ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : スポーツ

卓球

2015.03.07

第101話 卓球

子供の頃にやった「卓球」は硬式?軟式?
第101話 卓球
♪ピンポンパンポーン。あ、当ガレージにお越しの皆様にお知らせ致します。当ガレージでは、本日は「卓球」の歴史と魅力についてお伝えして参ります。どなた様もお聞き逃しのないよう、耳の穴をかっぽじってご静聴下さい。♪ピンポン……ピンポン……ピンポン・ピンポン・ピーンポーン!!

さて、その卓球は1890年代のイギリスで始まったスポーツだ。お貴族様がお食事の後、テーブルでテニスのようなゲームを愉しんだのがその発祥とされている。当時はラケットに葉巻入れの蓋を、ボールにはシャンパンのコルクを丸めて使っていたから、学校の昼休みに教室や廊下でやる野球とほとんど同じノリだった。

そして1900年、イギリスのジェームズ・ギブ氏がアメリカで見つけたおもちゃのセルロイド製ボールを持ち帰ったことをきっかけに、卓球はちゃんとしたスポーツ競技へと発展していったんだ。ちなみにこの時、セルロイドボールを打ち合う時の音から「Ping Pong(ピンポン)」という愛称も生まれているな。ただしこの言葉は商標として登録商標されてしまったため、1926年に発足した国際卓球連盟は「Table Tennis」を正式な競技名としている。

その卓球は明治35年(1902年)に早くも日本へ伝わっている。ヨーロッパ視察から帰国した東京高等師範学校教授の坪井玄道氏が道具を持ち帰ったんだ。ただしその後、日本では独自の用具とルールの「軟式卓球」が普及していった。卓球の軟式は野球やテニスと違って見た目は硬式とほとんど変わらないんだが、ボールの重さやネットの高さが微妙に違う。この軟式卓球は2001年まで続いていたから「子供の頃、学校で卓球をやった」という人も、知らずに軟式のボールを使っていたのかもしれないぞ。

先のロンドン五輪では女子団体の日本代表チームが銀メダルを獲得し大いに盛り上がった卓球。昔は「地味」「根暗」なんて言われたりもしたが、こんなに手軽な球技も他になかなかないだろう。なにせ温泉宿で浴衣を着てやるのも、ある意味で正しい愉しみ方だしな! 今日はそんな卓球の魅力とコツを詳しい人に聞きに行っちゃおう! Here we go!
ONAIR LIST
3'20" / Route 66 / George Maharis
12'27" / Good People / Little Big Town
31'06" / Hang Out Hungover / Love and Theft
41'02" / Meanwhile Back At Mama’s / Tim McGraw feat. Faith Hill
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄