木村拓哉 Flow - TOKYO FM 80.0MHz - 木村拓哉

木村拓哉 Flow - TOKYO FM 80.0MHz - 木村拓哉

2022年07月31日Flow 第二百九回目「拓哉キャプテン × かまいたち」Part4

7月のマンスリーゲストは、お笑いコンビ「かまいたち」の山内健司さん、濱家隆一さんをお迎えしました!
今週は山内さんの「人生の1曲」も伺います。最後までよろしく!


木村:家族との時間はちゃんと取れてます?

濱家:僕らはやっぱりなかなか…。まあ帰ったら寝てるし、朝出て行く前に2時間とか遊んだり、空いてる時間に帰ってちょっと遊んだりとかはしてますけど。

山内:なかなかないですね。今は。

木村:でも、ディズニーランドに行ってたじゃん。

山内:ディズニーランドは、久しぶりに休みで行ったんですね。嫁と子供はめっちゃずっと一緒にいれるじゃないですか。でもそこに僕がいれるっていうのは、もう2ヶ月に1回とか。

木村:え〜、マジ?

濱家:それぐらい。でもこの間、山内だけ用事があったんですけど、僕が休みやった日に、僕の家族と山内の奥さんと息子と6人で遊びに行きましたよ。

木村:マジで? 完全に家族ぐるみじゃん!

濱家:そうですね。お台場の、なんか遊べる施設みたいなとこ行って。僕の娘、めっちゃ僕に似てるんですよ。で、山内の息子はめっちゃ山内に似てるんですよ。むちゃくちゃ(子供同士で)「かまいたち」で。ご飯食べる時とか横で並んで食べてるの見てたら、”そっくりだな”と思って。

木村:なんかいいね。面白そうだね。

山内:そうですね。連れてってもらって、息子も「濱家さん! 濱家さん!」ってずっと言ってます。

濱家:めっちゃ大きい声で言うんすよ。一応僕、変装してるじゃないですか。

木村:まぁね。

濱家:で、「濱家さ〜ん!」って言ってる子供の顔がめっちゃ山内だから、すぐバレるって言われますけど。まあ、でも可愛いですね。相方の息子ですけど。

木村:その家族ぐるみな感じは、すごい豊かな感じがするよね。

濱家:そうですかね。大阪から出てきたタイミングが、もちろんコンビなんで一緒じゃないですか。奥さん同士が、やっぱりこっちにあまり知り合いもいないから、それで…っていうのも助かってますけどね。

木村:もし、この3人でどこか行くってなったら、どこ行きます?

濱家:ええっ!? 1回、家集合でもいいですか? 木村さんの。

木村:え?

濱家:木村さんの家に1回まず集合していいですか? どこか行くにしても。

木村:(家の)外でしょ?

濱家:いえ、(家の)中に。リビング集合で。

木村:リビング???

濱家:マクドナルド買って行くんで、僕ら。

山内:マック、おごりますんで。

木村:いや、マックおごるとかの話じゃなくて、(木村家)家集合はおかしくないっすか?

山内:いやいや、わかりやすいんで。

木村:でも、 家族以外の人がリビングに入ってきたら、えげつなく警戒する犬が居るんで。

かまいたち:大丈夫です!

木村:大丈夫じゃないと思うよ(笑)。家集合は、ちょっとアレかな?

山内:行ってみたいです。

濱家:1回ちょっと。

木村:なんで? 別に何でもないですよ。

かまいたち:行ってみたいです。

木村:「行ってみたいです」じゃないよ(笑)。だったら、山内の家も行きたいよね。

山内:木村さん家、行けるんだったら、全然うち来てもらっても。

木村:(濱家は)山内の家行ったことある?

濱家:山内の家、行ったことないですね。

木村:(山内は)濱家の家行ったことある?

山内:俺はないですね。

木村:じゃあまず山内の家でしょ。

かまいたち:木村さん家。

木村:順番的には山内家に行って、集合して(笑)。

山内:いやいや、木村さん家行って。木村さんが寝てるベッドの上でめっちゃビヨ〜ンビヨ〜ンジャンプして。

濱家:そんなんしたら連れて行ってもらえないわ。

木村:それはダメですよ。100でダメだよね。

濱家:リビングのソファーにちょっとちょっと座って。「じゃあ行きましょうか」って5分だけで大丈夫なんで、木村さんの家集合で。で、3人でね。そこから3人でどこ行くかはちゃんとしますんで。

木村:で、それ、誰の車で行くの? どこか行くってなったら。

かまいたち:木村さんの。

濱家:木村さんの車で、木村さんの運転で。

木村:おかしいだろ?(笑) 何でうちに来て、うちの車で、俺が運転でどっか行くの? じゃあ、(帰りは)確実に俺が送っていくって話になるよね。

かまいたち:はい。

山内:途中のお金とかも、全部木村さん。

濱家:木村さん持ちで。マクドは買って行きます。マクドは任せてください。

木村:最初のマクドは、そっち。その後は、俺。

濱家:で、海。

山内: 海ね、いいね。

木村:海?

山内:海行ってみたいな〜。俺、釣りも行きたいな。釣り。

濱家:木村さん、船運転できはりますもんね。

木村:できます。じゃあ、もうどこに行ってもず〜っと俺、運転手じゃないですか。

かまいたち:(笑)。

木村:車も海まで2人を連れてって。「着いたぞ! じゃあ行こうか」っつって、俺もまた船操船して。「着いたぞ。(釣りを)やれ!」って言って2人が釣りして。「釣れるか〜?」てやって。「全然釣れないですよ、何ですかココ!」「わかった。じゃあポイント変えようか?」って。で、また「着いた、やってみ?」って。

濱家:(魚)捌けますもんね、木村さん。

木村:捌けたりはするけど。え? それを俺が捌いて、それを(2人が)食う。

かまいたち:はい。

濱家:ご馳走様です。ありがとうございます!

木村:無しだな(笑)。

濱家:連れて行ってくださいよ。木村さん(笑)。

山内:お願いします(笑)。

木村:すごいな。まあ、でもそれ、アレできたら面白いね。『かまいちょぱ』(GYAO番組)さんと。

濱家:マジっすか。コラボっすか。いや、マジで嬉しいですね。

木村:いや、でも『かまいちょぱ』さんとのコラボで、うち使用は無しね。

濱家:それは…どうですか?

木村:だからこの間、吉本(興業)さんの本社で集合したから、今度はジャニーズ事務所に来てもらう。

山内:それ行ってみたいです!

濱家:入れてもらえますか? 大丈夫ですか?

木村:いや、話を通しておけば。

濱家:お願いします!

木村:ジャニーズ(事務所)集合で『かまいちょぱ』と『木村さ〜〜ん!』(GYAO番組)のコラボロケ。じゃあ、集合場所はジャニーズ事務所で。

山内:木村家解散で。

濱家:(笑)。

山内: 木村家解散で。

木村:誰も言ってないんですけど。

山内:打ち上げ。

木村:打ち上げ?

山内:はい。

木村:このご時世、あんまりないからね、打ち上げ。

濱家: アクリル(板)を持って行きますので。

木村:(笑)。 “『かまいガチ』(テレビ朝日系番組)の企画で、anan(マガジンハウス)に載るため、本気のボディメイクに挑戦し、見事コンビで合計12キロの減量に成功する”。

濱家:はい。しましたね。

木村:今もキープしてる?

濱家:今も体重キープしてます。

木村:2人して?

濱家:筋肉はちょっと、さすがにこの時よりは若干落ちましたけど、体重はキープしてますね。

木村:これ、『かまいガチ』の企画だったんだ?

濱家:はい。

山内:企画ですね。

濱家:で、本が出たんですよ。(『かまいたちのガチやせ “自分史上最高のカラダ"のつくり方。』マガジンハウス)ダイエット本です。

木村:どうやってやったの?

濱家:しっかりした食事制限と、パーソナルトレーニングのジム行って。ほんまにやりましたね。

木村:何か月ぐらい?

かまいたち:2ヶ月です。

木村:2ヶ月で、(2人)合計で12キロの減量。

濱家:はい。これは興味があればぜひ。

木村:2ヶ月で12キロだったら、すごい効率がいい。

山内:僕は4キロくらいです。ほぼ、濱家です。

木村:マジ?

濱家:かなり絞りました。この時は。

山内:濱家がもうバキバキに仕上げて。僕もあの、コロコロ(腹筋ローラー)、家でやるっていう。

木村:あの、腹筋のね。

山内:あれをほぼずっとやるっていうのをやったんですけど、最終的に”立ちコロ”(立った姿勢から転がす)とかもできるようになって。

木村:”立ちコロ”って、あの両足のみの。

山内:膝をつかずに行って戻って来る。

木村:いけるの?

山内:はい!

濱家:3、4回? 5回くらいは。

山内:5回くらいはいけます。

木村:すごいね。

山内:いけるようになって。ゴツくなって痩せはしなかったです(笑)。

濱家:格闘家みたいな(笑)。

山内:格闘家みたいな体型に仕上がって。

濱家:カッコイイ体というよりは、強い体。

木村:やめてよ、大晦日(格闘イベント)(笑)。

かまいたち:(笑)。

木村:でも、これはぜひ、興味がある方はチェックしていただいて、トレーニングの参考にしていただければいいかなと思います。
今月はかまいたちの2人とお送りしてきましたが、今後の目標とか夢とか、“どんなことに挑戦してみたい”ってあったりしますか?

濱家:目標は昔から決まってるんですけど、「大金持ち」。これはもう譲れないです。

木村:(笑)。どうなったらそれが叶ったっていうことになるの? 今は違う?

濱家:今はもう全然、全然違います。

山内:濱家は貯金の目標が昔からあって。

濱家:自己資産100億円。100億円貯まったらやめます。全部。

木村:100億円が目標なの?

濱家:目標です。

木村:それは…相当、自分に鞭打たなきゃダメだ。

濱家:ガリガリなるとは思うんですけどね。100億円貯まったらやめます。

木村:なるほど。そこが目標。

濱家:はい。

木村:山内氏は?

山内:僕はまぁ、競馬が大好きで。馬主さんですね。

木村:それは共同でなくて?

山内:共同じゃないんですよね。

木村:自分の?

山内:最終的に、自分の馬を持ってダービー制覇するっていうのが。

木村:制覇!

山内:一番の目標です。

木村:ダービー制覇。

濱家:良い夢っすね。

木村:これはなんか叶いそうだね。

山内:マジっすか?

濱家:大金持ちやな。とどのつまり。

山内:ダービーに出れる馬を持ってるっていうのは金持ちじゃないといけないし、最初の口取り式で馬の手綱持って記念写真とかはしたいですね。

木村:上にジョッキーがちゃんと乗った状態で。

山内:キタサンブラックが勝った時のサブちゃん(北島三郎)さんの「祭」熱唱とか、カッコ良かったんで。

木村:あれは、カッコ良すぎるよ。
ということで、今月はお笑いコンビかまいたちのお2人とお送りしてきましたが、この番組では、毎回ゲストの方に「人生の1曲」を伺っているんですけれども。
先週は濱家氏の山本彩ちゃんの「レインボーローズ」。今週は山内氏の「人生の1曲」を伺います。どんな1曲になるのでしょうか?

山内:福山雅治さんの「道標」という曲です。

木村:これは、なぜその曲なんですか?

山内:これも本当に最近なんですけど、ある番組で「道標」っていう曲を歌ってる青年を見たんですよ。そしたら、めちゃくちゃ…。

木村:アレだよね。ハモるやつだよね。

山内:え〜!

濱家:ハモるのも(『かまいガチ』)も見てくれてたんですか!?

木村:披露宴で。

山内:はい、そうです。

濱家:号泣してたやつ見てくれてましたか。

木村:そこで歌ってた曲だよね。

山内:そうです。とある番組で青年が歌ってるのを見て好きになって、そこから「道標」を聴く度に感動がすごかったんで、他の人にも聴いてほしいっていうことで、人の結婚式に行ってそれを披露して、感動してもらおうと思ったら、自分が大号泣してしまった。

木村:自分が泣いてたもんね。

山内:で、オンエアも家でチェックしたんですけど、オンエア見てまた泣きました(笑)。

濱家:泣きすぎや。どんだけ泣くねん。

山内:とにかく、なんかこうドンピシャの曲で。僕の中で。 聴いてほしいです。

木村:あれだけ(山内が)歌い込んでもいるしね。

濱家:そういうことですね。

木村:で、自分の為の歌なのかなって(思ったら)、あの時の山内氏を見てたら、人に届けるための歌になってましたよ。

山内:そうですね。もう全員に届けたいです。この歌を。

濱家:福山さんがやってるから(笑)。

山内:俺に権利を譲ってほしいです。

木村:福山さんにちゃんと直訴して。

山内:直訴して。

木村:“この『道標』の権利を俺に”。

山内:著作権を全部僕に譲ってほしいです。僕の方が歌える。

木村:じゃあ、ぜひ、直談判でね(笑)。

[OA曲]
M.道標/福山雅治

[後TM]
MOJO DRIVE/木村拓哉

NEW

ARCHIVE

LINK

    TOKYO FM

top_back