宮城県・東松島市にこの春 開校した森とともに学ぶ小学校、「宮野森小学校」で行われた、町の未来を考えるシンポジウムの模様、先週、先々週とお伝えしてきましたが、今週は、シンポジウムに続いて行われた、ライブの模様をお届けします。

まずはニコルさんがこの日のために作った詩の朗読です。オール木材の体育館で木の香りに包まれながら 、その声に聴き入りました。


学校は津波で破壊された。
海はもうすぐそばまで迫ってきた。
子どもも先生もいない。
寂しいなあ。
ずっと向こうの海の上、白鳥の群れが飛んでくる。
学校の真上を通って、美しい、逞しい羽で風を切る。
ヒュー、ヒュー、ヒュー。
白鳥が帰ってきた。
もう寂しくない。

瓦礫の街を歩いた。
ほとんどの家はメチャメチャに壊された。
一軒、たったばかりの立派な家が、いたずらな巨人の手によってグシャっ。
マッチ箱のようにこっぱみじん。
波の力は恐ろしい。
なんて悲しいことだ。
その家の家族のみんなはどうなったかな。
寂しいなあ。
でも、この間、同じ街を歩いた。
日本一のカキフライ定食をごちそうになった。
もう、寂しくない。

丘の上の暗い森。
長年、放置されて木々が混みすぎて、鳥も花もほとんどいない。
寂しいなあ。
しかし、みんなと一緒に間伐をした。
貧弱な木々を切り出して、藪を刈った。
下まで光が通ると、春に花がいっぱい咲いた。
小鳥のさえずり。
カエルの合唱団。
暗かった森が明るくなって、賑やかになった。
もう、寂しくない。

田んぼに塩水がかかって、もう米は作れないと言われたそうだ。
寂しいなあ。
しかし、次の年、青々とかわいい稲がちゃんと田んぼに顔を出してくれた。
おいしい米もできた。
もう寂しくない。

新しい街をつくるために木々が切られて、山が激しく削られた。
毎日、朝から晩まで、重機の音がガンガン、ガタガタ。
しかたがないけど、うるさい。
森の動物達はみんな、逃げただろう。
寂しいなあ。
しかし、やっと工事が完成して、静かになった。
たぬきがノコノコと出てきて、空の上にはオオタカが飛んでいる。
新しい駅ができた。
そろそろ家も建てられて、街の人たちも戻ってくる。
もう寂しくない。

地震と津波で亡くなった家族や友だちを思い出すと、きっと寂しいなあ。
しかし、楽しい思い出もいっぱいある。
彼らのことを決して忘れない。
そう思うと、もう寂しくない。

新しい学校ができた。
光と杉の木の香りでいっぱい。
とっても楽しい学校だ。
子どもたちの笑い声が学校中響き渡る。
それを聞いている森の小鳥たちも間違いなく喜んでいる。
寂しい。悲しい。辛いことがたくさんあった。
でも、子どもの笑い、小鳥のさえずり、海の風とともに飛んでゆく。
もう寂しくない。



そしてこの森の学校、校舎は完成しましたが、校舎の背後にある里山を使った「復興の森」は、まだ完成していません。アファンの森財団、野口理佐子さんに伺いました。

◆森づくりのこれから
復興の森に、一番最初にシンボルとなるツリーハウスを2012年に建てました。三階建てのツリーハウスで、完成したときは子どもたちが喜んでくれて、そこで授業をやったりしました。そこを起点に尾根沿いに登ると、頂上にサウンドシェルターがあります。ゆっくり森の音を聞き、自分を見つめ直す、心の声を聞いて、ゆっくり出来る場所をつくりたいというニコルの声を実現したものです。そこからもう少し歩くと、尾根沿い突き当りに馬の蹄展望デッキがあります。そこからの見晴らしが、海が見えてとてもきれいに見えます。今までその3箇所が森の教室としてあったのですが、さらに学校と森の間にある谷に、地形を利用した森の劇場を作るというのが、最後の復興の森の教室づくりです。それができると、子どもがもっと森に行きやすくなる環境になります。森を使ってどんな学校の授業が日常的にできるのかとうのは、これからが実験です。私たちだけでなく、地域の人と一緒に森をどう作るかというのが、これからた大切かなと思っています。



今回のお話、いかがだったでしょうか。C.W.ニコルさんのとても素敵な詩の朗読はポッドキャストでもお届けしていますので、こちらもぜひお聞きください。

【今週の番組内でのオンエア曲】
・ハッピーラッキーデイ(「森の学校 音楽会」より) / D.W.ニコルズ
・春風 (「森の学校 音楽会」より)/ D.W.ニコルズ

パーソナリティ

高橋万里恵
高橋万里恵

あなたからのメッセージ・ご意見をお待ちしております

各放送局の放送時間

  • JFNヒューマンコンシャス募金は鎮守の森のプロジェクトを応援しています。

ポッドキャスト

  • ポッドキャスト RSS
  • ※iTunesなどのPodcastingアプリケーションにドラッグ&ドロップしてください。
  • 鎮守の森のプロジェクト
  • EARTH & HUMAN CONSCIOUS
  • LOVE&HOPE〜ヒューマン・ケア・プロジェクト〜
  • AIG損保 ACTIVE CARE

PAGE TOP