今週も先週に引き続き、「モバイルボヘミアン」四角大輔さんのインタビューをお届けします。
ニュージーランドで半自給自足の生活をしながら、日本と世界各国を旅して暮らしている方。今日は、いつか田舎暮らし・里山暮らしがしたい、そんな気持ちを持っている方に、四角さんからアドバイスをして頂きます。

〜日本でも最近は、都会ではなくて里山暮らしに憧れる風潮ってあるかと思うのですが、リスナーの方でもそういう生活に憧れている方もいらっしゃると思います。そんな方にアドバイスありますか?
世界中そうなんですが、都市部から距離を置いて、自然豊かな場所に移住するというのが一大ムーブメントになっていて、日本でもそうなんです。雑誌もそういう”移住”という特集を組むくらい大きなムーブメントになりつつあります。理由はいくつかあると思うのですが、ひとつは考え方が変わってきたということ。豊かさや幸せに対しての価値観が、いまの若い人たちは変わってきていて、物ではなくて、精神的な豊かさを求める。体験を優先する。物を買うんだったら、体験にお金を払うというふうに、どんどん本質的になってきているというのがひとつあるとおもいます。
東京だったり大阪だったり、大きな街にいる理由が、そこが好きだとか、ここでこういうことをやりたいっていう目的がある人はいいのですが、ただなんとなく就職でみんな大きな街に行くからとか、そういう明快な理由がなく来てしまった人は息苦しくなっちゃうと思うんですね。そんなとき、日本というのは、地方に行くと食も自然も人々も豊かなので、全然都会じゃなくてもいいじゃないかって、考え方が変わったということがひとつあります。
あとはテクノロジーですね。いま日本中どこへいっても、スマホを経由してものすごいスピードでインターネットにアクセスできますし、地方都市に行けば、東京と同じくらいブロードバンドの速度が早くなっているので、その2つの理由で、都市部じゃなくてもいいんじゃないか、地方の自然に近い場所への移住というのが加速していると思うんです。それはもう全然実現可能なので、もしやってみたいという方がいらっしゃいましたら、ぜひ今、グーグルで調べてもらえば、いっぱい情報が出てきます。


〜それでそこに行ってみて、もし気に入ったら、通いつめてみることですね。
そうなんですよ。僕もニュージーランドっていうのはただの観光地としてではなく、移住したいという目的があったので、15回通ったんですが、観光地はほとんど行っていないんですよ。ニュージーランドの湖しか行っていない。なので、ここに住みたいなっていうイメージがあったら、まずそこに行ってみるということですね。そして、ピンとこなかったらまた別の場所を探せばいいと思うんですが、ピンときたらもう一回行く。とにかく通いつめる。最近では、福岡市を代表として、全国に広がっているんですが、東京や大阪のような大都市からの移住者はウェルカムということで、いろんな待遇を行政が率先して用意してくれたりします。いまはそういう情報がどんどん出ているので、間違いなく5年前に比べてやりやすくなっていますね。

〜ただ、覚悟もいりますよね。
僕はニュージーランドっていう、異国の地に行っているのですが、それにくらべて日本国内であれば覚悟はいらないと思います。日本語が通じますし、常識も一緒ですし、全然怖いことないと思います失敗してもそれで命を取られるわけでもないし。異国の地だったら、もしかしたらそれくらいのリスクがあるかもしれませんが、日本国内であれば、全然だいじょうぶだと思います。

〜そして、まさにそんなことも書かれた本が出たばかりですね。「モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには」ライツ社から出されていますが、こちらはどんな本なのですか?
いまお話したように、今はテクノロジーが完全に場所の制約を受けない働き方、生き方っていうのを後押ししてくれています。そういう時代になっているのですが、なかなか人間の考え方が追いつかないんですよね。日本でいうと地方への移住も、じつはもう環境もインフラも整っているのに、なかなか「今いる場所からぜんぜん違う場所に引っ越すなんて無理」って思い込んでいる人ってたくさんいると思うんです。この本では、どうすればiPhoneとかMacBookとかインターネットのようないろんなテクノロジーを使って、実際に僕が活用しているアプリとか、いろんなガジェットとかも紹介していて、どうやって仕事を作っていくか、インターネットでどうやって収入を得ていくかとか、細かくノウハウを全公開しているんですよ。
また、行政がモバイルボヘミアン的な暮らしを希望する若者たちを歓迎しているというお話をしましたが、そういう街のリストも本のなかに書いているので、海外に限らず、日本国内でそういう暮らしをしたい人にも参考になるような最新情報もたくさん入れています。


〜わかりました。最後に四角さん、日本はこれから夏で、ニュージーランドは冬ということで、これから7月に四角さんは果樹園の手入れをしに一度帰るということですが、それからまた旅をする予定ってあるんですか?
7月に一度ニュージーランドに帰って、一ヶ月半をほどいて、9月にまた日本に仕事で2週間ほど帰ってきます。そのあと11月の頭まで、ヨーロッパを軸に12〜13カ国くらい旅をします。オーガニックっていうキーワードで、いろんな生産者さんとか、ものを作っている、提供している場所の取材をしながら旅をするという予定にしています。

〜またぜひ旅のお話を聞かせてください。
はい。日本にいるときは毎回お邪魔させていただけるとうれしいです。


「モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには 」(ライツ社)四角大輔著

3回に渡ってお届けしたモバイルボヘミアン四角大輔さんのお話、いかがだったでしょうか。ポッドキャストでも詳しくご紹介していますので、こちらもぜひお聞きください!

【今週の番組内でのオンエア曲】
・You're In Love With A Psycho / Kasabian
・Don't Be Denied / Norah Jones

パーソナリティ

高橋万里恵
高橋万里恵

あなたからのメッセージ・ご意見をお待ちしております

各放送局の放送時間

  • JFNヒューマンコンシャス募金は鎮守の森のプロジェクトを応援しています。

ポッドキャスト

  • ポッドキャスト RSS
  • ※iTunesなどのPodcastingアプリケーションにドラッグ&ドロップしてください。
  • 鎮守の森のプロジェクト
  • EARTH & HUMAN CONSCIOUS
  • LOVE&HOPE〜ヒューマン・ケア・プロジェクト〜
  • AIG損保 ACTIVE CARE

PAGE TOP