さて、いろいろと悩ましい日々が続いていますが、
私たち人類は大昔から、そんなココロのザワザワを忘れる方法を知っています。
・・・焚火です。ということで今週は、シンプルに「焚火を楽しむ」
取材したのは、千葉県千葉市にある「たき火ヴィレッジ〈いの〉」です。
アウトドアプランナーで、「焚き火マイスター」としても知られる
猪野正哉さんが管理運営するアウトドアスペースです。




すごくいろんな木が生えていて、杉林じゃなくて見渡すと
紅葉もあるし、混植と言う感じがするんですが、
この場所はもともと何だったんですか?




もともと祖父が造園業をしていまして、
その時に植えていた苗が、祖父が亡くなってほっといたら
でかくなったという感じです。


じゃあも元々は、どなたかのお家に植えられていたかもしれない。
だからいろんな木があるんですね。今日は焚火をできるということで私もスタッフもみんな楽しみにしてきたんですけど、早速教えていただいてもいいですか?



じゃあまずは、せっかくなので薪割りから
やっていきましょう。
構えからなんですけど、絶対に(足を)肩幅以上に開いて
振り切るというか振り落とす。このまま落とす。
その時に膝が曲がっていなかったじゃないですか、
一緒に膝を曲げて上げると力が伝わるので。じゃあ行きます。



すごい!私そのサイズの丸太、直径30センチ弱だから1回でいけないのかと思ったら、1回で真っ二つ全然いけます!!!こんな重いですね斧って………

(薪を割る万里恵さん)


(番組スタッフも薪割りに挑戦!)



本来だったらこれで終わったやつを
乾かしたほうがいいんです。乾かすとよく燃えるんですけど、
僕は結構これをそのまま使っていきます。


普通は乾かしたりするんですね

そうですね。
触ってみるとわかりますが、まだここら辺濡れているじゃないですか。
これが杉の木です。これをどんどん細くしていけば
普通に燃えるので。(ちょっと濡れていても)焚き火で大事なのは
細くするというのが、簡単に焚き火ができる方法だと思っているので、
ベストはもうちょっと細くする。
準備が一番大切ですね。




結局焚き火をしていて炎が上がっている時間は短いじゃないですか。
後片付けのことを考えたらこういう太いの入れられちゃうと、
これをちゃんと燃やすのは大変なので。
僕はなるべく太いのを入れようとする人は止めています。
寝れなくなるとか、帰れなくなるという理由で。(片付けを考えると)
一般的にはひと束こうやって売ってるじゃないですか。
あの状態で終わらずにくべていくと、
大体炎が出ている時間が1時間半前後なんです。
そこからちゃんと消す、鎮火させるとなると、
そこから2時間以上かかると思うんです。
(鎮火する方が時間がかかるんですね)なので、やっぱり僕は
なるべく細かいのを、結局炎のサイズってたくさんくべようが
細かいのちょこちょこ入れてもそんなに変わらないので、
それだったら燃えてすぐ終わるほうが潔いというか。
(鎮火を待つのって)だるいです。
(細かいというのがひとつのポイントなんですね。
そのためには割らなきゃ。細かくしなきゃいけないんですね)



いよいよ割った薪を細かく細かくして
森の中で焚き火を囲み、薪をくべていきます!


★猪野さんが昨年にご自身で手掛けた本『焚き火の本』は、
山と渓谷社から発売中です。


【今週の番組内でのオンエア曲】
・ A BIRD  / 大橋トリオ
・エヴリシング・ハズ・チェンジド featuring エド・シーラン/ Taylor Swift

パーソナリティ

高橋万里恵
高橋万里恵

あなたからのメッセージ・ご意見をお待ちしております

各放送局の放送時間

  • JFNヒューマンコンシャス募金は鎮守の森のプロジェクトを応援しています。

ポッドキャスト

  • ポッドキャスト RSS
  • ※iTunesなどのPodcastingアプリケーションにドラッグ&ドロップしてください。
  • 鎮守の森のプロジェクト
  • EARTH & HUMAN CONSCIOUS
  • LOVE&HOPE〜ヒューマン・ケア・プロジェクト〜
  • AIG損保 ACTIVE CARE

PAGE TOP