり、黒目が動いているように思えたり…。
想像するだけでゾクゾクします。
朝日を反射させて、仏像の金色が光り輝くように設置された鏡!
離れた場所からでもその輝きは見えたのだろうか?月の光のもとでは?
興味は尽きないですね。幻想的で素敵な教養番組!ありがとうございました〜。


木村:本当に贅沢な時間を過ごさせていただいたなと。三十三間堂の方の「木村さ〜〜ん!」という番組への認識のはき違いがプラスに転じて、「え、『木村さ〜〜ん!』は教養番組って聞いてますけど」っていう。それがベースとなったうえで、一般公開が終わった後の時間に僕らが入ることができて、そしてその三十三間堂の“大道さん”という方がもう付きっきりで、いろんなお話をしながら、120mあるお堂を、15分番組にも関わらず1時間ぐらいかけて回らせていただいて。いや〜、あれは本当に圧巻でしたね。
で、実際に中のいろんな仕組みを教えていただいたり、今までちょっと意味をはき違えていた方が多いかもしれない…「自分と似た仏像があの中に必ず一体はある」っていう知識がみなさんに伝わってるかもしれないんですけども、大道さんがあの時改めて説明してくれたんですけど、「会いたい方、もういなくなってしまったかもしれないけれどお会いしたかったな、お会いしたいなって思う方の面影を、あの千体の仏像の中から見つけられたらいかがでしょうか」っていうことで、あの体数が並べられているらしいんですけどね。
いや〜、もうあれは本当に、あの経験は大きいですよね。すぐに、今撮影中の映画の現場で監督とかに「昨日行ってきたんですよ」って言ったら、「マジ? 俺も行こう」とか言ってましたね。まだご覧になってない方は、GYAO!の方で中の様子が見られると思うので、ぜひ三十三間堂の迫力のある空間、映像をチェックしてみてほしいと思います。
そして、こんな嬉しい報告メールもいただいております。

【神奈川県 ツガタク 25歳 男性】
新海キャプテンお久しぶりです。
この場をお借りして改めてキャプテンにお伝えしたいことがありメッセージさせていただきました。

私は2017年、2018年にキャプテンにメッセージを読んでいただいた、パイロットである父と「グッドラック」のキャプテンに憧れ、パイロットの採用試験合格を目指していた就活生だった者です。

この度、3年間の訓練を経て正式にパイロットとなり、夢を叶えることができました。
まずは、パイロットを目指すきっかけをくださったキャプテン、そして父に改めて感謝の気持ちでいっぱいです。
しかし、ここで終わりではなくここからがパイロット人生のスタートです。

この先も必ず嬉しいこと、楽しいこと、つまらないこともたくさんあると思います。
そんな時も新海元のように、強く熱く、そして誰よりも空を飛ぶことを楽しめる、そんなパイロットになりたいと思います。

最後になりますが、パイロットという素晴らしい夢と出会わせてくださり、本当にありがとうございました。

これからも様々な役を演じる中で多くの人に夢を与え続けてください。応援しています。
改めまして、本当にありがとうございました!Good Luck!!!!!


木村:すげぇ。覚えてましたよ。(パイロットに)なったんだね、本当に。“なろう”と思ってなれるもんじゃないからね、すごいよね。3年という訓練期間ももちろんなんですけど、くじけず続けて実際にパイロットになったということで。もうこれからは、ツガタクが、それこそお乗せするお客様みなさんに「Good Luck!」って言う立場、言う側になったわけですから。自分自身に対してももちろんそうですし、乗ってくださったお客様にその言葉をアナウンスできる側として、胸を張って飛んでいってほしいなと思いますね。おめでとうございます。

そして続いては、リスナーのみなさんが一生懸命チャレンジしていることを応援する【リポビタン×Flow 頑張るリスナー応援企画!】
今回はこちらのメッセージをご紹介したいと思います。

【埼玉県 そらまめ 55歳 女性】
拓哉キャプテンこんにちわ。
「頑張っていること」について考えました。
私は今、病気の後遺症で左半身に麻痺の残る主人と暮らしています。
周りから「たいへんね、頑張ってね!」と声をかけてもらう事もあります。
確かに主人がひとりで出来ない事はサポートしていますが、頑張ってサポートしているかというと何か違うような気もしていました。
今回の企画で改めて考えてみて、私が頑張っているのは投げやりにならない事、諦めずにいる事、希望を持ち続ける事だと思いました。
それは去年のライブでキャプテンが言ってくれた「腐るんじゃねーぞ」という事でもあるなと。
リハビリを兼ねて二人で歩いていると「元気になったね、歩き方がしっかりしてるね」と、時々すれ違う名前も知らない方に声をかけてもらう事もあります。
心配してもらったり応援してもらったり、人って温かいなと感じることが頑張るパワーにもなります。
私はこれからも腐らないでいる事を頑張りたいです。


木村:でも、大変ですよね。「投げやりにならない」とか「諦めない」とか「希望を持ち続ける」ってすごくポジティブなワードだとは思うんですけど、その「続ける」って言うことがすごい大変だと思うんですよ。でもそれを、なんだろうな…大変なんだけども、そこは大変なのをわかっていて「わかってますよ」っていう自覚もしっかりしてらっしゃるそらまめさんは、応援したいですよね。間違いなく、ご主人にもそらまめさんのそういう気持ちは届いてると思いますし。
でも本当に難しいですよね。僕も思わずステージ上で気持ちが高揚して「腐るんじゃねーぞ!」とか言っちゃいましたけど、腐らないでいるってけっこう大変ですからね。
でも、そらまめさんもおっしゃってますけど、“人ってあったけーな”って感じることって、本当にものすごいパワーになることだし。自分もこうやってラジオをやらせていただいて、リスナーのみなさんからいろんなメールをいただいたりするじゃないですか。正直、本当に間違いなくエネルギーになってるし。色々、SNSだったりコメントだったりとかが目に飛び込んできたりすることもあるんですよ。その時にガコーン!ってなりそうにはなるんですけど、こういう自分の部屋のようなラジオをやらせていただいて、そこにたくさんの方からのメッセージだったり気持ちとかいただいたりとかすると、なんか、そういうガコーン!ってなった原因が薄れていくんですよね。どんどん。うん。“そういう風に言ってる人たちもいるけど、こういう風に思ってくれている人たちもこんなにいるじゃん!”っていう。そっちに頭を切り替えられるというか。そう思うなあ。
そらまめさんのその想いというか、足元はしっかり確認しながらも、俯かず前をしっかり見てらっしゃる感じは、フィーリングがすごく伝わってきたので、応援したいなと思います。

【リポビタン×Flow 頑張るリスナー応援企画!】
あなたがいま、一生懸命チャレンジしていること、頑張っていること、頑張っている理由など、エピソードと共に番組宛に送ってください。メッセージをくれたリスナーの中から10名様にリポビタン製品をプレゼントします!
みなさんの熱いメッセージ、お待ちしております!

ここで、去年のライブで、そらまめさんにも響いてくれた僕からのメッセージ、“どんなに悲しくても、苦しくても、辛くても腐るんじゃねーぞ!”「One Chance!」。

M.One Chance!/木村拓哉

BGM
M.Ride On Time[アカペラ]/山下達郎

(後TM:MOJO DRIVE/木村拓哉)

NEW

ARCHIVE

LINK

    TOKYO FM

top_back