EVERY SUNDAY 11:30〜11:55

この番組は、田村淳が、夢に挑み、夢を叶えようとチャレンジし、希望に向かって前進している人々を迎えて、大いに語り合い、未来へのヒントをキャッチするプログラムです。 毎週日曜のお昼、田村淳とおしゃべりしながら、彼らが今取り組んでいることについて、そして今後の夢について語っていきます。

≪本日の、挑戦し続けている若者≫
◆ 株式会社ALE 代表取締役 岡島礼奈さん ◆

2017年最後の放送は、先週に引き続き、
人工流れ星事業を手掛ける、株式会社ALE代表の岡島礼奈さんをお迎えいたしました。

事業を行っていく中で、多くの方から事業を一緒にやろうとオファーが来ると言います。
最初はこの流れ星を、1粒単位で売っていく想定でしたが、「個人での楽しみにするのではなく
大勢の人と共有できるようなシチュエーションに人工流れ星を使っていきたい」と話してくださいました。

淳さんから「twitterの拡散力と、星空に拡散する流れ星をコラボさせればいいのでは?」と提案が。
「天体ショーを所有できる権利」という物を、作ってみてもいいのでは?と。

「みんなが上を向いてくれればいいな」と岡島さん。
スマホを片手にみんなが空を見上げて、それをさらにスマホで拡散出来たら楽しいよね!と。

放出へは15分ほどかかるそうですが、「ミスチルに作ってもらった楽曲で、
みんなでカウントダウン出来たら面白くない??」と淳さん。

沢山の可能性と魅力の詰まった、人工流れ星。
なんと、色を付けることも可能になるとか。
宇宙ゴミとの衝突についても、入念に研究が重ねられ、絶対に衝突しないような計算データが出ていると言います。
そもそも、400km以下である人工流れ星は、衝突の可能性が少ないそうです。

「いつか宇宙には、行ってみたいですね。太陽系の外に行ってみたい。」と岡島さん。

「ずっと空を見上げる仕事っていいなあ〜!やっぱり空を見ないとダメだよ、人間は!」と淳さん。

人工流れ星事業によって、多くの人が同じ瞬間に空を見上げる様子がそう遠くない未来に、実現されるようです。

岡島さん、2週に渡り、ありがとうございました。

null