木村拓哉 Flow - TOKYO FM 80.0MHz - 木村拓哉

木村拓哉 Flow - TOKYO FM 80.0MHz - 木村拓哉

2022年07月03日Flow 第二百五回目

今週は、みなさんからいただいたメッセージを紹介します!
そして、久しぶりにみなさんのオススメする「地域の名物ラジオDJ」ともトークセッションします。最後までよろしく!


木村:いつもたくさんのメッセージ、みなさん、本当にありがとうございます。
まずは先月最終回を迎えたドラマ『未来への10カウント』(テレビ朝日系)に関してのメッセージが届いております。

【大阪府 Brotherhood 43歳 男性】
はじめまして。人生で初めて、ファンレターというかメッセージを書きました。
「未来への10カウント」1話から最終話迄、全話見ました。
僕も結婚と同時に2人の父親になった環境等、共感する部分も沢山有りました。
けど、何より嬉しかったのは未来への10カウントを毎週、家族みんなで見た事です。
長男長女は自立し、高1の次女と小4の次男と奥さんの4人で今は暮らしてます。
その4人が楽しみに1つの作品に1つの画面に向く。
そんな時間がとても嬉しく、とても有り難く思えて。
その感謝をどうしても伝えたくて、人生初のメッセージに至りました。
木村さんだけでなく、沢山の人達で作られた作品に心からありがとうございました。
次女が最終話を見てる時に桐沢が部員1人ずつにメッセージを送る場面で「演技、うまっ!」と。次男は6話目ぐらいで「この人、ONE AND ONLYの人?すごいなぁ」と。
「誰が言うとんねん」、「今頃かい」とか突っ込んだり。
何気ない、でも貴重な思い出です。本当にありがとうございました。


木村:いやいや、こちらこそ。こうやって、ご家族みなさんで作品を受け取ってくれていたっていうのが、非常に僕も嬉しいことですね。自分にとっても初めて試みる作品ではあったので、どうなるかなぁとは思ったんですけど。でもそれは、受け取ってくださる方たちが楽しんでくれている感が非常に伝わってきていたし、僕も体感していたので、「とにかくやるべきことをひたすらやるしかないな」というモチベーションでやってはいたんですけど。でも本当に、こうやって受け取ってくれている人たちが実在しているっていうことが、僕にとって何よりのモチベーションにつながっていたので、逆にBrotherhoodさんにお礼を言いたいです。ありがとうございます!
続いては、こんなメッセージが届いております。

【埼玉県 フミロック 44歳 男性】
キャプテン、こんにちは!ボクも『トップガン マーベリック』観ました!
オープニングから最後まで大、大、大興奮しっぱなしでした!
トムクルーズ、カッコ良すぎたー!痺れたー!
まさに映画館の大スクリーンで観る映画でした!
キャスト・スタッフの作品に懸ける愛を感じる最高の時間でした!
また、キャプテンの芸能デビューのきっかけでもあったトップガン・愛をぜひ聞きたいです!


木村:36年前ですからね。(『トップガン』)第1作目。僕はその第1作目36年前の作品を観て、興奮し、同じフライトジャケットが欲しくなり、手に入れて。で、気分良くなってウキウキしてたところ、親戚のおばちゃんから「拓哉!」と呼ばれ、「え?」って振り返ったところをパシャッと写真で撮られ、それが履歴書に貼られ、ジャニーズ事務所に送られた…っていうね。それがなかったら、今こういう仕事してないですからね。
その経緯に関しては、『SMAP×SMAP』のビストロスマップにトム・クルーズが来てくれた時に、ご本人にもお伝えしたんですけども。
今回の『トップガン マーヴェリック』は36年ぶりの続編なんですけど、これは「わりと男性の方が作品を観て涙をしている」という声が多く見かけられるんですけど、いや、僕もキましたね。2か所は確実に。僕は(涙を)拭ってましたね、観ながら。“いや〜、そうきたか!”っていう。久々に、映画館に行って単純に観客になれたな。
いやー、楽しかったなぁ。「まだ観てない!」っていう方は、ぜひあの大きなスクリーンで! 爆音で! 観ていただけたらいいんじゃないかなぁと思います。

木村:さあ、今日は内容盛りだくさんですよ!
続いては、リスナーのみなさんが一生懸命チャレンジしていることを応援する
【リポビタン×Flow 頑張るリスナー応援企画!】
今回はこちらのメッセージをご紹介したいと思います。

【島根県 ななパン 58歳 女性】
私はアラ還の主婦です。今まで事務職を主にしてきましたが、本当に私のしたい仕事ではないというモヤモヤした気持ちがありました。
ある日、職場にキッチンカーが来ていて、その時、「これだ!」とひらめきました。
「私はお客さんの笑顔が見られる飲食の仕事をしたいのだ!」とようやく気づきました。
それからいろいろ試行錯誤があり、今はパンケーキのテイクアウト専門のお店を出すために頑張っています。立ち仕事に慣れるため、スーパーのベーカリーで働き始めました。
半年後にはやめて、お店の準備に取り掛かり、来春にはオープンを目指しています!
毎日がこんなに充実していて、絶好調なのは夢の実現へ向かっているからなんですね。
年齢に負けず、第2の人生への頑張りをキャプテン応援して下さい!


木村:いつ来るかわからないね。こういう、「これだ!」っていうタイミングがね。すごい出会いだし。自分も、台本だったり(お仕事の)お話をいただけた時に、最初は「これだ!」って思えないかもしれないじゃないですか。でも、その作品の監督や脚本家の方とかといろいろ話をしていくうちに「これだ!」って思えたから、やる。で、(「これだ!」と)思った以上、やっぱりそこは覚悟を決めて、”絶対にやり抜いてやる”っていう、そんな自分が毎回いるかなぁとは思います。
お店をオープンしたら、メッセージ送ってほしいと思います。お待ちしております!

【リポビタン×Flow 頑張るリスナー応援企画!】
あなたがいま、一生懸命チャレンジしていること、頑張っていること、頑張っている理由など、エピソードと共に番組宛に送ってください。メッセージをくれたリスナーの中から10名様にリポビタン製品をプレゼントします!
みなさんの熱いメッセージ、お待ちしております!

木村:続いては久しぶりに、みなさんがオススメする「地域のラジオDJ」と、トーク・セッションをさせていただきます!
たくさんのメッセージが届いております!

【沖縄県 ラオウ2号 33歳 男性】
木村さん、スタッフの皆さん、こんにちば〜ん!!
僕が住んでいる沖縄の美人で美脚の名物DJを紹介致します。
木村さんの番組の最南端ネット局、FM沖縄の又吉里香さんです。
彼女は、アニメ系の番組をメインに持っています。
アニソンを流したり、コスプレをしたりと、少し面白い人です。そんな又吉さんとのトーク、聴いてみたいです。


木村:ということで、FM沖縄の又吉里香さん(以下・又吉)と繋がっています。こんにちは!

又吉:こんにちは! FM沖縄の又吉里香です。よろしくお願いします!

木村:お願いします! いやー、このリモートのパソコン画面だけでは、なかなか美脚ってところまでは、さすがにわからないですよね(笑)。

又吉:ちょっとこの方、盛るところを間違ってますよね(笑)。

木村:そうなんですか?

又吉:美脚、美人はどうでもいいんですよ(笑)。あの、“面白い人”っていうところをもうちょっと盛っていただいても良かったかな〜と思ったんですけれども。

木村:こちらにメモがあるんですが、「いつかは二次元に行ける」っていう風に思ってらっしゃる?

又吉:まだ思ってますね(笑)。はい。

木村:まだ思ってるんですか?

又吉:まだ思ってますね。最近VRっていうのが出て来たので、そろそろ私も(二次元の世界へ)行けるんじゃないかと思ってますけれども。

木村:(メモに)「適度に若作りな子持ち人妻」っていうところも。

又吉:今、10歳と6歳の娘がおりまして。「“過度”に若作りを頑張ろう!」と思ってますね。

木村:これは”適度”ではなくて”過度”?

又吉:”過度”にですね。重力と年齢には逆らっていこうかな、というのをモットーにしてます。

木村:あ〜、一番ヤバいパターンですね(笑)。

又吉:“ヤバいパターンです”って(笑)。

木村:「FM沖縄ではディレクター兼アナウンサーとして活躍されてる」と書いてあるんですけど、現在担当している番組はどのような番組なんですか?

又吉:今は『オキアニ!』っていうアニメソングを中心におかけする番組と、あとは、ディレクターの方では夕方の帯番組を担当してますね。『オキアニ!』の方は自分で(番組構成を)作って、自分で喋って…っていう形ですね。ほぼ1人でやってる感じです。

木村:そこで紹介するアニソンは、どんなアニソンなんですか?

又吉:一応、縛り(ルール)を設けてまして。2000年以降(のアニソン)という形にしてるんですね。

木村:それはなぜ?

又吉:私が入社した時に、80年代とか90年代とかのアニソンを語ったりする方はいっぱいいらっしゃったんですよ。でも、2000年代以降からは「ちょっとマニアック過ぎるね」って言われたり、なかなか広がりを作ることができなかったので。“じゃあ、逆にそこに振り切ってみようか!”っていうことで、2000年以降っていう縛りをしていますね。

木村:へぇ〜。

又吉:もう、仕事していない間はほとんどアニメを観ないといけないんじゃないかなってくらい、観て…。

木村:でも、好きだから苦じゃないですもんね。

又吉:そうですね。私、作品っていうより、キャラクターが好きになるタイプで。黒髪で長髪でストレートのキャラクターがいたら、それで(作品の世界へ)入っちゃうタイプなんですよ。

木村:黒髪で?

又吉:長髪で、ストレート。で、男性。で、ご本人を目の前にしてアレなんですけど、ハウルも(『ハウルの動く城』)も金髪よりは黒髪派ですね。黒髪になってからが、私的には本番って感じですね。

木村:本番(笑)。本番って何の本番なんですか?(笑)

又吉:”萌え”の本番ですよ!

木村:萌え? ハウルを観て萌えてるんですか?

又吉:萌えますよ! 第一声から「キター!」って思いましたもん。”私の為にありがとう!”って思いました。

木村:あ〜いや…どういたしまして(笑)。
じゃあ、最後に全国のリスナーさんへ、里香さんの方からメッセージお願いします。

又吉:はい。アニソンというニッチなジャンルをやってはいるんですけれども、聴いていただければ絶対に好きになる作品をご用意できる自信はありますので、一度聴いていただけたらなと思います。FM沖縄で、毎週月曜日夜9時、”月9”でやっております。

木村:おおぉ、月9(笑)。月9だよ! 月9でアニメだよ!
じゃあ、これからも楽しい月9をお届けしてほしいなと思います。

又吉:ありがとうございます!

木村:FM沖縄の又吉里香さんでした! ありがとうございました!

そして! 先日、山下達郎さんが11年ぶりとなるニューアルバム『SOFTLY』をリリースしました。
今ですね、僕の手元に、なんと! この『SOFTLY』のアナログ版があるんです!
なので、ぜひここはですね、このアナログ版の『SOFTLY』に入っている『グランメゾン東京』の主題歌「RECIPE」をみなさんと一緒に聴いてみようかなと思っているので、スタートボタンを押したいと思います!
それでは聴いてください。山下達郎さんで「RECIPE」!

[OA曲]
M.RECIPE (レシピ )/山下達郎

[後TM]
MOJO DRIVE/木村拓哉

NEW

ARCHIVE

LINK

    TOKYO FM

top_back