さて紅葉のシーズンです。緑だった葉っぱが赤や黄色に染まるシーズン。
どこからあの色が出てくるんだろう。なんて思ったことありませんか。
今週はそんな植物の「色」を魔法のように取り出すお仕事をしているある女性にスポットを当てます。
今回お話伺ったのは、コノネンコ真紀子さん。
宮城県七ヶ浜町にお住まいの女性です。
真紀子さんのお仕事は、自然の植物を使った染め物づくり。
わたしたちの周り、当たり前にある植物たちが、実はその中に秘めている「色」を取り出して、様々な作品を作っています。
その作品は地域のアンテナショップやネットで購入することができるということで今回は東松島にあるアンテナショップで、ご本人にお話伺いました。


〜今日は染め物をいろいろ持ってきてくださったんですが、カラフルで可愛いですね。
これがまさか植物とか自然のものから取れたという感じがちょっとしないかもしれないですが、全部自然の色です。植物の蕾だったり枝だったり茎だったり土だったり。自然を見てきれいだなと感じるときの色に似ているのかなと思います。夕日とか日の移ろいとか草花の揺れる感じとか、ふとしたときの色に似ているのかなと思うんです。


〜このちょっと濃いめのピンク紫というかこれも自然のものから取れた色ですか?
今日お召しの服と同じ色ですね。これは蘇芳と言う植物のチップを煮詰めて焙煎して染めた色なんです。こういう色は普通の白よりも体を温めるの力が5倍強いと言われていてます。きっと今日は寒いから高橋さんは無意識に暖かいものを求めてらしたのかなと思ってました。


〜もともとは木ですか?
花を見たままの色で染まると皆さん想像されると思うんですけど、そのようには染まりません。大体くすんじゃったりとか、時間が経ったら黒くなっちゃったりということがあると思うんですけれども、大体は枝とか根っこなんかを使います。たとえば、桜の枝を切っている方にお願いして染めさせてもらったんですけど、桜が咲く前の枝と桜が咲いた後の枝では色味が違うんですね。煮詰めて染料を取るんですけど、桜が咲く前だと淡いピンクに染まるんです。桜が咲いた後は茶色くそまるんですね。花の中に色があるんじゃなくて、木の中に色が眠っているんだなというのがその時に発見したことで、植物ってすごいなと思いました。


〜今見ているこの明るいピンクも、木を煮出すんですか?
ちょっとオレンジがかった赤になるんです。このまっ白なさらしをできた鍋に浸して、その色を定着させるためにアルミニウムとかミョウバンとか錆びた釘、鉄媒染と言うんですが、反応させて定着させるときに色がガラッと変わるんですね。定着させるのも、私は台所で仕事をしているんです。とにかく口に入っても危なくないもの、子供たちが触れても危なくないもの、排水に流しても安全なものというのを基準に選んでいます。ミョウバンもスーパーでも売られている食品添加物レベルのものをできるだけ使って染めています。植物から力をもらっているので、やっぱり自然を汚すようなものを使って染色するというのは私の中にないんです。負担のないもの、自分にも環境にもみんなに幸せになれるものをやりたいなと思ってやっているんですね。その分、定着が弱いので変化をしてしまうんです。このように色あせるというのがあります。でもこういうのって人間ができることじゃなくて自然に生まれちゃうもの。人のシワとかも私はすごくきれいだなと思うんですけど、こういうのが美しいなと思えると、別に歳をとっても良いじゃんという感じに思えてきたりとかもしますね。

〜おうちの中でやるというのは何か考えがあってのことなんですか?
始めた頃って子供たちが小さかったので、あまり離れたくないというのもあったし、隣で私も好きなことをやっていたいというのがあったんです。それに特に布とかってすごく生活に密着しているものなので、自分が生活から離れてそういうものを作るというのがちょっとリアリティーがないんじゃないのかなと感じていたんです。子供が宿題やったり、ご飯のときとか、生活でガチャガチャうるさいんですけど、そういう音を聞きながらやることで言葉にはないものがこもるんじゃないのかなと思うんです。それでおうちでするようになりました。仕事も、夢も、好きなことも全部一直線上で考えていて、そうすると暮らしながらアイデアが浮かんだりとか、仕事をしながら子育てにつながっていると感じたりして、やってよかったと思うんです。

〜ついつい仕事は仕事、おうちはおうちと考えてしまいますが、そうではなくて、延長線上にあるということなんですね。
お風呂に入りながら下染めしちゃうとか、シチューを煮込んでいる隣で松ぼっくりを煮込んでいたり、「今日はご飯何?」と鍋を子供たちが覗いたら、中に松ぼっくりがあってびっくりということもありましたね。「これ枝じゃん」とか。もうおうちが魔女の家みたいになっちゃってるんです。安全なのでお鍋は変えなくてい良いんですけど、量が違うので、私は変えてやっているんです、そんな感じでやっています。


今週は自然の草木を染料にした染め物づくりをする作家・コノネンコ真紀子さんのお話でした。
コノネンコ真紀子さんの作品は、インスタグラムやフェイスブックでも見ることができます。ぜひ見てみてください!
コノマキ染布舎facebookページ→https://www.facebook.com/konomakisenpusha/
コノマキ染布舎インスタグラム→https://www.instagram.com/konomakisenpusha/

【今週の番組内でのオンエア曲】
・Love Is All Around / LOVE PSYCHEDELICO
・恋のひとこと(SOMETHING STUPID) / 竹内まりや

パーソナリティ

高橋万里恵
高橋万里恵

あなたからのメッセージ・ご意見をお待ちしております

各放送局の放送時間

  • JFNヒューマンコンシャス募金は鎮守の森のプロジェクトを応援しています。

ポッドキャスト

  • ポッドキャスト RSS
  • ※iTunesなどのPodcastingアプリケーションにドラッグ&ドロップしてください。
  • 鎮守の森のプロジェクト
  • EARTH & HUMAN CONSCIOUS
  • LOVE&HOPE〜ヒューマン・ケア・プロジェクト〜
  • AIG損保 ACTIVE CARE

PAGE TOP