高橋:今週も、アウトドアライフアドバイザーの寒川一さんと“焚き火”を囲んでの様子をお届けします。

寒川さんが北欧の先住民族から教わったという、独特の「コーヒーの淹れ方」。
名前は「レンメルコーヒー」というもので、たかがコーヒー、と侮ってはいけません。
そこにはアウトドア・自然とともに過ごすことの「本質」が隠されていました。


>>>>>>>>>>>>>>

<< 取材レポートの様子 >>



寒川:レンメルコーヒーと言ってスウェーデン、
ラップランド、北極圏の人たちの飲み方を再現した煮出しコーヒーです


高橋:やかんに直接砕いたコーヒーを溢れんばかりに!!



寒川:測らないのが彼らの美学。
そこにお塩を。しょっぱくするのではなく旨味を引き出すための。
肉に塩で旨味を引き出すのと同じ。さらにまろやかになる。
サーミというラップランド先住民のコーヒーのいれかた。
それでフタをして火が強すぎるので風上側に移動して冷まさず
沸騰させずの距離感が必要。あとはコーヒーになるのを待つ。
自分からは何もしない。ドリップもしないし触りもしない。
このコーヒーは待つ贅沢さ。


寒川:今の時代みんな待たないし時間を短縮する方向に
価値があるでしょ。1分でも早くとか。
これはその真逆。
コーヒーを淹れる時間を楽しむ。
待つ時間に空を眺め雲を眺め湖の魚を眺め、
自然を眺めるうちにコーヒーはできる。
待てないやつはコーヒーを飲むな。その時間もないのか。
量も何CCに何グラムではなくフィーリング。
自分で入れたいだけ入れろ、責任取るのは自分だ。
アウトドアの真髄を言い当てている。
遊びは自己責任、自分の勘を信じて、その味はまずいわけがない、
だってお前が入れたんだから。人の価値に預けちゃうと不平が出るということ。
なのでレンメルはすごくそういうことを教えてくれるコーヒー。
コーヒーを飲むことは時間を楽しむ、静寂を楽しむこと。しゃべらない。




寒川:このコーヒーのルールは
「焚き火で沸かす・湧き水を使う(できたら)・
重要なのは都会から離れること」。
コーヒーを飲むために都会から離れる。
そして火をおこし自然を楽しみコーヒーができるまでを待つ。
必ずこれを人に教えていると10人中10人が「何分待つのか」と聞くが、
呆れ顔をされた。「コーヒーが教えてくれる、それは分じゃない。
あけるとサインが出るから見逃すな」と。
本質を人はどんどん忘れてしまう。
基準に合わせたい、平均を取りたい。
だから非常にまっとうだなと思いますよね、言っていることが。
なんていいながらコーヒーがサインを出すというのはどんなサインか。




寒川:来てますね。泡が出ているでしょ。
なぜ泡が出るかというと豆の中の空気が出ているということ。
豆から空気が出る時にコーヒーが抽出される。
全部泡あわになったら豆からみんな空気が出たサイン。
コーヒーがお湯に流れ出たサイン。そういうのをしっかり見ろと。
何分じゃない。きょうの風や気温、入れた豆も量で。
これで抽出は完了です。こんどは豆を沈めて上げる必要がある。
沈め方が何パターンかある。振り回して遠心力を使ったりするんですが、
今日は沸騰で豆を落とす。どういうことかというと・・・湧いてきます。
湧いてくると吹き出す。沸騰するとお湯がなかで対流する、
そのエネルギーで豆を沈める。そして火から外す。豆は沈んだはず。
これで完成。


高橋:いただきます、いつもより百倍美味しく感じる。なんでですか

寒川:焚き火で沸かすと、お風呂だとお湯がまろやかになる。
焚き火で沸かすと同じお湯でもIHとはお湯の分子が違う、
ということにしてもらえないですかね。
熾火の楽しみ方はマシュマロに尽きる。
燃え盛る炎だとうまく焼けない。
ちなみにこれはロッキーマウンテンという焚き火専用のマシュマロ。




寒川:遠赤外線にあてる。中をとろけさせてくれる。
外は熱でカリッとなる。中フワ外カリ。やんわりと。
日本人は職人気質を持っているので上手。
外国人はせっかちで燃やしちゃって消して食べる。我々はそこが違う。
せんべい職人みたいな。焚き火カフェで何千人とやってきたが、
みんなすごくうまい。誰からも教わっていないのに
なにか気質が血の中に眠っているのか・・・・


>>>>>>>>>>>>>>

高橋:焚き火好きな方、ぜひメッセージお待ちしています!
「どんなシチュエーションで」「あなたの焚き火の作法」などお待ちしています。
メッセージは番組webサイトからお寄せください。


◆寒川一さんの最新刊「焚き火の作法」は、学研プラスから発売中です!
寒川一さんInstagram
寒川一さんFacebook
UPI OUTDOOR

【今週の番組内でのオンエア曲】
・Wish You Were Here/Avril Lavigne
・海へ来なさい/おおはた雄一

パーソナリティ

高橋万里恵
高橋万里恵

あなたからのメッセージ・ご意見をお待ちしております

各放送局の放送時間

  • JFN募金は鎮守の森のプロジェクトを応援しています。

ポッドキャスト

  • ポッドキャスト RSS
  • ※iTunesなどのPodcastingアプリケーションにドラッグ&ドロップしてください。
  • 鎮守の森のプロジェクト
  • LOVE&HOPE〜ヒューマン・ケア・プロジェクト〜
  • AIG損保 ACTIVE CARE

PAGE TOP